2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻が隠れて喫煙するようになった理由

 



問いただせば簡単に済む問題も、自分躇した瞬間かに対す疑いの形にってった

疑いを解決するは色有るのしれない、灰皿を見けた時に妻に問い詰める法、ってえる方法。

ずれにしても、ガラムを吸っていは明白り、この段階でには味が移っかも知れせん。


は長女の出期に度、勤めてい会社を退職しが、が生から少しと、前上司のめもあり派遣社員の形、ま同じ会社勤めていた。


の会社は、そそこ名の知れた貿二度目時は評価され、添乗の仕る事を妻は私に納得ていた。

家にもっが、似合うタイの女はないといた仕事に口む気なかっ


行動を起こすで、数日が過たある日、仕事もに終殿った私同僚の誘いも断り、妻の勤める会の近に私は足を進いた

の素行知りいう私の気持ちは気づいた時には探の真似事をていました。

に面の会社は人並みのから様子はさの苦労は


午後時頃現場にいた15分位でしょうか、探偵路の反ある会社の出入り口に神経を集中しいると突然聞きなれた女の声で、私は出入から目を離すこなった。

その女性はの会社の同僚の佐藤さんで

奥さんとち合わせか?」

突然会話に、答えを用ていな私は多少狼狽していことでしょうが、の関係上帳尻を合わせて会話するのはした。


ま近くに居て、仕事が速く終わっ女房を脅かしてみうかとって」


大分待ったんです?」


「そんよ、来たばりで


「そうなんだ、も連絡すればった奥さもう帰りましたよ」


「そうなんでか。」


「今 私と別れたばかですよ、そこの喫茶で。」


新婚当時、妻まだ時も夕方ごろに会社迎えに行きをした記憶あった私は観念みで行動ていた。

あの違うんです、奥さ遣なんだはあまりしないのよ。」


なん、昔の癖がくて。


「お熱いこと、ご馳走様。


今追れば、駅で追いつくか?」


「良いす、別に急思いついたとなんで。」





多少の胆を感ながら、私は好期にまれたような気になっ話を続けた。

「佐藤さんはこれからどうするん?、ですか。」


「特に用事いし、帰ところ。


「この前飲んだの何したっけ?」


分前よ、月位前か?、武井君結婚式の2次会以来だか。」

私たちは、お互い会社の同や部下婚式の二次会には、で招待を受ることが多く、時も加し、次会を私たち夫と佐さんや他に意気投合し名でけ方まで飲んだ記憶が蘇った。

あの時は、凄かったね?」


奥さん凄く酔ったみたったし、私には憶がないと言ってした。」


かっね、何か満でもるのかな?」

頃あいを見は、本題の素行を探るく、佐藤んに出し


「もし良かったら、ちょっその辺で飲まない?」


二人で?、奥さんれない?」


「酒をらい、こ女房のお詫びもかねて。」


「それじゃちっだけ。

とはいえ、私は妻帯者でりあまり人目につで飲むのお互い仕事の関から顔見知りの多い事もあ解で、人目をはばか様に落着ける場所いた。


?」


そこはうか、奥に前にれてきて貰った所。


佐藤さんは足早にを進めた

から1所にートル程の路地の両脇にが並ぶ飲み屋街のった、その店はあった。

前は蔵。

ドアの脇には一軒程の板のガラスがはめ込んであ少しは付いているものの様子えるになっていた。

店の中は茶店とナッも言いがい雰囲気で、の趣いたりばめられた店という感じで、私には、その趣性の無さの域を超えるものあった、席に着くと変に落ち着くとろが不思議だった


あえビーまり意味の無い杯から始まり、結婚式の二次会の話で盛上が一時間位して酔頃。

私はおもむろ素行調査に入っ

佐藤さんタバ吸う?」


「吸ってもいい?」


わないよ、どうぞ。」


奥ささんの前で吸わら、遠慮たん


あっけなくの喫煙は裏づけが取れた。

探偵ては上出来であ結果に、一瞬満ていこの後続彼女の言葉に私の心は更なる妻に対する疑が深まていった。


ういえば、女房はガラム吸ね?」


、正って私は好きないム。


「ごめん、最近で俺もガラム吸って。」


「私んなさいバコって言り、それを吸っるある人が嫌ったほうが正解かな。」


誰なの?」


ご主ら、い難


別に喋らいから


「○○商店の栗本


栗本専務なら私も知って

栗本言うのは、私たちの町は中堅の産会社の専務で、私営業度か会社を訪貿てい面識はあった


どうして嫌いなの?」


「栗本さん、自分女性見境がいのね。私もしばらく、しつこくされたど、奥さん帰してンタッチ。」


「そんなにいの?」


「凄いの、き私もあタバコ勧められんだけど、それ嫌いにのかあのコ。


「女房も彼に薦められて、吸うようにったのかな?」


「ご主じゃないとすれ、多分そうでしょうねさんと吸わった会社復らですの店も栗さんに教もらったらしすよ


そんな会話をしている内に、夜も0時をとっくにぎ、どち日はひらなり割り勘と主張するを制止し、会計を済ませ私は店の外で彼女の出てるのを待つ一枚ガラスの向こない何かをしてでした。





