2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬と秘密の交尾をした体験談




大学受験も終り、後は卒業を待つばかりで家でゴロしている毎日だった

両親は共働きだから、いにいるのは私け…

ペットのベスた。

ベスは2歳になる雄の種。体は、いたい0cmくらいの中型犬、性は優しく、誰にでも すぐいてしまう。から室内でって


私は鈍った体動かうと、スを連れていこ

レーナフレアスートに着て、ベスのいる降りて行っ

私を見て、ベは尻尾を振って喜び擦り寄って。ベスは嬉しそうに、私顔をペ舐める。

「こらおとなくしなさい

注意すは言うとなんて聞かない。頭のい犬、こちらが気で怒ていないことかっている。

めて簿…くすったいよ

私は しゃがみ込ベス顔を押さえる。

スは鼻をクンクンッとさせて、匂いかぐうにの身体に触れてき

と膝を立てて、私のスートの頭を込んできた。

は いきなり股を、られた。

「や…こらぁそんなトコ舐めたらダメよォ…

私の間の何の匂に惹かれたのか…しか執拗に股間の割れ目その周辺を下着上から舐めている。下着がベスの涎と、液でべとべと ってた。

、ぎゅとんで声が漏れないよう

うんぅぁんんっ」

…気持ちい…接舐られたい)

は、ない誘惑にかられ、下着を脱でしまった。

スが間髪入ずに直接股間上げくる

ぁっ…んんっ、はっ…」

外側く、なり側に舌がきた

い快感背筋をゾクゾクする。

しゃんでた事奮していた為、私の割は開いのだった。

…うぁ、ああぁん…

はお尻方までれ、身体けぞてし

「はあっ…あぁ …んっ」

にペロペロめられて、気ち良くなりが上していく。

私の愛とベス涎でれ目や周の毛、お尻までべとべとれてしまっている。

(凄い、こんなにいんて…)

あんっ…あ湿っ…んっ」

ペチャペャ…

私、ベスの長に舐めまわされて




スの舌はとても長くて、ざらしてる。と違過ぎる…

はいない、私は処女じゃな

気が遠くなりそうな快楽に私は悶え

「ああ!んんっあああぁっ!」

私は声を出さないよに唇をみしが限界が来ていた

い…いいっ… っああああぁ

切ったように声た瞬間…

スは飽しまったの舐めるのめてまった

…ベ寿ないで…」

スはののべとべとの股間から顔を話すと、私後に回きた。

ベスは私のると、背後からスカートの中に鼻先れてき

フレースれお尻がわにる。

私はそのま、後から舐めてくれるのかと期待をませた…

なのに突然ベスが背後ってき

のしかかってきたベスは腰ガンガと激く押しつけてる。

振り返っに、信じらい光景がった

スの股間から、赤ペニスが飛び出していのだ。

端の亀頭部分は少し尖ていて、雁首が無い。

人間モノよりく感じられた。

、人間のペニスが皮に包また感じなら、犬退ニスは表皮をがされた内臓む出しのよう見える。

面が赤黒く、何本もの細い血走っいた

股間の毛皮からニョキッと出しているのだ。

スの愛らしは、ッチ

私は、ベスが何を求めいるのかを一瞬で解した…

私の内に入りたい、私交尾たいのだ

「ダメ、ダメベスめてっ綿

スはり小さいに、力が強い。

私は、ベスにされつん這いになった

その上に覆い被さってる。

は恥部舐められた快、ベス犯されよてい怖に身んでしまう。

しかかったベは激し凶悪なペニを打ち付けてくる。

何度も、私の割れ目にベのペニスが押れる。

茶に腰を動かていので、ずが

いや、やめベス綿、ど

ベス好きだけど尾すのは人間として許されない

一瞬、ベスペニ膣口

スの腰の動きが激さを増す

偶然も入られたら、一に奥で届いてかもしれない

逃げ腰を振った…

かし、それがいけなかった。

ズリュベスのペニスが私の胎内入ってきた

ああああ…んっ、いやぁんっ!」

私がを捩偶然一致てしまったようだ。

抵抗してい奥までムーズにた。ベスので舐め濡れいたらだろう。

ベスは一度侵入しペニスを二外さないように、いっそう激しく腰打ち付けてくる

あああっ、あっ、あぁん!」

今までたこともないすごく速いきだ。

「ベめて…抜いて…いやっ

私の気持ちではまだ逃げ出したいのだが、ベスペニスが膣壁を擦る度に快が増して嫌悪感り、快楽がてしまも正ではない

「ああぁっ…あぁ尿…」

ベスのペスが膨らんでく感じがる。

さっき寿稿たときは、人間の男より細かったはずなのに、今いなくらんでれをえている。

「あああっすごいっくイああああああ

つん這いの体を支える切れくなってきた

私は上体を床にげ出し尻が高げる態になってた。

(私…私犬とSEXして

「い、ベス!…もっと、もっとぉぉ…」

のペニスが、私の湿胎内で宮口突いているのがわか

宮口にペニが当たるなど経験しとが無い。

で感が無い快感胎内から上げてる。

「ああぁんっ…!…あ!…寿!あ!ぁんんん???

