2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

犬を恋人にしてしまった妻

 



姦とで言ってし、想像しただけの異様な景が頭に浮持たれる方も多いといま

そし, プライベー密のプで、際に行っていのではないかと思っています。

の場合、話、してその安全性を考え合 犬姦する為ではなく、と細かいで大変事がいっぱいした。

早い話が、それを行出来る方というのあったにせよ限られてまうと思

幸いいってどう分かりませんが、刺激的な光景をの前で見事が来、はその興を肢体で味わいまし

類、女性かいで違いはあると思が、興味を持たれ々に結合は実「可能」り、こが何の参考になれを取った第であります。



今か8年前を新時、子供達のもあって犬飼おうというになてしい、私は どうせならきな田犬かどっして可いブアのどちらかをたいと思っていま

は秋犬の方良い写真を見て言いま

もしブルテリアんだったら、あなた人で面倒見てね」というので、自信のなかった私は秋田犬を飼う事に決め、雑している方広告頼って家族で埼玉の方へ譲ってました

写真と実物とでは大いで、犬簿余りの大きさに子供達はビックリして近付けません。

な御主人「この中で気と言い、網の小屋生まれてまだ月あま犬を数匹出しした

ァーッワイイとぬ様な仔犬に子供達は大喜び、「このままだといいんだけどと妻は成犬のに困惑てい様子でした。

色々と説明を聞きは繁殖させる束でいいた書付の犬だったので日本な本名を持っていたのすが、その名は秘密にしてきます。


称はキー」た。

愛らしいロッキーを子供達可愛い」とよく遊び、とわけの可愛がりようは大変なも
一緒にベッドでしまったり「表で飼う」いう意見もず しばらくは室内いになった程綿

すっかり妻に懐ッキは、よあれよとい間に大きくなり、半30キロを越え朝は妻がkm私がkm近く歩させる様になり、盛でサイスドグフードだけでなくカルシ給に特製の粉も混牛乳も水代わりといじでいました。


