2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

私が両親と絶縁した理由





117 :恋人は名無しさん:2009/08/11(火) 18:02:28 ID:LP7KxF8RO
絶賛アク禁中なので携帯から。携帯から書き込むのは初めてなので不備があったらごめん。

私…24歳

好太…28歳 私の今彼

元男…24歳 私の元彼

妹子…20歳 私の妹

特定されやすい状況なので、かなりフェイク入れ&ぼかし。ネタと思ってくれても構わない。

かなり長文な上、エログロなシーンが有るので、苦手な方はスルーお願い。


【前提1】
私は幼い頃に煩った病で小さい頃から車椅子生活。(上半身はぴんぴんしてるし、大きくなった今は病も全快に近く、ほんとに足以外健康な状態)

周りの親切のおかげでなんとかやっていけて、なんとか高校に入学。

そこで出会ったのが元男。

元男はクラス委員長で、そんな彼にアレコレ世話を焼いてもらってるうちに恋愛に発展→付き合うことに。

高校を卒業し、私は障害者枠で就職。元男は大学に進学。

責任感の強かった元男は、卒業を機に結婚を前提の同棲をしようと言ってくれて、こんな身体だから結婚なんて無理だろうと早い内からあきらめていた私にとって、泣くほど嬉しい提案だった。

お互いの両親に挨拶に行って同棲を始めたが、大学生活に慣れ始めた元男は麻雀とコンパを覚え、委員長の頃の責任感はどこへ行ったか、そのうち家に まともに帰ってくることも少なくなり、親からの仕送りも生活費として入れてくれなくなった。

お金は何とかなったけど、ふつうの賃貸アパートに住んでいたため家事は手伝ってもらわないとかなり苦労してしまうので、その旨を伝えて家に帰ってきて欲しいと訴ると、返ってきたのはため息混じりの頷きと小さい舌打ち…。



118 :2:2009/08/11(火) 18:04:17 ID:LP7KxF8RO
また、実は元男の親は私には直接言わないが、やはりこの身体のせいで結婚には大反対しており、

同棲も「そのうち別れるなら、生活費折半で家事もしてもらえる同棲は元男にとってプラス」という考えでOKしたことを、酔っぱらった元男自身の口から聞かされた。



このあたりで、私もようやくこの同棲は ままごとのようなものだと気づかされ、彼との結婚は無理と判断。

結局 数回の話し合い(と言う名の喧嘩)の末 同棲解消。

私は大家さん&ヘルパーさん常駐のアパートで一人暮らしを始めることになった。

こんとき私20歳。


【前提2】

私の両親は障害者の私を助け、育てはくれたが、どこか はれ物を扱うようにされている節があった。

私が大きくなるにつれて、嫌みや小言、差別発言が多くなり、両親との間には いつのまにか深い溝ができていた。

(だからこそ、早く自立して両親から離れたい願望が強く、元男との同棲を深く考えもせず始めてしまった)


それとは対照的に、奔放で両親に叱咤・心配をされながらも、娘として愛されている妹子が私には羨ましかった。

……しかし、その妹子は専門学校に入学するために上京したが、すぐにオトコとブランドに目覚め、金欲しさにキャバでバイト→ホスト通い→ホストに入れあげ貢ぎまくり→ヘルスでも働くようになり→結局そのホストと音信不通になってしまい、精神を病んで実家に出戻ってきた。

