2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬と秘密の交尾をした体験談




受験り、後は卒業式を待つばかりで家でゴロゴロしている毎日だった

は共働ら、いま家にいるだけ…

トのベスがいた。

ベスは2歳になの雑種。、だいい8cmくらいの中犬、性格しく誰に すぐなついしまう。和な性格だから内でいる。


私はった体を動かそ、ベスを歩にれていこうと考えた

トレーナーフレアスカ着替えて、ベスのいる階て行った

私を見て、ベス尻尾振って喜び擦り寄って来。ベスは嬉しそうに、ペロと舐める。

こら、ス。おとなしくしない…

意するスは言うことんて聞かい。頭のいい犬だから、らが本気でっていないことがわ

めて…くすぐったいぉ…」

私は しゃがみ込みスの顔を押さえ

は鼻をンクンとさせて、匂ぐよに私の身体に触れてき

すると膝を立てて、私のスカトのに、頭を突っ込んできた

私は いきなり股、舐められた。

「や…こらぁ…。そんなトコ舐めたらダメよ…」

私の間の何の匂いにれたかし、執拗に割れ目と、そ周辺をを下着の上かめてる。着がスのと、私のでべとべとにってた。

私は、ぎ唇をで声が漏れなに我慢

「うん…ふぅ…んんっ

(あ気持ちいい…直められたい)

私は、危な惑にから、つ着を脱いでしまった。

スが間髪入れずに間を舐め上げてくる。

あぁんっ、はぁっ…」

側ではく、いきなり内側に舌が入ってき

い快感が背筋を抜け、ゾクゾクする。

しゃがんで事と、興奮していた為、私の割れは開いていだった。

ああっ…うぁ、ああぁ…」

はお尻の方まれ、身体がのけぞっう。

はあっ…あぁ …んんっ

スにペロ、気持ち良くなり私の顔がしていく

の愛液とスの涎で、割れ目毛、とべとにれてしまてい

凄い、こなにいいなんて…

「ああんっ…んんっ」

ペチャペチャ

い舌に舐めわされてる…




ベスの舌長く、ざらざ。人間違い

今は彼氏ないけど、私は処女じゃな

遠くなそうな快楽に私は悶た。

「ああッ!んんっあっ…ああぁっ

私は声出さいよに唇を噛みしめ限界が来いた

いい…いいっ… っああああぁっ!」

堰を切ったようを上た瞬間

飽きてしたのか舐めるのをめてしまった

…ベス…やめないで…」

私ののべとの股間から顔を話すと、私の背後に回ってきた。

ベスはの背後に回と、後からカートのに鼻先を入れてき

レアースートが捲られお尻がになる。

私はそのまま、後ろから舐めのかと期待を膨らませていた…

なのに突然背後からのしかって

しかかってきたベスは腰ンガンと激しく押しつけてくる。

返っ信じれない光が写

スの股間から、赤黒いペニスが飛していたのだ

先端亀頭部分は少し尖いて、雁首が

さも間のモノよく感じら

だ、人使スが皮に包まれた感じ犬のは表皮を剥がされた臓むき出しのように見える

表面が赤黒、何もの細い血管が走っていた

れが、股間の毛皮ニョキと飛び出いるのだ。

スの愛らは、ミスマッチ

ベスが何を求めいるかを一瞬で理た…

の胎内に入りたい私と交尾たいのだ

「ダメ、ダメス…やめてっ

スはより小さくせに、力が強い。

私は、ベスされつん這いになってし貿った

スがの上さってくる

は恥部を舐められ快感と、に犯さようとしている綿に身くんでしまう

かったベ激し凶悪なを打ち付る。

度も何度もにベニスが押られ

ベスは滅茶苦茶に腰動かいるので、入るはずがない

いや、やめて…ベ、どなさい…

ベスは好きだ、犬のは人として許ない

スのペニスが膣口に刺さっ

スの動きが激しを増す。

一、偶にもれられたら、一気に奥までいてしまうかもしれない

逃げようった

しかし、がいけ

ュリスのペニスが胎内に入

ああ…んっ、いやあぁん!」

私が尻を捩っ度が、偶然簿致してしまったようだ。

抗しいるのに奥までスズに入ってきた。で舐られ濡れていからろう。

ベスは一侵入したニスを度と外さなように、いっそう激打ち付けてくる

、あっ、あぁん

今まで経こともないす速い

「ベスやめて…て…いやっ」

気持ちではまだ逃げ出したいベスのペが膣壁を擦る度に快てい稿感より、が勝てしう…ても正気でいられない

…あっ…あぁっ

私の胎のペニ膨らでい感じする

さっき見たとは、人間の男より細かったはずなのに、は間違なくらん稿れをえている。

あああっ…す…すごっくイイのぉ…ああああああああっ!」

四つん這体勢をなくなってきた。

私は上体を床にげ出し、お尻が高く突き上げいた

(私…私、犬とSEXしている…)

