2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

彼女はDQN達のオモチャに、自分は彼女のATMになっていた

 




638 名前:   投稿日: 01/11/28 14:20 ID:???
る日、彼女がレがプレゼント指輪をしに気がた。

「指輪はどーたの」と尋ねると、面台に忘れて来た。」とのコト。

その場はそで終わったが、その数日彼女家に行輪をしてかったので、再び尋

「今も指輪忘れよ。」

ると彼女は「ゴメン、無くしちゃったみたい。。」とえた。

かよー。アレんだぜー。」とオレ

、ど彼女」、というか「彼の部屋」がおかしい。

レが幾つかプレゼトした物がトゴク無くな物だけ)

じゃこの間までこに置いてあったバッグは沿

。。えー。。友達に貸してる。」

「もう一つバッグったのは?

「そ貸してる。でねしい買ってー。欲しいのがある。」と

「オレだってそんなに金持なんじゃねーぞ。。。トホホ。

ながら、そ指輪を買う約束をしたせっかく部屋に来ただからとH帰った。


639 名前:   投稿日: 01/11/28 14:22 ID:???
その数日後、彼女から電話が掛かって来た。

約束の指輪を購入してたオレはそれを持ち、仕事が終わった後、待ち合わせの場所へ向かった。

「持って来てくれた?」

「はい、コレ。」

と、渡すオレ。


「わー、ありがとー。」喜ぶ彼女。

「じゃあ、メシでも食いに行くか。」

とオレが次の行動に移ろうとすると


「あ、ゴメン。私これから用事があるの。」と彼女。

「あ、そーなの?そっか、じゃ帰ったらまた電話するよ。」

とその場は別れた。


何歩か進んだ時にふと振り返ると、彼女は駅とは逆の方向に。

「あれ?さっき用事があるって言ってた場所には電車使わないといけないのに。。。」

と思ったオレは、何故か気になって彼女の跡を付ける事にした。

彼女はスイスイと人込みの中を歩いて行き、ある店に入った。

質屋だ。


640 名前:   投稿日: 01/11/28 14:22 ID:???
急にオレの心臓がギュッと閉められるような感覚が襲ってきた。

何分かした後、彼女が財布をバッグに入れながら店から出てきた。

オレが渡した指輪の手提げが無くなってる。

「どーいうコトだ!」と言いながら現れようかとした時、彼女は早くも来た道を戻り始めてた。

「次はドコへ?」と思ったオレは、出て行きたい気持ちを抑えて再び彼女を追った。

なんと、最初に待ち合わせた場所に戻ってきた。

しばらく彼女がそこで立っていると、一台のワゴン車(車に詳しくないんで、ワゴン車という表現が正しいかどうか解りません)が側に止まった。

彼女は嬉しそうにその車に近づき、中から出てきた男と何か話してる。

見つからないように近づいて見ると、その車には他にも何人か乗ってるようだった。





641 名前:  稿: 01/11/28 14:23 ID:???
女がバッ布を出すそれを奪ってけをき、運の男に窓から手渡した

返された彼女は、その男にながれ車もうた。

すると、その彼女の後ろからスカートをペンとめく上げので女のとお尻がに丸見えとな

然隣を歩いてたオンがかなりビリし確実に凝視してた

の人間に引き込またの、彼女は引られるようにの中に消えき、外てた男も再び車に乗り込んだ。

が閉まり、車動き出、すぐに信かまり停止した


642 名前   投稿日: 01/11/28 14:23 ID:???
ずその車の側に近き、フリをの車の側を歩いた

窓から見えたの、後座席で彼女が男の股間にうずてる姿だった。

ッとしたオ通りた後、クルッと反転し、一度その車の側った

くりと。

する、さっきのは解らなかきり

座席男はいて、の股間で顔を上せながら、手でもう人のチンポを握って下させている

転手助手席の二人は何か話しながらニヤニヤしてる。

レがち止まって、中の男がに気付き、合っにニッと笑った。

すぐに信号が変わり、彼女を車は街へえて行きっ白なオレ胸の痛みに耐えながらその立ちして


647 名前: 638 投稿日 01/11/28 16:46 ID:???
>638-642の続

通行人の「何だコイツ?みたいな視線を10分ほどながら、そのま立ちしてたようく動き出した

りあえず電話だ。う思

もしかしらオレの見間違いかい。いや、そーであってしい。

いを込めなが震え携帯のボンを押

ルルル

「はい、もしもし。」

そしく他人行

あのさ。。。

オレ「今ドコに居る?」切り出そうとし瞬間、

、ちょっと忙しいの。」と

奥から「おい、続けろよといの声が聞えた

あ、ごめんさい

彼女の声の後に、ニッニュう音が鳴り始め

なあ、誰居るか?」オレが尋ねると同時に、

「手だけじゃなくて口も使え、オ !」

いうさっきの男の声

んーーー。。。湿

という彼女の呻き声(?)と同時にジュポッジュポッっいう音

「ほーひえ(「もるね」と言いたかたのろう。」

葉で電話は切れた。


648 名前: 638 投稿日: 01/11/28 16:46 ID:???
その後、何回電話してもプルルとは鳴らず、留守番電話サービスセンターに繋がった。

