2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

メンヘラを更生した話するわ




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1368374877/


1 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:07:57.50 ID:z1WejmaQ0
ふと酒飲んでたら思い出したから書くわ

当時のスペック

俺 ♂ 17歳 ピザ

相手 ♀ 17歳 夏帆似 メンヘラ





2 :も無検体774号+:2013/05/13(月) 01:10:00.33 ID:6n1w3FW/0
帆だ、、




4 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:15:42.93 ID:z1WejmaQ0
ちなみにこの話は今から4年前から最近までの話

夏帆との出会いは友達の紹介。
まぁ正確には俺の友達の彼女の友達が夏帆で
たまたま4人で遊ぶことになったのが始まり。

あれは高2の夏、友達の家に俺が泊まりに行ってて
一緒にゲームをしてたんだけど友達の彼女が合流したいって言うから
一緒に晩飯を食べることになったのね。

正直なんか俺邪魔じゃね?って思ってたから乗り気ではなかったけど
友達の彼女の友達も一緒にいるから
ってことで渋々行ったんだ。





3 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:15:34.26 ID:nVgyjWU20
いや、相手とかいらないんで脱メンヘラだけ書いてけ




6 :名も無被検簿体774号+:2013/05/13(月) 01:23:17.54 ID:z1WejmaQ0
>>3
まぁ着け

飯屋(道頓堀)にともは席についていて
の彼女の横を見ると天使が

かな黒髪明感のある白い肌
ちりい目

瞬にして恋堕ちた。
脈が速くなり顔が火照る。
ガンに調効いてるのに額に汗がむ。
唾液を飲みことされてうよ衝撃をくた。簿
んな固まっる俺に夏帆はえっ?みたいな顔見て

友達の彼女はあ計画通りニヤニヤ
友達ヤニヤてる。








7 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:31:39.42 ID:mN36vCUD0
期待




8 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:31:54.45 ID:z1WejmaQ0
そんなことはお構い無しに俺は「初めまして!!」って
とてつもない大声で叫んだ。
周りの客が一斉にこっちを見てるがそんなのはどうでもいい。

俺が深々と頭を下げてると夏帆は少し笑いながら
「初めまして!」って言ってくれた。
そんな笑顔もとてつもなく可愛かった。
それから他愛もない話をしながら御飯を食べてたんだけど
夏帆の手首に巻かれた包帯が気になって仕方ない。

俺「その包帯どうしたの?」
夏帆「…あーこれはね火傷しちゃって…」

なんて夏帆は今で言うテヘペロをしながら答えた。
当時はメンヘラとかリスカとかそんな知識なかったし
家庭的だなーって脳内で結婚したら安泰だなーとしか思ってなかった。





9 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:40:28.28 ID:z1WejmaQ0
時間も遅くなってそろそろ帰ろうかーってなってきて
このまま お別れは嫌だなって思ってたら

友達の彼女が「俺くんと夏帆アドレス交換しな!」なんて
気を効かして言ってくれた。
それでアドレス交換してその日は終わった。

それから夏帆とメールするようになって色々聞いた。
あるV系バンドが好きだとかそんな他愛もない話。

そして ある日夏帆から衝撃の事実を聞くことになる。





10 :名も無き被検774号+:2013/05/13(月) 01:52:01.65 ID:z1WejmaQ0
れは両親共ない言うこと。
親は夏帆をて蒸発。
父親は不慮の事故で死んでて祖父母に育てらて聞いを無くし
れと時に俺が力になってあげたいとも思うようになった

ールや電話を頻繁にしていくう
とづ夏帆の変化に俺気づくよにな
「俺くんはけ?」と「俺くんと会ってから楽しい」と
っとづヘラの片鱗見えてきてたけだけ
当時の俺 そんなこかるわもなく
ただ、た嬉しかった。

それがメンヘラとかではなく
ちょっとづのこと好きになってくれてるのかなとしってかった。





12 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 01:58:56.70 ID:z1WejmaQ0
それからデートを重ね、遂に意を決して夏帆に告白した。
夏帆は嬉しそうに「これからは私の物だね♪」って言った。

俺も嬉しくて「うん!」なんて言ってしまったが
これがいわゆる「悪魔との契約」だと言うことは
知る由もなかった。

それからの日々は世界に色が増えたかのように鮮明に見えて
何事も楽しかった。控えた受験もマラソン大会もなにもかも楽しかった。

しかしある日夏帆からの着信があった。

なにか嫌な寒気を感じながら電話に出ると後ろからシャワーの音が聞
こえてくる。





13 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:00:20.57 ID:vB9cchA8P
見てるぞー