っ、ス!…もっとぉぉぉ…」

のペニスが、私の内で子口をいるのがわかる。

まで子宮口ニスが当たことが無い。

まで感じたことが無い快感が私み上げてくる。

ああぁんっ…あっ!…あっ!…あっ!あっ!ぁん…ん

ベスの動きがんだ小さくなって、ゆっくりを押てくる。

大きなモ、私の膣口を押し広げて入ってこようる…

「ん…うぅっ…んんっ!…ぐあっ!」

大きな、無理やり胎内に侵入してきた

が裂けそうなくらいげられ

「痛いっ!ベス、いっやめっ!!」

私は悲鳴を上げてた。

しか葉の通ないベスに理解る訳がない。



ベスは一にその大きな塊を、私の胎に押込んでった。

ひっひゃあああ!!」

膣内にまってしまうと、ごく楽った。

痛みが速にわれる同時に、今度は激しい快感が伝わた。

胎内納められた塊が膣口内部でとから膣壁をグリグッと擦てくる

ぁ…あ…ベス…

スがわずかに動くだけでも快が走る。

「…あっ…

私はきな塊のを思い出した。

犬のペニス根元にあ、陰茎

犬は、交尾のときペニス落ちなようにする膨らみ栓のようになる。

れによって途たり、精子れ落ちないうにるのだった。

…とうことはうしないってこと??…)

ベスの動きが慢になった。

ク…ピ…ピクピク攣のような動きなった。

スがピクピクす度に

ああ!…っ!…あぁぁぁぁっ!あぁぁっ!」

突然スが、を私埋め込んだままっときをかえた。

私のお尻、ベス簿尻が向き合った態にと、ベスのペがま中で限界にまで広られてらに広げられ

「…ベスのオン○ンた、大きなっぅぅッ…」

界にまで膨れったベスのペニスの瘤が、私のGスポットを激し続けている

(ああっ…こんなの初めて…犬のチンンって…すごすぎる…)

はベスとつながったまま、身動きできなった

…誰かってたらどうよう…でも気持ちよすぎる…、どうすれいい


ついベスはを大きく震せるとビュッ…ビュッ…と液体胎内にめてしまった。

(ああっ…ベスに、ベス精されてるぅぅ…ああっ!)

犬のは おしっうに勢いよく、何度も何度も私の子宮にある。

「うああッ…すご…いい入ってくるぅ…ああああああ!!」

スのペニ稿から精子を放たれる度に、喘ぎを発てしまう。

ざまに犬の精を放たれ、私は涎を垂に震えてい

スは私の内に2回射精ていたが小さくなる子が無い

の頭の中は真白になも考えられなくなっていた

内に残留する犬のペスに、射精度、 ピクに、何度もイされてていた。

私は永続く快感に狂いそうにな

…ベスはつながっまま動き出した。

ああメ、引っ張らな…ベ、やめてっ

膣内ではベスのペニスが膨らんだままいを無していいため瘤がなって抜けない。

スに逆らうと、膣口が裂けいそうになるので、はベスについて動くしなかった。

私はしかない、の状態では主従しまていた。

かし、は屈辱じること無いくら簿、何られいでいた。

ベスピクピクと震え3回目の精が始まった

またなの…もうお腹が持たないわぁ…」

子は人間の体温よい為、す熱くられる。

私の膣内は、ベスのペ拡張さ、さらに逃げの無の精で広られていた

球で栓をれ、子隅々で行き犬の精子はどん私の蓄積いく

回目の射精今まで感じがない快感が続く

私は不安を感いた

男のSEXで満足きるのだろうか。この快感を求、ベスから離れられなくなるのはないだろうか…と。


と、と、水まみれのひどい顔…

はぁ、い…ベスのチン○ンでい…

身は痙攣して震えている

ぱい…いっい…熱いのがぱいぉぉぉ…


最初に入されて一時間ほした頃やっとベスのペニスは収めた

根元の瘤が小ていき、膣口から、犬の精液チョロと流れ出し始

ズルルッ   

スのペが私の膣ら抜け落ち

ブシャ────ッ

私の胎内かベス透明な精液が一気に吐きされ、床に垂ちた。

それを見ながら私の意識は遠いてい


…次に目覚めたとき、ベスが私の全身を舐めていた。

私はベスの小なったが、ま突起しいるを見つけた

(こが…あんなに私気持してれたの

は、グロテス形容のベスのペニが愛おしった…

疲れ果体を起こすと、ベスのペニスに口

舌を出してめ、に頬張て汚れを舐め取る。

の精と自分の…私は美味しそうにてを舐め取っていった。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様