2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ドМな先輩を○○してしまった

 




1 :えっちな18禁さん:2012/08/20(月) 22:47:13.08 ID:aBhIECnA0
立ったら書く


5 :えっち18禁さん2012/08/21(火) 06:43:13.55 ID:wuagQOny0
くなすまん

まずスペック。


175セ
年齢:27歳
彼女
ツメンと信じたい

:さやとする
長:165センチくらい
年齢28歳
容姿AKB48の横山由依をさら美白に感じ

Gカッち主



6 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 06:50:02.38 ID:wuagQOny0
※書き溜めてないから遅くなるもし つらつらきます

俺と先の出会学のサクルった

貿は女性にあまり免った、出身地同じた事て すに仲良くた。



7 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 06:59:42.04 ID:wuagQOny0
先輩は すごく社交的で、さばさばした性格をしていた

男女の友達も多く、性格とスタイルのせいか すげえモテる女性だった。

一方、俺は入学して初めての彼女が出来て その娘に夢中だった。

在学中は ずっと付き合っていたので、先輩とは酒は飲むけど恋愛感情は まったくなかった。



8 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 07:08:26.98 ID:wuagQOny0
そのまま月日が経ち、先輩は卒業して地元に帰って行った。

俺も大学を卒業して無事に就職できた。

東京勤務を希望していたけど、地元での勤務が決まった。

地元に帰り、先輩とは2,3回飲んだり合コンを行ったが、お互い忙しかったので、頻繁には連絡を取り合わなかった。

その間に遠距離恋愛していた彼女とは別れてしまっていた。



9 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 07:17:45.33 ID:wuagQOny0
そして先月、先輩から一通のメールが来た。

どうやら職場で急に転勤が決まったらしく、二人で飲みに行かないか、というお誘いだった。

断る理由も無いので俺は二つ返事でOKした。

先輩は かなりの酒飲みなので、俺は酒の品揃えが良い店を探し予約して当日を迎えた



10 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 07:30:05.60 ID:wuagQOny0
店の近くの駅前で待ち合わせの約束をした。

早く着いた俺は先輩の到着を待った。

会うのは3年ぶりくらいなので、俺は変に緊張しており心臓がやけに高鳴っていた。

突然、背中を軽く叩かれた。振り向くと先輩が笑顔で立っていた。

肩の長さで揃えた黒髪と、ベージュのワンピースを着た先輩は凄く大人びて見えた。




11 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 07:44:34.53 ID:wuagQOny0
輩:「俺、久大学の時から全く変んね〜。

:「久しぶ。さやさんも変わないですww」

先輩:「いあののままってww じゃあ早く飲みから店い。」

気にう先輩は大学の時から変わらなと思、お店までを俺笑しがら歩いた。

ていた店に到着して、たちはカウターに座

ニューを見ると100種類の焼酎が揃えらておりそれた先輩は歓の声



12 :調えっな18禁さん2012/08/21(火) 07:53:33.61 ID:wuagQOny0
杯目はビールだったがの後の酒は全て焼のロックを頼だ。

ったので酒のペースは全わらに飲んでいた。

するように話は盛りがった。

人がいな事、京へ行く事安、輩の胸を揉んでみいと言う事までカミンアウした

店内は暗いが、輩の白い肌にほんのりと赤みがいているのが 妙に艶っ一人で興奮していた。



13 :18禁ん:2012/08/21(火) 07:58:49.06 ID:wuagQOny0
お互いに焼酎ロクを11〜12杯位飲んだ頃に お勘定をてもらった

うとしたが、先輩が私が奢ると言い張ったので出してもらった。(学時代はよく奢っ姿らっていま。)

を出るとPM:23:30にな2件確実にがない

たかった俺は先輩を誘う、あさりとOKしてくれた



14 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 08:07:55.47 ID:vIqn5AJ6O
読んでるよ

ワクワクo(^-^)o


16 :っちな18禁さん:2012/08/21(火) 08:47:16.01 ID:Y+Ri+I1+0
先輩望でャバクに。

バクラは先を見て可愛い!、美人!とめまくっていイケメンとかれた

そこでスキーロックを5杯く飲んだ。

二時間くら飲ん先輩が眠そうしてたを出ることに。

計¥35000だっ高すぎww



17 :ちな18禁さん:2012/08/21(火) 09:13:17.32 ID:f0vHUE9zi



18 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 12:00:16.86 ID:XmHFun4b0
店を出ると先輩も さすがに飲み過ぎたのか、ふらふらと千鳥足で歩いていた。

さすがに危ないと思って俺は先輩の肩を抱いた。

先輩は特に抵抗もせずに ただ笑ってた。

さすがに もう眠かったのでタクシー拾ってラブホテルへ向かった。


19 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 12:07:43.62 ID:+aLlnlUH0
ラブホルに着

いわゆるングルいうやで、屋にはダブルベッドが置かているだけだ。

先輩は そのまベれこんだ。

すがに この状の女性とるのも気が引けた先輩をう事を全く考えてなかったので俺は先輩隣で眠った。


20 :えっち18禁さん:2012/08/21(火) 12:20:25.05 ID:M7eEOH0U0
ると朝の5時くらいで僅かに頭した

先輩を見るとの方を向いてけにまだ寝いた。

俺も先輩方へ寝りをうつ

の隙間ら見える胸の谷間が色っぽかっ

で先輩のい胸や綺な黒髪を指で撫でて輩が起きたに手を引っ込


21 :っちな18禁さん2012/08/21(火) 12:25:23.06 ID:EtYiVswr0
はやく


22 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 12:32:09.60 ID:7/8Ad+eG0
先輩は起きると俺の顔を三秒ほど凝視して、自分の顔を両手で隠して はずかしそうに笑ってた。

