2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

5年前、病院で知り合った女の子の話をする

 



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1363371966/


1 :も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:26:06.40 ID:VOWyqJu+0
タイトルはこんなんが、誰なないからしてくれ

色々って誰かに聞いてほしくなった。

聞いてくれかな?


2 :名も無き被体774号+:2013/03/16(土) 03:27:07.26 ID:GmyWCqC50
こう


3 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:28:43.62 ID:VOWyqJu+0
>>2
ありがとう。

書き溜めは途中までだが、とりあえずそこまで頑張る。


5年前、俺はバイク事故に遭った。

夏真っ只中で日差しが強い中を信号待ちしていたときのことだ。

バイクに乗ったことがある人は分かると思うが、バイクで夏の信号待ちしているときの暑さは尋常じゃない。

うなだれながらギアをニュートラルに入れ両手を話した瞬間、突然何かがぶつかってきた。

その瞬間のことは本当に何も覚えてなくて、気づけばクソ熱いアスファルトに横たわっていた。

アドレナリンが出ているからか、痛みはなかった。

それよりも、早く立たなきゃ。という気持ちが先行して頭から血を流しながら必死に立とうとしていた。


4 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:30:37.65 ID:VOWyqJu+0
しかし、思うように足が動かない。

靭帯が見事に切れていた。

生まれたての仔牛のようにもがいているうちに人だかりができていた。

俺を轢いた車を運転していた初老の男性が焦った顔でこちらにやってくる。

「大丈夫ですか!?大丈夫ですか!?」

大丈夫なわけないだろうと思いながらも、笑って返した。

俺は救急車で運ばれた。


後から聞いた話では、車を運転していた男性は脇見をしてしまい、

信号に気づかず追突してきたとのことだった。


話を聞いたときは腹が立ったが、泣きながら土下座で謝るその男性を見ていると怒りは消えてしまっていた。





5 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:31:52.01 ID:VOWyqJu+0
「もう、大丈夫ですから・・・」

「いえ、私は危うくあなたの命を奪ってしまうところだった。本当に申し訳ないことをした。何をしても許されることではありません」

そんなことを言いながら、毎日のように万近い値段がしそうなフルーツ盛り合わせみたいなものを持ってきた。

食べきれないからと言うと雑誌やDVD、ウォークマンなどを持ってきてくれた。

退院したら ふんだくってやろうと思っていたけど、そんな気もだいぶ薄れていた。

靭帯をがっつり断裂させた俺は1ヶ月以上入院することになった。

当時大学に行っていたが夏休みということもあり休学もせずに済んだ。

大事な学生の夏休みを無くしてしまうのは痛かったが。


そんなある日のことだった。


6 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:32:22.35 ID:GmyWCqC50
wktk


7 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:33:53.90 ID:VOWyqJu+0
煙草を吸いに喫煙所に行くと、車椅子に乗った女の子がいた。

外見は戸田恵梨香を幼くした感じの子で、俺と同じ煙草を吸いながら、小説を読んでいた。

俺と同じくらいの年齢の子だったけど、大きい病院だったから特段何も考えず、すっげぇかわいいと思ったのを覚えている。

かわいいと思いながらも話しかけるような勇気は俺にはなく、もう吸いたくもない煙草を吸い続けて、その子をチラチラと見ていた。

その子は思い立ったように小説を閉じ、車椅子を動かしながら喫煙所を離れていった。

なんだか すごく勿体無いことをしような気もしたが、目の保養になったと思いながら俺も喫煙所を後にした。


8 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:35:40.42 ID:VOWyqJu+0
言い忘れていたが、だいぶ長くなりそうだ。

明日用事がある人は寝てくれて構わないぞ。


その翌日。俺は喉が渇いて自販機にジュースを買いに行った。

その病院はソファーがいくつか並んでいるロビーみたいなところに自販機があるんだけど、昨日の女の子が車椅子に乗ったまままた小説を読んでいた。

大学生にもなりながら中二病を再発していた俺は「運命だな。

ていうか、俺のこと待ってるんじゃね?」とか思いながら用もなくロビーでジュースを飲むことにした。

ジュースを飲みながらまたチラチラその子を見ていると、ふいに目が合った。

その子は微笑むわけでも睨むわけでもなく、ただ俺が視界に入っただけというような不思議な目でこちらを見た。

俺はチラチラ見ていたのを見透かされたような気がして恥ずかしくなりながらも軽く会釈をした。


するとその子はニコッと微笑み、また小説を読み出した。

そのニコッに中二病の俺は完全に恋に落ちた。


10 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:37:15.88 ID:VOWyqJu+0
俺は耐え切れなくなり、ついに話しかける決心をした。

「・・・あの・・・」

「はい・・・?」

「・・・えっと、あ、その本おもしろいですよね。僕も大好きです」

話しかけたのはいいが話題を考えてなかったアホの俺はとっさにそんなことを口にした。

「あ、はい・・・」

彼女の読んでいた本は恋愛写真だった。

実際は映画を見たことがあっただけで、そういう小説を一切読まない俺は当然読んだことはない。

「あ、えっと・・・昨日、喫煙所にいましたよね?」

「え?あ〜はい、どうしてですか?」

「いや、昨日も真剣に本を読んでたから、僕と違って頭の良い人なんだなって思って」

だから何だと言われそうな言葉しか思い浮かばなかったが、俺にとっては最高のボケだった。


9 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:36:40.12 ID:B5Oi9avA0
パンツぬいだ


