2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女がオフ会で睡眠薬を盛られた





337 :佐々02/07/16 02:14 ID:hnJrZ3O5
1/25
結構前のはなしだから時効いうことで書きます

当時インターネではなくソコン通といだっ

美沙子と俺は横浜と大阪の遠距離恋。付は始めてうど半年位だった。


彼女が神戸でのオフ会に参加しい出した。

危なやめろとったがどうも行くということので一緒に参加すいう条件で行くとなった。

なら俺も行ってたいと思った会が土というで日美沙子戸でも歩いてら参加するというとにした。

し、が白るといので、カップルうこを隠して、赤の人という設参加することなった

じゃい土地でのとで何かあっても後を引くこもない、第一俺も一だから何もないと思って



339 :佐々木:02/07/16 02:14 ID:hnJrZ3O5
2/25
「これじゃ少し大胆すぎるかしら?」

赤いノースリーブのブラウスと丈が短めの白いスカート姿だった。

美沙子が駅まで迎えにきてくれてそのままホテルにチェックインを済ませた。

部屋にあがると窓の外に海が見えた。

まだ少し時間があるから少し歩こうかということで神戸の港を散歩した。


オフ会は18:00スタートで場所は明るい洋風酒場のような店だった。

二人でタクシーに乗って店の近くまで行き、別々に店に入った。

男3人が既に来ていて、もう一人が少し遅れて入ってきた。



340 :佐々02/07/16 02:14 ID:hnJrZ3O5
3/25
局、まったのは男4殿人と、俺と彼

面上ではまーす。」って書いていたつらが男合わて20人んだけど、結局は勢6人というさしいものだった。

二人は前からの知り合らしく、田と河野名乗オフ会の主催者だ

あとの二人一人は大阪佐藤、、もうひとりは名古屋から参加したと名乗っ。二人初対面とのことった

沙子俺もそれぞれ自紹介し、い初面だと言然のことだが唯一の女性でしも美人と湿いうことでいは最上

つい、わざわざ横浜きて頂いたと口には出ないまで「招かざ貿った。馬鹿く思いながも、どうせ他人のだかほやさのをてみようと決めた。



341 :佐々木:02/07/16 02:15 ID:hnJrZ3O5
4/25
話は取り留めのない話しばかりだったが、佐藤は明らかに彼女への下心が見え見えだった。

「美沙子さんは今日は泊まって行くんでしょ。ゆっくりしてってくださいね〜。」だと。鼻の下伸ばしてんじゃねー!!

大阪から神戸なら日帰り圏内だが、今日はホテルの予約をしてあるので心配はない。


20時を過ぎた頃、二次会ということで店を代えた。近代的な雑居ビルの中の小さなスナック風の他の客はなく貸切状態だった。





342 :佐々木:02/07/16 02:15 ID:hnJrZ3O5
5/25
場所を代えてからは、スケベ系の話が中心となった。

暫くすると王様ゲームやりませんか?と佐藤が言い出した。この野郎!男5人、女一人の環境でそんなもんに乗る女がいるか!と思ったが、意外にも彼女は停止条件付きということでOKした。

(後で聞いたら断ると場が白けると思ったとのこと。--美沙子は勝気なタイプである。頭も悪くなく卒がない。フリーで仕事やっているので相手を煙に巻く技術をもっていないとビジネスなんかやっていけない。と日頃から言っている。)



343 :々木退02/07/16 02:16 ID:hnJrZ3O5
6/25
美沙はきわどい命令にもそれはダーメ。手にノラリクラわして切り抜けていた。

「ブラウスンを外させる」とう命令には彼女が「2つ目まで」という条件を付ける女はかわしなが手に場をり上いた。

進行ハラハラ、ドキドキしらも、俺身も結構きを飛ばしたりしながら、の他を楽しんでい沙子もそれを上くかしてた。

の連中は俺たち二がカップルであることにく気づいて貿い筈だ



344 :佐々木:02/07/16 02:16 ID:hnJrZ3O5
7/25
トイレに行こうと中座して店を出た時(この店は雑居ビル内にあり、トイレはビルの共同トイレを利用する。)

