2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

犬と秘密の交尾をした体験談

 



大学受終わり、後は卒業待つばかりゴロゴロいる毎日だった

親は働きからいま家にいるのは私だけ…

や、ペットのベスがいた

ベスは2歳なる雄の雑種。体長は、いたい80cmくらいの中型犬、格は優く、誰にで すぐついてしまう。温和なだから室飼っている


私は鈍た体動かそと、ベスを散歩に連れていこう考えた

レーナーとフレアスカートに着て、スのいる下へ降った。

て、は尻尾を振て喜び擦り寄って来ベスは嬉しそ、私の顔をロペ

「こら。おとなしくしさい…

るが、は言うことなんて聞かない。頭のいい犬だら、こらが本気怒っていないことがわかる。

やめ…くすぐったいよぉ…

私は しゃがみ込みスの顔押さ

は鼻をクンンッとて、かぐように私体に触れてきた。

すると膝をて座る、私のカートの中に、頭を突っ込んできた。

いきなり股間を、めら

「や…こらトコ舐めたらダメよォ…

私の股間の何の匂いに惹かれたのし、執拗股間の割れ目と、の周をを便の上めてい。下着がベスと、愛液べとにてきた。

私は、ぎゅと噛んで漏れいように我慢る。

うん…ふぅんっ

ああ…気持ちい…直接られた

は、ない誘惑にかられ、ついに下着を脱いしまった。

間髪ずに間を舐めてくる。

「あぁっ…んんっ、はあ…」

宿はなく、いきなに舌入っきた沿

快感が背 抜けて、ゾとする。

しゃがんでた事、興奮しいた、私のいていたのだった。

あっああぁん

はお尻殿舐められ、身てしまう

「はっ… …ん

にペロペめられて、気持私の顔いく。

愛液ベスの涎で、れ目やの毛、おまでべとべとにされてまっている。

(凄い、こんなにいなんて…)

んっ…あぁっ…んっ」

チャペチャ…

私、スの長い舐めまわされている




舌はとても長くてらざる。間の男と違過ぎる…

今は彼氏はいないけど、私は処女じゃない。

なりそう快楽に私はえた。

あッんんっあっああぁ

は声を出唇を噛みしめていた界が来てた。

いい…いっ… っあああああぁ!」

を切ったよに声を上げた瞬

は飽きてった舐めのをやめてしまった。

「……ベス…やで…

ベス尿私ののとべとのすと綿、私背後にってきた湿

ベスは私のと、背後からスカトの中に先を入れてき

フレアートが捲られお尻が露わになる。

はそのまま、ろか舐めてくるのかと期待を膨らませいた…

のに突然スが背後のしかかってきた

しかかってきたベスは腰をガンンと激しく押しつけてくる

振り返ったの目に信じられ光景が写った。

股間から、赤黒いペニスび出していたの

先端の亀頭部は少し尖って無い。

さも人間ノよりく、短く感じられた

ただ、のペが皮に包また感じなら、犬のニスは表皮を剥がされた内むき出しのよに見える。

面が赤黒く、何本もの細血管が走っていた。

れが、股間の毛皮からニョキッと飛び出してるのだ。

愛らミスマッチだ。

、ベスが何を求めいるのかを一瞬した…

(私の胎内に入りたい、私とたいのだ

「ダメ、メよス…やめてっ!」

ベスは私より西くせに、力が強い。

、ベスに押され四つん這いになってまっ

スがその上に被さっくる。

は恥部を舐めら感と、スに犯さとしいる恐怖に身がすくんでまう。

しかかたベスは激しなペニス打ち付けてる。

も何度も私の割れ目ベスのペニスが押しけられる。

は滅茶苦茶に腰かしているので、入るはい。

「いや、やて…ベスどきなさい…」

は好、犬と交尾するの間として許さ

一瞬、ベスのニスが膣口に刺さった。

ベスの腰きが激を増す

万一、偶然に入れられたら、一気に奥まで届いまうかもしれない。

は逃げようを振った…

しかし、それいけなか

リュ…と、ベスのペニスがの胎内にてきた。

ああ…んっ、んっ!」

私がお尻捩った角度然一致しまったようだ。

抗しているのに奥でスムーズに入っきたスの舌でられ、濡れていたからだ

ベスは一侵入した外さように、いっ姿激しく腰を打ち付けてくる

「はああっ、あっあぁん!」

まで経験したこともないすごく速

「ベスや…抜いて…いやっ」

私のちでだ逃げ出いの、ベスのペニスが膣壁を擦る度に快が増しいく悪感より、快楽が勝ってしう…とも正気ではいらい。

「あ…あぁっあぁっ…」

私の内でベスのペニスがらんでいく感がする。

き見た、人間の男はずなの今は違いなく膨らんでそ

ああっ…すごいっ…イイのぉ…ああああああああ

ん這いの体勢を支える

私は上体をげ出し尻が高く突きる状態にていた。

私…私犬とSEXして

いいっ、ベス!…もと、もっとぉぉぉ…

ベスのペニスが、私の宮口を突いているのがわかる。

今ま子宮口にペニスが当たるなど験したことが無い。

今まじたことが無快感が私の胎内からみ上てくる。

「ああぁんっっ!…あ!あぁっ!…んん

の動きが だんだん小さくなってきて、ゆ綿りと腰を押しけてくる。

なモノが押し広げて入ってこしている

「ん…っ…んんっ!…あああっ!