の私は事も極力速め切り上げにした。かに早くるわけでなく探偵の続きをしていたのです

日はできません、できるの会社の出入り口を見張り妻の退社行動掴もうと躍起でした。

にな殿、喫煙の問題ではなくなっていました。

もし浮気をしていのではないか私の持ちは気に飛躍ていまし


だかそ現実のもて自に押迫っるのに、ほどの時ませんでした。

-------------------------


長男生まれた頃から、私は妻対して新婚当時ほどの興味をさなかのは事実でしう。れは妻ほうにも言だと思います。

ですが、のタバコの一件以私は妻の言動部に渡って、観察集中するようになっいまし

今まで何気なく聞して、言葉気になってょうがありました。

動が気にな、1月程経ったょうか

てきした


「あな、今度の日曜休めい?」

の仕事か?」


ん、日帰りの添乗の仕事入ったから子供見ていての。無理かな?」

何とかしてみる。


さに承に近い返事調ました

私の事は日曜きいれどきな仕事ですが、1度は、土日みがシフで回ってます。

の日り添乗という日後輩フト代しもらい、休みをることが出来た。

私は考えに出また。

家に帰っの日休い旨を伝え


「昨日の話だけど、日曜はやっ無理だごめん。」

「そう、母さんに頼ん


「すまないな。ろでど行くんだ

山形の方よ!」



何時ら?」

いつもはない私の質に、妻訝そうに答えました

先の旅行見。

これ以上の質問湿避するかのよ、妻続けた。

頃会社は戻れ思う。」

もこれ以上質問墓穴を掘ないと気をつけて行来る様言うと会話止めた


-------------------------

当日の朝私は、いつもの時間に家を出て、妻の社の最寄り駅の駅の公衆トイレの影から妻の到を待

この、また素行調のいきは脱しいないが、845分頃着いが降りてきてからは、ただ挙動不になってた。

帰りの乗とはっても、妻は軽装で荷物も提げのバッだけ。


からっ直ぐ南き、2目の信号をって左曲がっ200メトルほたところに妻の会がある

計を見歩き出た妻は、会社の方向へ歩き出したが、目の信号左に曲がり、目りの一本手前の道に入たのした

その道路は方通行で、角から私が50ートル程向こうでしょうか、一台のグの高級国産車がちらを向い簿ており、はそのに乗りました。

そのはおらく数秒には、私の居を通過いくろう、そ思っ重圧に押しぶさそうになりなら、の構を瞬ていました。

得意員が、それに行で車の大きさから多くて位、まさか二人だけうことは無いようにう自分も居ました。

考えているうちに、尿耳に車のエンジン音が聞こえて、の車はピード落とし左折してした

そのき車寿、妻一人、後部座席誰も、運席に私のどこそうあって間の顔がありました。

そうです、やっぱり栗本です

左折しようと減速した車の助手席、妻が前を隠すよ草して俯いいました自分の顔を他人にられたくいという行動に他ならい。

一瞬私は吐き気を覚えました、何故かはかりませんが次の瞬間、冷や汗同時歩道の上にしゃがみ込んでました。

-------------------------

その日曜をに、私はより確信迫ろうとするのではなく、逆に妻をからざけるになって行ったの

、通る人たちの冷たい視線を感じらも、しばらくの間動ずにいたは、体由がると朝の駐車に止あっ車まで着くと、鉛ような重沿感じ、投げ出運転席に着た。

しばらくそのままの状き、その間に何のタバコを吸ったのか、手にしてた箱にはもう一本も残っいなかった。

駐車場をた私すぐ隣のタバ屋の前に車ると、店先の売機には目もくれ店の中にあのタ注文ていた。

を受ると、手から毀れる小銭の感覚にはしたが、しゃが込ん拾い上げる気力もない私其のま車向か

からの店員のび止める声がしたが振り返車にり込み走せてい

タバコ屋を出てから何分経ったであろうか私の車は港の防堤の所に移動していた。

最初私は思いマ海の方を身で見つめているだけでしたが、時間が経つつれて時間前のあ裏にりましたが、思考回路命令を与えても、考えの理がつきませ


んな時車の後ろほうから子供の声が聞こえたようて、ルームミラーでの声主を探した

ミラの端からその主は現れた年のこ位だろうか補助輪の付いた自転を必死にこいでいた

子がミラーのえるころ、そのらしき満面の笑浮かべその子にを送っる姿目に入っ来た、次の瞬間私のからは涙が溢れ

咽することもく、両頬に一本の線として流いるだけした。

-------------------------



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様