先輩:「俺と一緒に寝ちゃったww」

俺:「いや、大丈夫です。やってないしww」

先輩:「めっちゃ恥ずかしいって!」

こんな感じで二人とも笑いあってた。


23 :えちな18禁2012/08/21(火) 12:40:37.39 ID:RY2V8AjT0
先輩は昨日のは あまりないく、ホテルに来た記憶貿もなかった。

は昨の事を説明すると先輩はうーうー、と唸りがら

見て輩とのギップに俺 かなりドキドキしてた


24 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 12:50:07.08 ID:30/9CZis0
一通り説明すると、先輩は俺を上目遣いで見た。そして、左手で俺の頭を撫でて にこっと笑った。

先輩:「俺、ありがとね。」

その瞬間、俺は頭に置かれた先輩の左手首を掴んでそのまま先輩を仰向けにした。

そして驚く先輩の白い首筋にむしゃぶりついた。





25 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 12:53:15.67 ID:bAnLB6au0
何時間かかってんだよ はよ


26 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 17:05:02.25 ID:z8XnMggC0
はよ


27 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 17:44:46.15 ID:+aLlnlUH0
すまん、仕事中なんだ

先輩の首は少しだけ汗の味がした。

首筋から耳まで舌を這わすと、吐息と共に普段からは想像出来ないほど 色っぽい声が漏れた。

先輩は残った右手で俺を押し退けるように胸を押してきた。


28 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 17:56:57.53 ID:BLaZ97160
先輩:「こんな事したらあかんって・・・」

先輩が潤んだ瞳で俺を見てくる。

先輩の右手は俺を押し退けようとしたが俺は その手も掴んで先輩の頭の横に置いて 先輩の顔を真正面に見据えた

俺:「さやさん、嫌ですか?」

先輩:「えっ、嫌ではないけど・・」

そう言って顔を反らした先輩に俺は無理やりキスをした。


32 :えっな18禁さん:2012/08/21(火) 22:10:27.84 ID:kr5ECouA0
わくわく


33 :えっ18禁さん2012/08/21(火) 22:31:06.18 ID:wuagQOny0
たせしま仕事たから書き


は先の唇を貪るようにキスをた。

は両けられいる、体をよじって抵抗てい

先輩はキスをされてる間も、「って・・」とか「もう辞め・・・」と言 を入れると先を絡ませを立てて吸っ きた



34 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/21(火) 22:33:44.28 ID:FJ6hwUM40
wktk


35 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 22:40:08.61 ID:wuagQOny0
キスが終わった後の先輩の眼はトロンとしていた。

歯止めの効かなくなった俺は そのまま先輩が着ていたワンピースを脱がす。

先輩の大きな胸がベージュ色のブラジャーに包まれていて、それを脱がすしか考えられない状態の俺は直ぐにブラジャーを外してベッドの脇に放り投げた



36 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 22:49:02.60 ID:wuagQOny0
「あかん、もう恥ずかしい・・・」

そう言うと 先輩は自分の胸を両手で抑えて俺と反対側に寝返りをうった。

俺は先輩を後ろから抱きしめたんだが、その拍子に俺の口が先輩の首の後ろに当たった瞬間、先輩の肩がゾクッと震えながら跳ねた。



37 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 22:55:53.95 ID:wuagQOny0
先輩:「そこ ほんまに弱いから・・・駄目・・・」

俺は先輩の言葉を無視して髪を掻き分けて首の裏にキスをしたり舐めあげたりと、集中的に攻めた。

顔は見えないが、先輩のと息交じりのあえぎ声が聞こえてくる。

俺は そのまま先輩の胸に手を伸ばして、柔らかい胸を揉みしだいた。

先輩の乳首が すぐに硬くなるのが判った。



38 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 23:07:30.69 ID:wuagQOny0
先輩:「嫌・・・、もう、辞めて・・・」

先輩の言葉を聞いて俺は口と手の動きを止めて先輩の耳元で囁いた。

俺:「じゃあ辞めますか?」

先輩:「え・・・」

俺:「ほんまに辞めていいですか?」

先輩:「・・・」

俺:「どうですか?」

先輩:「もっとして・・・」

俺:「何をですか?」

先輩:「もっと・・・首の後ろ、舐めて。」

そのまま俺は先ほどの体制に戻って先輩の首を貪った。



39 :えっちな18禁さん:2012/08/21(火) 23:15:27.53 ID:wuagQOny0
それから十分くらい続けた後、俺も服を脱いで下着だけの状態に。

ぐったりとしている先輩を俺の方に向けると、息を荒くした先輩の顔と 先ほどまで俺が揉みしだいていた胸が見えた。

先輩は全く日焼けをしておらず、肌はとても美しい白さを保っていた。

右胸だけにあるホクロが凄くエロく見えて、あまりに綺麗だったので なぜか俺は笑ってしまった。

先輩:「どうしたん?」

俺:「いや、なんか綺麗過ぎて笑いが出ました。」

先輩:「綺麗ちゃうし、普通やでwww」

そう言って照れ笑いをする先輩は余計に綺麗に見えた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様