2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の友達と協力して彼女の3pを仕組んだ

 

\ シェアする /



分は浩27歳で、付合って1年にな彼女がいす。

前は直緒、自分と同い身長は160ちとあって胸やお尻が大きくて良いタイルをしてい退


自分は、分の女が他の男性抱かれるの像すると興奮してしう寝られきの性癖を持っていす。

き合って少し経っ女にそのことを不思議がっていましたが嫌感は持っている感じではありませんでし


る日、直緒の達のるり子というコと街で偶然会た。

に話したとがら今晩電話われ、訳も分からずその夜に電話掛けた。

しも

あ、浩二こんは」


体何の話だろう思っていると、、る子ちゃん早速本題した。

「直から聞たんだけど浩二は直男とすると興奮するんでしょ?」

なりわれ驚きました

直緒は、るり子ちゃんに そのことを話しく、れを聞いて、るり子ちゃんは自分に話そうとっていたことたとの事でし


「私で良れば力してあっか?」

?どういうこ?」

「直緒のる男私1人知ってるから、浩二の叶えあげられると思う

、るり子ゃんは、の男が直緒とヤリたってるから、ヤレるかもれない事を言って誘、お金取っても誘いのっると言いた。

自分はお良かったのすが、、るり子ちんは、それを目に協ちかたようでし

、直緒と何度飲んでるら面識あるのね

そうなん?」

飲み会しようって、直緒も戒しないでOKすると思う3人で飲むのは然だら男う1人呼んで4人で飲むことにるとうけ

ながら滅にないチャンかと思い、既に乗気で話を聞いました

「もしたら直3P見れちも」

ジ・・・?」

想で興奮しまっていました。

緒と、、るり子ちゃんは 中時代からの仲い友す。

その友達をて、お金をろうえてで、良達とは言、友んな意味で危険男とそいう事をさせるないと思て計画を決断した。

と思っ人2人とも29歳だよ達より2コ上で構お持っる。変 人とかじゃないか安心し


名前は、輝と二ととの事した




時ややって自分がそのを見るかな日 連絡取り合って決めるとにしまし


か後、るりちゃから絡があっ、相手の男と直緒から飲の返事が来たこと、所は直緒の部屋で鍋パーティーることに連絡便ありました。

直緒にはもちろん、相手の男達に自分達は伏せて、自分はテビ電で様子を見もらうことにしまた。

計画実2日く直緒ら鍋ーティの話を聞きま

曜日ね、子とり子の友達と鍋するこったの」

そうなん何処でするの?」

私の部屋でするー


そっかね」

うん、がと〜」


直緒は、楽しそうなで話していました。

直緒お酒はですが、決し強くはあませでし

酔わせてしまえばしかすると、間違いが起きてくれるって期ていました。


そしよいよ画当日、20時を過ぎた頃から鍋パーが始まりました。

自分しかする直接れるかもしれない性をえて、直緒部屋の近車を止て待機していました

大事なところで携帯のッテリーが切最悪のでレビ電話は々することにいました

過ぎもしれが、夢にで見た光景もしれないという期と興奮でありえないくらい心臓がバクバクいってました・・


21時いに直緒からがあした。

「浩二仕事終わった日もお疲様、今度は2人でしようね

しい言葉少し持ちまし

終わったよと、返信すとすぐにをつて帰っねと返信が来ました。

22時らいに、ちゃらメールした

「直緒いに酔たよ。今ね、大仲良さそうに話してよー

「どうな?いけそう?」

「多分大夫じゃない男はヤル気満くっつか拒否てないし。もちゃんと協するから」


、るり子ちゃんは、祐という男前で絡んで、酒との場の雰気で、直緒のことをの気にさせる言ってました。


から約1時間、真っ暗車内で今今かと話を待ってると、23時を過ぎた頃、遂にテレビ話の着来ました。

自分は食入るよに画面を見ていま尿た。

電話は、テーブルの上に置かれて、直緒と大輝という男の姿がはっきり映っていました。

屋の中は蛍光灯ではなく、直緒のお気に入りのオンジのライトがついていて、いムーの明るさ減でした。

ちゃていて一気にボルテージががりました


まだ何かがって様子ではありませんでしたなり酔感じは伝ってきました。

直緒ちゃん、チしよ〜

だめ

「だってもうあの2人してるよ?俺らもしないと」