15 :も無き被検774号+:2013/05/13(月) 02:03:52.54 ID:mN36vCUD0





16 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:04:54.30 ID:ymMjoIQW0
ふむ




18 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:06:48.36 ID:z1WejmaQ0
もしも
帆「…

俺「えっ?」
嘘つき…

えっ何が?」

の時で夏帆は涙声。

夏帆「俺くんけのってしたよね…?
「う

夏帆「なのんで遊んだの?」
えっ?宿

夏帆「とぼけないでよ!たからじ学校の子と買い物してるの
「…

帆「ほらやり!もうい!も切らのはもう…」
「いや!あ祭の買出しで…」

れで電話が切られ嫌な寒気々とくなって
てもいられなくなから夏の家に向かった





21 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:20:39.94 ID:z1WejmaQ0
夏帆の家はうちから自転車で30分ほどの距離で
俺は全速力で家に向かった。

ピザだったからはぁはぁ言いながら家に到着。
チャイムをならしても反応はない。
微かにシャワーの音が聞こえてくる。

ドアをあけてみるとカギがかかってなくてドアが開いた。
急いで風呂場に行くと風呂場が血で染まってて
倒れてる夏帆がいた。
状況が飲み込めず呆然としてた。
足の震えを抑えて夏帆を抱き抱えると手首から血が流れて
血に染まったカッターが転がってた。

その時の始めて夏帆の無数の手首の傷に気づいた。
赤黒い無数の線に吐き気が込み上げてきて
思わず嘔吐してしまった。

それと同時に夏帆の傷に気づいてあげれなかったことに涙が溢れた。





23 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:28:10.00 ID:z1WejmaQ0
どうしていいのかわからずとりあえず救急車を呼んだ。
その間ずっと夏帆を抱き抱えながら泣いてた。
救急隊員が部屋に入ってきて夏帆を担架に乗せた。
救急隊員に泣きついて助けてあげてと言うと
救急隊員は「死んでないので大丈夫」と言ってくれて
胸を撫で下ろした。

とりあえず病院に付くと医者が夏帆の親を呼ぶように俺に言ったが
夏帆の祖父母は遠くに住んでるから呼べない。
それで医者が仕方ないと夏帆の説明をし始めた。

自傷癖がある。精神科でのカウンセリングと身内の協力で治すしかないと。

それを聞いて俺は夏帆を救ってあげたいと思うようになっていった。





24 :名も検体774号+:2013/05/13(月) 02:31:22.09 ID:vB9cchA8P
>>1にちょっと共

夏帆たんは1人らしたん




28 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:46:44.90 ID:z1WejmaQ0
>>24
そう。高校のためにこっちに来た。




25 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:35:21.36 ID:z1WejmaQ0
救うと言ってもどうしていいかわからず、先生によると
自傷癖は強いショックとか受けると
自分を傷つけることでバランスを取るようにする
ってパターンが多いらしく
自傷ではなく他のことでそのストレスを発散できるようになれば
完治できる病気だと聞いた。
他の専門的なことは精神科で聞いて欲しいと言われた。

それから夏帆が退院してとにかく謝った。
これからは他の女の子とはあんまり絡まないと約束した。
だからもう切らないと約束をさせた。





26 :名も無774号+:2013/05/13(月) 02:35:21.57 ID:atb9Rt9n0
便開け
!わたしにかまってー!
が全開だな

だったら鍵閉めてチェーン掛
って子とかダメンマる典型的だね




28 :名も無き被検体774号+:2013/05/13(月) 02:46:44.90 ID:z1WejmaQ0
>>26
まぁメンヘラだったからね

それから他の女の子のアドレスなどを全部消して
一切学校でも話したりしないようにした。

関係が修復したようにも見えたけど
根本的な解決はできてない。
でも精神科行こうとも言えないし
どうしていいかわからずにとりあえず
夏帆の過去について調べてみようと考えた。

しかし地元が遠いので夏帆の祖父母に連絡してみることにした。
夏帆にばれないように携帯からおばあちゃんの番号をメモり
後日電話した。

電話に出たのはいかにもおばあちゃんみたいな人で
「振り込む金はないよ!!」なんて言ってたけど
とりあえず色々聞いた。
中学校で虐められてたこと
その虐めが原因で自傷を初めてしまったこと
そのままだと不味いから東京に転校させたこと

たくさん話を聞いたけど結局解決策は見いだせず
モヤモヤした。
時間が治してくれるかもとも思ってたけどそう甘くはなかった。







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様