2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

転勤になったとき入社一年目の子に告白された





63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 02:14:19.02 .net
転勤(といっても隣の市)になったとき、入社一年目の子に告白された。

妻にはゴルフに行くと言い、毎週ラブホでセックスしてます。




64 :名無さん@お腹いぱい。2013/06/15(土) 12:57:00.91 .net
>>63
どうを切々と




65 :名しさお腹いっぱい。:2013/06/15(土) 16:39:34.99 .net
>>64
告白至るまでの経緯いう提です。)


○転勤する一ヶ、上から内々に転勤旨を伝えらた。

式な発がされるまでにしておいてくれということだった、入社以来お世話ににはをしてい



(彼女のペック)

○大塚寧々似23歳でスタイし(ここでは、寧と呼びます。

○性格は優等タイだが、たれ弱いとろも

ちなみに私は結3年の31歳す。妻(33)子どもません。







66 :無しさ腹いっ2013/06/15(土) 16:58:40.47 .net
>>65
文章書くこあまりなので、タクソだと思いすが、予めご了退ださ稿



迫ってきある日私は引きぎの準備のために残業してた。

時点では式な発表はされていま、転勤先上司が私を尋ねてきこともり、周りの一部は既に私の転勤に気付ていたかもしれま

だ一目の寧は、そん気付けるわけりません。


して、この日、課有志数名で飲み会が開催されており私も退社後を出すように誘われていました

このみ会が不倫のきっになるのです、当然ならその時知る由も




68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 17:17:03.43 .net
>>66の続き


午後10時頃仕事を切り上げて、私は飲み会の場に車で向かいました。

既に会場は二次会のカラオケに変わっていました。(車だった理由は、住んでいるところが田舎なため帰れなくからです。)


その日は車で帰るため酒も飲めないし、遅くなると妻の機嫌が悪くなるので少し顔を出して帰るつもりでした。(飲んで帰る日もだいたい11時までには帰宅することが多いです。)

カラオケについて部屋に入って私が目にしたのは、みんなに囲まれて(囲まれてと言っても、みんなの気持ちが寧々に向いているだけで、密集しているわけではありません)

寧々が泣いている姿でした。

状況がつかめない私は困惑しました。





71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 17:55:29.15 .net
>>68の続き


寧々は泣いているものの、カラオケを止めているわけではなく誰かしらが常に歌っていました。


歌っていない先輩に状況を聞くと、どうやら飲み会の場で私の転勤を知っていた先輩が寧々に私が転勤することを言ってしまい、それで泣いているとのことでした。

寧々は綺麗な子ですから、うれしいことはうれしいのですが、特別仲が良い訳でもない先輩(私)が転勤するだけで泣くなんて少し変な子だなというのが私の感想でした。

カラオケをしてない人が寧々に思い思いの言葉を投げかけます。

「寧々は一年目だから転勤してく人を見送った経験がないもんな。すぐに慣れるよ。」

「俺の時も泣いてくれよ」


私も「俺のために泣いてくれてありがとね」とだけ声をかけておきました。





73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 18:30:45.08 .net
>>72の続き

「聞こえてるから、もう少し離れても大丈夫だよ。ほかの人の目もあるし。」

「私は転勤がさみしくて泣いてるんじゃないですよ。というか、そうなんですけど。でも違うんです。」

「……。(酔っぱらってるなぁ。汗)」

「聞いてます?内田(仮称)さんだから泣いてるんです。」

「それ告白?今のは告白として受けとるよ?」

「いいですよ。」

この時点で寧々が私のことをホントに好きなのか半信半疑でしたが、『これは寧々を抱けるな』と思い、妻に遅くなる旨の連絡をしました。





76 :名無し@おぱい2013/06/15(土) 19:44:05.09 .net
>>73の続き


私ははやる胸、お開きを々とお開合う段取りを整ておきま

午前2ようやくお開きを迎私と寧々二人きりになした

私は煩わしいやりとりを避けるため、単刀ホテルに行こか?」と切り出ました。

寧々は黙ままでしたが、とにかテルにを向けまし


たたでさえ気ちははやるのに田舎なもんですからラは40分ほどかかります。

はそのまいました





77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 19:51:36.65 .net
>>76の続き

ホテルの駐車場につき、寧々に声をかけました。

「ホテルについたけど中にはいる?」

寧々は黙ったままでした。かなり酔っぱらっていたのでしょう吐きそうにさえなっていました。

とにかく車から降ろしベンチに座らせました。(ベンチ!?と思うでしょうがここのホテルのつくりには触れませんので、そうゆう場所もあるとだけ知っておいてください。)

駐車係りのおじさんにここで吐かないでよと言われ、私は寧々を部屋へと促しました。





78 :無しさん@おいっぱ2013/06/15(土) 19:58:28.86 .net
>>77の続き

に入あえず、寧々ッドに寝かた。

々は話しかけるこもなくベッドうつ伏になりました

さて、どしたもんか、私はぐに移せま尿でした

とりあえず、歯を磨き、シーを浴びました

ャワーら出たときには寧々は寝寿ていまが、髪を撫でるこからアションをこし

っていたかのように極的稿絡まりだしま





79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/15(土) 20:07:01.73 .net
>>78の続き

すいません。少し酔っぱらってるのでさらに文章おかしくなるかもしれません。


しばらくの間ふたりで体を触り合い、キスをしました。

寧々の吐息が荒くなってきたのを感じ私は下半身へと手を動かしました。

生理中でした…。

私はもうギンギンの状態でしたが、「今日は無理そうだね。お互い体を撫で合うだけで我慢しよう。」

「舐めてもいいですか?」

ペニスを触りながら寧々が聞いてきました。

返事をする前に寧々は体を起こしていました。
そして、ねっとりとフェラチオを始めました。

私も我慢できず、体を旋回させ生理用パンツの上から撫で続けました。





80 :名無しさ@おい。:2013/06/15(土) 20:11:26.83 .net
>>79の続き

入れてもらませんか
いの?

慢でん。」

ちょっってル敷くか。」

冷静ですね。

「俺は酔ってないか

敷くとかマですね。

まぁね。」

「そういうが好きなす。





81 :名無ん@っぱ。:2013/06/15(土) 20:16:19.18 .net
>>80の続

準備が整い、ペを挿入しまた。

痛くない?

「大丈夫。」

嫌じゃない?」

「嫌じゃです

気持ちいいよ。」

れしです。

し本腰入れて動くと々は直にオーガズムに達しした





83 :名無しさん@おぱい。:2013/06/15(土) 20:27:40.35 .net
>>81の

ちよかね?まだ大丈できう?

「聞かないでください。」

「わかった。嫌だったって

「う…。

寧々の血とが混ざったものれ出てくるのを感じながら腰を振りまし

寧々はなんども達しましたがが苦手な私はそれがになけません





86 :名ん@お腹い。:2013/06/15(土) 20:39:30.47 .net
>>83の続き

「生すよ?」

尿んと?も血が着いてるら触ない。」

「わがやってあげます。

々がコンームを外し、自分ペニスを誘導しました。

私はかな興奮態でした
華奢な寧々の体が壊れてしうのでないかと思いなが激しくきまし

「イクよ!でい

「ダメで!」

ヤダ、中がいい!」

ダメです!」

結局お腹して私も果てました。

時刻午前5冷静なった私は妻のことが頭をよぎました。





 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様