2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺にセフレができたときの体験ついて語る

 




1 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 21:54:24.64 ID:LypzZdYU0
需要があれば書いていきたい

秋の夜は冷えるからパンツは履いたままで聞いてほしい



3 :も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 21:57:45.49 ID:LypzZdYU0
7年ど前の話に




俺:当時22歳 社会人1年目

22歳 部5年生

秘書:時20歳 医学調大学が付属いる病生のやってた


俺と医学部は幼稚園時代かの腐れ縁の幼馴



6 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:02:02.35 ID:LypzZdYU0
スペック

俺:22歳 キモデブ 一応非童貞


医学部:22歳 がっちり体型 イケメンではないが、コミュ力がハンパない

とってもリア充 しかも頭良すぎ


秘書:20歳 色白 ムッチリ体形 推定バストEカップ



8 :名も無き被体774号+:2011/10/14(金) 22:05:22.54 ID:LypzZdYU0
俺と医よく週末に一に遊んでいたんだ

いつも医学部の車でドライブして、泉行ったり飯行ったり、色々ところに行って

6月のある日曜日、医と一ライブし姿いた



9 :殿も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:07:55.07 ID:LypzZdYU0
医学とは友人も含めて高校の時とかよく一緒に遊んでいた仲った

高校のときは よく恋愛の話とか彼氏彼女の話とかし

なの、大人になっ、そういったのない話はよくして

の日車の中で医学部が「俺>>1)よー、最近浮い話ないの」ときたんだ




11 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:10:54.96 ID:LypzZdYU0
彼女なんかいなかったから、「何もねーよ」と答

学部なんだよ、いねーのか」とのまま車を走らせ続けたん

しばらく走ると、医学部が「頭、昨習で徹夜してんで呂入ってないんだ、聞いてもいないのに答えだした

何で医学部2年生で本を解剖しケッチする実るそうなが、これ間かかりまくって徹夜ペーなるんだそう



12 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:11:54.94 ID:LypzZdYU0
俺は「そうなのかー、大変だな」と話を合わせておいた

すると、医学部は「やっぱり無理だわ、頭洗うわ」と言い出した

そのまま車はコンビニへと向かった



14 :も無検体774号+:2011/10/14(金) 22:14:35.92 ID:LypzZdYU0
医学部はコンビ旅行用の小さャンプーを買った

で頭をつもり

は いつものに温って、そこで頭洗うんだと思った

学部はそまま、泉があそうへ車を走らせ



15 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:15:56.85 ID:NcLj/VDq0
wktk


16 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:28:39.55 ID:LypzZdYU0
医学部は車を走らせた

到着した場所は温泉ではなく、なぜか滝だった

不思議がる俺を尻目に、医学部は 先ほど購入したシャンプーを持ち、滝のほうへ歩いていいく

俺は不思議がりながら医学の後に付いていく

滝の目の前に付いた

医学部はおもむろに服を脱ぎだし、パンツ1丁になった



17 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:37:08.74 ID:LypzZdYU0
パンツ1丁になった医学部はそのまま水の中に入り、滝へと進んでいく

言っておくが、滝はけっこう落下距離が長く、遠目に見ても水はかなりの勢いで落下している

そんな滝に医学部は近づき、滝の落下点の前に到着すると、おもむろに体を前傾させ、頭を滝に突っ込んだ

こいつ、滝で頭を洗う気らしい


18 :名も無体774号+:2011/10/14(金) 22:47:22.10 ID:LypzZdYU0
を濡らしるが、かなり滝の勢いが

医学部はその心がれそうにな寿ていた

し、医学は負けなかった

そのままャンプーを頭に付け、しっかり泡立て、してっかりと頭を流

かにこいは高校の時行動はおかしかった

医学部に3番でゃうく頭はかったも行動はだっ

さすが滝で頭とい発想は俺には



19 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 22:50:10.60 ID:NcLj/VDq0
滝で頭を洗う医学部から、どうセフレに繋がるのか、目が離せんw



21 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:00:40.25 ID:LypzZdYU0
医学部は無事にシャンプーを終えてスッキリしたのだろう、満面の笑みを浮かべながら車に戻り、車を再び走らせた

しばらく走ると、「>>1よー、さっき最近浮いた話無いって言ってたよな」と言い出した

俺がそうだと答えると、医学部は「じゃぁさ、俺が知り合いの女紹介しようか?」と急に言い出した

さすがはリア充だ、女にも知り合いはたくさんいるヤツだ

こいつは高校生の時から「医学部を知る会」という、自分の知名度を上げる会を開いていたくらいだ

医学部の知り合いがさらに知り合いを連れてきて、医学部が知り合いを増やすという何とも訳が分からない会を自ら開催していただけのことはある



22 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:04:21.25 ID:LypzZdYU0
ちょうど車を走らせている場所の近くにも知り合いがいる

ということで、医学部はその女に電話をしだした

その女が電話に出た

医学部「ねぇねぇ、秘書ちゃん?久しぶり、今暇?遊ぼうよ」

何というシンプルかつ直球な誘いなんだろうか

しかし、電話の向こうで女(=秘書)がOKと言ったようだ


医学部「今から迎えに行くよ」

ということで車は秘書の家に向かった


医学部や医者がモテるっていうのは、肩書きだけじゃないと思った

医者になれるようなヤツは それ相応のコミュ力があるんだと思い知らされた




23 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:06:42.17 ID:LypzZdYU0
秘書の家に向かう車の中で医学部から秘書の話を聞かされた

