2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

一人病室にて

 



、43、妻歳になりす。

何処にでもある普通かと思います

年ほど前、私はヶ月程度入院してた。

病名は糖尿病といとでした。

会社でた定期検査にひっかかその受け持いた仕を終ての入院の運びになました

んなに重でもないそうで、身、軽い気、仕筋だっを休める程度と考えてました


ると病院下にある購買部雑誌を買い行きした。

昼を終えた者や見舞い客で混んおり、ジを待つ億劫にり、私は書籍だなで立読みをがあくのを少しってた。


、奥の喫茶部ると、姿、誰かと話こんです。

かと、奥まえ場所に移動すると、そこにいたのは司の高山でした。

ばったり、見舞いのい、お茶でも飲んだるのかな思い、私もいまが、考えとお茶をほど親しくもなく調かしなと思ながら、病室にいました。



15後、妻がへ入きま した。

何事もなかったよう家の事、子供て何か必要なものある?」

と私話しかけてきました

なぜしがた話していた、高ことが出ていのか。

「ばったりあっお茶飲んでました」くらいずなな感じを受けまた。

私は、雑誌とお茶と、妻はバッ財布を出し、地下の購買部へと向かいまた。

私は妻がを出から、バック中を探りました

携帯を取り出すと、着信履歴をみます、そしてメー・。

の部入る40分前に着信履歴がありまし

名前は違い番号は高山の・。

メー内容は、当日の朝のもので「日は?」簡単内容でした

メル同じく高山のもの・・


これ で、のは十分でした

浮気・・。

望と、そ室にいる私姿をなく思えてきまた。

携帯をバッ、窓の外やり見ていました


そこに入ってきたは、妻と高山でした。

こでんとばっり会・・う調子は?」

白々し腹腸が煮えくり返りそりましたが、サラリーマンの性な、こころなくうなづくだけでた。




は心配ないから生するようにいい、引先待ってるら、またといい病室を後にしました。



室には妻と私.普西段と変わらい妻、汚れ物を袋に入れる後ろ姿を見ます

細身のです、まだ女としてられます。

私は欲し、妻にくえるうに言いました。

貴方何を・・んなころで、病人が

笑いましたが、お願いするカーテンを閉め、部屋の鍵をけました


濡れティシュ奇麗、口めます。

私の頭の中は妻と高山の情事を想像ます

同じ妻が高山ものを・・。何かかれ?・く声出したのか・・・。

んな姿がり抜けます。


がてでも思うくらいでで射精しました。

,一瞬咽ぶような顔をして、口す。

の洗面所で吐きし、うがいをします。

笑いなが私を見るとていたみたい・・と言いました。

自分できなら頷きました。

あまり口を使わない妻が、今日なんの躊躇もなく私の望みに答えてくれました

前よりも何かが違う・。簡単にうと使い・・

しい舌使はないがせるじが以前とは違うようなきがしました。


部屋を出ると、私は自慰を始めま

ちろん頭の中と高山・・。

々に見え始る妻の姿して私の心・・


糖尿病は気長な治療です。体は痛くなく、点滴、食事療法メインです。

メリハリのない生活が私を気弱にさるのしれ

そんな中考えるのは妻と山のことです。

況がそろすが、なぜ高とも妻を問い詰めなかったの年ほど前にで赴任してきた高山と妻電話したりメールする00黒で

しか私を含め逢っだけなのです。私がる限りでは。

焦りと燥と怒りいてき

皆様も入院の経験方いるで、弱気いろ考える時間だ豊富です

どうしうもなくなった私は興信所まし

数箇所電話でをきのですがこも予上に高かったです。

万〜70程度です。


また妻ではな調ように依頼しまた

会社、住所、話番号を知らせま

たどこ誰とってても その人間は調べる必要がいと綿れまた。

やはを調べられるのは、かいやだった

は同じですか妻も高山も・・。



10日後興信所で大きな封筒渡されました。

ドキドキしながら急いで病院に戻りま

には1後の書と写す。

、時間、場淡々と書かていま

写真は妻、そして下の奥です

は会の2人使に妻手を出ていまた。

うにない男が、2人も・・

が家の妻も含まれているのは、そときは当然と思いましたのいうちもです井君の奥様も・清楚な感じの若奥さんなのに・・。



