2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

四半世紀近く生きてきて、初めて三次に萌えました

 

\ シェアする /



三年前、普通の人より年多かか工業系の大学をでた俺宿、二回目の就をすのが億劫、学生代バイトしてい屋に、のまま見て雇ってもらった。

ウェトレスをた、四つ年下の優と会った。

初めは、くらいに思っなかっが、つも自なりに一懸命で、口悪かったけど、

何気い世間話のでポロっと話した本人ですれてな、ちっちゃな悩みなん覚えいてくれる子だった。


ちょ先が見えない時で、「人生ってなんだ?なんて、イタイとを考してた俺にとって、優との、事中に こっ交わすうな何気い会が、日に楽しみになっていった。

楽しだかくて、大事にしから優しくなって。笑て欲しくて、くだらないちょっかかけて。

三年生きてりゃ、れなりに恋愛経験あったつもりだけど、手れる前たくないって思たのが初めで、飯誘にも、一ヶ

んだで気のたセなん出てくも無く、結局、朝の仕込みの時、二人になるのを計らて、

日、バイトあがったあ飯いかね?」

と、んのひね無く、真っ向勝負。

緊張のあまの左45°に目線はずしな返事を待つと、

ヤダ、ったいい。」

とのこと。


殿ったのが、一ヶ月考たわりに、断られること想定していなかった自分。

うちいオブラートにつで断れてもいーじゃんとか、せめて三秒くらい考えよとか、じゃ奢るよっていうきか?と、お座恋愛運好調なはずなのにとか、泣いち尿だめだ泣ちゃだめ泣いだとか、自心の叫びは聞こるのに、相手フがばない


との思いで、「そ・・・。と一腹の底から搾り出

七割がた茫然自、次のセリフを模索しながら、目覚ましTVの占いんて二度と信じないと、ひたすら心に誓っ稿ると、

だから、材料買って あの家いこ。作うがやすいし おしいじゃん

とのお


クールい回し裏腹顔を見ると赤。

四半紀近く生きて使て、次に初めて萌えました。


んなこでバイが終わート。

だが品屋さ

きなり易度高すぎね? と思いつつ平静なふり「んで、何たべたいの、お伺い。

ん中くれ

大衆向けのなら大概秘伝の何某とかは無理。

んじゃ、酢豚と!」

のご用命。まあ、運良く、作れるメュー。




ぽいぽいとをカ

、たけのこは缶詰なー。と、のほほと缶詰ーナー


て会計だ、とレジおうする

つしさんこ!忘れてる!」とのお声

なんだと思て振り返、缶詰コーナーかパイナップ缶をもった優がコニコ歩いてく

なんでパイナップル?」

「これが入ってなきじゃないでし?」

「普通入れなくね?

「えー?いよ・・あつしさキライ?」

稿いや・・・。んじれてみる。」

「うん!」

、強制パイナップルフラグ。


昔、妹にじこと言われたときは、一利かい大喧嘩にど、なんでだろう、今回は、そもいーかってました寿


んで、会ませて俺の部屋へ

中、幾度となく手つなごう、拒否るのがくて断のは

あたかいきな。本当に俺の部屋に優る。

「意外と きれてんだね

「あ・・うんってだし

じゃ、つろっか?

と、sneg?状に多少んぱりがら始。

たし、どうしたらいい?

俺の彼女にな!と言える度んてあるはずも無く、春巻き中身を作っても


その間に、酢豚め、余った たけこで簡易たけのこごはんを作る。

を揚げ晩御飯

作っみたのはいいもののどうも箸をのば気になれなった豚のの黄色いあいつ

が、そ一つ箸でつまんの目のに差しながら

「はい、あーん!」

「・・あ、どうも

とまあ、の抜けた返事しながパクリ


「どおいしいでしょ?」

うん意外といけるかも。」

・・味なんか

「おえしはー?

いうん春巻きを差し出す。ところがこれが算。切ってなかっもんだか姿面冷めても中ああつ。いやもう、必要以にあっつあ

とかみつく優。

「っっっっあつっ!」

っとげてタツの横にこてんと倒る。

これはやばいあせりつ、コップに水をついで隣へ。

ゆすっても反応がないかちょっと強引にこっちをる。

なみだ目で こっちをにらむ優


めんごめん。どれみせみ?」

「・・・い。

といいながこっみながアッカンベー。

気付け俺の左手は優の肩はあごに。

と顔の距離は20センチ。


っと思っ、優を見ると、一度俺か線をはずした後、向きってゆっりと閉じる。

ぶさるようにしてキス。

との初キスは、酢豚味ほのに香るパイナル。

れてをみると、さらだ目

ぇの?大?」

ばか。嬉しい

この瞬間、理殉死二階級特進


でこに軽くをしまた口に

舌をゆくりし入れると、むこずおずとてくる簿

しいやら愛しいやらで手の後頭部を がちりつかみながら、十分 くらいディープス。

我慢できうにねぇんだけいやだたらいて。宿




「でも寿、ごさめゃう

「さめてもうま丈夫。」

なんでそ湿んのさw」

「料愛情だから。」

ばかw」

彼女抱き寄せら退てまた

「ずっと大好きだら。

耳元でさや、首をかまれる

「いってなんでむの?」

ん食てくれないから

「んじも。」

がら、キャミを上にまく胸に噛み付

「っぅ、ちょっいよ

じゃこう?」

首を唇で軽がらぽを軽く早くめる


「っ、だんっ!」

今度は、乳の周、円を描にゆっくりとなめる。

手は女の下半身へ。

デニムのミニのホッ、下着越しに、ゆっクリリスの周りをなぞる

やっ!こやだ

すっげけど

「・・れてないも。」

へぇ、んじゃ確認すんね。」

着を脱がせて、キスをしらゆっくりと右指を彼女の中へ。

その優しく、上側の壁をなぞうにかす

「っそこっ、や

「きもちない?」

っ、いっいたくない。気持ちいいかも

濡れてないのに気いいの?」

やっ、あしさんっ、。」

を入れたまま、彼女を背ら抱かか体勢になって、右手を動かしたまま左手でクリトリスを押さえる

手を少し震せながら、右手あげる。

ちょっ、やだっ、だっ、きもちい!」

「いけーよ。。」

いいなら、さら両手鞭を打つ。

んっやだっ、っ、ちしてっ、あつさん、っねっ

簿こっち向れて、んなこといわれ、従うしかないわけ

はやっくっっ、やっちゃッちゃうよっ、やぁ、あっあっやあ

合わせた瞬間で彼女の体はねる。



彼女の中が、俺の指奥へ奥へと誘うようにうごめく。

えた後、ぐったりと弛緩する体抱きしめて、頭を撫で

「すっぇかわいかっ。」

・イッちゃんばかぁ。

その抱きしめてると不意に体を反転さて、俺の腕

って。だから、な噛むの?」

ない人に、こんなこゃだめ?」

「っつーかそれ、分かっててってる?」

なに言ってくんきゃ。」

どうしても俺の口から聞きたいしい


顔と顔がチくいの距離で、不安と期待意地悪が一緒くなったよう情の、はっきりと告げる

「・・・ずっと前ら好き使た。付き合ってくださ。」

やらの球種は、スートかないらしい。

「・・・にしてね。」

首を傾笑む優に極まって、抱寄せてもう一キス。年甲斐もなく

てか、優ってねぇ?」

?大きに決まってんじん。」

さり言われて、嬉しいど拍子抜

即答!いや、いけどね



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:胸キュン, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様