2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

知らない間に宗教勧誘されてた

 

\ シェアする /




1 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 16:21:39.83 ID:???0
立ったら書く



2 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 16:22:10.93 ID:???0
聞いてくれる人いるかな



3 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 16:27:58.35 ID:???0
なんかさみしいけど、とりあえず書いてく

書き溜めてないから遅くなるけど



4 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 16:32:08.37 ID:???0
スペッ

(今)
22歳



友達(今)
22歳

社会



12 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 22:51:25.04 ID:???0
私には地元に小学校からの付き合いの、云わば親友なる女の子がいたんだ。

その子は天然系だが中学では学年一の清純派の黒髪美少女で学校の男は誰もが見とれるような子だった。

さらにはピアノもバレエもできちゃう、先生からの評価もよく高校も推薦で入学がすんなり決まっていた。






13 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 22:59:29.75 ID:???0
一方の私はというと ま逆なタプ。

なんでも中途半端から特技とか取柄といし家と周囲の問で若干メンヘ入ってた。

高校も滑り止めでリギだったしw



14 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:05:31.03 ID:???0
以後そ子はAちゃと呼ぶ

んで仲くなったというAちゃ猫を飼っ

それもAゃんが生るまえからたらしく家のように大事にしてた。

ちゃ家にびに行った寿き、く携の猫の写真を撮った

からカ月してAちゃん貿が老衰で死んだ。



15 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:15:34.59 ID:???0
Aちゃんは学校に来なくなった。

このとき毎朝一緒に通学してたんだけど毎朝Aちゃんのお母さんが玄関に出てきては ごめんなさいね、と言った。

地味にお節介な性格をしてた私は何とかしてAちゃんを学校に行かせたかった。

無い頭をフル回転させて私は閃いた。

そうだ、写真があるじゃないか!と。

厨二病全開だった私は神様になった気分だった。

その日家に帰るとソッコーで猫の写真をプリンターで何枚も印刷し、さらに手紙を付けてAちゃん家に持って行った。



16 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:21:31.62 ID:???0
手紙の中身は たしかこんな感じだった。

「Aちゃんにこの写真あげるね!写真だけどこれで○○(猫の名前)はいつでもAちゃんのそばにいるよ!
いつまでもAちゃんが泣いてたら○○は心配で天国に行けないよ。

クラスのみんなも待ってるから、早く学校おいで」

この手紙と写真を届けた次の日、Aちゃんは学校に来た。



17 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:26:56.57 ID:???0
この一件で私は何故かAちゃんの一族から感謝されるようになった。

事ある毎にお礼を言われたり、優しくされた。

まるで警察から感謝状を貰ったかのようなよくわからない優越感に浸っていた私は差し迫る魔の手に気づくはずがなかった。

今思えばこのお節介がいけなかったんだと思う。



18 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:32:55.53 ID:???0
とりあえず、それからAちゃんと私はすごく仲良くなった。

クラスは違うけど なんつーか、べったりだった。

運動部を3か月でやめてフラフラしてた私を文化部に誘ってくれたり、髪染めたり夜遊びしたりしてるダメ人間な私を贔屓目することなく接してくれたのはAちゃんだった。

なんでこんなこが私にべったりなんだろうと幾度と思った、あの頃は。



20 :5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:40:33.47 ID:???0
高校受験の時てきて、私は県外の立を受けるこにした。

その話をAちんにした数日後ゃんるお守りを貿

便よくいく所宿えるお守、あね!受験頑張って!」

んか、〇様〜とってた気したけ当時なにも知らなかった私んでけ取た。

これがはじまりであ



21 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:52:22.76 ID:???0
因みに受験失敗した私は地元の公立高校に行った。

もちろんAちゃんとは違う高校だ。

高校入ってからは なかなか会う機会が無かったが、長期休みの時は遊んだりした。

ランチ行ったり、プリクラ取ったり、買い物したりと、まあ普通だった。

そしてAちゃんは何故か毎年新しいお守りをくれた。

が、私は何も疑うことなくそれを貰ってた。



22 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/03(金) 23:53:57.87 ID:???0
あるときAちゃんがこう言いながらお菓子をくれた。

「これはね、〇〇様がお祈りをなさってくれたものでとても有り難いものなの。だからあげるね」

ただ単にお菓子が食べたかった私は喜んで受け取った。

怪しい文句がつきはじめたこのあたりで気づくべきだった。



32 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 14:58:23.54 ID:???0
高3の終わり頃だったかな?久々にAちゃんと会ってご飯食べたりゲーセン行ったりした。