1年くすると、重が50キ近くなってしまい、ガジでってたので、は駐車場を賃りていていまし

所の人がしいでも見るように たくさん来る様になって、犬しいは「これ変な犬ですよ」と感心していました

こで、こんな大きな犬を町の中で飼う後々だし安全だことで、の「半年以上も離れいや」いう意を振り切り、訓尿所へお願いし寿ました。

毎週結構遠い訓妻に促さて家で会いにた。

とには も動物は大好きでした。



半年後ロッは精悍姿になっててきました。

筋肉ッと、野生のオオカミか様でした

日の妻は、で一緒たいうので私はロッーと一緒お風呂に入り中にいさせまし

ロッキ家の中だと一段と大きく見え、子っちので はしゃぎまわ妻より大きく見え

して再び、妻と私の散歩はじりました

繁殖所の御主が1見にくれた時、コンテスト出してもいいと言っていました。





飼い出てからの、それまで忙しくやっていた洗剤なども、室も止めまった位ですで、ッキー愛情と話の具合いは分かもらす。

と いいお金になということしたは そいう事が目的ではなく、ただ愛がたかっようでした。

病気の心けが, ロ歳近くなり、子供達小学校通う様た頃,ジるロッーは前脚でを押さえようにしてクイクイ動か事が多くなました。

仔犬だった頃にもやってはましたが、もう本格的というじがます

「ロキーッ駄目よ?・・うする?この子こんな事ばっかりし出て・・

ッキーの一物はラの瓶ほ大きくは殿りまが、同じよう形をしたペ○スし、妻の服を汚しまいす。

根元の皮膚を突き破る様ンポン玉を2付けた様な(球茎というら)を両側に飛びさせまっているので

「何なのかしレ・・・だかしら・・」という妻でが視線はないようで

分でロペロなめるのの、液が床を汚します。人間の物より水っぽした。



妻とSEXしてに「ロッーのチポ、コに入れてや?」と言うと

な事、出来る訳ないわっ」

興奮した様子で言い

戦終わっ、私は本に妻と交わらせ事を考えてみした。

練した犬なので散歩の時も変なモノをなめたり事もなく、飼っているガレージも清潔にしていましたのでじょうぶという確信はました。

味があったにせよそこらのではもやせる気にはな宿ません。


に、犬SE違いおとお尻ついなってばらく離れなくと教えると、それ知っている様子でした

そしうして抜けくなってしうのかしら・尿不思そう寿

私は「お前の中に入りだら、あの根コブが中で膨れて開くよりきくなるから抜けいんだ。そして精子を出し終わるまで小さくならないらし」といとをしました

「入り口抜けないのはわかるけど、んなコブ入って中なの?」とは更に聞いす。


ら興味あるなので

聞きかじった知を一通りて聞かせるとしばらく素直に聞いていましたが、やて「随分詳しい・・・うしそんな事、知ってるの?」と言ってきました。

るで私が、前から妻をせたて研もしてうな口ぶりです。


して, 戸惑う妻は、もし本当に心配がないのならロッの行身を委ね稿もいいと言い出たのです。

「そうなったら30分か1時間かわからないと思う、抜ける迄、四ん這いのままジッ動かにいないなんだぞ。それも大夫なんだ」と聞くと, ロキーためなら私、何でもしてあげたいのと言います


は、犬は抗力があっても人間ない病気がるのに そんな事はく気にならないらしく腰を振るロ
「フェラチオしててあか・・・」
思っすらあると告白された時は、私の方かされてしまいました


はジャている時に自分の舌を吸わせたり、そのしている位ですのその心配など無くり前なのでしょう。

ロッ、妻を押さえ込んで腰を振るのも厳しく躾てしま それでいのです。


あなた、うしよ・・・」言ってくる妻は、はじめら「」が、という持ちがあったと思います。

私に繁殖とは別に、一妻がキーと交わ結合しているたいという好奇心と興奮をた事は確かなです

「ロッキーのって・れくらだったわよね・・」と妻は自の手首に指を回しています

大き目の私の一物調たいして変わりの辺は平気のですが、どうもあのコブがってないです。

「あがロッキーとしてもホンにいいの?大きなコよ?」巨大ペ○スの黒人でも気するな事を言っています

かし、もう心はついて



「明日やってみるか。も実際てみないと結果は分からいけ」と言うと

「なで興奮しちゃうわ・・

と初何処へったのか、気持ちはもロッキーと交わる事っぱいになって調る様で 



を見

からワソがらロキー連れて妻が上使した

片方カーンを閉めて、隣の家から見えない様ます。

全裸になてしまうと, 前脚込まれた時、ウスト痛いいけいから, 下半身だけ脱四つん這いにる様話し、妻はすぐ裸になてロッ始めました。


もの様に、前脚で押さえ込む様して腰を動かし出したで、四つ這いになっておを突出させます。

がそうさせのか妻の上乗りストの少し上を抱き込む、身を丸にしなますが、とんでもない所をいてみたり○コの穴の所をも入り込む様子はく、部隅で真横からり込ーッていなってんだ」と思っまいます


そのうち, 諦めたら離てしい、になってペロペロとペ○スをなめいま

よぅロッキーの恋人の牝犬になっでいのに・・」

と妻も興奮気味にていましので、がりしてます


「お前、ちゃんと濡れてるんだろ妻の所行き殿尻のら割れ目、しっかルヌルとれています。


どうして入なかったんだろう。

そう思いながらお手を見せやろうと思い、ズボンを脱ぎ、興奮でビビンになってるチ○綿入れていきま

妻が「ああ気持ちいいー」を出し始のもかまわず

ロッキー、ホラここをよく見なさロッキー」




へ来る様に呼ぶと上がり近づいたのでピトンを止て少し引き抜き、見なさいとばかりに引きました。

チョってるを近付けさせンクンと匂いると思ったら、クシュン、クシンといやな物でも嗅でしまった様に頭を振っていま

犬の匂いとは違う本能的に分か何かちっとおかしいよなぁ”とじてい様子がよく分かります。


興奮さめずモンとしてい妻に、そのまく突いてやると、妬きもを焼いいるのか,ロッキーは私にいたを軽く噛んだり (といってなり痛かった)

