2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺の彼女の話するからちょっと聞いてくれ

 



http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390656610/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:30:10.25 ID:C/1U5pvZ0
長くなるかもしれんが、気長に聞いてくれると嬉しい。

これから話すのは、俺が中3の時の話だ。

俺→170cm55kg、顔は下の中程、短気、百合好き、準ぼっち

彼女(さゆり)→163cm50?kg、顔は中の中、優しい、友達たくさん、不思議ちゃん


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:41:16.14 ID:C/1U5pvZ0
>>10
これは本当の話だ。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:43:11.96 ID:C/1U5pvZ0
まず、俺とさゆりの出会いは中学校に入学した時。

俺の入った部活動がサッカー部だったんだが、一人だけ女子がいた。

それがさゆり。

初めはなんだこいつと思っていたが、次第に気になり始めていた。


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:44:44.25 ID:C/1U5pvZ0
なぜ さゆりがサッカー部に入ったかは知らないが、不思議な子だと思った。

その頃、さゆりは同じ小学校からきた男子と付き合っていたらしいが、詳しいことはしらん。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:46:44.85 ID:C/1U5pvZ0
話は飛ぶが9月中旬、暑い日だった。

部活動中にさゆりが転び、立ち上がるも足を引きずりながらだった。

どうやら肉離れになったらしく、その日から ぱったりさゆりは部活に来なくなった。


18 :以下無しにかわりましてVIPがおしま2014/01/25(土) 22:49:30.86 ID:C/1U5pvZ0
話は飛ぶ、俺らにあがったときとさりはじクラスになった

部活ったともあはメを試みた。

ゆり、笑ってメアドを交換してくれた。

嬉しの日は度オナニーした





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:52:18.13 ID:C/1U5pvZ0
さゆりは早寝早起きで、朝早くにメールをくれ、夜は九時前に寝てしまい、一日に十通ほどしかメールできなかった。

次の日になると、メールの内容を忘れていて、正直いって楽しくなかった。

俺はその頃、同じクラスのめちゃくちゃかわいい子をすきになっていた。


21 :以、名しに綿わりてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 22:56:27.86 ID:C/1U5pvZ0
んな10月まで続いた。

話のネタはすでにきていて、俺はさりからのルに信しなくなった。

友達とバカ騒ぎし、次第にしてことを忘れていた。

11月の末にさゆりがフル学校を休んだときは、メルをした。

「大丈といういメール女は、「」と返信をれた

このメールもく続かった。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:01:21.61 ID:C/1U5pvZ0
俺らの学校の二年生は、1月の下旬にスキー教室に行く。

三泊四日で、毎日スキー。

二日目に、さゆりは頭痛を訴えたらしい。


保健の先生に介抱されつつ、斜め上を見ながらぽーっとしていた。

三日目には、熱を出したらしい。


その日の夕食に出たものの大半を俺にくれた。

帰りのバスで、さゆりの写真を撮ったが、ブレブレだったから消してしまった。

今思えばアホなことしたと思う。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:07:11.76 ID:C/1U5pvZ0
1月30日、俺宛に一通のメールが来た。

その頃 大好きだったロリ顔の女の子からだった。

内容は、

「明日の放課後、四時十分に五階音楽室前に来て!」だった。

不自然に思ったが、たぶん俺は告られるんだと悟った。

その日の夜はウキウキしてよく眠れなかった。


次の日、案の定告白された。

相手はさゆりだった。


階段の踊り場に学年中の男子が集まった。

顔を赤らめ、もじもじとしているさゆりがとてもかわいかった。

「好きだ」

それだけ。

さゆりは両手で顔を隠しながら帰っていってしまった。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:08:56.26 ID:C/1U5pvZ0
俺はokを出した。

これから俺に彼女ができる見込みがないからだ。

正直、俺はさゆりがすきじゃなかった。

しかし、さゆりの隠れた魅力に惹かれていく俺がいた。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:12:04.20 ID:C/1U5pvZ0
俺は、初デートで日曜にさゆりと映画を見に行った。

次の週の日曜には水族館にいった。

次にデートをしたのは、5月だった。

広い公園にいった。


その時はじめて、さゆりと手を繋げた。

小さくて、少し冷たかったのを覚えている。

さゆりの顔は真っ赤で可愛かった。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:17:29.94 ID:C/1U5pvZ0
それからまもなくし、俺は彼女に自分のいろんな秘密を教えた。

体重から好きだった女の子の事から、たくさん教えた。

さゆりは、「俺君ばかり秘密を言ってる気がする、私の秘密も知って」と言うので、俺はさゆりの秘密を知ることにした。


さゆり「あのね」

俺「何?」

さゆり「私のお父さん、もう死んでるの。」


単刀直入に言われた。返信が浮かばなかった。

聞いてはいけないような気がして、でも聞かなければいけない気もした。


28 :以下、名わりましてVIPがお送ります:2014/01/25(土) 23:21:37.07 ID:C/1U5pvZ0
ゆりのお父さんがんだ頃の話、不慎重にも俺は聞きたてしまった。