「しないとって何〜」

直緒の顔チララと見えて、少し赤らんだ顔で
楽しにしている様が分りました。

男は緒の横にくついてにもキスしようといました。

「だめだってば、お酒もう

お酒もうい、それよりしようよ〜」

ん〜、るりけて

映っていませんが、る子ちゃんは、キスやそれ以上のを始めていたと思いま

直後にるり子ちゃんわれ喘ぎてきて、画面の2人の視線が そっちいって直緒は固まって見ていまし

直緒と興奮していたと思ます


男が直緒の顔を自分の方向けをしよ、直は抵抗することは せず男を受け入れまた。

ゆっくり軽いキスを繰返した後、男がい動で舌をめる寿舌を出して答ました。

払って、そ雰囲流されて直緒を始めま・・

でも、自分んな だしない彼女の姿に当に興奮してました

輝は直緒の大きめな胸を揉みなどんん服を脱がせて

ラジーを外し、胸が露わにと男は乳首に吸い

、んん」

直緒のえめなが漏れました。

自分の大事な彼っぱいがいのロ男にいように吸れて何とも言をしていました

2人が座ってすぐベッマット20cに直押し倒されした。

はすばやく全裸になって、直の胸に再びしゃぶりつきまた。

の後すぐ、画面に祐二のモノをフチオ中の、り子ゃん




るり子んはまだ下着て、祐二は裸でし

輝は、乳首を吸いがら緒のショーツの中に手入れました

、ダメ」

するとが嬉そうに直緒言いました。


「直緒ちゃ?もうグチョにってん

ずか便しいよ」

でし脱がてあげるからケ上げ

「ホント恥ずかしいよ、


、そんなことをがらくり腰をた・

もっい快楽てもらう為、自分はない肉棒を味わう為、エロ男に下を脱がせてらっていました・・・

画面から、るり子ちゃんと祐見えなくなりました

すると、その直後に直緒が喘ぎ混じに言した。

「るり?ちょ、何行く〜?」

子ちゃん、ょっ話だってさ、すぐ戻るって」

二はそういうと直緒と輝のいるベットに上がし始め

夢にまで見た緒の3Pが現になる瞬間で


後か話ですがるりちゃから達に途中で居なくなることを伝え2人で直緒を犯ってもいいえていたとの事でした

が直緒の回り、脚を抱えきの状にすと大が露になったマンコ付きました。

「ああっ、、」

「直緒ちゃん興だろんなことしたことあの?

いよ、、」

大輝の舌が上下に動く度にピクックッ体が反応して、直緒は羞恥より快楽に満ちた表情に変わているよでし

祐二がそれを見がら言い


お〜顔になってきたよ、それにも直緒ち すっげぇいい身体してんな

はグチョになったであろう直緒のを指で掻き回し始めした。

緒はんだ顔を天井向け喘ぎしまた。

ああっ、、あっ、、

大輝がかすと直緒のマンコはグャグチ音をてました。

大輝二があ〜あ〜と言ながんでました。

大輝は自分したこといくらい指を激しくすと直身体を仰け反らせました。

「あ、いっちゃうよっ、、」

直緒高めのが響きました。

を激く動かし直緒を立てました

「だめ〜、いっちゃう!

「いよ、ら!我慢すんなっ」

あっ、ダメ!イク!イ

直緒は身体をンさてイッてしました・・・

いね直緒ちゃ風にだ?

う恥ずかしいよ、、」

いつもの直緒の部屋で、まるで世界のうなこが起きてした

祐二が そのの体勢にキをしました。

まるでどっかのヤリマン女を扱うにいやらしい使で直緒を吸っていました

緒とがキスをけていると、大輝がガチガ寿起させたチンポを直緒のマンコあてがいました

「ほら、直緒ちゃん大輝入れよとし

、ダメ、、

直緒は少し動いて祐二をりほどこうとしましたが祐二は直緒抱えおして言いま

いから大輝早くやっちゃえ

メ、、着けからしよ、、」

「直緒ちゃんこの格好でそんなこと言われて言う事聞ける訳なしょ


大輝は、そううと、めらいンのチンポを差込みま・・・

自分好きな彼女・・・一番大事な所にチポを挿入した・・・

「あ〜、、あぁ〜、

れだけ気持いいんだ?と言なるうな直緒のと顔でし

っくりとストローク使祐二は両手首を摘んだりしていました。

「直ちゃん たないん?す

がいやらい口調で言いた。

大輝少しずつピトンを早めと、それにわせるように直緒の喘ぎ声が大きくなっきいた。

あんっ、、あんっ、、ああんっ、、



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様