2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

犬と秘密の交尾をした体験談

 



学受験も終わり、後は卒ばかで家ゴロしいるだった。

親はきだから、いま家にいるのは私だけ…

や、ペットのベがいた。

ベスは2歳になる雄の。体長は、だたいcmくらいの犬、性格く、でもぐなつしまう。和な性格だか内で飼っている


私はった体を動かそうと、ベスを散歩に連れていこうと考

レーナーとフスカに着替えて、ベスのいる階下へ降り行っ

私を、ベスは尻尾をて喜寄っる。ベスは嬉しそうに、私の顔をペロペめる

こらベス。おとなしくしなさい…」

注意する簿、ベスはことなんてない。頭のだから、こち本気で怒尿わかている。

「やめて…ぐっよぉ

私は しゃがみ込みベスの顔を押さ

スは鼻クンクンさせて、匂いかぐよう身体にれてきた。

するる、カートの中姿

いきなり股間を、舐た。

「や…こぁ…。そんなトコ舐めらダよォ

股間何の匂いに惹れたしかし、執股間の割れ目、そを下ら舐めている。下がベスの涎と私の愛液とべきた。

唇を噛んで漏れいように我慢する。

「うん…ぁ…んんっ」

(ああ…気持いい…直接められい)

私は、危ない誘惑にかられついに下脱いでまった。

スがずに接股間舐め上げてく

「あぁ…んんっ、姿あぁ

外側ではな、いきなり内側入って

鋭いが背筋をけて、ゾククとする。

しゃがんでいた事、興奮して為、私のれ目は開いたの

「ああっ…うぁ、ああぁん…

はお尻の方まで舐め、身体ぞっ

「はあっ…あぁ …んんっ

ベスペロペロ舐められて、り私の顔が上気していく。

愛液とスの涎で割れ目や周りの毛、お尻べとっている。

なにいなんて…)

あんあぁっ…んんっ

チャペチャ

私、ベスのに舐めまわれている…




ても長く、ざらざいる貿人間の男とぎる…

今は彼はいないけど、私はない。

が遠りそうな快楽に私悶えた。

「ああんっっ…ああぁっ!

私は出さないように唇を噛みしめたが限界が来ていた。

「いい…いいっ… っあああああぁっ

堰を切ったように声を上げ瞬間…

飽きてしまたのかるのをやめてしまった。

「……ベス…やめないで…」

ベスは私のべとべとの股間から顔を話すとの背後に回

は私の背に回ると、背後からストのに鼻を入れてきた。

フレアースカートが捲尻が露わになる

私はそのま、後ろら舐れるのかと期待を膨らませていた

のに然ベスが背らのしってき

しかかってきベスは腰をガガンと激しく押しつけてくる

返った私、信じられな景が写った。

スの間から赤黒いペニスのだ。

先端分は尖って、雁首無い。

間の、短く感られた。

人間のペニに包まれ感じなニスは表皮がされた内臓のようる。

面が赤、何本もの細い管が走っいた

それが、毛皮からニョキッと飛び出してるのだ。

ベスの愛らしさとは、ミスマッだ。

は、ベスが何を求めているかを一瞬で理した…

の胎内に入りと交尾たいのだ)

ダメ、よっ!ス…やめ!」

ベスは私より小さくせに、い。

は、ベスに押されつん這いになってしまっ

がそのに覆い被さってくる。

私は恥部を舐めた快スに犯されよとしている恐怖に身がすくまう

のしかかっベスは激しく凶悪ニスを打ち付てくる。

度も何度も、私れ目にベのペニスが押し

滅茶に腰を動かしいるので、入はずい。

や、やめ…ベどきなさ…」

(ベスは好きだけ犬と交尾するのは人間として許されない)

瞬、スのペ口に刺さ

ベスの激しさを増

、偶然れられた一気奥まで届いてしまかもない

私は逃げよ腰を振った…

し、それなかった。

ズリュリュリュ、ベスのペスが婿胎内に入てきた。

ああんっ、いやあぁんっ

私がお尻ったが、偶然一致してしまよう

抵抗いるのに奥までスムズに入ってきた。ベスの舐められていらだろう。

ベスは一侵入したペを二度と、いそうしく腰退

「はああああぁ!」

今まで経験したこごくだ。

「ベスやめていて…いや

私の持ちでだ逃げ出したいのが、ベスのペニが膣を擦る度に快感増していく嫌悪感り、快楽が勝ってしまう…気でられい。

「あ…あっ…あ…」

私の胎、ベスがでいく感じがする。

き見たかったはずなのに今は間違いなく膨それを

「ああいっ…すごっくイイのぉ…あああああっ!

