2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

ギフテッドの彼女と付き合ってた話




http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1401118464/


1 :名無し@おーぷん :2014/05/27(火)00:34:24 ID:MXx0ba1si
いんですがてくれよ

溜めてあるから



5 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:37:02 ID:MXx0ba1si
数年前、俺は大学が決まって一人暮らしをすることになった。

両親が貧乏だったから これ以上金を使わせたくなくて、バイトして、ルームシェアして、とりあえず親の世話になることを極力避けて なんとか生計をたててた。

バイトは当時三つかけもちしてた。

家庭教師のバイトと、居酒屋と、喫茶店。

ほぼ毎日バイトがあったから一応形だけ入ったサークルも ほとんど行けなくて、友達も出来なかった。

でも、ルームシェアの友達(田舎から一緒に上京してきた高校からの友達)がいたから特に寂しくはなかった。



8 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:39:15 ID:MXx0ba1si
そんな日々が続いて、気づいたら年が明けてた。

二月の寒い日だったと思う。

その日は喫茶店のバイトだった。

店はスタバとかドトールとかチェーンじゃなくて、コーヒー好きのおじいちゃんが趣味で始めたようなとこだったから人が来ないのは いつものこと。


俺は掃除したり本読んだり店長と話したりしてた。

カランカラン と鈴が鳴ってドアが開いた。

「いらっしゃいませー」

こういう店でバイトしたことがあれば分かると思うんだけど、新顔ってのは滅多にこない。

だいたい来る人は決まってるし、その年齢も60〜70がメインだ。


でも、その日は違った。

俺と同い年くらいの女の子が入ってきた。


9 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:41:19 ID:MXx0ba1si
「いらっしゃいませー お一人ですか?」

「………は、はい」

「カウンターとテーブル、どちらがよろしいでしょうか?」

「…え、え、え、じゃあか、カウンターで…」

「かしこまりましたー 」

背は高くもなく低くもなく。顔は吉木りさに似ていて、化粧は薄いけど きれいだった。

髪は黒のロング。服装はジーパンに白のYシャツ。地味で綺麗な子だった。

応答が ぎこちなくて、緊張してるなって思った。

自分も高校生くらいの時 初めてそういう喫茶店とか入るの緊張したなー とか思い出して妙な親近感が湧いた。

もちろん、顔が可愛かったってのもあるけど。





11 :名無しさ綿ん@おーぷ :2014/05/27(火)00:42:15 ID:ug2olLIZw



12 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:43:23 ID:MXx0ba1si
>>11 thx

注文もかみかみで、待ってる間もそわそわしてる。

そして汗がすごい。

店内はヒーターが一台あっただけで、確かに外と比べれば暑いかもだけど、なにしろ冬の寒い日だし、汗をかくほどじゃなかった。

久々の若い女の客に興奮した店長がサンドウィッチを作りながら伝票のゴミの裏に 声かけろ って殴り書きした。

いやいや、あんたが かければいーじゃんと思いつつも俺は

「暑いですか? 良かったらヒーター消しましょうか?」と聞いた。

途端、彼女は真っ赤な顔をして、すごい小さな声で

「はい……お願いします……」

と答えた。


13 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:44:47 ID:MXx0ba1si
その時はよく分からなかったんだが、汗をかいていることを指摘されたのが恥ずかしかったらしい。

結局 極寒の中、ヒーターを消して窓をあけて、やっと彼女の汗はおさまった。

サンドウィッチを ものすごい勢いで食べ、コーヒーをものすごい勢いで飲み、ピッタリの金額をカウンターに置くと、また小さな声で ごちそうさまでした… と呟いて帰って行った。

これが俺が初めて彼女に会った時。



14 :名無ん@ーぷん :2014/05/27(火)00:45:55 ID:MXx0ba1si
喫茶店のバイトはに三いれてい結局 その週 彼女再び現れることはな

会えないかーとかばめかけていた時、初めて来たょうどに彼女び現

あの子と話したいなーと思っていたのに、いざ目の前に来らると調て話せない

結局か会の会話は一切なく、彼女は行っ

の日、店になに意識てんだアって怒られ

店長こ普段おばさんとか おかが来とめっちゃ話すくせその子スッといる。可愛い人だ。


20 :無しさん@ーぷん :2014/05/27(火)00:49:49 ID:MXx0ba1si
翌週翌々も同じ曜に彼女は現れた。

のうちに気がつくことが出きた

.木曜16:00にること

.注文するのはサンドウィッチとアイスコーヒ

.座る場所は初めてたときと同カウンーの1番入口側

.会計は ぴったり出


ジがあるのにカウターに置いてげるように帰る

ール?必ず守るのだ

文するものがじ人も、る時間がじ人も所が毎回同じ人も さほど珍くはないけれど、彼女は まるでそれが規則かのに忠実にっていた尿



22 :名無しさん@おーぷ2014/05/27(火)00:50:52 ID:MXx0ba1si
が終わってほんり暖かくなきた三月。


木曜はいつもより混んいて、女がる席の1人がていた。

16:00。

彼女はつも通りやって

ば、この頃はど汗かかボリきくっていた気が

も慣れたんだろうと思って少し嬉た。



彼女はつも座る席に人が座ってるのに気がつき立ちした

っしゃいませーません、いつもの席埋まww」

さん冗談で睨みつる。

「おいおいおい! 俺のせいっゆーのかよ!ったく女は甘いのに俺には厳しいぁ!

