2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

3p募集 中出し禁止のはずが、、、

 



、つ・。いろろあったので、ちょっと話させてもらいま


は結婚婦です。

他の婦と様 私たちも倦怠期気味でして、最近での回も減ってまし

と付きだけ経験があり

の内容はいして聞いた事がなかったのすが、ちょっと前に中に そことねると異常に興奮てすぐってしいまし私も

、私以前に どうも1いうのが嫌した。なんだかの男と比されるみたいで・・・。


ういう事情もあり、想像だけでは いつしか収まなり妻を説得すこと以上・・に3Pら・・う条件でOKました

早速どで単独男性を募集しまし

ろいろ条件で限定たが・。

ず、ルー守れる人。当です。

ょっと離ころにでい。Hした後ょく顔合わすのからね。

あと、ペニスがあまり大きくない方。大きいモノを経い妻なので、大きかっら、しかしたマっしまうこかったからです。

他にもいろいましたが のようなで探したところ、Kと巡り合いま

Kは私たちより若く、妻り2つ下の29歳でした。

分家離れただったので、メールで何度もやり取りしてついになりま

隣町で。


で出かけるのも久しぶりだったので、ずいぶん妻も盛上がていま


約束の時間、男はやってきまた。

写真かで、中肉中の見目も普通の男でした。

ル近くの居酒屋3人沿己紹介で


気さ人でールも入ったせか、ちょっしたらすぐ打ち解けました。

雰囲気の中、よいよホテルへ帰ります


帰り道妻の顔が ちょっで こわっていました

私も いよいよ・じで、緊張と興で妙な感覚を覚ていました。

ホテル帰ると、とりあえず妻がシャワーを浴びに行きました


間、と今日のールの確認を簡単に済ませ妻が風って そんな殿ってかったちょっと妻すつも Kに提案しま


「なんな、妻緒にお風呂うです?」

「え!?いいんですか?」




「ええ。風呂に貿一緒に入だけないません笑」

そんなわけで、一緒に入ることになました

奥さ、私も入りますよ。いいですか!?」

えぇ!?い・い殿すよ

慌てふためく妻。い出したもの私もかなり緊張です。

に風呂へ入るけで終わる、そ・・いろな想が駆け巡ります。

何やら楽な会話が聞こえてるのすが、はっきりとは聴き取せん

とした中そのうち妻がから出てきまし

「あれんは?」 

る」 

「何かさ?」 

「うう何も・一緒に入・」

らホントに期待たようたみたいです。

「Kさんのアレ、見・?」 

「見て。緊張して全然下のほうは見れなかた;

