2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

犬を恋人にしてしまった妻

 



姦と一言で言ってしまだけの異光景が頭に浮かび、興味をる方多いと思いま

そして, プライベートしくは秘密のグループで、実際に行てい方も多いのではないかとています。

私どもの場合、犬話、そてそを考えをする為ではなくと細かい部分で大変な事がぱいりま

早いれを実行出来というのは興味たにせ限られてしまうと思います

いといっいいかどうか分りませんが、私はその刺激的な景を目湿の前で見る事が出来、妻はの興奮味わた。

の種類、女違い等って細違いはあると思います、興を持たれるに尻結合は「可能」であり、これが何かの参考ばとた次第であります



ら8家を築し時、供達の意向あって犬を飼おういう事ってしまいならな秋田犬かしり可愛いブルテリアのかを飼いいと思っていました

妻は秋犬のカッいと写真を見て言いす。

ブルテリア飼うんだったら、あなで面倒見てね」というので自信のった私は秋田犬を飼 貿め、雑誌の繁殖しているを頼って族で埼玉へ譲ってもいに行きました。

とでは大違いで、犬の余りきさに子供達はビックリして近けま

さそうな御主が「この気に入たのい、金網の小屋生まれてまだ2ヶ月あまりの仔犬を数匹出しま

「ワァー カイイ」とぬぐるみの様な犬に子供達は大「このままだとい調んだけど.」と妻は成犬のさに困惑る様子した。

色々と説明を聞き将来は繁殖させるとい約束でいたた血統書付たので日的な本名を持ていたのですが、そ名は秘密ます。


愛称は「ロッキー」でした。

愛らッキを子「可とよくび、とりわけ妻の可愛がようは大なもで、
緒にッドで寝てしまりして「で飼という私の意も聞 しばくは室内飼いになった程です。

すっかり妻に懐いたロッキーは、あれれよとう間に大きくなり半年稿30越え妻が3m、く散せる様にり、食欲も旺盛でサイエンフーだけでルシウ特製粉末混ぜ、牛乳も水代わりといった感じ飲んいまた。


