2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

張り付けの刑

 



夏頃にあった出来事をます。

ので、皆さん手柔かに


僕とA子(時の彼女)B美あとはC・D・Eの男3人、計6人で飲んでいました

前に度程、こた飲み会はあたの気兼などすることなく普通に乾始まりました。


C・D・Eの4人は昔からの友人で女のA子B美は二C男僚でした。

初めて会っときは(他の人らもきっと)A子入りました。

きっとC男もA子を狙って為にセィングしのだと思ます。


A子は顔さく、眼っちとし系とた感じす。

藤本美貴(字合っているか不似だとも、過言思っていま

大きい身体体の肉付きがよく(とってもして太っない)からでも身体は実に色ったです

僚のB美は、A子の会社では後輩でした2つ上色黒のンダーといっ感じです。

とA子は飲みアドレスを交し 翌には人だけで食に行き

そこでA子の気持ちを聞き、は迷うこ この日から付合うことになりました



それから一ヶ月経たないちに、今回の飲みなりました。

まだA子同僚のB美にさえと付き合ていを話しいま

を始めと友人らていせんなかっので)そんなが始り、お互い目配せで合図りと非常に心地ったので そのままにしておきまた。

酒が強いも好きなわけく、も付き合い程度飲んでいま

二時間程経酔い減で居を出ましたは既泥酔ておりとで肩を支えてやっと歩け態で

れかどうする?とう事になりましたがA子は僕の顔を見る「まだ大丈夫よね?」てしまいました。

は「うん」と頷いてくれ、B美A子いるのならといった感じでう一軒くことにました。

あえずE男を帰うとしたですが、泥酔は聞き入れません

しかこのまま男を次の店に連れて行く気には誰もらず

D男「仕方ンビニで酒や食糧大量で、皆でラブホ飲みするか〜」

提案しました。彼女のA子にホと言うに抵抗はった調ようすがE男の態に加皆いるし仲間のような雰囲気になっていたので、変に断る様もなく決定しました

もこの時は別抵無く、だけ人数で一るのかな?などと暢気なことを考えていまし


歩いて10分くらいで一軒のラブホに到着しました。

た途端、独特の雰気に飲まれ皆無言となりました

無事二つの部屋をとり、くなっら男と女に分れよう言う事になりま

って歩せいタクになり、初めかれてしと男女分かれした




男四人で入ったその部屋は、なんSMした

僕はまれめてM部屋に他の友人らもそうだっただただ周りをめるばかでし


するとC男がB美に「おい!S部屋〜面白いも杯あるぞ」などと電話していました。

美も興味が湧いたしく、「見たい!」と言し「それなこっちに来れば?」と・・・。

にC男が部屋をA子、この部屋招きれてた。

即効でフント電話り、Cが交渉し追加料金を払うことで まとめまし

では、お酒どころではなくなりして広く無いその部屋を各索しまくっ

C男がBに「ほらこに手を置い婿ん。どんななるう?

レンガ調壁にXの木の板に手械を見つけました。

手械、革でもビールでもないノをベルトで止めタイプでし


「ほらほら」とが笑いながら言B美は言い合うのを一同爆して見ていました

りとB美両手手械はめられ、万格好ました

いブウスにジーパといた、一見色気とは無縁のよすが手に手械があり身動き取れな・・・った姿は、とんでもないくらい使

すると、C男は「俺、知」といるベッドに来て、一緒に飲むようなました

美は「嫌だ〜てよ〜」と笑って言い、僕もA子も笑っていました。


C男は「そうだなぁ〜言ういたらしてやる〜。

そうだ!酒気飲み寿!」

と自分に買ったワンカップの蓋を空けました。

美の「じゃあ少しだけで勘してよ」

いう葉を受C男はB美にワンカ口付けまし

両手自由われ、ごくっ飲むB美の喉越しがとても色感じられました

それでもC男は止めず、んどワンプの角を上げてゆきます。

こぼれし、C男はさすがに止た。そくらいは飲だでょう。の半分はC男が一気に飲み干しまし

B美が手され、を日本酒濡ら子にかなり興奮しうです


は「〜れも」と言い、飲でいュウハイの缶ち手械されているB美に近づきました

僕も点にま到達してましたが、A子、苦笑いし酒を飲みけること誤魔化でした。

退は顎のタポタと日本酒を垂らがら「もうさっきだじん 外まで来たD男に言たがD男は もく耳を持っないよう」とったが早か、チュウイの口をB美に付け流込み始めま湿した。

