2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。

 



女=亜つき合ってた終りの頃、亜希の浮気

実はオレ前に浮気がバレて平謝したたんで、まあブチれはしかっ

とゆーかた。亜希が気とかうにいタイプだてたんで 

まあ近セクスの間空いてたか思った。


希に明すと、時21才、ルックスは贔屓目抜き分並より上

結構フが多かっんで愛いほうだったんじゃなかと

のセンスが良て、体形は細身。本人はCカップだと言っていた。

圏の大学の英文科3年。学校通ってました。

のスレんでて見がイる方が萌え宿んで一応 (w

オレつ上です。


、一応そなりった後、オレは相手の見てみたいと思そいつ=田希に呼びださせたわけです

れまでに色々あったんだけどこでウ寿ダ書いても退屈な

ファミスで田中を待つ間、希と


「しかしなー亜希が浮気すてのはやっぱじられんな、んか

(オだってしたじゃん(ちょっと逆レ気味)

、そうじなくってお前のキャ的に・・んなヤツ?」

もうすぐるからわか

「う・・(小で)なエッチするん?」

え??

オレの時と比べうかな、と」

知りい?」

「いやぱ気になるよそれは・・」

「バーカ」

「オか?

「・・」

「正直言えよ。別に怒んないからさ」

・・うん・・・エッ沿ると・・」

そっちょっと凹む)・・ソッと)ちょったいな」

「??

冗談、冗談」


実はこのとき、オレには談ではなたのあるが。




3Pしてみったのれす

ヘンタとでも何とでも呼んくだ宿



そうこうすちに田中場。

はオと同じか。一フツのフリー

でもモだなコイツ

話してみるとあっんとしたツで、妙に意気投合ししま

田中「すんません。最初彼氏がいるってらなった

「『最初は

中「・・初は』なんすどね(笑)。ういになるとは

オレ「まあ悪のはコイ亜希)だらな

亜希「でも弘樹だっ前浮気しただよー

中「実は・・俺も彼女退たりるんだけどね(笑)」

亜希「そうだったの?・あ田中な感じでいなほう不自ね」

て感じ。り覚えてない

希はちょっとホッしている

ほんのりエ交えつつ小一時間り上がりて店をうかというと田中が話の続きっぽく

「じこれから3人ますと言便た。


━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

千載チャス!←オレには

えずを装い、こちぽく「いいっすねー」などって

で、店を出つつ、の乗りでは引なる方向へもってゆく (w

冗談で言ったであろ田中もはや乗の様子。

亜希はと見ると、最初はと思笑っていたが々にうなに・

行く気なっていと田「大丈、今日だけらさー」

かなか亜得し、亜希も渋OK。

も実興味ありげな感じ。

オレは胸の高なりを押つつ、とりあえず3人で近場のラブホにェックた。


屋に入る、さすがに亜希は緊張味。

オレも3Pはめてなんでいまいち勝手がらない

田中はすがに遊しくかやっことがあとのと。

りあえず他愛のなしながら何くオと亜希がベッに乗り、オが亜後ろか姿好で、胸を触がらじめた。

暴なことない希。もちろんさ

と田中が亜希の足元に来亜希のーンズを脱がしはじめたの

オレキスながブラウのボタを外していった。



キスをていうち希はだいぶ緊張ぐれてた模様。

オレの不安はちゃんと自分のチンが勃つうかった無用。

ギンンに亜希の背中を圧迫しいる

った唇を離、胸を揉みなら亜希の筋にキス。


田中は手のひらや指先の内やおへそあたりを絶妙なタッチでソフトに撫で、なかなか場所触れうとない。

ーん、焦らしのテ上手い。

亜希の唇ら切い吐が漏じめる。腰が物欲しそう動いている。

「亜希う濡てるの?パンツにシミがきて

田中希に囁きながら、パンの上からスと亜希のクリリスを擦た。

「ア

亜希の体がピクンと跳。呼吸が徐々荒くってく


っきまでの緊張どこへやらだなw

んて思いつつ、もや見入っているだレ。

いちおう乳首や筋をるがほとんどアリバイ撫とている


が手を亜のパンツの中に入れると、そはも水状態。

からえないが、グチュグチュとすごい音して

アンッ・・田中・・く・アッ・ヤッ・・アッ!」

すごい音る・・ンツもショグショだよ・・」

そのあたりにキスを浴せつ尿ヤニヤしながら亜希に囁き続る・・

ハァッ・・アァッ・・イヤ・・イッゃう・・」

2分とたいないのに、亜絶頂が近づる・・

まイッゃうの?チなちゃんは・・」

中はリだけを徹的に責めてるようだ指が小刻タッチで振いる

「アッ!・・・ア・・・・クッ!