11 :も無き被検774号+:2013/03/16(土) 03:38:32.31 ID:VOWyqJu+0
>>9
悪いな。ういう写はそらくな


「ふふ。そんなことないですよ

た、女はニコッ


あのかったら煙草吸いに行せんか?」

と・・そうですねいいでよ」


そううと彼は本閉じ、車を動かした。

俺も彼女に続き、車椅子を動した。





12 :名も無き被774号+:2013/03/16(土) 03:39:12.56 ID:VOWyqJu+0
喫煙に入り、必死に話題を振る。

「あ、ルメンてる僕と一ですね」

「あ、んとですね

そうば おいくつなんで?年近うですね

今18歳で校を卒業しばっかりでよ」

ゃあだ。奇遇です〜」

っ。んな奇遇っていうのも嫌ですねww」

「あ、そうだここ病院だwww」


最初は会話がまいち盛がら使ったのている。

ミュ障はないが、人見知りの沿にはハードル高す


13 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:40:06.97 ID:VOWyqJu+0
「あ、これってもしかして新手のナンパですか?」

「はい?いやいやいや、そんなんじゃないですってwwwww」

「どうだろう。そうやって色んな女の子に話しかけてるんでしょwww 昨日もここで女の子に話しかけてるの見ましたよww」

「え?なんで知って・・・っていやいや、知らない女の子に話しかけたのなんて初めてですよwww」

「あ〜なんか本当に焦ってないですか?ww」

「ちょwwからかわないでくださいよww」


恵梨香はめちゃくちゃいい子だった。

おかげで予想以上に話が盛り上がった。


15 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:41:02.23 ID:VOWyqJu+0
「あの、お名前教えてもらえますか?ちなみに僕は1といいます」

「私は恵梨香っていいます。」

「地元はこの辺なんですか?」

「いえ、実家は田舎ですww 専門学校に行くために田舎出てきたんです。でも、この前 車に撥ねられちゃって・・・こんな生活してるんです」

「僕もそうですよ。バイク乗ってたら事故に有って・・・ 早く歩きたいですww」

「私もそう思いますww」

「あ、そうだ!!もしよかったら退院したらこの辺案内しますよ!! 地元は少し離れてますけど、けっこうこの辺も詳しいんですよ

「あ〜やっぱりナンパだww」

「いや、だから違いますってwww あ、っでもたしかにナンパだww」

「ふふ。俺さんっておもしろいですね。いいですよ、アドレス交換しましょう」


そこでアドレスを交換した。

あまりにも うまくいきすぎて怖かった。


17 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:42:15.94 ID:VOWyqJu+0
>>14
今日は少し冷えるからな。

風邪ひくなよww


それからは、かなり多くの時間を一緒に過ごすようになった。

喫煙所に行く前は必ずメールして一緒に行かないか誘った。

誘われることもあったが、俺が誘うことの方が多かったと思う。

ちなみに、当時未成年だった俺達だが、病院では何も言われなかった。


担当医の人は たばこはダメだよーと言いながらも暗黙の了解てきなところがあって何も言ってこなかった。

余談だが、医者からはタバコは吸わない方がいいけど せめて吸うならアメスピと言われ続けた。

でもアメスピは好きになれない。


一緒に喫煙所に行ったり、待合室で話すうちに彼女のことで分かったことがあった。


16 :も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:42:15.25 ID:GmyWCqC50
えなー俺院しかな


18 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:43:51.86 ID:VOWyqJu+0
>>16
タイミングはあるよ絶対。

盲腸で入院したときはBBAしかいなかった。


まず、彼女はよく笑った。

でも、何というか、微笑みと笑いで かなり境界線がある感じ。

冗談を言って笑ってくれることはあったけど、微笑というか・・・苦笑いではないんだけど、ほんとに微笑んでいる感じ。

自分でも最高のボケをかましたときだけ見せてくれた爆笑は本当に心から笑ってくれている気がした。

普通の人でも微笑みと爆笑の違いはあると思うけど、彼女は人一倍それが際立っていた。


そして、彼女の両親は共働きで他県に住んでいることもあり、なかなかお見舞いに来れていなかったようだ。

友人も大学の友達だけのようで、あまり病院で他の人と会っているところを見なかった。

俺は地元も近かったので ほとんど毎日違う友達がお見舞いに来てくれていた。

恵理香がうらやましいと言ってくれたのを覚えている。


19 :名も無き被検体774号+:2013/03/16(土) 03:45:14.60 ID:VOWyqJu+0
そして、恵理香が退院する日がやってきた。

俺の退院も目前に控えていたが、恵理香の方が三日程早く退院した。

退院の前日、夜に二人で喫煙所に来た。


俺は、連絡先を交換しているとはいえ、もう会えなくなるような気がして怖くなっていた。

この時点で俺は恵理香に完全に恋してしまっていた。


「退院おめでとう。明日は朝から出るんやろ?」

「うん。今までありがとう。明日は時間できそうにないかなー」


「そっか。今度は事故に遭わんごとせんばww」

「そだねwwね、初めて話したときの約束覚えてる?」


「ん?なんかしたっけ?」

「自分から誘ったじゃんww」


「あ、案内するやつ?覚えとるに決まっとーやんww」


実は、半分は諦めていたところがあってこの件には触れないようにしていた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様