ただ毎回行くとこやること同じで正直飽きてきた。

んで、この日ももう別段何かしたいこともないから帰ろうかなーって思ってたらAちゃんが口を開いた。

「あのね、いつも≫1にあげてるお守りあるでしょう?それを頂けるところで今日集まりがあるんだけど、よかったら≫1も来てみない?あっ、大丈夫だよ別に変な所じゃないし お金もかからないし それに私のおじいちゃんが送り迎えしてくれるから!」

お守りくれる=神社って勝手に解釈してた私は暇だしまーいっかって思ってOKした。

するとAちゃんは携帯電話を取り出すと電話をかけ始めた。

「…うん、うん、そう≫1もきてくれるって」

よくわからないが すごくAちゃんは嬉しそうだった。


そしてすぐにAちゃんのおじいちゃんが車で迎えに来た。なぜかAちゃんのおばあちゃんとお母さんも乗っていた。






33 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:04:56.46 ID:???0
車の中ではAちゃんとおばあちゃんが何やらずっと話してた。

まさかこんな大人数で神社に行くとは思ってもいなかった私は正直気まずくてずっと携帯いじってた。

10分ぐらいしてAちゃんが「着いたよ」と言った。

窓の外にあったのはそれはそれは立派な社の神社…




ではなかった。



34 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:15:07.68 ID:???0
なんてゆうか、よくある何とか会館みたいな。

公民館を数十倍でっかく広くしたような建物があった。

思わずポカーンとしているとAちゃんが説明してくれた。

それによるとこの建物はどうやら支部で本山は東京にあるらしい。

が、私には支部とか本山とか言われても正直理解ができなくて「へえー」とか「すごいんだねー」とか適当に相槌打ってた。

それでもAちゃんは嬉しそうだった。



35 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:35:03.15 ID:???0
物には首におけさ?を掛けなければいいらしくお金かるのかよ…と思ってたらAちゃんを渡しきた

い、これ≫1の分

それを首にかけを合わせてから靴脱ぐなて。

の神社ってすごいいしながら中にはいった。

お賽箱どなーなんてふらしてAちゃんが案内してくれるうので着いてくことにし

廊下や階段れ違う人すれ違う人が何故かみんな優し

変な疑問抱きつ私はある広間に案内された。

そこにあったのは賽銭ではく肖、そしてでっクリーンモった



36 :5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:44:12.40 ID:???0
らにスクリーンに座するように人ものたちが正座してを待っていた。

して私も同じようにらされ左をAゃん家族に囲れた。

いたとき間をめていたのは分程度だっっと間にが満員になった。

多分200人上はいたと思う。

そし協和音のようなMが流れ始め、いわゆる謹行始まった。



37 :5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:51:06.43 ID:???0
Aちゃんにれた手帳には文が沢使てあった

漢字もあれ名、カタカる。

読めないどの外国語で綴られているペーあった。

の頭は持っつも私だったが、が書いてあるの さっぱりわからかったの口パクすることにした

ときどを合わ頭を上げた下げり、正直れた。

若心経もあったがった口パクした。

吃驚したのは隣に座ているAちは全記したことだった。



38 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:53:53.58 ID:???0
どれぐらい時間が経ったのか分からないが、やっと謹行が終わった。

普段から正座に慣れてるはずの私の足が痺れていた。

Aちゃんに「どうだった?」と聞かれたがどうもこうもない。

ただただ笑うしか私にはできなかった。



39 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 15:57:19.56 ID:???0
家に送ってもらって、どっと疲れがきた。

あんまりいい気分じゃなかったけど、Aちゃんはいいこだから悪い宗教とかなんかじゃないって勝手に信じてた。



40 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 16:02:56.36 ID:???0
このときお守りに書いている名前を見ればよかったのだが、物事に無関心な性格が災いして見なかった。

その年私は大学進学で東京に上京した。

最初の1年はホームシックもありよく地元に帰ってた。

みくしーをやっていて日記や呟きで実家に戻ることを書くと必ずといっていいほどAちゃんから連絡がきた。

時間が合えばお茶という名目で会っていたのだが、毎回と言っていいほど その施設に連れてかれてた。



41 : ◆5c7sFILzBs :2012/02/07(火) 16:07:42.56 ID:???0
私は大学に入ってすぐ彼氏ができた。

彼は田舎育ちの私と違って博識で何でも知っていて、ついでにいうと宗教が大っ嫌いだった。

Aちゃんのことを話した時 彼の顔色が曇ったけど、

「≫1が信頼してるならいいと思う。ただ危ないと思ったらすぐにやめろ」と言ってくれた。

この言葉のおかげで このあと私は(いい意味で)目覚めるのだが、これは追々。





>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様