両親は そんな妹子を叱りながらも同情し、病院に通わせながら家で療養させることにした。

こんとき私23歳。妹19歳。



119 :32009/08/11(火) 18:06:34 ID:LP7KxF8RO
で、っからが修羅場本筋。前置き長くてゴメン


と別れ2年が経ち、私は職場で知り合ったき合うとに。

は無口でクルで取くい性、知知る好きにっていき、私ら告白やもや期間がしばらく→好太から告白してくれてもちろん貿OKとう流れ



好太は分に自なかった障害持ちのが自分から告白きるような、なていうか私自身の障害をじさせつきあい方をしてくれで、一緒にとても幸せな気分になれ

順調に2年付き合い、て目額に達するができたので、正式に婚約するの両親に拶するこになった。

元男の親の事があっで かなり緊張した、好太の両もまたの障のことなん障害にならないくらい自然に受け入れれる人たち約は滞りなく成立

あとは結婚に向けてスケジュールを立て居を探しもう一踏ん張り貯金をがんばろと言うとに。


、好太早い内一戸買わないかと相談てきた

なんも、好太の両が少し援助しるらしく、好太は私のに小さくいからバフリの戸建て買うな目たと聞かされる宿

実はローンやおおざぱな これの出入算もし、両があれば、子供を産むことを考えてくらいの予算の家らギリギリと。俺って働から

嬉し泣きら、私は ありがとう うれ ありがとうあわたしもがばる、と繰し言 いました

本当に幸せでした



122 :4:2009/08/11(火) 18:11:27 ID:LP7KxF8RO
後日、お互いの両親の顔合わせのスケジュールを決めに私の実家に二人で行ったときに、私の親に「新居はどうするのか」と問われ、「実は一戸建てを考えている。そのめどがつくまでは安めの賃貸に住む」と回答。

両親はしきりに好太の甲斐性に感心していた。


その日、両親の強引なすすめで私と好太は私実家に泊まることに。

私は1階の高校の時まで過ごしてきた元私部屋に。好太は2階の客用の部屋をあてがわれた。

元私部屋のベッドはシングルだし、私は2階に上がるのが苦手だから、この部屋割りにあまり疑問は感じなかった。


しかし、事件は起こった。

深夜、なんとなく眠れなくて寝返りを繰り返していると、二階から野太い声が。

そして、バタバタという激しい音。

私は あわてて身体を起こすも、近くに車椅子がないことに気がつく。

寝る前、たたんでベッド脇に置いたはずなのに。

とりあえず床を這ってなんとか部屋から出てみると、すごい勢いで好太が階段を降りてくるのが見えた。

「どうしたの?!」

「いや…」

口ごもる好太に更に聞くと、「実は、知らない女の人にズボン脱がされて上にのっかられた」……と。

しかもその「女の人」、まっ裸だったそうで…

「な、なにそれ!変態?泥棒……???だ、誰………???」

「わかんねー。見たことない若い女だった……」

「上には両親がいるはずだけど……」



123 :5:2009/08/11(火) 18:13:04 ID:LP7KxF8RO
しかし、この騒ぎの中、私両親が下に降りてくる様子がない。

好太は 私をおんぶしてくれて、二人で2階に上がってみる。

好太が寝ていた客間の布団は乱れていたが、そこに人影はなかった。

ぞっとして、私は好太に頼んで両親の寝室へ。

ノックすると、父がドアを開けた。



これこれこういうわけなのだが、怪しい人を見なかったかと聞くと、「いやぁ〜誰も見なかったけど。好太くんの夢じゃないか?」……と。

なんかしらじらしい…。

そんな態度。



……ふと、妹子のことが頭に浮かんだ。

実は、彼女が実家に戻って来ていることは知っているが、今は精神が疲れていて療養中だからと会わせてもらえなかった。

私としては前述のように妹に若干の嫉妬をしており、また、性格の違い故 姉妹仲も良いわけではなかったので結婚することを伝えておいて欲しいと両親に頼み、会うことはしなかった。

私が好太に「妹の部屋に連れて行って」と言うと、両親が「あの子は病気だからだめだ」と突っぱねる。

いよいよ怪しいと思い、好太を促して隣の妹部屋へ



129 :恋人は名無しさん:2009/08/11(火) 18:15:55 ID:OccVBf120
先は見えたけど、どこまでも妹を甘やかす親が最低だ。


131 :6:2009/08/11(火) 18:16:46 ID:LP7KxF8RO
するが返信無し。両親が部屋から出て「や簿」と強い口調言う

ますます怪しい

は両親の制止聞かず供のような要好太の背中か前に移動し(私はチビリなでw

子の部屋ドアを思い切りけた。



そこ異様な光景……

汚部屋のベッで、妹子がすっぱだかでオ●ーをしていた。

もう、叫んだね。さかの展開に。

実の妹のんな姿見てしまうなてorz

宿、部の汚さったらもう…。

姿も合わせ当に異常だった。



わて太がドアを閉、二で息く。

親はたぶん、ドアの陰にって見えなかった思う……)

