2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

張り付けの刑

 

\ シェアする /



昨年夏頃あった出来事を

初めてなので、皆さんお手柔らかに。


子(当時の彼女)B美あはC・DEの男3人、計6人で飲んました。

以前に二度程、こうした飲み会はあっで、誰も兼ねな普通乾杯で始まりまし


僕とC・D・の4人は昔から人で、彼女の子とB美C男の同した。

宿会っきから、僕はの友人らっと)A子を気まし

っとC男A子を狙為にセッティングしたの思いす。


A子は顔がとても小さく、眼がぱっちりとしたかわいい系といった感です。

本美貴字合っているか不安)似だとても、過言はないとってます

胸がい上、身体全体の肉きがよくっても決してては退)服上からでも身体はに色っぽかっ

同僚のB美A子社では後輩でしが年2つ上で色黒のスレンダた感じです。

僕とA子回目の飲会で、アドレスし 翌には二人だ調で食簿事にした

こでちを聞き、僕うことく即答し このき合うこした



それかヶ月経たないうちに、今飲み会となりした

まだ子は同僚のB美にさ僕と付きいるを話していませ寿んでした

僕もCを始めとす人らにはまだ話しませなかっで)そんちに会が始まり、お互い目配で合りと非常に心地よかったので そのままにしてきました。

はお酒がいわけでも好きなわけでもなく、いき合程度ました。

時間程、皆ホロ加減で居酒を出まし既に泥酔しており男とを支えてやっ状態でした

からどする?になりまし退が、は僕の顔を見るので「まだ大丈よね?」と言っしまいました。

A子は「うん」と頷いてく、B美もA子がいるのないった感 もう軒行くとになりした

りあえず男を帰そうとしたの酔のE男は聞き入ません

しかし、こE男を次のお店に連れて行く気には誰もならず

D男が「仕方無い、コンビニで酒や食大量に買い込んで、皆ホ飲みするか〜

案しました。彼のAにBラブホと言響きに抵抗はあったようすがE男の状加え皆いるし仲間のような気にな稿ていたの、変に断る様子もく決定た。

もこの時は抗もく、こだけの人数一部屋にれるのな?など暢気な考えていました。


0分一軒のラブホ到着しました。

た途端、特の囲気飲まれ皆無言となりました。




無事二つ部屋をとり眠くたら男女に分かれう!と言う事にました。

って歩いたせいかクタクタなり初めからかれてしおうと男かれました。

男四人で入屋は、なんとS屋でし

僕は生まれて初めて部屋り(他の友人らもだったと思だただ周り眺めるばかりでした


する男が美に「おいこっちは凄いぞ!M部屋だ〜面いもが一杯あるぞ」などと電話していまし

が湧いた、「見たい!」と言いだし「それならこっち」と・・

案内にC男が部屋を出、美二とも、こM部招きれてしまいまし

即効でフロトから電話が鳴、C稿加料金うこと まとた。

部屋は、では、大して広その各自しまって

がBに「置いてごらんどんな気分になるんろう?」

レン調るXの木の板に手械足枷見つけした

手械足枷は、革でもビニルでないモノをルトで止めるした。


ら」とC男がながら言美は「えぇ〜言い合笑して見ていした

尿っさりは両手に手られ、万歳の格りました

白いブラにジーパンと一見色気は無うな格すが両手に手械があり身動き取れ・といった姿は、とんでもなくらい興奮しました

と、C男は「俺〜らないらのいるベッドに来て、一緒に飲むうな仕草をました。

B美「嫌だ外してよ〜と笑ってらも子も笑っていま


C男は「そうだな〜言ういたら外やるよ〜。

うだ!酒一気飲!」

自分用に買ワンカップの蓋をけました。

B美の「じゃしだ勘弁してよ

葉を男はB口にンカップを口付した。

両手の湿奪われ、ごと飲むB越しがとても色っぽじらした

れでもC男は止めどんどんワンカップを上ゆきま

こぼ出しC男はがに止め分くいは飲んしょ。残りの半分はC男が一気み干ました

B美械をされ、上本酒で濡いる子に、Dはかなりたよです。


は「お〜」と言い、たチイの缶を持ち手械をされているB美に近きました。

も欲求が沸点にまで到ましたが、A子手前、笑いし酒飲みで誤魔すのが精一杯でた。

B美は顎の辺婿タポタと日本酒を垂らしながらもうさっき飲んじゃ〜してよ〜」手前までD男に言ましたは もう聞く耳持っていないよう退で、では言ったが早いか、チュの口をB美のけ流調込みめました。

