2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻の不審な残業を不信に思い早退して帰宅すると、目に飛び込んで来たのは





612 :えっちな21禁さん:04/08/21 21:32 ID:beNn3Ok0
導入部は極力短くしたので不自然に感じられるかもしれないし、それでも長いかもしれません。これ以上短くできませんでした。何れもご承知おきを。


私の妻、マナミ(33歳)の話です。

妻自慢はしません。どんな女かは皆さんのご想像にお任せします。



613 :612:04/08/21 21:34 ID:beNn3Ok0
とある事から共働きの妻が、時折遅くなる帰宅を残業だと偽っていることに付いたのは昨年の6月だった。


以来 疑惑の芽を育てながら妻の動向を探った。

もちろん杞憂に過ぎないと言う確証を得るためであったが、月日が経つにつれて逆に疑惑は深まっていった。

ちょうど1年前の8月のある朝、妻が「今日は遅くなる」と私に告げた。

これまでの経験から、そういう日こそ不審な行動をすることに気づいていた私は、反射的に「俺も今日は遅い。9時は間違いなく過ぎる」と応じた。

もし妻が私が懸念しているようなことを行っているのなら、今日は まさにチャンスだと思うに違いない、と考えつつ。


午後4時過ぎ、私は早退を告げて退社し妻の職場へ向かった。

従業員玄関が見える場所に車を止めたのが5時直前。

やがて次々と出てくる従業員たちを6時30分ころまでチェックし、妻が出て来ないことを確認した。

(やはり妻はちゃんと残業しているのだ)

安堵と後ろめたさを感じつつ、念のため携帯で目前の妻の職場に電話をかけた。

「・・・さんは4時30分ごろ早退しました」



614 :612:04/08/21 21:35 ID:beNn3Ok0
愕然とした。

私が嘘をついて自分の会社を早退したのと同じころ、妻も あっさりと職場を後にしていたのだ。

もし妻が5時早々に職場から出てきたら後をつけ、証拠を掴んでやろうと思ったが それも適わない。

今更会社に戻るわけにもいかず、私はどす黒い不信と怒りで満たされた心のまま、家に帰った。

私たちの家はマンションである。

帰り着くと、何と私の駐車スペースに見覚えのないシボレー・アストロが停まっていた。

どう言うことか明白だった。

来客用駐車場も埋まっていたので近くの路上に車を停め、家に向かった。

こっそり玄関ノブを捻ると鍵は開いていた。

三和土には妻の白いサンダルと私の物ではない薄汚れた男物のスニーカーが・・・二足。

そして、耳を澄ませるまでもなく、奥からはくぐもった声が聞こえた。

妻の声と、明らかに一人ではない男の声。

よりによって複数とは。

爆発しそうな感情を押せつつ、そっと台所の横を抜けて居間に入ると、ソファや床の上に妻や男たちの服が脱ぎ散らかされていた。

居間から続く夫婦の寝室の閉ざされたドア、声はその向こうから聞こえる。



615 :612:04/08/21 21:38 ID:beNn3Ok0
ドアのうで繰り広げられていであろう光を想して私は気も狂わんかりにり、にも飛も相存分に ぶちのめしたいとが・・・。

こに到っ姿は離避けない。

うせなら妻への未をきため、他人腕の中でよがりその姿を見たいと思った

アを離、一旦玄関戻ってを持い日開け放たれていた居間ランダに出

そしてベランダを辿、こ10センチほど開けらてい室の窓恐る込んだ。


私たち夫は互いの安ため、寝室にシングルベ、少し離して並べそれに寝いたが、今はそベッがくつけられて即席のダになっいた。

幾度も媾合返されろう、ベッの上にはティッュが散乱し、パテルシーの上に垂れ流された液体が所々に染みを作って



616 :612:04/08/21 21:39 ID:beNn3Ok0
そして その真ん中

に疑いをてか何度も想し、んなことはあるいと否定し続けてきた そのままの光景が・

否、そより沿っと破恥で絶望的な光景が展開れていた。

裸で仰向けに寝そべった男の腰の上に背こちらに向けた妻が座り何と厭らしく身をくねらして

上体は朱の縄幾重い込、両手甲骨の下辺で後ろに縛りわされていた。

妻の満な尻が上がると、のあわい突きった怒張がらちらとぬき、それに擦り付ける前後左右振る。

分は溢れ出した妻淫汁で濡れそぼっていた。


廉恥なは そればかりではない

横には もう人の男が、これも全裸でッドの上仁王立ちていた。

は上半身を捩って婿の男の腰に顔を寄せ音をてながらでに隆々と屹立した怒張の先を口含み、舐め回いた。

時折と根元近くまで深く咥込む濃厚なフェラチオ

きつく縛められ口を蹂躙さる妻の姿暴力的に卑猥だった



617 :612:04/08/21 21:41 ID:beNn3Ok0
犯しながら、男たちは妻に猥褻で屈辱的な言葉を投げかけ、妻も咥えているものから口を放し、破廉恥な単語を恥ずかしげもなく使って応えた。