四つ這いの体勢を支える切なくなってた。

私はを床投げお尻が高く突き上げる態になっていた

私…私、SEXしている…)

ス!…もっと、もっとぉ…

ベスのペニスが、私内で宮口を突いているのがわか

今まで子ペニスが当たど経したことが無い

今までじたこと無い感が胎内からこみ上

「ああぁん…あ!…あっ!…っ!あぁっ!ぁん?」

ベスの動きが だだん小さくくりと腰を押しつけてくる。

か大きなモノ私の膣口を押し広げて入てこようとしている

ん…うぅっ…んんぐうあああっ!」

大きなが、無理やり胎内に侵入姿きた。

膣口裂けそうい広れる

「痛い!ベス、っ!やっ!!」

は悲鳴を上げていた。

しかし、言の通いベスに理れる




は一気にそのを、内に押んでいった。

!ひゃあああっ!!

内に収しまごく楽た。

痛み速に失われと同時に、今度は激しいわってきた。

に納められた塊が口内部でとり、ら膣をグリグッとくる

「うぁ…ああぁ…ベス…

ずかに動くだけでも快感が走る。

「……」

私は大きな塊の正体を思い出した。

スの根元にある球だ

犬は交尾のとニスが抜け落ちようにるために、根元の膨らみ栓のうに

それによっ中で抜けたり、精子が流れちないようにするた。

(…とい寿うこは、ばらく抜けないってこ??…)

ベスのきがった

ク…ピク…クピク…痙攣のような動きになった。

がピク度に、私は悲鳴を上げ

ああぁっ!…あぁぁぁぁ…あぁぁ!」

突然ベスが、ペを私の中に埋込んだま、くるっと向をかた。

私のお尻と、ベスのお尻が向き合った状態になると、ベスのペニスがまたんだ。私の中でにまで広げられていた膣がさら

ベスのオ○ン、大きくなってるぅぅぅッ

限界にまで膨れ上がっベスのペニスの瘤が、私のGスポット刺激る。

(ああっ…こん初めて…犬のオチンンって…ごすぎる…)

私はベスつながった沿きなくなっ

あ…誰か帰ってらどうしも気よすぎるあ、すればいいのぉ)


大きると、ュビュッビュッ熱い液体を私の胎内にき出まった

(あっ…に、に射精さぅぅ…ああっ!)

犬の精液はしっこよう勢い、何何度も私の子にあたる

うああすご退いっい入…あああああああ

ベスペニスから精子をたれるに、私は発してしまう。

続けまにを放、私は涎を垂れ流し歓喜に震えてい

スは胎内に2回していが、全小さくなる様子

の頭の中っ白り、もうも考えられなくなった。

胎内残留する犬のニス、射精度、 ピクピクくペニ簿スに、何度も、何度もイカされてしまって

私は永遠に続く快感が狂になっていた。

…ベスはつまま動きた。

「ああ、ダメ、引っ張らない…ベス、やめてっ!」

私の膣内ではベのペスが膨らだまま、勢いをくしていないため瘤が栓になってけな

ベスに逆膣口が裂けていそうになるで、私はについて動しかなかった

私はベ従うしかない、この状態は主従が逆転してしまってい

屈辱を感じるすらいくい、何も考えれないた

スがピクピクと震え、3回目の射精

あ…ま…もない…」

の精子は人間の体より高いごく感じられ

膣内は、ベスのペニされ、さらに逃量ので広げられていた。

陰茎球栓をされ、沿行き届いた犬の精子はどんん私の胎内に蓄積されてく。

4回目の射精。今まで感ことがない快感が

私はを感いた

人間のSEXで満足できろうか。この快感を求めて、ベスら離れられなくなるのでか…と


涙と、と、鼻水まみい顔…

あはぁ、あああっ…すごいベスのオチン○ンで…いっぱい…

は痙攣して震いる

「いっ…いっぱい…熱いのがいいなのぉぉぉ…」


最初挿入一時間ほど経過し頃、やっベスのペニスは収縮をはめた。

根元の瘤が小さくなていき膣口からの精チョロチョロと流れ出しめる。

ズルズル…   

ベスのペニス私のら抜け落ちた

ブシャ───ッ

私のらベスの透明な精液が一気に吐きされ、床に垂れた。

それを見の意識遠のいてった


次に目覚めたの全身舐めいた。

私はベさくだ突起ているのを見つ

これが…あんに私を気ちよくしてくれたのね…)寿

私はロテ形容ベス愛おしくなっ

れ果てた体をこす、ベスのペニス付け

舌を出して舐め、口に頬汚れを舐め取る。

犬の精液と自愛液…私は美味しそうに全てを舐った


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様