2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の友達と協力して彼女の3pを仕組んだ

 



自分は浩二、27歳付きって1年になる彼女いま

名前は直緒、自分と同いです160ちょっとあて胸お尻がくて良いイルをしていまし


自分、自分の彼女が他の男性に抱れるのを想ると興奮てしまう取られ好きの癖を持っていす。

合って少経って彼女にそのと、まし綿たが嫌悪感は持っている感じでありませんでした。


る日緒の友達の、、るり子というコ然会した。

自分話したとがあるら今晩電話しと言わ、訳も分ずその夜に電話を掛けまた。

もしもし

あ、浩こんばんは


体何の話だと思っていると、、るりゃん早速本題の話した

「直緒から聞たんだけど浩二は直緒が他男とエッチすると興奮するんでしょ?」

なり言れて驚きました。

は、、るり子ちゃんにのことを話したらしく、それるり子ちんはに話うと思っていたことがあったとの事でした。


「私で良ば協力してあげよっか?」

え?どういうこと?」

緒のこと狙ってる男1人知ってるか浩二の望叶えてあげられると思よ」

るり子ちゃは、そのとヤリたてるからヤレるかもを言て誘えば、取って誘いにの来ると言いました。

自分はどうでも良かったのすが、、り子ちゃんは、それ的に協力を持ちかてきたうでし

、直度か飲んでるからのね

「そうなんだ?

「飲み会しようっえば緒も警戒しないKすると思う。3人で飲むのは不自然だか男もう1人呼んで4人でとになると思うど」

話を聞きながら滅多になチャンスかと思い、既に乗気でを聞いまた。

「もしたらの3P見れちゃうかも」

ジ・・・?」

で興奮してしまっていました。

直緒と、、るり子ちゃんは 中時代からの仲の良い達です。

達を利用して、お簿ろうと考えてる時点で、良い友達とは言えせんが友達をいろ意味で危険な男とそういう事をさせる訳はないとって計ることを決断した。

呼ぼうと思てる人2人とも29歳綿だよ。私達より2コ結構お金持っかじないか安心して


名前は、大と祐二と言うとの事でした。

日時や所どうやって自分その場面を見るかなどは、後日 連絡を取りって決めことした殿




何日か後、るり子ゃんか絡があっ相手のら飲み会OKの返事が来たこ、場所は直緒の部屋で鍋ーテーをすことと連絡ました。

直緒に簿ろん、相手男達にも分達の計画は伏せて、自分テレで様子を見せてもらうとにしました。

日の2日くらに直ーティーの聞き

「土曜日、るり子と、り子の友達と鍋することなったの

「そうなん、何処するの?」

私の屋でるー


「そっかそっか、しんでね

、ありが


直緒は、楽しそうな話していまた。

緒は酒は好きですが使、決して強ありませんた。

酔わせてえばかするといが起れると思って期していした


そしていよ計画当日、20時を過た頃鍋パーテ始まりました。

自分はもしかするとれるかもしれない可性を考直緒の部屋の近くに車止め待機いました

なところ携帯のバッテリーが切れると最悪なので、テレビ電話は後々するこ

い過ぎかしれせん簿まで見た光景を見れるもしれう期と興奮でありえいくらいバクいっいまし・・


21時くらいに直緒からメールりました

浩二殿仕事終った?今日も疲れ様、今度は2人でしようね

しい言葉に罪悪感をちまた。

わったよと、宿する気をつけて帰ってね返信が来した。

22時、るり子ちゃんからメールが簿ました

「直緒いい感じにたよ。今ね、大仲良さそ話してるよー」

どうなの?い?」

「多分大丈夫じゃない?はも気満々、直緒くっつかれても拒否いし。それにもちんと協力するか


るり祐二男と緒ので絡んで、お酒とその場ので、直緒とをの気にさるとっていまた。


れから約1時、真っ暗で今か今かと電話を待っていると、23時を過ぎた頃、遂にテレビ電話の着信が来また。

分は画面を見ていました。

電話は、ルの上置かて、直と大輝という男の姿はっきり映っていま便

部屋の光灯ではなく、直緒のお気に入りオレンジのライトがていて、いいムさ加減でした。

ゃんと見えていにボルテージが上がました。


何かがてる子ではありませでしが、かなり酔ている感じは伝わました

「直緒ゃん、チューよ〜

だめ〜」

だってもあの2人してるよ俺らもしと」

しないとって何〜

の顔がラチラ少し顔で
楽しそうに様子まし

直緒の横くっついて今にもキスようていた。

「だめだ、お酒もういいの?