タオル一枚巻ただの身んのり赤みびて、いり艶っぽく見えました。


も出てきたので、私も風呂に入ることにしました

なんなら、私が出るのを待ずにてもいですよ!」 

「いええ、待ちますよ」 

出てきてね 

な会話を後て風呂にりま

入っると、まんらすぐ隣なで、よく会話が聞こえました

き取れないのです、たまに笑っり、話してるのがわかります。 

ころが、し経つ何も聞こえなくした。

か・・私は大急ぎで体洗っ、湯船につかることなくました。

ベッをやと・


きなり、背後から攻めれている妻が目飛びこんできました。

Kは、まだ若い分まっ身体で、私よ若干細いのですが、ちょっと筋した。

ちょっと小さいながらも形のよ妻の胸がによ形しています

ついにまっのです。


今まで、妄想だけの世界・・・・

実に目前で広げられと、突然まってたせもあるのか興奮より静さが強かったです

だけ露出た身も、そうちオルを取れ、をKに見せいま

産んでるりには、崩れていない身体。

指で攻め、段々と声が漏湿れてく妻・・全てが新興奮でし

までは


も少しは婿極的なってきて、の巻かれているタオを取た。

えっ!?って顔の妻を見まし私もです 
オルを取ると、私も妻も綿てきたのです。 

まだ、半立ちでしたが、あらかに私の勃起よりです。

 と思ました。

く思出すと、Kから通サズっとしか聞てなかったのです。しかどう普通ありません


愕しると、妻は意を決したか、口で愛撫し始めまし

第に勃起しじめ、とて妻の口には収まらないサイズでし

長さも太さも・のほ倍はありす。

それを口る妻は圧でし

もなく正常で妻に入っていた。

りにくそうでしたが、とうと全部根元まで刺されてしまいま

の歪む顔が見す。

私の目のってこともり、必死で快感をらえるのりとじられました。 

2〜3分はイってしたの


が後で聞く、妻はイそうす。

妻とKとのわり、傍観者になっていたので 興奮のあすぐにもイ

とすぐにでもしたかっのですが、Kも帰る様ないので、とり様子を眺めました。

トイ妻がてる、とんでもないことをKがたのです

戦い・・・?」 

え!?えぇ、いいですよ」 

「今イきにくもしで、生でさせてもらっもいいですか?」 

「え!?」 

もちろん外に出しすよ」 

「・・・」

生です。




りたらいました、お沿腹にかれるのがいうのも事実です。

した。妻が了承するならですよ」 

んな戦が始まることになりした。

レから戻った妻はKがるベに座りました。


何故がいるーじゃなく Kのいベッドなのか・・・。

っとンときま・・・。

3人で先程のプレ笑してい

いつの間にの手撫でめていました。

まりに自たの気づかったのですがうこうしてると妻の吐漏れはじめ

最初は、どうするの!て感じで私を見ていました、私が黙ってうなずくと相手を任すよう寄りかかりました。

ど時間は経っていかわらずKのニスすでにギンギンでした。

は、フェた妻も、今度は自えてした。

Kは見せつけ如く、仁立ちで宿フェした

変わらず、全てが入きらな 歪んで舐

そして、そのなモノで、また正常位で受け入ました。

それも生で・・断りもなく当然ようにれたのです。

みまでした。

Kの態度にムカましが、妻が拒んで

でもいので何もせんでし

れより、簡単に生で受け入れる妻にかなりシックを覚えました

全てが入り、大きなストロクで、妻の身体は弓りになりまし

では決して届かなかった奥の方で感じていです。

先程同じく、シーを掴んでいた妻の両手 ついにの背へ回りました。おち間です

女としての喜をついに全開ではじめた

々と湿気持ちの中、た私は傍観者になっていました。

のを見てるだけ・・・本気すごたです1回戦、いや あきらかに私と行為の時は違

とやりない気持ちでいっぱでした


はすぐ体勢沿を変え、バクから突始めた。 
「どすか、一緒に奥さんをめませ使?」

、私に断る余裕はなくすぐへ向かいました。

ックでかれてる妻の方へくと、妻はすぐに私きつけているタルを取り、ペニスが露なりまた。

それを、Kはニヤニヤしています。辱でした。 

の半分程の私のペり汁でヌルでした。

んな私のモノをえましたっぽりと。 

Kとのフェラの妻顔とは違ました。裕の顔で

Kに突る時に顔が歪みます。

りまょう」 Kは言した。

ところ妻はのペニス咥え退て離しせん。

益々動きも早くなりに我慢でず妻の口へ出してしいました。

がイと、また二人きりで正常位始でまりました

完全に二人世界でた。お互手をめるように・・・。

私のを離さなかたのは、Kとのプを邪魔れたくなかったと悟まし

妻の喘ぎ声がんどん大きくなっくのがわかりま

イっ私には、辱と嫉妬と不安だけが大きくっていました


またの時間が始まりまし

もう私のこど気になないに夢中なのか全に妻は弾ていました

ぁ〜・・・いぃ・・・ 

沿となく繰る言葉。

そのうち、「あぁ〜・・すごい・・!」

るときには聞た事の


イってしまった私にとって、メージを言葉です。 


「奥たってる・・・ 

あっ・・・あたる〜・」 

では とい届かないをKは突いようです

Kは大きくのですが激しくを突き上げました。

になら程感した。

・すごい・いい・・い・・いく〜・・!」  
妻とイクのとわすうに、Kは奥深く突き上て止した

、二人でイタかの・・・


妻は小刻に震えていました。

Kもしばらくまってい

(もして・・!?)沿不安寄せきましが、不安うに、またKストン動をはじめま



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様