。妹子ごめん!ま、まさかそーゆうことてるなんわなくて!トゴメ!」

混乱しててどうして妹子の部屋ることたかも今の光景を見たことを謝る私。



132 :7:2009/08/11(火) 18:18:08 ID:LP7KxF8RO
しかし太は急に私をぎっと抱きしめ…とり、すがいて、ぽつりと子だ……」

初は解できなかたが、好太の上ってきた まっの女性っていうのが、妹子のとだと言ていんだと思いつく

「え?妹子綿……なんで??」


両親を見ると、二人はものすく疲れているよう情でしかしだけ ぎょっとこちらを向いてい、その目がなぜかくて私も好太にがりついてしまた。

「どういう西こと?お、お何か知っているの??」

の質、最初は知らぬ存ぜぬを通す両

んなを繰している途、妹子部屋開いた。

して口一番姉ちーダイ」

……??

あ??

「妹子!部なさい!

「いーじゃん。の人婚したいいのにって言ったのはパパとママっ??!」

いいら部に入りなさい!」


が妹を無矢理部屋に込め、外か鍵をかけた。(簡易的なカギがが外からられうに細工あった)

らドンドドン!と激しく叩かれ、ぎゃーぎゃー騒がれたが、両親はそれをして階にくように強引にいやった



134 :8:2009/08/11(火) 18:19:54 ID:LP7KxF8RO
その後、リビングで4人で話し合い。

両親に何とか聞き出した事がコレ。

・悪い男にひっかかり、精神を病んだ妹子が不憫で堪らない

・私は放っておいても助けてくれる男が現れる(ex元男、好太)

・好太は若いのに一戸建て購入を考えるなど、人間的にも金銭的にもかなり自立した立派な男

・足は煩っているが、幼い頃から障害に慣れている私より、妹子の方が面倒を見なければいけない

・妹子と好太が結婚すれば良かったのに

以上のことを、なんと妹子の前で言ったらしい。



そしたら、妹子も好太って金持ってるんだーとその気になったようで……

両親に協力してくれと頼み、両親もあろう事かそれに同意。さっきの事件に至ったという。

愕然呆然とし、急激に好太に対して、本当に申し訳なく、また恥ずかしく、いろんな感情が入り交じって泣きそうになりましたが、ここは泣いている場合ではないと歯を食いしばり両親を説教。


私と好太は お互い切磋琢磨し、2年間愛をはぐくんで今に至っているつもりだ。

それなのに、妹子に横から かっさらわせるようなまねをさせて、恥ずかしくないのか、と。

そもそも妹子のやった行為はレイプであり、犯罪である、と。


しかし両親は「妹子が本気でそんなことをするとは思わなかった。妹子は病気なのだから仕方ない」と反論。


そして更に母が、

「少しは親である私たちの意見も聞いたらどう?

私子には 元男君もいるじゃない。

彼、今は上場企業に勤めているらしいから、お前の面倒も十分見られるわよ。

あんたの身体には金がかかるから。

私たちもずいぶん苦労したからね」



更に更に父が、

「元男君とお前が、好太君と妹子が結婚してくれれば私たちにとって一番恩返しになるのに。

小さい頃から障害者のお前には ずいぶんと苦労をかけられたからな。

元男君と早々に結婚して出て行ってくれると思ったのに、お前のわがままで破談になったらしいじゃないか。

そんなわがまま言えるような身体か?まったく。

元男君にもう一度先方に謝ればよりを戻してくれるかもしれない」

………



135 :恋人は名無しさん:2009/08/11(火) 18:21:37 ID:OccVBf120
残念ながら、両親は頭の障害者なんだね。

気の毒に。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:修羅場・人間関係, マジキチ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様