2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

好きな人にフラれた話していい?

 



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1362194773/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:26:13.88 ID:qGuPMj5M0
まだ忘れられぬ。



2 :名き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:27:03.40 ID:Djs49kB80



3 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:29:01.73 ID:qGuPMj5M0
まぁ勝手に書くけどな。気持ちの整理云々ってやつだ。

俺は男子校出身で、大学生になったからには 女友達の一人や二人作ってやろうと意気込んで大学に入ったのだ。

しかしまぁ行動力がないというかなんというか、一回生の時に折角入ったサークルには行かず仕舞い。

二回生になってから入ったサークルでは、男友達しかできず、このまま男子校と変わらぬ大学生活を終えるのかと悲観していた。



4 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:30:58.23 ID:qGuPMj5M0
そして三回生になり、新入生の勧誘とかする学年になった。

毎日新入生の勧誘に精を出す日々。しかし女の子に声をかける勇気なぞ無く、男しか仲良くなれない。

そんなある日、部長殿から、某SNSで、うちのサークルに入りたいという女の子からメッセージが来てるという話を聞いたんだ。



5 :も無き774号+:2013/03/02(土) 12:34:14.68 ID:qGuPMj5M0
子といwordに飢えていた俺は、そののメッセーやらせと頼、そ子とメセージやり取をするようになった。

どうもメジの語の辿々しいというか、正直つ池沼なんか?と思った

婿しそに、また別SNSを紹介される。

こっちでになりょう、といわけだ。

それ流行のFa◯ebookなわけが、登録し、その子を検索した愕した



8 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:45:56.61 ID:Djs49kB80
そいでうした




9 :名も無き体774号+:2013/03/02(土) 12:50:46.87 ID:qGuPMj5M0
まず言葉が辿々した理由がわかった

留学生だたからだ。vipとかでの国な

そして何よりも一番驚いたのはもうちゃくちゃかわい

ビアン・スーと林玲混ぜて2で割ったくらいわいかった

いうけで、サークにいれ私にと確た。



10 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:53:28.36 ID:qGuPMj5M0
こから必の勧誘った、彼女はサークルに入ってれることになった。

実は、俺のは、外国人に人気の殿だ。

も多いので、その光地巡る使ルみたいなサークルなね。

ベントに来てれなかったが、何故か最初にやり取した俺によくメセーskypeをくれるようになり、なり仲良くなった。

そしを決してデート誘うことにたのだよ



11 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:56:13.91 ID:qGuPMj5M0
俺「映画見に行こう。デートして」

彼女 「いいですよ!」

二つ返事でおkだった。もうこの時点で、あ〜こりゃいけますわ〜wwww と、当時童貞の俺はテンションうなぎのぼりであった。

後々気づくが、外人って二人でどっか出かけるとか、その辺あんま深い意味ないのよね。



12 :名無き被体774号+:2013/03/02(土) 12:58:29.62 ID:qGuPMj5M0
そし西デート当日、なぜ間に現れない彼女。焦る俺の携帯電話った

ごめんさい。今日いけなくなりまし

「ファッ?

ごめんなさい。たね」

もうレスり高く舞い上てい俺のは、アナ溝より深いところに沈でしまった。

このまま電車ホーら飛びで死のかと考えたね。



13 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:00:35.35 ID:qGuPMj5M0
放心状態で、携帯抱えたまま佇む、俺の肩を叩く人がいた。

振り返ると、そこには満面の笑みの彼女が来ていた。

「びっくりしたでしょ〜〜^^」

とても嬉しそうに、してやったり感満載でニコニコしてる彼女を見て、俺は もう音を立てて恋に落ちたね。

我ながらきもいが、恋に落ちるとはこういうことかと一人で納得していた。



14 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:03:29.82 ID:qGuPMj5M0
そこから二人で買い物したりする普通のデートなのだが、如何せん女友達というものが今まで一人もいなかった上に、初めてデートした相手がめちゃくちゃかわいいんだから楽しくないわけがない。

すれ違う男が、彼女の顔見てるのがわかるし、完全にドヤ顔だった。

まぁどう見ても釣り合ってないカップルだと思われてたんだろうが。



15 :名無き被体774号+:2013/03/02(土) 13:03:47.13 ID:Pa5p1Ag4O
かわけど、ちっとやだなwwwww


16 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:08:12.52 ID:qGuPMj5M0
そしてまぁなんだかんだデートを満喫した後、下宿先に帰り、マンションの前で少し話をしていた。

こりゃもう告白するしかないだろうと。

よく考えれば、一回目のデート→告白の流れがおかしいんだろうが、童貞男子校の俺にそんなことはわからない。

俺「付き合って下さい><」

彼女「えっ、私のこと好きなんですか?付き合って欲しいんですか?」

俺「はい。それはもう大好きでやらせてもらってます」

彼女「少し考えさせて下さい。」



17 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:11:06.19 ID:qGuPMj5M0
いけるとしか思ってなかった俺は一瞬凍りついたが、ここで変な感じになるから後々気まずくなるに違いないと思った俺は何とかそれだけは回避しようとした。

俺「マジで?いや、これフラれるとは思ってなかったわwwww」

彼女「ごめんなさい・・・」

俺「緊張しすぎて口カラカラやないかい。まぁいいけど、これからも諦めんで?」

彼女「うん・・・」

みたいな。

とりあえず普通に会話できて、帰った後も電話したりして、気まずくなるのだけは避けられそうだった。



18 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:13:33.60 ID:qGuPMj5M0
その後、保留してるのに、一体どういうつもりなのかわからんが、彼女は前より一層遊びに誘ってくるようになった。