男たちは二人とも 顔にまだあどけなさの残る、20歳を幾つも出ていないであろう若者なのに、妻は彼らに口汚く侮辱され嘲笑されながら貪欲に怒張を貪っていた。

「そんなに熱心にしゃぶって、まだ飲み足りない?もう2回も飲んだじゃん」

「もっとぉ・・・欲しいのです」

「何が欲しいか、はっきり言ってみ?」

「精液・・・濃い精液をいっぱい飲ませてください」

その姿を見、声を聞き、私は怒りと絶望でブルブルと体が震えた。

「止めろ」と叫び、窓を開けて飛び込みたいのに、ショックのあまり身体が動かなかった。

やがて妻は押し倒されるようにベッドに仰向けにされ、寝そべっていた男が身を起こして圧し掛かかるように再び結合した。

「あああっーー!」



618 :612:04/08/21 21:42 ID:beNn3Ok0
後ろ手に拘束されたままでは苦だろうそのしさ自覚できないどの簿か、は辺憚らぬ嬌声ながらし貫かれ

宿妻の両足を脇に抱え腰に体重て 奥深入し、更に腰グリグリと揺すった。

「ほぅら、奥までいてる」

やあぁ・・・駄目ぇえ」

部に加えられる刺激に、妻は髪をり乱して悶えた。

もう一人の男は、こ勢では咥せるができず、手にたせうとしたが妻はとうにそれどころではなく稿っていた

挿入していた男は妻を押し潰ようにに圧し掛かり腰をし始めた。

腰を叩きつけよう続。

ンと激しく肉がぶつかり合う音が狭い寝室、そに妻浅ましい淫声が重なった。

「もっと・・・突い、奥が・いいのお」

「奥さんの中、絡み付いてる。奥が下ってきて・・・」

やぁ・あぁだぁぇぇ・・いいっ」

体位を変、本格的に犯されてから数分と経たず、妻は限界をえた。



619 :612:04/08/21 21:43 ID:beNn3Ok0
「も・・だめ、いくぅ・いぅっ

もう逝くのか・・これでだ?―逝っちまえ!」

「ひいいいああああぁっ―!!」

っそう男の動きがると、男の身体の下で妻が泣き叫びつつ絶頂極め

ガクガクと身せ、かれた目に涙浮かなが簿

がぐったり逝き果てても男は許さず、激く腰振りつづけたが、よう獣じみり声を上げながら怒張を引きき、妻の顔の上跨っ

「こち向いて口!」叫びながら妻の毛をんでの顔に濡れそぼ自分の怒張を突き付け、湿に放っ

が手を離横向に倒れに よやく見えた妻の顔の、下半分は余すところな白く汚半開き口からも量の精ていた。

ぼすよ、飲み干の口が閉じ、くりと喉が動い

あまりに酷い光景に、もうこれ以上見ていらない使と思ったとき、さすに肩で息していた男が妻話しかけた


620 :612:04/08/21 21:43 ID:beNn3Ok0
「どうだった、よかったかい奥さん」

「・・・もう死にそうなくらい よかったです」

「旦那とどっちがいい?」

「比べ物にならないくらい、○○さんのほうがいいです」

一瞬の躊躇もない妻の返答に、私は足元が崩れ落ちるような絶望を感じた。

そして もう怒りすら沸かず、ただ呆然と眼前の光景を眺めていた。

「次は俺の番だな」

途中から観客になっていた男が妻の下半身ににじり寄った。

「ああ・・・ちょっと休ませて」

妻の哀願を男は無視し、縛められて不自由な妻の身体を強引に裏返して うつ伏せにした。

「膝を立てろ」 年端も行かぬ男の命令に従って高々と持ち上げられた尻を、男はいきなり何度も平手打ちした。

精液に汚れたままの顔を歪ませて妻は哀願した。

「お許しください!お許しください!」



621 :612:04/08/21 21:45 ID:beNn3Ok0
かねて先の男が「やれよと言、ようや連打終わった

「わたか、お前は俺たちの肉便器なんだ。

便器が休ませろ』何て言うか?」

妻は顔シー押しけ、嗚咽をしながらった。

すいません・・めんなさい・・・すい・」

「本に すまないているのじゃお前何なのかってみろ」