主催者格の吉田と河野が廊下でひそひそと何か相談していた。目があったので軽く会釈をしたが、少し慌てた様子だった。

何だろうと思いながらも用を済ませ、戻ってきたら吉田一人が俺を待っていた。

「佐々木さん(俺)今日はどうされます?」と吉田が俺に尋ねた。

俺は一次会でも答えたと同じように「最後までいますよ。」とアッサリと答えた。何となく吉田が困ったな。という顔をしたように感じた。

で、「何か?」と聞き返すと、吉田は一瞬躊躇ったが話し始めた。

「単刀直入にいいますが、美沙子さんを頂いちゃおうと計画してるんですけど、佐々木さんも乗りませんか?」

「えっ?」

俺は一瞬言葉を失った。



345 :佐02/07/16 02:16 ID:hnJrZ3O5
8/25
は、このオフ会のの目的れなんです。

河野佐藤もも仲間し、次行く予定ている店も仲間で協力れます。

俺は相変わらず返事がきない。

「今まで同じようこと何回かましけど手くいきました、美沙子さんノリも悪くな調いし大です。それにタにないチャですよ。あれだけ綺麗な人が一人で出てるのと彼何か期きてすよ。絶対。

木さもノリ悪し、い切ってお誘いちゃいた。上手く合わせてくば後はこっちで込みま、そのま普通にしていてくださ

だめですよづかれちゃ。

言いて吉は先に戻って行

った。



346 :佐々木:02/07/16 02:17 ID:hnJrZ3O5
9/25
まさか、自分の彼女を「犯っちゃう」相談を持ちかけられるとは考えてもいなかった。あいつらみんなグルだったんだ......。

心臓がバクバク云い出し、頭がカッとなった。

まあ、最後には俺がついているから何とかなるだろう。もう少しだけ話を合わせてみるのもないかも知れないと考えた。これが、悪魔が囁くってこういうことだろう。

両方の意味で「赤の他人という設定」にしておいてよかったと思った。

部屋に戻ると美沙子は楽しそうにしていた。吉田が俺に、ニヤっと目配せした。

暫くして、三次会に行こうという話になり店を出た。



347 :佐々木:02/07/16 02:18 ID:hnJrZ3O5
10/25
美沙子はほろ酔い加減で、佐藤と黒田と一緒に歩いていたが俺は少し遅れて一人で歩いた。

吉田と河野は先頭を歩いているが話は聞こえない。

こいつら、何をする気だろう。どうやって実行するつもりなんだろう?どこまでやる気か?見たところ普通の部類に入る連中だし、その手のプロや組系でないことは確かだと思った。

それより俺自身がどこまで引っ張っていいのか?、どの段階で止めるか、どう切り出すか?そっちのほうが問題だった。

美沙子が複数の男に弄ばれる姿を想像して萌えることはあったが、そんなものは妄想の世界でのことであって、実現させる訳にはいかないが、このまま成り行きに任せておけば本当に実現してしまう。

そう思うと頭に血が上り、鼓動が高まった。俺はいったい何考えてんだ。



348 ::02/07/16 02:18 ID:hnJrZ3O5
11/25
「佐々木さ。簡単にしときす。と河野に掛けられて我に返っ横に河野がいた

まずは大阪に戻る終電なくなるまで引っ張ります。

電が無なっまるといこと定させ

あとそのHな路線に引っりま。そのまればまいっちゃいます

も今は美沙さん一人なのだけは無かも知れま時には奥の手を使います。


「ガドが固いようでれば、て頂いま。」寿




349 :佐々木:02/07/16 02:18 ID:hnJrZ3O5
12/25
「薬って?」と俺は尋た。

「睡導入剤ってやつですか。はありせんから大丈夫ですいつものリンク』ターにマスターが女の飲み物に込んくれます。」

「だたい薬入、30分もすれいつぶれたうにちゃから、あとは近くのシホテルに運んで頂いてしうという段取りす。


「もう予約は入れてあす。


シティホルのほうが便利なラブホだ人数じゃれなでし予約入れた駐車場エレベータで誰にも会わずに部屋にいますし、万が一ボイに、酔いつぶ殿た友人きたとを見せれば問ません。」