常連のおっさんも笑いがら返す

表情を和らげてくれているはず…





27 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:53:41 ID:MXx0ba1si
と思ったが、彼女の顔は何故か真っ赤だった。

あれ?俺なんか気に障ること言った?

そんなことを考えた次の瞬間、彼女はドアを開け、飛び出して行った。

いきなりの出来事に店全体が凍りつく。

常連のおっさんも え、俺ここの席座ってたのまずかったか?と店長に聞いている。

このまま来なくなるんじゃ?と思うと、いてもたってもいられなくなったが、さすがにバイト中に追えないわな…と思い、店長を見た。

「いけ。話聞いて来い。お前の言い方が気に障ってたなら謝るんだぞ。」

と言ってラップにくるまれてたサンドイッチをプラスチックの容器にいれて、渡してきた。

彼女が急いで食べるのを見て なるべく早く店を後にしたいんだろうと思ったのか、すぐ出せるよう事前に作っていたのだ。

店長はシャイだけど気配りのできる人だった。


28 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:56:28 ID:MXx0ba1si
店を出て道路を見渡しても彼女の姿はない。

やみくもに探しても無駄だと思ったので、駅まで行く道で探すことにした。

店を長くあけるわけにもいかない。

自転車を漕ぎ出す。駅前の公園に彼女はいた。

三月とはいえまだ寒いのに汗が止まらないみたいだった。

「あの!」

「!?」

「席、埋まっててすいません…よかったら、これ食べませんか?店長、あなたのために作ってたみたいなんで、よかったら食べて上げてください」

「あ…あ…あの…わたし…あの…」

「はい?」

「いた…いただきま…す…」

手渡したサンドイッチを静かに食べはじめた。

ここらへんから冷静になって

「(俺、好きだと思われてないかな…)」

って心配になった。


彼女が横で食べ終わるのを待つ。

心なしか いつもよりゆっくり食べているようだった。


29 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:56:54 ID:TePwGHLTM
ほうほう


30 :名無ん@おーぷん :2014/05/27(火)00:58:02 ID:MXx0ba1si
食べ終わてから沿聞いた。


あの、俺、なにか気こと言いまた?いで出綿かれで、てっきり怒らせちゃったのと思って…」

「ち、ちがう、。わたし、あの…普段違うことて、いうか



「普と、違うことになると、」

「…ると?」

ぱ、パニに、っちゃってて

彼女のし方チでこな感

知らい人話す時緊張し じゃっん吃音になるらしい。

文字こすとメっぽい

そう言彼女顔は真っ赤だった。可愛

汗で前髪がペリとおでこに はていてもお、可愛いと思わてくる

「…そうか。でお店来てください。待てますから。サンドイッチ簿ヒー用意して」

…はい。」

めて彼女の笑顔を見た。

トをすっぽかして話わけにもいかので、俺は店へ戻った


32 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)00:59:20 ID:MXx0ba1si
店長と常連さんにパニックになってしまったらしいと説明してもポカンとしていたが、それ以上説明のしようがなかった。


そして その翌週の木曜日。

彼女はまた、16:00ぴったりにやってきた。

店長と また来ても普通に接しようと決めていたので、あえて その日のことには触れずに「いらっしゃいませ!」とだけ言ってサンドイッチとコーヒーを出した。

彼女は恥ずかしいのか うつむきながら食べて、いつものように会計を済ませるとさっさと帰って行った。

その翌週も、翌週も、彼女は来た。

そのうちに、だんだん話すようになっていった。

はじめは挨拶とか天気とか社交辞令。

でも、七月くらいになると お互いの名前を知り、年齢も一つ彼女が上ということを知ると、自然とタメ口になっていった。

店長は全然話せなくて、客にタメ口をきくなんて店の風紀が乱れてるとか騒いでた。


34 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)01:01:38 ID:MXx0ba1si
彼女は21の大学三年だけど、大学に籍だけ残して行ってない状態らしい。

店の近くの研究所に派遣されて もう研究を手伝っているとのこと。


その頃 俺は経済学部の二年目で、バリバリの文系だったのが数学をやらされていた。

だいたい一年やると出来るようになるが、俺はてんでダメだった。

そのことを話した時

「俺、数学全然わかんなくて単位ヤバイんだよね…」

「そっかー…でも、大学の数学って簡単じゃない?」

「え?難しいよ?www」

「そうかなぁ…」

「じゃあ今度教えてよ!」

「いいよー たぶん、分かると思うから」

こんな感じで、数学を急遽教えてもらうことになった。


翌週、彼女はいつも通りやってきて、俺は数学の問題を見せた。

自分の学歴に ちょっと自信があったので、心のどこかで自分よりは頭良くないだろうとか思い込んでいたのかもしれない。

だが彼女は問題をみるや

「これがわかんないの?」

と言った。

タメ口で話すようになってもおとなしく、お淑やかな感じの話し方だったので 嫌味言いやがったwww と意外だった。

でも、顔を見ると、本気で不思議そうな顔だった。

本気で、こんなのが分からないなんてありえるの?と思っているようだった。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様