の後の妻葉の大意は 今でも しっか記憶 さすがにタことができない。

分が人間であることを否定し、不特定多数に性欲処理に使れるあるこ、そのに扱われるが無上のびでること身すべ器官を使ちにとを宣言するものであった。

何度も言わされている、妻を覆いたくなるその短くはいセリを淀みな

「わってんだ。でも自分が言っとおりに行動しないとな」

男はらつく視線を、眼に持ち上げ曝さいる妻の尻のぎながら言うと、勢いよくゃぶついた。



622 :612:04/08/21 21:46 ID:beNn3Ok0
ぴちゃと粘音が響き、苦痛と屈辱に歪んでいた妻の顔 たちまち淫猥けだした。

すぐの唇か熱い吐れ出し、嬲られ尻がもどかに じれだした。

男がいったん口を離した

「今日はこっちはまだだっ湿らな。寂しかっう、こ

は無言で上気し縦に動か

度的私に部分はえなかったが、どこをめらていたのか明った

男はさらに自分の人差指中指を舐めて湿らすと、無造に そこに入れた。

「あひぃ!」

瞬間みた悲上げたが、男は構にぐりぐりと手を捻ってそこを掻き回した。

更にくりと抜き差し時折りゅうっとく差しんだ。

「駄目・・・・・う」

白目を剥いてよがり狂う妻の姿。私その姿全に魅入られていた。

俺の指はどこに入って?」

「肛門す!・・・うんちの穴に入てま

「お前 うんちの穿られ感じか?どうもない淫乱肉便器だな。このうんちの穴を便器として使って欲しのか?



623 :612:04/08/21 21:47 ID:beNn3Ok0
「ああ・・・マナミのうんちの穴を使ってください。うんちの穴に××さんのちんぽを入れてください!精液をたっぷり注いでください!!」

男はもう無言で怒張を妻の尻にあてがうと、ゆっくりとめり込ませた。

妻は、恐らく軽く逝ったのだろう、口を大きく開け、声もなく身体をぶるぶると わななかせた。

「・・・締まる!」

男は短く叫んでいったん動きを止めたが、すぐに挿入を再開した。

程なく、根元まで埋没させると、ゆっくりと抽送を開始した。


もう一人の男もこの光景に刺激されたのか、傍らに放り出されていたローターを妻の下腹部にあてがい、その敏感な肉芽を嬲り始めた。

尻を犯す男は、時折り唾を結合部に垂らして潤滑性を補いながら次第に動きを早めていった。

「ああっ・・・壊れちゃう・・・お尻、いいっ・・」

「すっごい締まる。・・・お前は まんこといい、口といい、ケツといい、すっごく気持ちよくて感度もいい。――まさに肉便器になるために生まれたような女だな」

「ああ・・・いいです。もっとぉ犯してえ・・・」

「こんな・・・こんないい玩具を・・・放っておくなんて・・・旦那は馬鹿だ」



624 :612:04/08/21 21:48 ID:beNn3Ok0
「もう駄目ぇ・・・××さん・・・来てぇ。一緒に――」

「逝くぞマナミ、逝くぞぉ――・・・!!」

ラスト数ストローク、男は大きな動作で腰を妻の尻に叩き付けると、最後に怒張をめり込ませるように妻の尻を引き寄せながら射精した。

僅かに遅れて遅れて妻も、

「来てる・・・ああああぁぁぁ・・・!!」

限界まで首を仰け反らせ、浅ましく涎をたらしながら逝き果てていた。

しばらくして、直腸の奥にたっぷりとに精を放った怒張が引き抜かれると、まるで それに支えられていたかのように、ぱたりと横に転がった。

「もうそろそろじゃない?」

先の男がゆるゆると妻の縄を解きながら言うと、肛門を犯した男が おっくそうに答えた。

「もうか・・・意外に短いな。仕方ないけど。ほら、奥さん大丈夫?旦那さん帰ってくるんだろ」

先程までの様子とは打って変わり、男たちは放心した妻を優しく介抱した。

そればかりかティッシュを取り、精液に汚れた顔や股間を拭ってやったりさえした。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様