2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻が隠れて喫煙するようになった理由




いただせば簡単に済問題、自分がした瞬から妻にする疑変わって行った

いを解決する方法は色々有るのかもしれな、灰皿をけた時に妻い詰める或い吸っる現場を押さえ方法

ずれにしても、妻がガラムっていた事は明白でり、の段階で私の中には妻の素行に味が移っかも知れませ


長女の尿出産期に一度、勤めていた退職したが、長から、前の薦めもあ 派遣社員の形で、また同じ社に勤めた。


その社はそこ名のられた観光会社である、二度目の時は経験も評価され、添の仕事ある事を妻はせていた

元来家に閉じこもっているのが、似合うタプのではなと思ていは、妻の仕事に口を挟む気はなかった。


行動こすもなくが過ぎある日、事も速終わ私は僚のも断り、妻のめる会社に私は足を進め

の素行知りたいとい私の気持ちは、気づいた時には偵の真似事をさせました

の目貫通りた妻会社は人道通りも、人並み影から様子を伺うにはさほどの苦労は無かた。


6時頃現着いた私は、15ょうか、偵気取りで道路の反側にある妻の会社の出沿入り口に神を集していと、突きなれた女性の、私は出から目をすことになった。使

の女性は、妻の会社の同僚の佐姿した

「奥待ち合わせですか?」

然の会話答えをしていないは多狼狽していたことでしょうが、仕事の関係を合わせて会話易で退した


ま近て、仕事が速くので女を脅かてみようかと思って」


「大分待ったんですか?」


「そ無いですよ来たばかりです。」


なんだ、も連絡すれば良かったのもう帰した


「そですか。


今 私と別れたばかりこの喫茶店で


新婚当時、妻まだの頃は何時も夕方6時ごろ迎えにートをし調憶がった私は定観行動をこしていた。

「あの頃とは違うんですよ、奥さん派遣んだら残業はりしな。」


「そなんだ、昔の癖けなくて。」


熱いとで、ご馳走様


今追いけれ、駅いつ?」


良いんです別に急に思いついたことなんで。」





多少胆をながらも私は期に恵れたようなって会話を続た。

「佐さんはこらどするんですか?、帰るんですか


用事もないし、るところ。


の前飲んだの何時でしたっ?」


分前よ、2ヶ月位前かな?、武井君の結式の会以来ら。」

ち夫いの会社の同僚や部下の結婚式の二次会には婦で招待をことが、その時も夫婦し、三会を私夫婦と佐さんや他意気投合した数名でけ方まで飲んだ記憶が蘇っ

「あの時は、凄った?」


奥さん酔ってたみたった、私憶がないとってましたよ。


かったね何か俺満でもあるのかな?」

見た私、本題の妻の素行を探るべく、佐さんにり出した


「もし良かった、ちょその辺で飲まい?」


人で?、さんに怒らい?」


「酒を飲むくらいの間もかて。」


それじゃ。」

とはいえ、私は妻帯者であまり人目つく、お互の関から顔見りの多い事もり、暗黙の了解、人目かるち着ける場所を探してた。


佐藤さん、落ち着場所知らない?」


あそはどうかな、奥連れてきて貰った所


んは足早に歩を進た。

寿会社ら10分位の所に、メートル程の路地のに小な店が並ぶ飲み屋街の奥った所の店あった

店の名前

り口のアのには軒程の一枚ガラがはめ込んであり、少し色は付いているものの、中の様子が見るようになっていた

は、茶店スナッともたい雰囲気でマスターの趣味がいたる所に散りばめられたという感じで、私には、その趣一貫性の無さに理解の域を超えるものがあったが、に落ち着くろが不思だった


りあールで味の無い乾杯から始まり、結婚式二次会の話で盛り上がり一時間位して酔った頃

私はおもむろに、女房素行調査に入った。

「佐藤さんタバ吸う?」


「吸?」


まわなよ、ぞ。」


「奥さん旦那さ吸わいから、遠慮してだ」


なく妻煙は裏づけがれた。

偵にしては出来であ果に一瞬満足してたが。こ女の言葉私の心は更な妻にる疑惑が深まっていっ


綿いえば、女房ラム吸ってるよ殿?」


「でもね、正直って私はきじゃないよね、ガラム。」


、最近まで俺もガム吸ってた。」


「私そごめんな、タコって言うより、それを吸る人が嫌いって言ったほうが正解。」


の?」


主人も知ってるから、い


喋らない


○○商店栗本専務さん


「栗本専務ら私も知ってる

専務うのは私た中堅の水で、営業で何度か会社を訪問していて面識はあった


「どうして嫌いなの?」


本さん、自好みの女性を見ると見が無調のよ、しつこく、奥さんが帰しからバトンタ


「そんなに凄いの?」


「凄い、そのとき私もあタバ勧められたんだけど、それで嫌いにったかな、あのタバコ。


女房も彼に薦められて、うようなったのかな?」


「ご主人じゃなとすれば多分うでしょ、奥さんもともとない人だったから。社復帰してかね。ここの店も栗本さんてもった使ですよ。


んな会話をしている内に、夜も10とっくにぎ、どちらから無く今日はおひらきとな、割り張する彼女を止し、会済ませた私は店の外彼女出て来るのを待つ間、一枚ガラスの向こ側に見えない何かしているようでした。





