2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女いるやつらのエピソードを延々と貼って発狂するスレ





1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:01:22.33 ID:phaVfUAx0
普段全く妬かないクールな彼女。

この前旅行に行った夜時珍しくベロンベロンに酔って
「ほんとはやきもちやくも〜ん(;Д;`)!」と泣きわめいた。

その後も顔を左右にふりながら
「元カノやだぁ〜きらい〜」
「〇〇(俺の名前)がつまようじで持ってかれちゃう〜」
と意味不明なことを散々喚き散らし泣きつかれて寝てしまった。
もちろん本人記憶ゼロ。

酔ったことにも嫉妬してたことにもビックリだが、なによりつま
ようじ発言が可愛すぎて死ぬかと思ったwww



http://matome.naver.jp/odai/2133217536862890001
http://matome.naver.jp/odai/2133217643962939801
こっから




2 :、名無しにかわりましてVIPがします:2012/03/21(水) 17:01:53.07 ID:phaVfUAx0
結構ッシャーのい仕事が続いてて、管理職だからこ時期
大変なことも多い

遅く帰ると、ふとんの上でフニャーっとし女。
部屋の掃除もしてあ
朝のワイシャネクタイも全ろえてくんだけど、
もしてないよー
人がやっんじゃなー
っと笑う。


その笑顔をぎゅーってき締調と、もストレ全部ふ
ぶ。

てるだしくなってきた
はやく帰りてえ




3 :以下、名にかりましてVIPがお送りします2012/03/21(水) 17:03:23.22 ID:phaVfUAx0
段はかあまのじゃ彼女

おれが「事、ホントになの?」と冗談っぽく聞く
彼女:〜」って言う

でも10回に1回らい
きだ〜」言ってれる

オレがえ?今なんて言っ?」聞くと
彼女「何も言ってないもん」と知らんぷりする。

もう、ぎゅっしめたくなるか抱きしめた。





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:05:33.12 ID:phaVfUAx0
電話中、あっちは教室で話していたらしく
「電話誰?彼氏?ww」とか聞かれてた
「誰でもいいやんけー!もーこっち見んといてwww」とか

「みんななんか見てくる…′:ω;」とか言ってたのがなんか可
愛かった

ただ、みんなの前だからか知らんが
対応がいつもよりクールだったww





7 :以下名無しにかわりましてVIPがおりします:2012/03/21(水) 17:06:34.90 ID:phaVfUAx0
にラベを印刷す機械の使えてくれな
試しに印刷してみたラベルをの胸って
「おすすめすよ、今人気なんです
ったラルは”メ、早い者勝ち

「早いも勝ち?」
調女「はい
俺「宿は俺で良いの?」
女「”でもか、推て感じですね

がらにここ笑っ顔に
んだ、クールな子思ってら、
実はスゲー可愛いじゃな





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:07:22.98 ID:phaVfUAx0
ひそかに片想いしてた子から、
誕生日プレゼントに欲しいものは あるかと訊かれた。
彼女がおれの誕生日を知っててくれたなんて!おれは
「気持ちだけでじゅうぶん嬉しいよ」と心から言った。

彼女はうつむいて小さな声で
「…気持ちなんてとっくに全部あげちゃってるのに…」
動揺のあまり、手に持ってたコーヒーを自分の靴にジョボボ〜





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:13:30.14 ID:phaVfUAx0
寝る時に、
「明日何時に起きよっか」
彼女「7時半くらいじゃない?」
俺「早くね?退室は10時だろ。なんで?」
彼女「え…朝もしたい…」


かわいすぎwwwでも朝弱い彼女は結局起きなかったけど





12 :無しにかわりましてVIPがお送湿す:2012/03/21(水) 17:13:38.98 ID:4iLmyiCB0
この鈍い痛みが地よく



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:32:42.54 ID:xB/o7/KM0
>>12
俺も。
確かに突き刺さるが
それが心地よくもある。



14 :下、名無しにかわましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:15:04.78 ID:phaVfUAx0
った後のキスす
ス?口紅?のキラつくから
「ちゅ〜ちゅ〜」っていて引き
「なんかイヤ」て言ったの
で、後俺の携帯に友ら電話かってきて出て用件喋
ふと彼の方たら必死に口紅ふ
話終わった後待ってましたんばかり
「ちゅゅ〜もう何もつきまーんゅ〜ち
て言きたときはアかった