350 :佐々木:02/07/16 02:19 ID:hnJrZ3O5
13/25
後はどうなるんだ?」


「彼翌朝、ベッドで裸でを覚すことな尿ますが、その時には自達はん。それことす。


「けど.......」


「あ、中氏はないルールになってすから、ドームは用意してあます。

佐々木さんも使ってくだいよ

あと跡がるようなことは切なし。もさ。洋服も破かない

バクなるような過なこは一切なし


「それから、順番は公平にじけんです」


「僕達そなに悪質なことはせん引くようなことも。ゃってる相は、ゃんとしたセッスはできま


って、写って楽しむだけ、あくまで、ちっと過激ないたずらのの範囲と決めていますから。」



351 :佐々木:02/07/16 02:19 ID:hnJrZ3O5
14/25
それのどこがいたずらの範囲なんだ?充分犯罪だと。と思いながら、


「しかし.....そんなことが本当に上手くいくのか?」と俺は尋ねた。


「えーっと、失敗と言えば、一回だけありましたね。」


「三次会に入ってから、全然飲まなくなっちゃて、そのまま帰られちゃったケース。スペシャルドリンクも飲んでくれなきゃ効きませんからね」


「始めたばかりの頃だったので、まんまと喰いそこねたんですが、最近は酒を飲まなくなったら、ソフトドリンク版のスペシャルドリンクを振る舞いますから大丈夫です。」


「トラブルになったこともありません。」



352 :佐々木:02/07/16 02:20 ID:hnJrZ3O5
15/25
「美沙子さんって結構スケベなんじゃないかな。段々Hな話しにも乗りが良くなって来てるし、嫌ならここまでついてこないでしょ。

酒だけ飲めればどこでも行くというタイプでははしないし、逆に何かしてあげなければ失礼じゃないじゃないですか?あんな美人に。」


「しかし、佐々木さん、ラッキーですよ。美沙子さんは今までの女の中でピカイチです。文句なくダントツ、レベルが違います。今日は思いっきり楽しめますよ。僕はもうさっきから立ちっぱなしですよ。」


「ところで、念のため、もう一度伺いますけど、佐々木さんは美沙子さんとは今日が初対面ですよね。」


俺は「そうだけど。何で?」と効き返した。


「それなら何も問題ありません。ただの確認ですから深い意味はありませんよ。」


「じゃ、決行時間は25時を目処にしてますので、楽しみにしていてください。」と言い、河野は前を歩いているの四人の方へ走っていった。


時計を見ると22時を少し回っていた。



353 :佐々木:02/07/16 02:20 ID:hnJrZ3O5
16/25
こいつら、相当慣れてる。下手したら本当にヤラレかねないぞ。

と思い、遅くても24時までに美沙子を連れ出して逃げることに決めた。もう少しだけ、このままにして様子を見てみていたい、非現実的な妄想の世界に浸ってみたいというのが本音だったのかも知れない。

今にして思えばそれが間違いだった。直ぐに美沙子を連れ出しておけばよかった。


「着きましたよ」と言われたのは小さなスナックという感じの小さな店の前だった。


「皆さん三次会はHネタを中心にハメを外して、楽しくやりましょう」と佐藤が明るくはしゃいでいる。

美沙子は酒の上に王女様的な待遇を受けてまんざらじゃない様子。

まずは美沙子を呼び出して12時までに切り上げることを伝えておかなければいけない。

やつらの企みについては急いで伝える必要があるとは思わなかった。一段落ついたところで美沙子を呼び出すことにした。



354 :佐々木02/07/16 02:21 ID:hnJrZ3O5
17/25
決まの乾後落ち着頃合を見計らって、沙子に目で合図を送に立たせた。

沙子了解し、とう間、美沙子が立ち上がろうとたことに気づい振りをして美足早く先にトイレ向かった。

で「11時30分までには出る。了解したら合図を。モにいて、個西便座カバーの上に置き、石鹸を重石にてトイレをにした。

すぐ後に子がる。トイレ女共用だか見落と配は

美沙子と下ですれ違ったが部のドアが開いので、指でメモがあるとジェスチャー、「ドーモ」と声掛けただけで他会話をわすことな部屋に

部屋でよりも酔ってない様子ので安心し

くして美沙子がトら戻っきて、メモを了解しこと目のサインを送っきた。

れで少し気になっ。あとはて逃げ出すだ。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様