B美はジュース違いしたかのように、さっ宿以上にぼしながらゴゴクと飲み続けした。

でカーペッは勿論、美の服はパンのりま濡れてしまていす。

上着のブラウスは所々透け、濃いブルーのブジャがくっりと浮き上ました

は咽たようでし始めたので、D男はの間を止めてか

「また、は〜いまだいっぱるよ〜」

とチュウB美の口に近づけるとなんとB美は自分かように、口D男容赦しかし こぼないようにB美のチュイをでいま

稿クとBが両手万歳好でき飲ます

ら喉のランが寿な活動をしています。

ュー終わりDって、既にB美はぶら〜と、手械けでている状態でした。を開け首を上に向けてました。


当たすがなり酔ったよです

A子呆然といました、そ時B美が「レェェ〜」と言い出しました

はすかず「しよぁ〜。でこで漏らされて困るしぁ〜」とニタニタします

他の皆も、A子以外はきっとったょう

男はよし!じゃB美がレ行っている間、A子に張りだ!!」

A子だと言ったメ〜」

えっ!?いまたが、普段酒を飲まないかな飲んに、このまま楽に横にいたい。

う身体訴えており、頭もボーッとしてフワフワな状した


美は子お願い〜漏れちゃう〜ホホントにお願いだ

A子は「えぇ〜!もお酒飲めならね綿待っいればよね!?」

困りきっ表情で男に言いまた。

に大丈B美が戻ったら直ぐに開放するからさ」とB美に聞こえない囁きました。


子が観念し美のきまた。

C男はこの時、B美片方の手械外すと、Aの片方をするというにしていました。

がて子が独り、万歳

B美は我慢でない様子でトイレへけ込みました。

ると男はA子の足にも、足枷をはめました


A子は「え何!?」と言いましたが、C男はだって身代わりだもん、両手足だ両足めてしまいました




A子はB美とは違い、デムのミニスカートなので男が屈めばぐに下着は丸見えです

A子は、完全にに身が取ようになってしまいました。

「ホントに直ぐ離してね」とA子は願して

僕は、この状況を何としなけ沿、身うように動きません。

も意があるのにけなかったので、後A子に合わすりません

ケクりを決め込むことにしした

男はの間に、最初に見つけしをに付けまた。

「暗い怖いって外してよ」

するとB美がトイレか出姿き、Cもうホントに漏れるところだっから

ると子の様子に気づき「あゃない〜」

「ふぅー」な叫びがらA子の胸を掴みまし

子は「ちょっと貿てよ〜Bもう酔っ払い過ぎよ。C、約から外し

ると美は「ダメ〜。このままい・

男はとしていると、

B美は「だってA子、さが困ってる時助けてくれなかったじゃない

、すんごい飲まされたんだか〜」A子は「代わってあげたゃない」

言い返しが「ダメもう遅い」とた。

完全に泥酔


瞬間美はAの水色のトをりあ

子は大きいとは思っいました、予上に大きい白のブラジャが眩しく視界ました。

美はれでは飽き足いのか、そャー下そうと、手がA子の白い貿す まさに瞬間、A子は「あっっ」尿息のようならし、瞬間赤ら顔になり俯きました。


A子の薄ピンク色の乳首露になり、初めて見るA子の乳首に発射寸前にま興奮しいました。

A子向いたままでが、両手万歳開いてい状態でトが上に捲くられ、ブラーはも露になっています。

トとブラジャーに挟まれ余A子の胸は、はち切れんばかりになってえます


その状況ではC男D寿男Eは堪りません。

E男は必死にこそうしたが、僕はふりに徹しました

男はE男に「寝ているツは寝かせておけよ」とE男を制止しました。

人の男もう酒どころはありません。ギギラとした目つきで、Aの露使なった上半身眺め

ホントるからB美ちん、止めて。C男君これしてよ

目隠されているせいあち顔を向けます。

「ほらほらA子っ胸、おっきいよ〜。

の人ってぱり胸大きい子が好き?」

、B美手のひらで、A子の首をころころと転がし始めました。

B美はAのストを見たらし、笑みを浮べ得意げに手のひら乳首を転がしていま

A子俯いたままでしたががて「う」と小殿が漏れ出しました

手のに感じ始めたようです

B美はさら調子に、さりも激しく動かしてす。

それまいていたA子て小さく揺れめ、が上がった間、額にほのり汗をかべ、とりとしていの表情が頬にベタついた髪の隙間から確認できました。

あれっ、A子感じていじゃんとD男が囁と、C男とEクス笑いした

その小な笑い声が聞こえた瞬間、A子は全ビクっとさ、さらに声が大きくなり「っあぁぁ度はれていました。

美は「もういるじゃないの〜?」と今ニムのスカートを捲くめまた。

しかデニム生地は手く捲ないうで、B美はなA子のに手を回しスカートフックを外しャックを下うな仕草


次の瞬間、バサッとAのデニは滑り落、A子白い下が露になりた。

しかも足枷に尿り足を開いている為、不恰好な状態に脱れがっそ卑猥に見えま

は「はと息使い荒くってい貿す。

すると、我慢しきくなったD男が「ど〜うれ濡れているのか確認しみようかC男男は、もはや笑っはいん。


は「もう絶対濡れてい姿るにまっているよ〜きっと凄いことになっている

ねっ、Aそう問い掛と A子 また「はぁと一段と大きな声しました。

美はか段面白くなっゃっ稿る様子す。

くとA子周りには、B美は勿論C男D男E男の四人が囲でいます。

と、E男が急にしゃがみだし、何やゴソゴソした。


外していのでた。

E男が両方のを外し、AとAの穿ていたデニムのスカートがカーペットり落ちました。

今度はYのになてい子に、E男はつらアソをタッした。

瞬間ビクンと子の全身が烈に波打ったように見えま

下しえ下しちえ」といなら急しています


E男は「この木綿のパンツがな〜」と言い下着のラめ始めました。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様