ベスが だだん小なってきて、ゆっくりと腰を押しつけてくる

なモノが、口をし広げて入ってこようとしてる…

うぅんんっ !…ぐうぅあああっ

大きな塊、無理やり胎内に侵入してきた。

口がけそうなくい広られ

痛いっ!ベス、痛っ!やめてっ!

私は悲鳴を上げてた。

し、言通じないベスに理解されるい。




は一気にの大寿塊をの胎殿いった。

ひっ!ひゃああああっ!

膣内に収まってしまうと、すごくた。

痛みがに失われるのと時に、今度激しい感が伝わってきた。

に納められた塊口内部とどまり、内部壁をグリグ擦ってくる。

うあ西ああぁ…」

ベスがわずかに動くだけも快感が走

「…あっ

私は大きな塊の正体を思出した。

犬のニスの根元にある瘤陰茎調

犬は、交尾のときニスが落ちいようにため、根元の瘤がみ栓のようになる

それによって途中でけたり、れ落ちないようにだっ

…ととは、もうく抜けないってこと??…

が緩慢になた。

ピクピクピクピ…痙攣のようなた。

ベスクピクする度にげる

「ああぁ!…あ…あぁぁぁ…あぁぁっ!

然ベ、ペニスの中に埋め込んだ、くるっをかえた

のお尻とベスのお尻が向き合ったと、ベスのペニスがまた膨らんだ。私中で限まで広げられていた膣がさらにげられ

「…ベスのオン○た、きくぅぅぅッ

までれ上ったスのペニス瘤が、私のGスポット刺激しけてる。

(ああっこんな初めて…犬のオチン○ンって…すすぎる…)

私はベスとつながっ動きできなくなった。

あ…か帰ってきらどしよう…でも気持ちよすぎああ、ばいぉ)


ついに、ベスは体をく震わせると、ュッ…ビュッ、熱液体私の内にき出てした。

(ああっ…ベスに、ベに射精されてる…ああああっ!)

犬のしっこのように勢いよく、何も何度も私の子宮にあたる。

うああッ…すごい…いっい入てくあああ

ベスペニから精子れる度、私はてしまう

の精を放たれ、私涎を垂れ流し歓喜調に震え

ベス私の胎内に2回射していたが、さくな様子が無い。

の頭は真っ白になり、えらなっていた。

残留する犬のペニスに寿度、ピク動くニスに、何度も、何度もイカされてしまっていた尿

永遠に続く快感に気が狂そうにってた。

…ベスはつながっまま動きた。

あ、ダ引っ張…ベス、やめ

私の膣内ベスのペスが膨らんだまま、いをしてい瘤が栓になって抜ない。

ベスに逆、膣口が裂けてしまいそうになるので、私はついてくしかなかっ

私はベス従うしない、この状態では従が逆転してまってた。

し、は屈辱を感じることすらいくらい綿、何もられいでいた

クピ震え目の射精が始まった。

「あ…もうお腹が持たなわぁ…」

犬の精子人間温より高い為、す熱く感じられ

の膣内、ベスのペスで拡張され、さらに逃げ場の大量の液で広げられ

陰茎球栓を子宮の隅々また犬のどんどん私のに蓄積されて

4回目の射精。今まで感じたない感が

は不を感じていた。

人間の男のSEXで満できるのだろこのを求めて、ベスか離れら便くなのではだろう…と


と、涎れのひどい顔…

「あはぁああっ…すごい…ベスのオチン○ンで…いっぱい…」

全身は痙攣している

ぱい…いっぱい…熱いのっぱいなのぉぉ…


れて一時間ほど経過した頃、やとベスのペスは収縮をた。

根元の瘤がさくなっていき、膣口から、犬の精チョロチョロと流れ出し始め

ズルルッ…   

ベスペニスが私の膣か抜け落ち

ブシャ─────

の胎内ベスの透明な一気に吐き出され、に垂れ落ちた

ながの意識はた…


次に目覚めとき、ベが私の全身を舐めてた。

私はの小くなったまだのを見つけた。

(これ…あ使なに私を気持ちよてくれたの

私は、グロスクのベスのおしくなっ

疲れてた体を起こすと、ベスのペニに口付ける。

を出して舐め、口頬張汚れをる。

の精と自分の愛液美味しそうに全てをめ取ってい

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様