2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

好きな子が先生と校内でやってるのを見たことがある

 

\ シェアする /




357 :えっちな18禁さん:2009/10/07(水) 02:03:53 ID:tAjH30jsO
高校の時、好きな子が先生と校内でやってるのを見たことがあるな

ショックで2、3日飯が食えんかった…

今となっては当時を思い出してオナニーする事もある

ちなみに その子は今は別の男性と結婚して一児の母だ



359 :えっちな18禁さん:2009/10/07(水) 16:11:23 ID:XoXb/hOzO
旦那はそのこと知ってるのかな


360 :357:2009/10/08(木) 00:01:31 ID:xxFn3VTl0
>>359
うーん、どらないけ彼氏の1人”程度の認識なんじゃないかな

なみに、に清楚なの綺子で、俺も近くて良んだが「氏?と・・男子と聞くだも結構緊張すのに・・・か言ってた。

子が、制たまま 貪る様に自分かまくって、ティムボンから引っ張りてしごいて咥んだなあ・・・

ずっと頭の中で甲高金属音がり響いていた・・

女と言う物は良く判らん。



358 :えっちな18禁さん:2009/10/07(水) 08:58:47 ID:nqlGbZPj0
それはきついな。

チクって教師を地獄に叩き落せば良かったのに。





360 :357:2009/10/08(木) 00:01:31 ID:xxFn3VTl0
>>358
実は、その後にバレて、教師の方は新婚だったのだが、嫁が離婚だ女に合わせろだなんだと学校にまで来て大揉めに揉めて依願退職したらしい、その後の消息は不明。

(無論、生徒側には そんな事知らされて無かったが、仲の良かった教師から聞いた)



361 :ちな18禁ん:2009/10/08(木) 02:58:53 ID:upjgeEZDO
>>360
教師は自業自得だなw

そういう過去がてもなる話さなうにするから

ういう読む度の女は、な過があるのか恐れ多くも興沸いて来る…


362 :な18禁ん:2009/10/08(木) 07:25:55 ID:QGNj2fFv0
>>360
目撃した時の経緯と行為をまんま詳く!


363 :357:2009/10/10(土) 00:48:24 ID:zm0MdQmx0
>>360
では…まず、最初に断って置くが、今から10年以上前の話。

強烈な出来事だったので、かなりの細部まで記憶にあるが、記憶が妄想に変化している部分もあると思う。

その辺り、ご了承願いたい。

ウチの高校は地方都市の中堅進学校、比較的校則や風紀が自由だった。

高校に進学して目を付けたのが同じクラスの綾香(仮名)名前を綾香にしたがYUIに似た、くっきりした顔立ちで、しかし、オボコい感じの女の子だった。

二年に上がっても同じクラスで、数人で遊ぶ一団に綾香と一緒に俺も居て、無理矢理二人になったり、さり気なくデートに誘ったりしていた。

向こうも、明るく冗談交じりに返してくれ、話も弾んだので、周囲もいつしかカップル的な扱いになり、後はいつ告ろうかな、などと思っていた。


ある日、文化祭の展示物の製作で遅くなった俺は、一人、旧校舎へと向かう綾香を見つけた。



364 :357:2009/10/10(土) 00:58:15 ID:zm0MdQmx0
舎はど使用されてず、人の出も殆ど無

人になたい時に、校舎に行ってDなどを聞いて

貿旧校舎に沿構詳し沿、綾香を案内しやろよくば、そこで告→初チュウなどと童想全開で綾に声を湿

露骨に狼狽した様子の綾香だったが、このは何もらな

「旧校舎に行くの

ん、ょっと作った看板部品を取りに行

「俺一緒うか?手てやる」

「いい!一人丈夫だら!」 

時の拒絶の方が余りにもかっ俺は思ず何も言い返なかた。

綾香はり切るよう旧校向かった。

俺は渋うとた、が納得行かない、なんで彼女はあんなに不機嫌なんだろう

俺は、こっそりと旧校へ向かった。



365 :えっち18禁さん2009/10/10(土) 01:00:14 ID:4pzE4nVR0
しえ


366 :357:2009/10/10(土) 01:06:52 ID:zm0MdQmx0
今思えば、本能的な所で直感的に不安が働いたのかもしれない。

旧校舎に入り、こっそりと綾香の後をつける。勿論、かなり距離を取っているので気が付かない。

あれれれ?物置代わりに使われている教室はここだよ?気づかないのかな?

声を掛けようかどうか迷ったが、どうせなら彼女が困った所で助けに出たほうが彼女も喜ぶだろうと、そのまま彼女のあとをつけた。

綾香は迷うことなく階段を登ると、小さな教室の前でキョロキョロと周囲を見渡す。

そこは、昔は視聴覚室として使われていた部屋の準備室で、無論今は機材も運び出されて何もない。


この時には、俺は かなりヤバイ予感に支配されていた。

なんか、こう言った展開は、大抵逢引なんじゃないか?