どうやら、電源を切ったようだった。

参った、完全に彼女のようだ。

そりゃあ、あれだけ尾行してたんだから見間違いの訳が無いが、それでもオレの最後の願いだったんだが。。。

家に帰ったオレは15分おきくらいに彼女の携帯に電話したが、夜の12時を過ぎても彼女には繋がらなかった。

そして、3時を廻った頃、彼女から電話が。

だけど、オレは出る気になれなかった。

いや、出る気はあったが、怖くて出れなかった。

その日は朝まで眠れなかった。


649 名前: 638 投稿日: 01/11/28 16:59 ID:???
次の日の夕方、彼女から電話があった。

「昨日はゴメンね。地下に入ったから、電波届かなかったの。」

と彼女。

「そっか。それはそーと、用事って何だったの?家に帰ったのが遅かったみたいだったけど。」

とオレ。

「うーん、それがさー、友達が相談があるって言ってさー、一緒に飲みに行ったんだけど、そのコ酔っちゃってー。ずーと介護してたの。大変だったんだから!」

と彼女。


「そっか、それはお疲れ様。寝不足なんじゃないの?大丈夫?」

と、彼女の嘘に付き合い、彼女を心配するオレ。

「うん、だから今日はもう帰って寝るの。」

「おう、おやすみ。」

「バイバーイ。」

プツッ。

電話をポケットになおしながら、

「ふー、「指輪ありがとー」くらい言えよ。。。」

と冷静に考えれるオレ。

もうココロは砕け散ったようだった。





650 名前: 638 投稿日: 01/11/28 17:40 ID:???
その後も彼女との関係は続けた。

「この後、どーなるんだろう。」

「オレは彼女にとってどんな存在なんだろう」

「彼女はどんなコトをされたのか?」

「彼女は いつからこんなコトを?そしていつまで続けるんだろう?」

という、ある種、自虐的な疑問を持ったからだ。

そして、その答えを聞いた時、オレはどーなるんだろう。。。


651 名前: 638 投稿日 01/11/28 17:41 ID:???
れかに泊まった。

を買う約束を日以来、Hはしてな

「Hしよーか?」とオレが誘う、彼女は「ゴメン、今日なの。た。

「あ理日て今日だいつと違わない?

突っ込み中でしながら、

「そっかじゃ、しょうがないか。貿

と素直な返事を出オレ


の夜彼女が寝静まったのを見らい、レはベッドから起き上がると彼女の携帯に取った。

電源を入れ、メー歴を見る。

しいメールはレが部屋に来てる時に

せていだろうな」と書いてある

今度は送を見てる。

はいやっっきわれたけど、ちゃんと断りした

「ふーん。」と、オ

うコか。生理も嘘、やっぱり。」


ててる彼女の横で全てのメルを確認した後、オレはベッ寿眠りについ


652 名前:日の迷言 投稿日: 01/11/28 18:40 ID:cVEty5TN
「ほーひるえ」がいい、こんな女は許せません


680 名前: 638 投稿日: 01/11/29 13:25 ID:???
>647-651の続き


翌日は土曜日だった。

昼の1時過ぎに、彼女の携帯が鳴る。

着信メロディーがSPEEDの「white love」だ。

彼女の携帯は、掛けて来た相手によってメロディーが設定できるタイプで、あの曲が鳴るのはオレだけだったはずなんだけど。

彼女が嬉しそうな顔で電話に出る。

「はい。。。。はい。。。。分かりました。じゃあ、一時間後に。」

一分程話して、彼女は携帯を切り、申し訳無さそうな表情を作りながら、しかし どこか嬉しそうな顔でオレの方を振り向いた。

「ゴメン、友達から呼び出されちゃった。ちょっと出てくるネ。」

テレビを見てたオレは彼女の目を見つめ、「ああ、いいよ。」と答えた。

「じゃ、用意してくる。」と言って、彼女は風呂場へと向かった。

シャワーの音が聞こえてきたのを確認すると、オレは自分の携帯から彼女の携帯に電話してみた。

「white love」が鳴る。

「うーむ、一応、white loveのままか。。。」と複雑な気持ちになりながら電話を切り、彼女の携帯から今のオレの着信履歴を消した。


681 名前: 638 投稿日: 01/11/29 13:26 ID:???
数分後、風呂から出てきた彼女は髪をドライヤーで乾かし、化粧をし始めた。

オレは、鼻歌まじりで嬉しそうに化粧する彼女の姿を見てられなくなり、外の空気でも吸おうかと、ふとベランダに出た。

何気なく下を覗いて、オレはギクッとした。

例のワゴン車がマンションの下に停まっていて、男達が車の周りでウンコ座りしながら煙草を吸ってる。

「おいおい、マジかよ。。。」

オレは振り返り、部屋の中で髪を乾かしてる彼女の後姿を眺めながらそう思った。

家までバレてるとは。。。

オレはベランダから部屋に戻って、再びテレビを見た。

「じゃ、行って来るね。」と言葉を残し部屋から出て行こうとしたので、オレは「行ってらっしゃい。」と、彼女を玄関まで見送った。

オレは手を振りながら、彼女がエレベーターに乗り込んだのを確認すると、猛ダッシュで階段を駆け下りた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様