”オイ、オイ”という様に前脚で引っ掻く様にしてみり、鼻を動かして結をククン嗅だりしていました。


見せつ様に引き出し動かずにいるとペ○ポをなめれ、ゾクッと快感が走す。

これが本気で襲いら大変ことになってい


絶対服従とう訓練の成果はこんにもていた様です。

ツンツン突てくるんだか、後はグーれちばいい寿・・」

う言いま


私がペ○スに手を添えて入込まそうともましたが、なるべく自形で結合さのを見たかったし、余りしつくし嫌気でもさすとないました

何事も訓練と、望先に託した


そん 5、6回も続いてしまい、妻に下から手を延ばて穴の所にてがううに話し

犬同姿の場てでとスーズに事は運ぶのでしょうが、なかか思うようにいきまんでし

ッキーの本格的な、そして剣な表情を見ていると何かの拍子に1度入んでしまば, しめたものなの退いう期待日毎大きていました


翌日も大きなルを2枚た上に、四つ這いになったの背のしかか、とりつかようにロッーは速いピトン繰り返します。

妻が覗き込む様にして延ばし、激しく動○スに手を添えとか自分中へ入れうとするうに、イミングが良偶然そうなっのか「あ、入った!」と言いした


同時グーッと入り込み”オッこの触”といった感じ一瞬、納得しく入れて止まると直ぐに もうている様にオ○○コの中早く激しンを繰り返し出した。


「あん、あなた、ったわ。見てるちいい凄い気持ちいい、あっああっっ・・」とピスンの速いリズムにせるに声を出します。


に根元のブがれているのが見えので尻結には至だろうと思いま長い間で1度外れてしまったものの、妻は相気持調いらしく喘ぎ声を出し続けいま


れた後は、ローが出した思わでオ○○コはビョビチョ、オル上には液が垂れ, それはジュータンにまで点々と飛び散って尿た。

し疲れてしまっていにどな感じだと聞たら「ち良か・」と言うので、な風だと貿言うと「違う感じ・・」とっていました


○スが入ったこだけで奮してしまっている様に見え

しかしがら、り込むまでに時間がかてし様で、コブが飛びしてしまってい尻結は至りまんでした。

ッキーたろうから、今度は尻とお尻がっつくようになるとう」

と話すと「えかっ・・と妻は何の恐さも無くなった様でした





、4日、日をあけて再チャレンジすこと退

その間は いつもと同じよう散歩せ、別に変った様子もんでした。

そして相わらず服の上からクイいます

、妻にそれこそ本物のワワンタイピストンしている奮はたものの、尻結合とう期便たので、まだまだから気持ちでた。

今度はスースに入り込んいくないかと思っいた期待通り、妻上にしかかり、前でしっかりロックするようにピストンていると、
手を添えた途端、そまでペ○スは入り込んでいき、しします。

しづつ、ゆっくりとかめようにピストンをしている思った湿ピッ押し付けるうにグイグイ動き, 妻の声「あっあっあっ」から

あ〜っい、あなただいょうよね、あ〜

言う声わり、ロクしいた前脚妻の背中の上から左側に降同時、右後脚でお尻を跨ぎ「引っ張られる」とう声の中、前移動、一えば回転するように尻結合へと移っきました。


待していた景が目のに飛び込んでて、興奮もに動すら覚えていました。

よく見ると、爪先を軸にし て膝を少し浮かせてしまっます

ロッキーの後脚は、肩幅程度に自と開膝の直ぐ内側にそ後両脚あります。


こで分の敷いてた座布団をソーッと妻に近付け、二ツ折して膝の下に敷りま

いでに下から結合部を覗いてみようと思したがへんなことーが慌てるといけいと思いどの位か分かいけジーしているんだよ」と耳の近くで小さな声でし、ソーッと戻りした。

「あなた、気ちいい。何か出してる。あ〜気持ちいい〜ッキいい...ロッキー

ロッキー名を呼び始め、ま貿犬と退性が愛し合っているようです


その まだ々しいスイルを保っていた白い皮膚お尻を突出す、黒と灰色との毛のようになってい抜群の体型を誇るローが, 一種異様な界を作り出しいます


くよう

イイ、いい〜、いい、ッキ...」

出し続けます。


もうっくに「イク〜ッ」とイッてしまってもかしくいので、その一歩手前の持ち良さが延々と続いているのだと思われます

を出し「ハァハァ」荒をしながら満足そう、うとりしているようロッ喘ぎ声を出し続けとが象的です

ーの毛が多く結部は判然しないものの、全体的な光景は、興奮と刺激えてれるは充分

私は少し尿所からずっ見ていました。

正確にわかでしたが前後くっつていたわれます。



>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様