そして、さっき綾香が俺を拒絶したと言う事は・・・

相手は俺じゃない・・・

綾香が周囲の安全を確認して部屋に入っていった。




367 :357:2009/10/10(土) 01:16:58 ID:zm0MdQmx0
俺は咄嗟に、準備室の隣の倉庫に入った、

準備室隣の倉庫は準備室に隣接していて、ガラス戸一つ隔てただけで準備室の内部が伺えると思ったからだ。

こんな時に、暇つぶしに旧校舎を歩き回り、あちこちの鍵の開いていた教室に入って見聞していた自分の変な性癖が役にたった。

しかし、倉庫に入るとガラス戸を覗くまでも無い、準備室の内部はは嵌め殺しの小窓で丸見えだったのだ。

綾香はカーテンを閉めてスタンド電灯を付ける、部屋が鈍く照らされる。


まだ他の人間の姿は無い、でも、この状況を見ると、もはや俺の不安は確信に変わっていた。

後は、見届けてやろう、でも、準備室との間仕切りは余りにも脆弱で、下手に動いたり、少しでも声を上げたら隣に聞こえてしまう、俺は必死に息を殺した。

やがて、戸をあけて、男が入ってきた。

男は鍵を閉めると、綾香と抱き合った、俺はその顔を見て思わず叫びそうになった。



368 :357:2009/10/10(土) 01:26:09 ID:zm0MdQmx0
男は田畑(仮名)30代の数学の教師だ、

そこそこイケメンでテニスやスキーをこなし、社交的だったから、女子の中には「ファン」を公言する者も居た。

だが、綾香と田畑との接点が全く見えなかった。



二人はキスを交わす、チュっと言う可愛らしい物ではない。

お互い唇を吸いあい、唾液を求めて口を貪る。

俺が夢にまで見た薄く、綺麗な桜色の唇が、中年男に嘗め回されている。チュバ、チュルっと言った粘液の触れ合う音の他に、興奮した綾香のン!ン!っと言う喘ぎも聞こえる。

「待った?ごめん」

「ううん、いま来たところ」

と、再びキスを交わす、抱き合い、一つの会話ごとに唇を付け合う。

俺の大事な憧れの唇が、男の唾液でベトベトに怪しく光っている。

初めは雑談的な会話が続く、その中で、俺の話題が出た。



369 :357:2009/10/10(土) 01:42:35 ID:zm0MdQmx0
「北村(仮名)って綾香の事好きなんだろ?」

「え?……まあ、多分」

「お前はどう思ってるんだ?」

「嫌いじゃないけど・・・好きでもないかな?」

一番辛い答えだ、この状況なら糞味噌に貶されたほうがまだ心地良い。

「先生の事が好きだから、他の人はどうでも良い」

正直、綾香の口からこんな言葉が出ると言う事は信じられなかった。つーか、俺以外の男に、しかもおっさんに・・・

その言葉で火が付いたのか、田畑は思い切り綾香を抱きしめる。

綾香の唇を吸い、二つの胸の盛り上がりに手をかける。

唇を舐めながら、制服の上から膨らみを揉みしだく。

綾香は、完全にトロン、としてしまっている。上の空の様に「先生、好き」「愛してる」を繰り返している。

田畑が唇を離しても、綾香が無理矢理唇を押し付ける。綾香はキスが大好きのようだ。

田畑の頭を持って、必死に唇を貪る綾香を見て、俺は、脱力してしまった。

田畑の手が綾香の胸元のリボンを解く、と同時にボタンを一つ一つはずし始めた。


明日早いので、とりあえず寝ます。。



370 :えっち18禁さん:2009/10/10(土) 01:57:12 ID:qrIWaahuO
乙です
続きしみてま



380 :357:2009/10/12(月) 23:27:54 ID:r1z2l4bZ0
退んでした、家族サースが大・・きを書きま



まどろっ手つきでボタンをいく畑。

香は田畑か離れたくないのか、田畑の元にしきりスを繰り


やがウス前がはだて、彼女の愛らしい下着なる。無地のポーツだ。

、彼女はれ程胸があるい、仲間内の清美(仮名は かなりの巨乳で、水泳のはわざざ他所クラから男子が見に来る程ったが、綾香はいつその事てい


その、レックスあるを田何のく揉みしだ、頂付近をコリリとこね回す。

そのたびに、綾香の幼体がピクン、ピクンと痙攣た。


は、勿論当時は童貞で、Vくいでしかセックス知識がた。

Vでは女優さんがやたらにぎまぽ!お○んぽ頂戴!」などと叫んでいた反応もそんなものかとっていた実はかないた



381 :357:2009/10/12(月) 23:36:55 ID:r1z2l4bZ0
恐ろしく静かだった。

布地を摩る音、時折唇を交わす時の唾液と粘液が交差する音、そして、敏感な部分を刺激された時の綾香のため息だけが夕刻の旧校舎に響いている。

田畑は幼い膨らみに拘りでもあったのか、入念に揉みしだいる。

やがて、田畑は彼女の下着に手をかけると、スポーツブラを引き上げた。

彼女の未成熟な膨らみを、まさか、こんな感じで見る事になるとは思わなかった。

今思えば、彼女の膨らみは、ささやかなものであったけど、当時は「思ったよりあるじゃん」だった。


何よりも、ちょこんと付いている綺麗で小さく、薄い乳輪が俺の性欲を激しく掻き立てる。

そして田畑は、突然頭の線が切れてしまったかの様に言葉を発する。。



382 :357:2009/10/12(月) 23:41:54 ID:r1z2l4bZ0
「すごい、綾香、プリプリだ、」

ペロンと田畑が綾香の乳房に唇をつける。

「すごい、唾が弾かれるよ、若いなあ」

当時の俺から見ると、完全に変態オヤジである。しかし、当の綾香は、そんな事はお構いなしだ。


やがて、片方の乳房を揉みながら、もう片方の、その可愛い乳輪に唇をつけた

その瞬間、それまで身体をビクつかせながらも、必死に声を堪えていた綾香が「アァン」と愛らしい声を上げた。

「気持ちいいのか?」

「う、うん、好き」


田畑は夢中になって綾香の乳首周辺を貪っていた。

時折、唇を離してキスを交わすときに、綾香の胸が男の唾液でベトベトになっている姿が露になる。

田畑の愛撫は執拗だった。若い肢体を自分の物にしている事に最高の優越感があるのだろう。

ひたすらに彼女の胸や唇や耳元を舐めまわし、愛撫して、中々次の段階に進まない。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様