2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

バツイチの42歳との思い出

 



これは俺が二十歳の時の話す。

当時 俺は生で、雑居ビルのでアイトをしてい

彼女は そのビルのオーナーさん、店にも客としに来いました。


彼女イチの42歳旦那の浮離婚。

慰謝料代わりにブン取たマションと家賃収で生計をてていようでした

垂れ目で顔だけ見ると やさしそな印象をが、身体り大柄です

身長は170近くかなりくよかな体格をいます

服は少し派手目多かですがバケバしい印はありまんでした

ントで言うとに似てる思います。


の店はSETの客多いため彼女のいつ俺の役目た。

その然と仲良くなり、綿をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待れるようました。

招待とても彼女仲間の数人一緒で夜で麻雀をする為呼ばれていただのことなのです


も彼女がやって来ま

12時に閉店になまで打ちまたがその日の彼女の成は散々なた。

性の荒なの、かなりのご機嫌ナメです

「このままじゃ治まらないからこので続きをしましょう!」

と言ぐに仲間しました

当然も連れれるわけ

近く飲食店で軽く腹ごらえし、彼女の部屋に向す。

彼女の部屋3LDKのマンション1人広す


間は30代くらい商売風の女性Aさんとの友(ヒモたいな男20歳後半30く)の2人です

メンバす。2人彼女ので待っていした。

自動ジャると そこそこ雀が始まりました


ままになってしま

このメバーでやるとほとん場合朝7時くらいでストになります

麻雀がAさんが

日部屋借ね。このまま店に行くから昼間寝かよ」

と彼女にたずねま

「いいよ。いもの部屋使って

と眠たそうな答えましある事らしい。男もAさんに着いて奥の部屋にって行きました。





分もろそろうと、ファーで横になる彼女に帰挨拶をしまし

「じゃも帰りね。つかれさまでしたー」

そのを聞いて彼女がこちらを向きした

「まぁゆっくして行なさいよ。休みなんしょーヒー入れる

女は、ソファーから起上がりキ歩きながら言いました。

「少し休ら私が車で送ってあげから

は冬休み中ったので講義ないし、そのはバイも休みだった。

、お願いし

ァーに座コーヒーを頂くことました。


しばく朝ドショーでも見取り留めの無いを話していました。

し徹夜の後ですので当然睡魔が襲ってきます。眠く仕方がくなってた。

頻繁にあびをする

「あ眠いならちょっと寝る?」

彼女も少し眠そう声で言いな、寝指差まし

やらさっき2人いった部うです。

「あ、でも2人ますね?悪いじゃないでか…ソファーいいす」

が言うと彼女が少しいいなら言ました。

そうん真っ最から入うがいいわねw」

気付いていまた。部屋からSEXの雰囲気がします。

トイレにに部屋の前を通たら あらさ声がました

「またく…人の家思ってしらw」

コレの事らし彼女は呆れ顔で笑た。


俺は隣の部屋で性行為がているうと、何だか変な気分になってきした。

分の顔がなっているのがわか

「あ、じゃココで少し眠らいます…」

赤面ているの彼女に悟ら嫌でソフになり彼ら顔をました

ってて何かかけるの持ってくるか。」

彼女寝室とは別のから毛布をてきした。

「じゃおやすみ。お昼くらいにはこすから

がらに毛布をかけました

はい、おやすみなさい」

そう言て俺目をました。

彼女は「うん。貿やす」と言ながら俺の頭簿した使


を閉じてし綿たが ななか寝付けませ

でた綿の手が そままから、腕や背とずっと撫でているからです。

目を閉じていが、彼女俺の顔のすぐ近くにり、顔を見がわかりまた。

彼女が発匂い身体を這い回指の動きに、俺の下半身が然と反応てしまい寝付けないので


まま寝たフリいのですが履いているジズが苦しくなってきました。

俺はっすら目を開けて彼女のを覗きました。

彼女は観察するよう俺の顔をめています

あれ?眠れない?子守唄でも唄ってあげしょうか…


そう言ったか思うと俺の顔近づいてそのま唇を重ねま

突然事でどう対処すれば良わかりません。

、彼女の手が俺の胸元を撫でています。

はじめ軽く唇をあわせるだけでたが、少つ彼女の舌が深、いい動きにきました。