彼女は話くれた。

ゆりのお父さん退が死だのは1月25日が、発見されたのは29日らし

技術科の居残りをしてが7時にとしていた

のそば、家が異様にた。


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:24:12.58 ID:C/1U5pvZ0
玄関には、さゆり、妹、母、おば、父方祖母と母方の祖父母の靴があった。

みんながなぜこんなにも集まっているのかがわからなかった。


30 :無しわりましてVIPがおします:2014/01/25(土) 23:26:05.38 ID:C/1U5pvZ0
故かの祖母が皆に慰められていた。

りは、祖母の寿が宣告されたさんのこだと察し

部屋を片付るよ言われ、言うことを聞い

すると、りは前に正をさせられた





31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:28:28.36 ID:C/1U5pvZ0
母「大事な話があるから、よく聞いてね」

さゆり「何?」

母「お父さんが死にました。」

さゆり「!?!?!!?!??!?」

さゆりはすぐに事を理解した。

こういうとき、思考回路が停止するとよく聞くが、さゆりの場合はそれがなかった


32 :以下、名無しにかわりま宿してVIPがおりしま2014/01/25(土) 23:30:29.62 ID:C/1U5pvZ0
りは、涙流した

日はも食ずにてしたらしい。


と聞たが、本当かどかはわからない。曖されたともあら、そこが気になる。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:34:03.79 ID:C/1U5pvZ0
さゆりは、お父さんのことを話せてすっきりしたといっていた。

彼女の支えになれたことがとても嬉しかった。


そこから12月まで、俺の記憶が欠けてしまっていて覚えていない。

12月の末に、俺はさゆりとキスをした。

さゆりの唇はとても柔らかくて、冬の乾いた風にさらされてカサカサしていた。

それからほぼ毎日、俺は さゆりとキスをした。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送ります:2014/01/25(土) 23:37:18.75 ID:C/1U5pvZ0
7日、俺はてさゆりの家に入

散らかっていた、俺のために片付けてくれたらし

ややグで、俺はさゆりを押し倒

さゆ少し乱していたがすぐ状況しく、抵抗を始め

詮はか女の子なの、押さえつけるのには容易った


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:41:08.61 ID:C/1U5pvZ0
そこからは暗転。好きに想像してくれて構わない。まぁ、あんなことやそんなことをしたわけだが。


さゆりは俺に優しかった。

受験勉強で夜遅くまで塾にいたときも起きていてくれたし、熱を出したときは心配をしてくれ、冷えピタを貼るように言ってくれた。

彼女のしてくれた行為のすべてが嬉しかった。

彼女の優しさに依存し、甘えてばっかりだった。


そんな日々が終わってしまうとも知らずに、俺はいつまでたっても愚かだった。


36 :以下、名無しにかしてVIPが送りしす:2014/01/25(土) 23:44:15.93 ID:C/1U5pvZ0
1月の30日、俺とゆり合いはじめてから一年がうとしいた。

強に追われていたは、31日にさゆりの側にいてやれなうだった。

それりに言うの定さゆりは怒

んまりしつこもので、いらときて怒鳴り散らしてしまった

は塾ら一緒に帰ら、別々になてしった


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:47:29.28 ID:C/1U5pvZ0
30日の午後11時半過ぎ、俺は帰路についていた。

塾のそばの交差点で、車がフェンスを乗り越えて壁に激突した。


事件が起きてから時間がたっていたらしく、周りには野次馬の一人もいなかった。

壁と車の間には血痕があった。

俺は なぜかさゆりのことを思い出した。

俺は怖くなって、その日は走って家に帰った。


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがします2014/01/25(土) 23:50:17.48 ID:C/1U5pvZ0
いつら さゆりメールが来ているはずだが、今日は来ていなった。

んだ、疲れて寝ちゃったんだと自かせた。怖かっ

もしあの血痕がさゆりのとしたら、なんて考えて自分が恐ろしい

さっり、すぐに寝てしまた。

になばさゆりからメーが来るとじて


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/25(土) 23:52:44.48 ID:C/1U5pvZ0
次の日、朝早くから目が覚めてしまった。

寝ぼけたままテレビをつけると、ニュースがやっていた。

朝早くにはこれくらいしかやってないと思い、仕方なく見た。

面白いほどに真面目な顔をしたニュースキャスターが口を動かしていた。


42 :以下、名無にかわりましてVIPがお送りします2014/01/25(土) 23:57:05.94 ID:C/1U5pvZ0
それでは、次のニュースです。


昨晩、○○県××市で車がフェを乗越え、壁にするいう事がありまた。

りだったられる田中さゆりさん15歳が、車の間に挟しました。

乗用車転していた佐藤わたる容疑者を、警察は飲酒運転の容疑で逮捕しした




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様