年近する、体が50キロ近くなっしま、ガで飼っていた、車賃りてそへ置ていました

近所の人が珍し物でも見ように たくさる様て、に詳い人は「これは大変犬でよ」と感心ていま

そこで、んな大きな犬を町の中で飼うなら後々楽だ安全ということ、妻「半以上離れるのいう切り、訓練所へお願しました

、結遠い訓練所まで促されてで会いいっした。

かくは もともと大好きでした



キー悍な姿になって帰てきした

筋肉がグ張り、野生のオカか彫刻の様でした。

の日の妻は、うしも家の中一緒にいたいとで私はロッキーと一緒にお風呂、家の中にさせまし

ロッキーは家の中だとと大きく、子そっで はしゃぎまる妻り大く見えた。

そして再び私の散歩がはりまた。

殖所の御主人がれた時、コンストに出しいいと言っした


を飼い出からの妻は、で忙しくってどを売る仕水泳教室も止しまった位ですの、ロッキー対する世話の具は分かっらえると思います。




繁殖させると いいお金になることでしたが妻はういう事が目的ではく、ただ可ったした。

病気の配だけが, ローも2歳近くなり、子供達も小学校に通う様になった頃,ジャレロッキは前脚で妻押さえつけるにして腰クイクと動かす事がくなてきました。

まだ仔犬だた頃にもやってはましが、もう本格的とがします。

「ロッキーッよ?・・あなどうする?この子こんな事っかり出して・・・」

ロッーの一ーラの瓶ほど大きくはありません、同うな形をしたペ○スを出し、妻衣服を汚してしいます。

根元の皮膚を突る様にピンポ玉を付けたなコブ(球うらしい)を両飛びです。

「何なのかしら・・・じょうぶかしら・」という妻ですが視線は離さないようです。

ロッキーも自でペロロなめるものの、。人間の物より水っ感じました。



夜、妻とSEXる最「ロッキーのチ○ポ、コに入れるか言う

「駄目よっそんな出来る訳いわ・・っ

た様で言ます

一戦終わった、私本当にと交宿らせ事を考えてみました。

訓練したなので散なめりするなく、飼っているガ清潔にしていましので、まずだいじょうう確信はりました。

興味殿せよとでは ともやらせるにはなりせん。


妻に、犬のSEXは人と違お尻お尻がくっついたてしく離れな姿と教え、それは知っているた。

そして「どうして抜けなかしら・・・そうした

で私は「お前の中に入り込んだら、あの根元ブが中で膨入りが開くより大きくなるら抜使ないんだて精子を出し終で小さくならないら」というました。

「入り口が抜けないのはわかるど、そんな大きなブが入って中平気妻はに聞いてます


どうやら興味はあ

私が聞識を一り話して聞かせるとばらく素直に聞いていましたが、やて「随分詳いのどうてそんな事、知ってるの言って

が、以前ら妻を犬と交らせくて研究でもしてきうな口ぶりで


そし, 戸私に、もし当に心配ないのなら、ロキーとの為に委ねても言い出です。

そうなったら30分時間かわらないと思が、抜ける迄、四つん這いまジと動かずにいなと駄目なんだぞ。それで大丈夫なんだな」と聞く, ロッキーのためなら私、もしたいの」と言す。


妻は、犬は抵抗力も人はない病気があるのに そんな事は全にならないしくを振るロキー
「フラチオをしかしてあうか・・・」
った時すらあると告白されは、私の方が驚かまいました。


もっとも妻はジャていに自分の舌を吸わせたり、そのままスしりしている位その心配など無くてのでしょう。

ーが、妻をさえんで腰を振るのも厳まえ それです


あなた、どうよう・・・」と言ってくる妻はじめからソレ」が可能いう気ちがたのだと思ます。

とは別に、もいいか簿ーと交、尻結合しているみたう好心と興奮を覚ていたは確かです

キーのって・・これくらいだったわ寿」と妻は自分の手首に指してい

少々大き目私の一物とたいし変わりなく、その平気様でが、どもあのコブがまだ気にな仕方い様

あなた私がロッキとしてもホントにいの?大きなコブまで入るのよ?」と巨大なペ○スの黒人でも浮気るなを言って

しかし、もう決心ているようで



明日やってみるか。事も際やみないと果はからないど」と言うと、

なんかけで興奮し

初めの心配は行ったのか、気はもう明日ッキーと交わる事でいっぱになている様でした



を見せて

、散歩か退ソワソワしながらロッキーを連れて妻がきました

片方のーテンを閉て、ら見え様にし

全裸になってし, 前脚で抱え込れた時ウエストが痛いといけないから, 下だけつん這いになる様話ししたので、妻はすぐにになってロッキました。


いつもの、前脚押さえ込む様にして腰を動かし出したので、四つんなっておを突出さ

本能がそさせるのか、妻の乗り、前でウスト上をき込む様にして、身を丸めるしならピトンをしまでもい所を突いてみ、オ○○の穴の所をても入り込む様子は全く無く、部屋で真横ら座、ソーッいるが「どだ」と思しまいます


のうち, 諦めた様に妻から離れしま横になっペロロと○スます

何よぅ、ロッキーの恋人の牝なったつもりいた・・・」

と妻も興奮気味になっていましたので、がっかりしてます。


「お前、ちゃんと濡れてるんだろう所へ行きお尻の方から割れ目に触る、しっりヌルヌルと濡れていま


どうしらなたん

そう思いながらを見せてやろうと思い、ズボンを脱ぎ、興奮でビンになっているチ○ポを入れていきした

が「ああ気持ちいー」始めたのかまわ

ッキー、ホラこく見ない。ロッー」

とこちへ来る様に呼ぶと、起き上て来たのストンを止めてし引き抜結合部を見ないとばりに引き寄ました。

になってる所へ顔を付けさせるとクンクいをると思たら、クシュン、クュンといやないでしまった様に頭振ってい

犬の匂いとは違うのが本能的に分か”何かちょっとおよなぁ”と感いる子がよ分かます。


興奮さめやらずモとしている妻に、そのまま後から激しく突いてやきもちを焼いてるのか,ロッキーに近づいたまま脚をだり (といってもかなり痛かったで)

”オイ、オイ”という様にで引して尿みたり、鼻婿して結合部クンクンだりてい




見せつける様に引き出とペッとポをなめられ、ゾッと感が走ります。

これが本気で襲いかかっきたら大変なってたでしょう。


従という成果はこにも表た様です

「ツン突いてくるんだから、姿はグーッと入れちゃえいいの・」

妻はていました。


ペ○スに手をて入り込まそうとも考えましたが、なべく自然形でされていくのを見たかったし、余りしつこくして嫌気でもさすとい思いめました

何事訓練と思い、望みをに託したのです。


そんなことが 5、6回てしまい、に下手を延ばして穴の所に当てがうよう話しました。

犬同士の合は、はじめも もっとスムは運ぶのでしうが、なかなかうよにいませした。

ただロッキーの本格的なそし表情ていると何かの1度入んでしまえば, しめたものというは日毎に大きってました。


日もなタオルを2枚敷いた上四つん這いになった妻の背中にのしかり、とりつかれたよロッキーは速いピトンしま

が覗き込む様に手を延ばしに激しく動くスに手を添えて何か自分の中へ入れさせようとすうち、タミングが良かったのか、偶然そうなったのか「あっ、入ってきた!と言いました。