◯◯行きましょう!、一緒に御飯食べましょう!などなど。

俺は馬鹿なのかポジティブなのかわからんが、こりゃまだワンちゃんあるでぇwっwと思い出した。

そんな勘違いした俺は、今まで通り大好きアピールをしつつ、一緒に遊んでいた。

向こうも、別に否定する感じではなかったんだ。◯◯の馬鹿〜、みたいな。



19 :名も無774号+:2013/03/02(土) 13:15:25.25 ID:wkjRnvFK0
 思う存殿語れ




20 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:17:07.49 ID:qGuPMj5M0
当時は冬だったのだが、学園祭もこうから誘れ一緒に行き、初詣向こうか誘われ一緒行き1月半ば

彼女海道ってな〜

新婚行っことでおkww

女「馬鹿じない

俺「え〜、二人で行こう二人で、泊まりでな」

じゃあツアか見にうかは◯(俺)がやってれるよ!」

「来ましわーwwwww」

留されに、二人で色々ぶ意わからないし、「旅意味くわからなと旅に行けるというだけで俺んないことは気にらなくなた。


21 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:19:04.47 ID:qGuPMj5M0
少し本筋から外れるが、彼女はこの時期から何故か俺に対してヤキモチや束縛をするようになってきた。

保留しといて、ヤキモチやかれたり、束縛されたり、と完全に遊ばれているのだが、俺はもう付き合ってるみたいな気分になっていた。

だから旅行に行こうと言われた時、もう一度告白しようと決意していた。


23 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:20:41.86 ID:qGuPMj5M0
そして二人で北海道へ行き、観光したりスキーしたり....非常に楽しかったのだが....





何も無かった。

一応ゴムは持って行ったのだが、本当に何も無かったwwww

なんでやねんwwwwwと俺は帰りの飛行機の中で自分にツッコミをいれざるをえなかった。


22 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:20:32.54 ID:FFo0VMjg0
韓国人?


24 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:25:27.75 ID:qGuPMj5M0
>>22
違うよ。

北海道へ一緒に行くと話していた友達からは、非難轟々だったが、本当にそういう空気にならなかったんだから仕方ない。

それから一週間くらい経って俺の誕生日が来た。

彼女「誕生日おめでとう〜^^」

俺「ありがとう。何くれるの?」

彼女「何が欲しいんですか?」

俺「付き合って」

彼女「う〜ん」

何故付き合わぬ。

恋愛経験豊富な連中にはわかるのかもしれぬが、俺にはさっぱりわからなかった。

付き合う気がないのに、何故しょちゅう遊びに誘ってくるのか、何故向こうから腕を絡めたり、手を繋いできたりするのか、理解不能であった。


26 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:29:50.30 ID:qGuPMj5M0
そしてバレンタインがやってくる。

この日も、何故か向こうから誘われ二人で遊んで、飲みに行っていた。


その帰り道。


彼女「はいこれ」

俺「チョコレートwwwこれはwwwwwwいやだから付きあおうよwwwww」

彼女「私はいつか国に帰らないといけないし、貴方と付き合ってもいずれ別れることになっちゃうもん。好きな人と別れるのは嫌なんです」

俺「ええやんw 帰るまででええやんwww」

とりあえず この後は微妙に空気が重くなったまま彼女のマンションの前まで無言で歩いていた。

そして別れ際、彼女は、動かないでね、と言いながら、俺にキスをしてきた。


27 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:36:32.83 ID:qGuPMj5M0
その後、一ヶ月ほど、今まで通りの生活を送った後、彼女の誕生日がやってきた。

俺「誕生日おめでとう。これプレゼントwww」

彼女「ありがとう。頼みがあるんだけど?」

俺「なんやなんやwww結婚式の費用はまだ貯まってないで?」

彼女「一緒に住みたい」

俺「ファッ!?」

どうやら彼女は日本で就職したいと考えたようで、ES手伝ったりできる日本人の人と一緒にいると心強いらしい。

そしてもし帰ることになっても、できるだけ俺と一緒にいたい、と言い出した。

いやだから付き合ったらええやんwwwwと俺は思った。



28 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:39:16.46 ID:qGuPMj5M0
しばらくして、家財道具を持って俺の部屋にやってきた彼女。

俺の部屋は普通よりちょい広いので、彼女が来ても暮らせるくらいの広さはあった。

ただベッドは1つしかないので、必然的に二人で寝るか、俺が床で寝るしかなかった。

俺「あぁ、じゃあ俺は床で寝るわ」

彼女「当たり前でしょう^^」

俺「うん・・・」

正直なところ、自分の置かれている状況がよくわからなかった。

何で付き合ってもないのに同棲しているのか、そして何故俺は床で寝なければならないのか。


29 :検体774号+:2013/03/02(土) 13:39:16.87 ID:Q0rIBa7c0
ほうほう


30 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:41:49.05 ID:qGuPMj5M0
しかし家に帰ったら、自分の好きな人が、おかえり〜と言ってくれる、晩御飯何が食べたい?と聞いてくれる。

この状況が幸せ過ぎたので、細かいことは気にしないようにしようと思った。

男子校で女の子との接点なんて一切なかった俺がここまでの経験ができるんだから、満足するべきだろうと。

とはいえ、好きな人と一つ屋根の下で暮らしてるのに、手を出せないというのは中々厳しかった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様