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:15:36.75 ID:phaVfUAx0

今日、振られたから、
お前らも苦しめ。

まだまだ続ける。




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:39.87 ID:pjBaa6xJ0
>>15
ドMすぎだろ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 18:29:38.58 ID:Nw/hR95J0
>>15
おまちょwwwwww



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:16:06.70 ID:phaVfUAx0
室外でキスすることをすごく嫌がる彼女
昨日のことなんだけど、別れ際の改札でバイバイしたのに
うつむいて袖をくいくい引っ張ってくるから何かと思ったら

「キスするぅ・・・」って言った時 脂肪





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:14.27 ID:4iLmyiCB0
>>15おまえとは美味い酒が飲めそうだ



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:42.02 ID:phaVfUAx0
初めて二人で行った旅行のホテルでの朝。
目が覚めたら、なぜか彼女が涙目。

何かあったのか、と思って「どうしたの?」と訊いたら、
「…目が覚めても、一人ぼっちじゃなかったから…」。

やられました。そんな初々しい気分、また味わってみたいもので
す。現在3年目。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:22:13.05 ID:phaVfUAx0
近くに新しく出来た喫茶店での高校生ぐらいのカップル(?)の
会話。断片じゃないが。

男「やっぱり綺麗だなぁ・・新しいもんな。なぁ?(超笑顔)」
女「出来たばっかなんだから当然じゃない」

男「まぁまぁ。ほら、メニューメニュー」
女「いい。もう持ってるから」


男「そっか。何にする?今日は奢るぞ?あ、俺はこのケーキセッ
  トにするけど」

女「・・これでいい(指差す)」

男「え?いいのか?飲物だけ?遠慮するなよ?」
女「してない」

随分無愛想な女の子だな・・と思った。つーか男、健気だ。
しばらくして注文した物が運ばれてくる。

男「ウマいぞこれ。ちょっと食う?」
女「いい」

男「そっか。−−あのさ。もしかして不機嫌?ってか、今退屈し
  てる?」

女「ううん・・楽しい。あたしちょっとだけ無愛想だから」

女の子は一応本当に楽しんでいるつもりらしい。

男「無理すんなよ。俺がいきなり誘っちゃったんだしさ。わりぃ
  な。」

女「・・」

女の子、いきなり男にキス。さすがに凝視できなかったけど、多
分口に。

男「((゚Д゚)ポカーン)」
女「分かってくれた?」

男「(声が出ないらしく、激しく何度も頷く)」
女「今日はもうしないから(わずかに照)」

男「いや、マジ、どうしよ、超嬉しいんだけど。うわー。ヤバい。
  うわー。」

女「早く食べちゃいなよ(そっぽを向く)」

そこで恥ずかしくなって喫茶店出ちゃったけど、凄くいいシーン
だった。

近くの席から凝視してた自分がなんか情けなくなった





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:26:15.13 ID:JuKxB7S60
もうこんな不とはめて休め>>1



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:27:32.82 ID:phaVfUAx0
今出張中で、同棲してる彼女からメールが来た。

件名「寂しいんです…ごめんなさい」
本文「今夜はこの人の腕の中で眠ります」

添付画像は、今朝まで俺が着てたTシャツを無理矢理着せられたぬ
いぐるみと、申し訳なさそうな顔の彼女の2ショット。

ちょっ…可愛…早く帰りてぇぇぇえ!!!
僅かながらも、ぬいぐるみに嫉妬心を抱く日が来ようとはw





24 :以下無しにかわりましVIPがお送りしま:2012/03/21(水) 17:30:05.45 ID:phaVfUAx0
俺、よく
耳かき取っ
モコンってー」
、彼女に言っうん

彼女は

って言いながらかなら取ってくる。


「コーヒいれて
だら、いもみ
「やだ
調て言いなーヒーをいてくれた

な、砂糖、ミルク入のや
彼女のコーーはブラク。
というか、彼女はコーヒーはブラックしかまない

俺「コミル買ったの?
彼女「だって○好きゃん」
寿良い女だなぁ」

彼女が無言、バシシ叩いてきた。
まっ

なん、すっげ可愛かった。






>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, ほのぼの,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様