も長い時キスをしていたよな気がします。

彼女け唇放し

「私で良かったらめて…さてあげようか

と小声で言いました。


俺は情がハタチにして童貞で、以 彼女と酒ながらの話のを思い出しました。

彼女は再びキスをしなら、今度は俺の下半身手を伸ばました。

ンスの上からでも俺が勃していることがわかたのでしょ使

彼女少し笑ったよう思えした

ーンズを脱がそうとているのがわかりました

しか、ジーズが固めのボタン綿ルで、かなか上手く外れまん。

どかしく思った俺は、横になったままボタを外しました。

「はw、私でイイって事ねw」

うれしそうに笑がら女もソフーに横になりた。

それなソファーではかなり窮屈で彼女の体が半分近くファからはみ出ます

彼女がソファーか落ちないにと腕で彼女の腰をました。




ピッタリと密着して、抱き合っていよう格好になりました。

彼女のが俺の身体に押ます。そのやわらか感触が俺宿の股間をさら張させす。

の股間を彼女のすりまパンツ越しと人にペニスを触れる使とも言えいモがあ

彼女は俺の顔を観察するにマジと見てます。恥ずかしくは目をました。


女は俺の中に手を

勃起した俺ニスらは走り汁の様出ていた様で、女が先っぽを触るたびにヌ触がてき

便ぇ、ズボン脱いで…」

女が俺ささやきました。

寝たままぎにいの、俺旦ソファーから立ちがり、ジーン下ろまし

でも恥ずかしいくいに勃起しペニスが露になました。着は着たまです。

今思となも間抜けな格が、その時の俺んなことを裕は無ったのだと思


彼女はソフに座って俺を見つめています簿

真冬で、薄暗た外がいつのにか明るくなっていました。

ら見ゃうよ調ww

彼女はき、カーテンを閉めした。

光カーテと物か部屋の中からほとんど光がなりま


薄暗の中てい俺に彼女いて来まし

立ったまま彼女キスをしました。


俺は男にしては小柄で、身165しかなく、体重も50キロ前半で

尿女とるとに見劣す。

ある姿の鏡に映った2人姿どもの様に見えもアンバランスな感じた。

彼女は その上着に手をかけました。

何枚か着したのですが全部に脱がされ俺は完全全裸なってしまい

彼女は一枚も服を脱でいませんのでこれ何だか違和感ありまた。

俺は、童貞ならに(女の服は男が脱がすのか?)とましたがど宿してよかりません。

彼女キスをしたまペニスをすります。

俺はほとんどままで彼女の手きを感じました。

は軽く触程度だった動が、ずつ激し、裏スジ根元分を入り擦ります。

「きもちいいかな

は何度かに聞が、はい…」と答えとし出来ませ

手はすますしくスをきま

自分が毎晩の様にているオナニー微妙にイントがずれて射精はいきそう無かったでが、ガマン汁いるのが自分もわか

しばらくする彼女は立っる俺の前沿にしゃがみ込みした

彼女目のにガマン汁が滴りそうなペニが物凄い角で起っています。

「すいねwお腹に付姿うだ

女はそう言ったかと思うと、パクリとそ綿に含みました。

然フェラをしてうのも初めてです

何をしているのかくわんが、彼女の舌が俺のペニスに巻き付ている様なです。

とにかく気持よくて、彼西吸い上げる度に精って来るのがわかました。

(これでイっけないことだろうな…)

ではそんな事を考えながらも射精したくて仕様が無くなりました。

がみんでいる女の頭を少し強に握って、自動かしまし

すると彼女がペニスから口を離し、

もう、コで出たらダメ。おいで

女はちあがりソファ方に行きました。

きなが着を一枚ました。ソファに腰掛け、今度はスを脱ぎました。

まだ服があります下は下着だけになりました

彼女近づき、横に座まし。彼女がソファーににな

「脱がせて…

女が俺の手を取り下の手を持って行きした

眠不のせいもあったか、ドキして頭がくらくらしてきます。

脱がに少しだけ彼指でってみました

もう、エッチね

女はましたが、はしっとり濡ていました。

彼女沿着を脱がソファーの下落とた。

彼女は着たます。


…脱がな?」

たずねると

「あーすっごいってるのよねw腹とか見たらチンチン小かもよww」

「えと思いよ…」

は言なが彼女の上着脱がせまし

も別にする訳でも、自分から腕を上げて脱げやすくしてくれま



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様