その後、仕事も極速めに切りげるようにした。といて家に早るわ使もなく、探偵続きをしていた

毎日きませが、る限り妻の会出入り口を、妻の退後の行動を掴もう躍起でした。

なると喫煙はなくなっました。

、もしや浮気をしているのではないか、私の気は一気飛躍していした。


だかそれ現実ののとなってに押し迫ってくるのに、どの時間はかかりませでし

-------------------------


男が生まれた、私は妻に対して新時ほどの興味を示さなかったは事実う。れは妻のほにもることだとます。

あのの一件以来、私は妻の言動の細部に渡って、察集るよになっていました

今ま何気なくき流していた、言葉が気になっょうがありまんでし

妻の行動がになり始めて1月程経でしょう

それ突然やっきまた。


あなた度の日曜休めな?」

「家の仕事?」


〜ん、私日帰りの仕事入ったから子ていほしい。無理な?」

「何とかしてみる。」


私はとさに承諾に近い事をていまた。

私の仕事は、日がかきいれきのうな仕事が、に1、土日の休みがシフト回ってきます

り添は、輩にシトを交代しもらい、休みが出来た

私は考え行に出ました

に帰った私はの日めない旨を伝えました。


の話だけど、日曜はやっぱ理だ、ごん。」

「そう、お母さんに頼ん


「すまないなころでどこんだ

の方よ!」



「誰と、何時から?」

つもはしない私の質に、妻は少し怪訝そうに答えまし

員さんと、社行の下

れ以上のを回避すかのように、妻けた。

「9時会社を、夕方まには戻れると思うよ。

れ以上の質は、穴を掘りかねないと判断し、気をつけて来る言うと話を止めた


-------------------------

当日の朝私は、いつもの時間に家を出て、妻の会の最寄り駅の駅トイレの影からの到を待った

この時では、また調査のいしていいが、時4着いた電車妻が降りてきからは、の挙動不審男になていた。

乗とは行っても、妻軽装荷物も手げのバク1つだけ。


駅か真っ直ぐ南に歩き、2目の信を渡っ曲がっ0メートルほど行ったところ妻の会社がある。

時計歩き出した、会社方向へ歩き出したが、1つ目の信号に曲がり通りの一本手前の道路に入ったのでした。

その道路方通、角から私がく50メートこうでしょうか、グレー級国車がちらを向ってお、妻その車に乗りました

その車はく数秒後私の居る便通過していくだ、そったとき使そうりながら車内の構成を瞬時に想像していました。

得意先役員が数名、それに妻が同行大きから名位、まさか二宿いうことはようにと願う自分も居ました

ているうちに、耳に車ジン音が聞こ退スピード落と左折して行きました。

とき車の妻が助席に、後座席は誰も、運転席には私の心のどこで、そうあってほしい人間の顔がありました

ですり栗本す。

しようと減の助では、が前髪で顔をすよう仕草して俯ていした。自分の顔を他人られたくいうに他ならな

一瞬気をました、何故かは分りまんが次の瞬間冷や汗と同時に歩道の上にゃがみ込んでいまし

-------------------------

の日境に、私はより確に迫ろではなく逆に妻を遠ざけるになって行ったの

通る人ちの冷視線を感じながらもしばらく間動けずにい私は、体自由が朝近駐車に止めてったまでくと、のよさを感体を、投げ出ように運転着いた。

らくまま態が続その何本のタバコをったあろうか、手にしていた箱にはも一本も残っていなった。

車場を出た私は、すぐのタバコ屋のに車を止めと、店の販機には目もくれ、店のに入りあのタ注文していた。

を受け取とき手から毀れる小銭覚に気づきはしたがみ込んで拾い退る気力もな私はまま向かた。

ろか屋の店員の呼める声がした、振り返ることもなく車に込みた。

バコ屋を出て経ったであうか、私は港のていた

最初は思考のないネキうに海の方を身動きもしないで見ていしたが、つにつれ数時間前のあの光景が脳裏に蘇した、思回路に命令を与えても、考えの整理がつきませ


そん、車の後ろのほうか声が聞こような気が、ルームミラーで主を探し

ーの端主は現れた、年の綿ころは4才か、補助付い転車を必死にこでい

そのミラーの対側婿るころ、その子の両二人づれが、満面の笑みを子にを送って姿が、次の瞬間らはが溢ていた。

咽す両頬に一本の線として流ているだでした。

-------------------------



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様