はジュースと勘違いしたかのよ、さっ上にぼしながらゴクゴクと飲み続けました

お陰でカーペットは勿論、Bーパンで濡れてしまっていま

上着のブラウスは所々透け、濃いーのブジャーと浮き上がりました。

B美は咽たようで、たの男は少しを止めてから

また、は〜まだいっよ〜

チュウハイをB美に近づけなんとB美は自分飲まさ易いように、口は容なく、しか こぼさないよう丁にチ注いです。

ゴクB美両手万の格好で上向き飲み続けます

顎から喉ラインが実に、妖な活ています。

ハイも飲終わりD男が戻てくると、既にBんと、手械だけで立っている状態でした。を開け首を上に向


り前は かった

は少し呆然としていしたが、その時B美「トイェェ〜」と言い出しまし

かさず「どうしようなぁ。でここ漏らされも困なぁ〜」とニタタしいます。

の皆、A子以外はきとニタニ顔だったしょう。

男は「よし!じゃあB美がトイレ行ってる間子が代に張り付け刑だ

「Aと言ったらダメ〜」

瞬え思いしたが、普段お酒飲まな僕はかなり飲んだ為、このままに横なっていたい。

そう身体が訴えており頭もボーッとして何かフワな状態


B美お願い〜漏れちゃう〜ホントにホにおいだよ〜」

「えぇ〜!でも飲めならね。ただ少いれば良いだけだね!?」

きった表情でC男に言いました。

C男は絶対に大丈夫B美が戻直ぐに開放するからさ」に聞こえないよう囁した。


A子が観念しBの元近づきました。

C男はこのB美の片方の手を外すと、A子片方に手るというようにしてました。

やがてA、万歳の格好になりした

B美は我慢できない様子でイレ駆け込みた。

るとC男はAの足にも、足枷をはめまし


子は「えっ!?」と言いました男は「だて身代わだもん両手両足だよとA両足にをはめてまいまた。

子は美とは違、デニムミニスカートのでC男が屈めば直ぐに下着はす。

完全Xの木板に動きが取れないになまいした。

に直ぐてね」とA子は懇しています。

僕は、この状況を何とかなければと、身が思うよに動きません

でも識があるのに助かっので簿は、後でA子にわす顔もあません。

うヤケクソで寝たふを決め込した。




C男はその間に、姿に見つけた隠しをA子けました。

「暗い〜怖って。ね外してよ」

ると美がトイレ、C男に「もホントに漏るところだったんだから〜」

るとの様子に気づき「あっA、いい格好ない〜」

「ふぅー」なと叫びながの胸を鷲まし

A子は「ちょっと止めよ〜美もう払い過ぎよ。C男君約束だか外し

は「ダメ〜。こで、いい・の」

は唖然といると、

B美は「てA子、さっき私が困っている時てくれなかったじゃない〜」

「私んごい飲まされたんだから〜」A「代わってあげたじ

言い返しますが「ダメう遅い」と笑い

全に泥酔状


次の瞬間、BはA水色のトを捲りあた。

は胸が大きいとっていました、予想以に大きいのブジャが眩しました

美はれでは姿飽きいのその白いブラジャーを下そうと、B美のがA子の白いラジャーさにその瞬間、A子はあっ息のようならし、赤らになり俯きました。


A子の薄ピンク色の首が退り、初めて見の乳首に、寸前にまで興ていました。

下を向いたまが、手万宿開いいる状態でニットが捲くられジャーは下され乳首も露にていま

トとブラジャーに挟まれ余計にA子の胸、はち切ればかりなってえます。


の状況ではC男D男E男は堪りませ

E男は必死に僕を起こそうとしてが、は寝たふりました。

D男寝ては寝かせておけよ」E男を制止しました。

三人もう、酒使ころではありません。ギラギた目きで、になった上眺めてます

らB美ゃん、C男君早く外しよ」

目隠しをされていせい、あに顔

らほらA子て胸、おっきいよね〜

やっり胸が大きい子が好き?」

と、B美は手のひらでの乳首をろころと転がしめま

美はA子のスポットを見つけたらしべ得意げ手のひらで乳首をがしています。

A子はいたしたが、やがっ」と小く声が漏れ出しました。

美の手のひじ始めたようです

さらに調に乗り、さっきよりも激しく動かています

まで俯い子の頭が便小さく、頭が上がった瞬間、額にほんのり汗を、うっとりとし殿A子表情が頬に髪の隙間認でした。

「あれっ、A子ているゃんとD男が囁と、C男とス笑いました

な笑い声が聞こえた瞬、Aは全身をビっとせ、さらに声が大きくり「あっあぁぁ」今度は全身が揺れました。

B美は「もう濡れて稿るんじいの〜?」はデニムのスカートを捲くめま

しかニム地は上手くれないようで美はなんと手をートのック外し、チクを下すよました。


の瞬間、バサのデムのカートはり落ちA子白着が露になり

かも足枷により足を開いてる為、不恰好なに脱げそれがいっそ卑猥に見え

A子は「は綿と息使荒くないます

ると、我慢しれなくなったD男がど〜う、濡れているのか確認してみようかC男E男は、もはや笑っいません。


B美は「もう絶対濡れるに決まっている〜。っといことになってい

ねっ子」そう問い掛けると A子は また「」と大きな声を発しました。

B美段々面白くなっちゃった」と本しんでいる様子です

気がつくとA子周りにB美は論のことC男DE男の四人が囲んでいます。

ると、E男が急にしゃがみだし、何やらました。


E男は足枷いたのした。

男が方の足枷を外し、A子A子穿いていたデニのストがカーペットに滑り落ちました

今度はの字になって姿いるに、E男はついに下着の上かソコをタッチしました。

瞬間ビクンとA子の全身が見えました。

B美は「下しちゃえ下しちゃ」とながら急かしています。


男は「こ綿のツが良」と言い下着ンを舐ました

いつかD男は子の首を吸い付くよに舐ていまし

男の「も乳首ているゃん」ので、A子はまたさくクンとしました。

A子のアソを下上かちゅうちゅと音を立稿付いています


うぶっ」とAの声が聞と思ったら、C男が子にました。

が口を離また口付ようとると、Aっているかのように口きく開けを出し濃厚なディープキスをいました。西

B美は「ねぇ、こんなもあるよ」とローターらしきモり上げま


お〜、これはけたね〜」とC男がそのロターらし簿モノのを入れした。

〜ンン械的なが聞こえ始C男はそA子の耳にもっきまた。

美は「A子れなの音かわかる?」と聞きますが、A子は答ず顔をします。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様