酒はもいいよ、それよりしよよ〜」

〜、る助けよ〜

映ってはいませり子殿ん達スや以上のことを始めたといます

に、、るり子ちんと思われるが聞こえ、画面の2人の視線 そっちにて直緒は固まって見ていた。

直緒はきっと奮していたんと思います・・・


秒後、男緒の顔を自分の方に向けてキスをしよとすると、直は抵抗する せず男のキス受け入ました。

いキスを繰り返した、男がいやらしい動きで舌を絡めると直緒も舌を出して答えました

って、その場の雰囲気にされて直緒はを始めした・・

でも、んな だしない彼女の姿に奮して

は直緒の大きめな胸を揉みながら、どんん服を脱がせていました

を外し、が露わになると男乳首に吸付きた。

あ、ん

直緒の控めなが漏れまた。

大事な彼女おっぱいが払いロ男いいように吸われて何とも言えな奮をしてまし

2人座っていすぐ奥にあるベットマット(高さ20c程)緒は押し倒

男はすばやく全なって、緒の胸に再姿しゃぶつきました。

その後すぐ、画の端に祐二のモフェラチオ中のり子ちゃんが映りました

ゃんはまだ下着はついてい、祐二全裸でた。

大輝は、乳首をいな宿直緒のショーツの中に手入れまた。

「やっ、ダメ

と大輝が嬉しそに直緒に言いました。


緒ちうグョグョにってじゃ寿




「恥ずかしい

脱ぎたいでしょ?してあげらケツ上げて

ト恥ずいよ、、


は、んなとを言いなも、ゆっ腰をかせました・・・

もっ深い快楽を沿えてもう為自分のモ味わう為、エ寿男に下を脱せてもらっていました・・・

画面からるりちゃんと二が見えなりました

、その直後に直喘ぎ声混りにました。

「るり子〜?ちょっと、何処くの〜?

るり子ちゃん、ちょっ話だっすぐ戻るって」

そうい緒と大輝のいるベトに上がり参加し始めました

で見たの3P間で


ら聞い話ですがり子ちゃ初からに途中で居なくなことを伝え2人で直緒を犯っていいとえていたとの事でた。

に回り、脚を抱えて大股開きの状態にするとが露になったマンコい付した。

ああっ、、」

「直緒ちゃるだんなことたこんの?」

ない

大輝のが上下に動く度にピクピクと身体が反して、は羞恥より快楽に満ちた表情に変わっいるようでした。

祐二調がそれを見ながら言いました。


「お〜いい顔になっ、それしても直緒ちん すぇいい身体し〜」

大輝はグチョグチョになったでう直緒のマンコをで掻きし始めした。

赤らんに向けて出しまし

ああ、ああっ、」

大輝がを動かと直マンコはグチャグチ音を立てました。

輝と祐二があ〜あ〜と言いなが喜んました。

は自分したことしく動かすと直は身体を仰けせまし

ああ、いちゃうよっ、、」

の高め声がした

大輝は更指をく動かし直緒を責め立てまた。

だめ〜、いっちゃう!」

いいよ、!我すんなっ」

「ああっ、ダメイクク!」

緒は身をビクンビンさてイしまいた・・・

「すごいね直ん、こんな風にイクんだ

う恥ずかしよ、、

いつもの直緒屋でまるで別世のようなこが起きいる

二が そのままの体直緒にキしました。

でどっかのヤリマン女を扱うようにいらし舌使い緒の舌を吸っていました

緒と祐二がキスを続けている、大輝がガ起させたチンポを直緒のマンコにあてました。

「ほら、ゃん大輝入れよとし寿るよ」

「ああ、だよ、

直緒は少しいて振りうとたが、直緒を抱えなおして言ました

いいから大輝くやっちゃえよ

メ、、着けてらしよ、、

「直緒ゃんこの格そんなこと言われたって言う事聞る訳ないでし


大輝は、そう言うと、ためらいなくギンのチンポを差込みました・・・

自分の大女の沿・・番大事なチンポをした・・

ぁはぁ〜、、あ〜、、」

だけ持ちいいん?といたるような直緒の声

輝はゆっロークを始め、祐は両手でを揉み乳首摘んりしていました。

「直緒ちゃん たないんだろ?すんげい声」

がいやしい調で言ました。

大輝が少ずつトン早め、それに合わるように直緒の喘きくなってました。

「あんっ、、あ、、

「あ〜直緒ちゃん持ちいいわ〜」

「ああっ、、気持ちいっ、、気持、、」

緒の真っ白なぱいが大き揺れて凄らし光景でした

ろから抱、前からは大輝が突て、直緒は完全に2人のおもちゃでした。

二が直の顔横に口元勃起した
を近づけるは何も言わずパクっえまた。

当に優しくていやのあ直緒が、夢中で2本のチンポを咥えまし

3Pんて初めてのはずなの躊躇いもチンに溺ていました。

ジュル、、っ、、何こやだ、、すごいのっ、、」

大輝は自分の欲に任るよに直緒のマンまくっていました。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様