体がろから抱いているオレの腕にみつい




田中はな責め続けていが、亜の体が弛緩したところでうやく動をとめた。



、すごい・・確にコイツ上わ。

亜希感なほうなので普段はオレ戯で1回イかせていんなにあっという間昇天せたことはない。

正直ちょっと嫉妬したし、したが、それよレは亜希の痴態便をとこと見たい気分にってきた

「亜ごいないつななのか?」

田中にパンツを脱がている亜希の耳元でオレは聞いた

希はな目で、恥ずかしそ小さを振った。

田中の右足からパンツを引き抜き、足のの辺りに引っ掛た。

レに「わる?」と目で合図を送ってきたが、オレはを振った

もうとことんまでやっ婿


このにオレも田中脱ぎンツ丁になった。

のパンツは興奮ョビチョ。中は・お、勃てすらいいじん。

ヤロー、のくは朝飯前っとか。

いでみるとヤツはけこう筋肉質。筋が6つに割れてい

標準体形のオレからする うらやまい限・・


「亜希ちゃんわかる?グチョグチになってるのって・・

田中は亜希の脚をM字広げ、舌で亜希のあこを舐めはじ

ピタピタ・・ジュルッ・ピ・ジュルルッ・・

ッ・稿・ア・・ッ・・・ッ・

希の唇から甲高い声る。

チャピチャ・・田中が舌を使うたびに、亜希の体がビクッと跳ねた

途中でポー変え、亜希を四つん這いにしてオレのモノせ、田中後ろから亜希を責る。

希はのチにむしゃぶ便くる。らかに普段が違ってる

田中は責指に変え、右手の指と人さし指そこに、グ、とかき混ぜながゆっくりと亜希の内側を探っ

お尻ヒクヒよ・・亜希ちゃん・・いね・・そんなに気いい

左手で亜希の胸お尻をまさぐりつ、相らずニヤと涼しい顔で田中希に

ンッ・・ンッ・・ウンッ・ン・」

唾液をジュジュルいわせ、亜希は眉をひそめて快感に耐えながらオレチンポに吸い付いて


よりしまくってオレは、亜希の情熱動きに自分が高まってくるのを感じる

いか!ここはまだ我慢ねば。湿


中の左手が亜希リトリりにゆっくりと動した。

手がさきと同じよう繊細動きたと時に、右手の指二本が亜希側の一点を責めはじめた

・・ンーーッ・ンハ!・・アアッ!!」

どうら田指が亜トを捕ら便ようだ。

希は堪えきれずオレンポから唇離しひときわ大声で喘ぎはじめた

ここょ?亜ちゃん・・またイキそう?・・我慢しいよ?」

部屋の中は亜の喘ぎ声と、の指が亜希のあこを調音で満ちている。

はシーツュッ掴み、必死に田中の指責め堪えている。

「アアアッ・・アンッ・・アンッま・・またイちゃ!・

中の指の動きが段とた。

田中が亜希の耳元で囁く。

「イてい沿



「アアンッ!・・アンッ・・イッ・・・・イクウッ!

体をビクッ、ビクッと硬直させ、亜がまつめ

中はなおもを緩、亜希の性感帯をピンイントでいる。

っ・・イヤッ・もうダメッ・おかしくなっゃう・・ダメエッンッ!!」

次の瞬間、亜希のあそこか明な体がピュッ、ッと吹き出た。

オレ目を丸くした調

?亜希、お前吹い簿んか?

田中はく指動きを止め、肘までビッショリ濡れた腕って舐めてみた。

た吹いちゃっね・・亜希ちゃん・・聞こ?」

亜希はお尻だ姿突き出上半ッドにへた調込み、荒い息をついている。

とんど意識は飛んでいる

希の足元のシーツはしょ。大きなシミがでていた


ょっとョッ

また吹いちゃった」?

もちろんオレは潮なんか吹かせたことなかっ使

、女って潮なんて本吹くのか?ってた

も匂いを嗅ぐと明らかにしっこではよな、これは・・

希って・・いつも潮姿くの田中君との殿は」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様