自分たちより2つ年下であること、病院勤めで医者の秘書をやっていること、自分はその病院の実習で知り合ったこと、秘書の出身高校は○○高校だということなど

ここで気がついた

俺の妹も2つ年下で○○高校の出身なんだ

つまり、秘書は俺の妹の高校での同級生ということになる



24 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:08:29.09 ID:LypzZdYU0
秘書の家に着いた

秘書が家から出てきて車に乗り込む

医学部がお互いを紹介し、俺も秘書も互いに「どうも〜、はじめまして〜」みたいな挨拶をしたと思う医学部の運転で車は走り出した

このときの座席は助手席に秘書、その後部席に俺という配置だった



25 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:11:19.61 ID:LypzZdYU0
車の中で、俺と秘書は初対面だったが思った以上に話が弾んだんだ

自分のこと、医学部のこと、医学部との腐れ縁のこと、医学部とバカやってた高校時代など

ついさっきの医学部が滝で頭洗った話題でも盛り上がった

医学部は 異常なほどコミュ力が高いから、俺なんか到底かなうはずはないんだが、俺も実は そこまでコミュ力が低いほうではない

適当に話を弾ませるだけならそんなに苦痛ではないことが功を奏した



27 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:22:31.36 ID:LypzZdYU0
車の中でふと、医学部が「秘書ちゃんって最近浮いた話あるの?」と切り出した

秘書は「ないよ〜」と答えたが、そこで医学部はさらに

「でも、秘書ちゃんって△△先生(医者)のことが好きだって言ってたよね?」と続けた

それに対して秘書は「うん、でも△△先生もうすぐ結婚するって言ってるし」と答えた。

普通ならここで「そうか・・・、残念だね」と切り返すところだが、この医学部はやっぱり少しおかしい

そこで秘書に「△△先生とヤッた?秘書ちゃん処女じゃないよね?」と聞きやがった

さすがの俺もこれには焦った

しかし秘書は「そりゃぁヤッよ」と何の抵抗もなく答えた

俺は何もコメントできなかった



28 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:29:14.01 ID:LypzZdYU0
どうやら秘書は下ネタOKな女のようだ

しかし、俺は女と下ネタ喋るのはどうも苦手だった

ここから俺はあまり会話に入れずに、適当に相槌を打つだけになっていた

そのとき、医学部が俺に

「さっき、>>1も彼女とかいないって言ってたよな、秘書ちゃんと番号とか交換しちゃえば?」と提案した

これには秘書もあっさりと了承し、番号交換したんだ

ここからは俺のターンだ

俺は秘書に「ありがとう!今度遊びとか飲みとかに行こうね!ちなみに、俺は社交辞令とか言わないからね」と言ってみた

すると秘書は「うん、嬉しい、絶対行こうね」と返してきた


さらに俺のターンは続く

俺「じゃ、いつ行く?平日でもいい?」

秘書「うん、平日でもいつでもいいよ」

俺「それじゃ、さっそく明日仕事終わったら飲みに行こうよ」

秘書「いいよ、行こう!」

こんな感じでけっこうアッサリ約束を取り付けることができた



29 :名検体774号+:2011/10/14(金) 23:31:19.08 ID:LypzZdYU0
日は3人飯を食うくで終わ

てからも何通書とメールをり取りした


が明けて月曜日、普通事にき、いつも通りに当に仕事、そして待ちわせ所に向か



30 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:33:55.31 ID:g7OZ4VuA0
イイヨイイヨー


31 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:33:59.77 ID:LypzZdYU0
待ち合わせ場所には5分くらい早く着いた

このとき俺はけっこう緊張というか、ワクワクというか、そんな感情だったと思う

特に秘書に一目惚れしたとか、そんなことは無かったが、女と2人でデートするなんてことは久しぶりだったからだ

そこに秘書が表れた



33 :名も無き検体774号+:2011/10/14(金) 23:42:11.94 ID:LypzZdYU0
ーツだっほぼ私服だっ

の秘書というのは出は私服で、職場に付いてース服みたいに着えるんだそうだ

2人で飲み屋に入り、ビール

色々話を、かなり楽しい時間を過ごせ退とを覚えてい



34 :名も無き被検体774号+:2011/10/14(金) 23:46:08.10 ID:LypzZdYU0
飲み始めて1時間くらい経った頃だろうか

俺は ちょっと様子見で少しだけ口説いてみることにした

俺「秘書ちゃん、きょうはありがとね」

秘書「こちらこそありがとう、ってどうしたの急にw」

俺「いやー、俺、女の子とこうやって飲みに来るの久しぶりでね、それに秘書ちゃんかわいいから嬉しくって」


秘書「えー、そんなことないよーw俺君だってけっこうカッコいいじゃんw」

俺は耳を疑った

なぜなら俺はキモデブだからである

俺「そんなw俺がカッコいいなんてwただのデブじゃん」

秘書「そんなことないって、私けっこうタイプだよw」

このとき俺の股間が1cmほど大きくなった




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春, 興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様