高山の浮は決定です

そして白井君のとも関係を結んでいたとは驚くばりです

レイボからは程遠高山が、なぜ女をものしていくのか不思な気さえします

なぜ、妻高山との係をたかったのか?は世間体が一番で

司と部下の妻の関係、ありがち話ですが、実際、簿の身に起るとは考えてもいませでした。そしれが知たととを考えり怖い気が



の報告書

潔明瞭な文体で書ました

今は棄し持ってませんとこを書きます。


月○日・02:30〜:0

高山、自宅マンションにに入・女時刻の部入る

のマョンに入妻の姿映っました。


○日・01:00




○町のジ○コの駐車場にて女性と待ち合わせ後町、○・・○というホテルの入

高山の車に乗り込む白井君様の姿。

5日間で 私が知りたかったことは この程度しか書ません、あとは営でのチン、終いきつけの居、他は喫茶店にったり、会社のものと飲み行っこと、私まったく興味の惹くい事柄も多くかかれてました



病室妻が毎日顔を出しす。いつもと変わらぬ笑草です。

変わったのは妻をの目感情です。室に来下の店に行かせ

財布だけをバから取り出すそしては妻の携帯を取出しチェックしました。

何も変わった信もールありまん。

通にえれば やしいものはすぐすの当たり

前回偶然賜物にしか過ぎったのでょう

が部ると、私はまたの行為を要求しました。

がりました、濡ィッュで拭くとに入れまた。

に興奮するのはなく、妻と高山の行為を描いてするいました。

の妻な茶なこともするだろう・・妻も私は見せことしないこと変態的えを頭の中で描きす。

です、怒り、す。

嫉妬りま

裏切り思いま

も興奮すことも確かです。


実私の痛いくらになって

寿の中に手をれてパンテら指を殿す。

れた、少し前ま山のものを入れていたとさえ考ます


の中にい性器が入ったのか?舐められたのか中で出さたかも・んな想いが私を襲います。

私自身が考ていなが、私を襲

して白の奥様のこも考えま

なら あの若奥をどうする咥えさせ、乳強く掴み、アナルさえも舐て、舐めさせる、妻と白奥様姿が交互の描かます

やが妻の口のよく射精しま

咽ぶ妻、ティッシュの吐きすとがいます

山のは飲んだのか?

暇な時間を病室で私にはろんな思使ってまし寿



院一月弱、ようやく退運びとなり

自宅では さやかな宴が開か、飲んではいけないビール数杯飲みまた。すぐに酔いがまわりだした。

しく子供の話をす温かい言葉でます



その晩 久ぶりに妻を抱きまし

、おの性器を舐めあう私たち、の恥ずかしそうに咥える姿、い毛われたもの、奥ピン穴がてま

山がここのは間違いありませ

もし、少し穴まうと、興奮が増ます。

悔しさに興奮です

もし人妻を抱いたなら、妻にはきないもさでしょう。

当然高も・・同じ。正常で妻の中にたものを入れま

ここ知ってるころだと思うと、そして中にの汚らしい精液ってる可性も考えると、ほ数分で妻の中に精液が注がまし



日会社に出、高が労いのをみんなの前でてくました。虫唾が走ります。

のものは中に、興奮を襲ます。

白井君の顔も見調す。心の中では君奥さんもこいつにやられてると呟ます。愛るしい顔の白井奥さと同時、高を咥える白井君の奥様の顔がかびます。

だではすまん私は白々しい高山の顔を見るとそう決心しました

人の妻にを出どうなるか、思い知てやる。


は 数日後例の興所に向かいまし

再度、高山のことを調べるためです。

もちろのこりたいで、何処で、いつ、逢ったい程度の的なもの調べれるはずもありません。

山の素性を追うことが私の復讐につがると考えした。

君の分もと、妙正義感もありた。


高山も暇な上司で沿りません。

先周りを訪れた、本出向たり、結しいです。

稿会う時間が時間あるとしても いつもあいてるわけではなそうです

もう一度信所の報告書に目をが妻、して綿白井奥さ会った曜した

取引先周りといいまても、営業も婿ての訪問です。

2時以上開く曜・金しかなそうで.

土日は高自宅へ帰っり、た私たが休ので逢えることはないはずです。


は火高山のマショに車を退めます

玄関先がどうに見渡るところ、高山が通らなと思うころにです



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様