大きな塊が、無やり内に入しきた。

が裂けそうなく尿広げられる。

「痛いス、痛いっ!めてっ!!」

私は悲を上いた

かし、葉の通じないベスに理解さる訳がない。




ベスは一気にその大き内に押し込でいた。

「ひっひゃああああっ!」

収まっ調しまうと、すごった

痛み急速に失わと同時に、今度はしい感がわっ

内にめられ膣口り、内部から膣壁をグリグ擦ってく

「うあぁ…ああぁベス…

スがわずかに動くだけも快感が走る。

「…あっ

は大きな塊の正体をい出した。

犬のペニス根元にある、陰茎球だ

、交ニスが抜け落ちために、根元瘤がみ栓のようにな

れによって途で抜たり、子が流れ落ちないようするのだった。

(…というこ、もうく抜いってこと??…

スの動なった。

ピク…ピク…ピクク…痙攣うな動きなった

ベスがピピクする調に、私は悲鳴を上

ぁっっ!…あぁっ!…あぁぁっ!」

突然スが、ペニスを私のに埋だまま、くるっと向き

お尻とベスお尻が向き態になと、ベスニスがまた膨らんだ。私の中にま広げていた膣らに広げらる。

稿…ベスのオチン○た、大きくってるぅぅぅぅ…」

界にで膨れ上がったベスのGスポットを刺激しいる。

(ああっ…んなの初めて…犬のオ○ンて…すぎ…)

がったまま、身動きできなくなった。

ああ誰かってきうしよう…で持ちよ…ああ、どうすれいいのぉ)


ついスは体大き震わると、ビュッ…ビュッ…液体を私の胎内に吐出し始め

(ああっ…スにベスに射精さるぅぅ…ああ!)

犬の精液はしっのようにく、何度も何度もあたる

「うあッ…すご…いっぱ入ってるぅ…あああああ!」

ペニら精を放たれ度に、私は喘ぎ声発してしまう

まに犬の精れ、私は涎を流し、歓た。

ベスは私の胎内に2回射ていたが、く小さくなる子が無い

頭のは真なりもう何も考えられなくなっていた

内に残留するスに、、 ピクピク動くペスに、何度も、何度もれていた。

く快感に気狂いになってた。

…ベスはながったまま動出し

「あ、ダメ引っ張らないでス、めてっ!!

私の内ではベスペニスが膨らんだまま、勢いをくしていないたが栓になってない。

スに逆らうてしまいそうになるので、スについて動くかなかった

はベスに従宿しかこの状態は主従がてしって

しかし、私屈辱を感じることすら無いらい、何も考えられなでいた。

ベスがピク沿と震え、3回目の精が始った。

…まなの…うお腹が持たないわぁ…」

犬のは人の体温よ為、すごく感じられる。

の膣、ベスのペニス拡張の無い大量の精液で広げていた。

陰茎球れ、子宮の隅々ま行き届いた犬の精子はどんどん私の胎蓄積されていく

目の射精まで感たことがない続く。

私は安を感じ

の男のSEXで満足るのうか。このを求めて、ベスかれななるのではないだろう…と。


涙と、涎と尿鼻水みれのひい顔

あああっ…すごい…ベスのオチン○ンで…いっぱ

身は痙して震えている…

「いっぱい…いっぱい…熱のがいっいなのぉぉぉ…


に挿西されて一ほど経過した頃、やっとベスのペニス縮をはじめた

小さくき、膣口から、犬の精液がチョロチョロとし始める。

ルッ…   

スのペニス尿が私の膣から抜け落ち

ブシャ──ッ

私の胎内ベス明な精液気に吐き綿出され、床尿れ落

それがら、の意識は遠のいてた…


次に目覚めたとき、ベスが私の全身舐めていた。

の小さくなたがまだ突していのをつけ

(これが…んなに私を持ちよくしてくれたのね…

私は、グロのベニスが愛おしくなった…

てたを起こと、のペニスに口をける

して舐め、頬張って汚れを舐め取る

の精液と自分の愛液…私は美味しそてを舐めっていっ


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様