同時にッと入り込オッ尿これこれこの感触”とった感じで、納得よう深く入れて止ると直に もうているオ○○コの中しいを繰返し出しました


西、あなた寿、入ったわ。見て持ちいい気持ちい、っあっあっあっ・・・トン速いリズムに合わる様


既に根元のコブ腫れているのが見で尻結合には至ないだろうと思ていましが、長い間ストンを続け、途中で1度外れてしま、妻は相気持ち良しくぎ声出し続けていまし


た後は、ロッキーが出した思わオ○コはビョビチオルは液が垂れ, それジュータンにまで点と飛び散ってした

少し疲れてい る妻にんな感じだったと沿いたら「凄く気持ち良かった・・・」言うのでうと「違・・」と言っいました。


ペ○スが入ったこだけでも興してしまっている様に見えす。

しかしながら、り込むま間がかりまっ様で、コブ飛び出してしっていて尻結合には至りませんでした

尿ロッキも分かったろうら、今度はお尻がくっつようになると思う

話すと「ええ、かったわ・・と妻は何の恐さなった婿した



引っられる

、4日、日をあけてチャレンジすることにしした。

いつじように散歩せ、に変わっ子もありんでした。

してわらず服上からクイクイやっいます

前回妻にそれこそ本物のワンワンスタイルでピスンしている光景を見て奮はの、尻結とい期待があったので、まだまだこれかという気持ちでした。

今度はスムースに入りんでいくのではないかと思通り、の上に押しかりでしクするよしてピしていると、
を添た途端、うするまでもなくは入り込んでいしきりにピストンします

づつ、ゆっくりと確めるようストンをていると思たらタリと押し付ける西うにグイグと動き, 妻の声は「あっあっあっ」から

「あ〜っ何凄い、あなただいじょう、あ〜っ」

と言う声変わり、ロッいた前脚を背中の上から左側に降ろすと同右後脚お尻を跨ぎ「引られる」いう声の中、前脚を移動さ一言でえばするように尻結と移っした


待し調いた景が目の前に飛んできて、興奮とと、感動すら覚えていました

く見ると先を軸にしを少し浮かせまってい

ロッキーの後脚は、肩自然と開き妻の膝の直ぐ内側にそ後両脚がります。


そこで、自分の敷いていた座布ソーッと妻近付け、二ツ折りにしての膝の下にます。

でに下から結合覗いみようと思いましたへんなとをしてロッキーが慌てるい、の位か分からなどジーッとしているんだよ妻の耳の近くで小さ話し、ソーッと戻りまし

あな、気持ちい。何か出る。あ〜っ気持ちいい、ロッキー、い...ロー」

キー名を呼びるで犬と女性が愛合っているようです。


その頃は まだ若々しいスタイ保っていた白い皮膚のお尻を突き出す妻と色がの毛ようなって抜群の体型を誇るロッキー, 一異様姿を作り出しています


は泣くよ

あ〜いい〜い、ロッキー...」

と声を出けます。


うとっく「イクイッしまてもおか使いのその宿手前気持ち良さ延々続いているのだと思わす。

し「ァハァ」荒い息をしがら満足そに、うっていなロッキーと続け便妻と的です。

ロッーのく結部は然とのの、そ全体的な光景はと刺激を与えくれるには充分で

は少し離た所からずっと見ていました。

はわかりんでしたが、30前後くっついて思われます


ろそろてくれなくてはるんだがと思い始めた頃でした

妻が前寿倒れ伏しまうと、ようにペ○スはコブの無い、いくらかくなスはと前へ向き、もくなっていました。

その状態で使ウロウたロッキは、寝そべるペ○の所はじめました。


妻はゴロンと上ってボーッとした感じでんでます

そして「あなた、ッキー凄かったわね・・・」と言話す、また何も言ボーとしていまた。

めてので長張があったのだます。必以上にれてしまたのでしう。

私は妻のに行き、イッ丈夫し休め」と一って股間見てみました。

液が下へ垂れてルに落いきます。

初めに伏した股間の辺り液がれていました



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様