2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

命の恩人のバイク乗り

 




188 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/06(金) 22:28:28.09 ID:Pb5yFcVP
508 名前74RR[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 21:49:42.65 ID:6eAj26SS [1/4]
日、二輪免許に合格教習所に通ようになってからバイク板くようなり、受かた暁にはどこかに書きと思てた、良けレス使わて下


泣け言うよ僕が泣い沿まった話ですが

小中高と型的ないじめられっ子でしてき高2の後半から校拒否の引き籠りになりました稿

月数健室登校や別室でを受けりして、何とか高卒業までは着けました。

卒業すっとだたの当然ながら受験も就職も何も対てお、またそ気も婿に湧、卒は ずに引こもっまし

親に負担をけている事は分かっるつもりで

かし今まで家の外で まともな扱いのない身とし、これから先、もっと沿厳しくなる環境で自分なんかがやっていけるがな

じめを受る何らか要素と自分は持っているでもそれがか分からなうすればいいかわからな

このままではどうしようもない、どうしようどうしよ絶望と苦悩で一杯でした。


んな引き籠り 1年続き、僕の中でた。

もう死うと

自室にあ使た現金をき集め、両親も言ず気付かない様に夜に家出ました。


っと歩いて、始発動いいる事付いて近くの駅から車に乗りまた。

来る遠くを目指ている内に、る場出してこを目的地にしました。

何度か乗り換えて終点に着いたもう差し掛かした


駅から暫く歩き、とある岬にまし

観光も自の名所としても割と有下を成程これはまいと冷静に納得してまし

う少しが良かうかと思進もとすると、いきなり声をかけられました

、兄ん、地元の人かい?

ると、おじんとうには微妙に若いさんがいした。

はあ、一県内でが…」

、どから来たの?』

「あ○○市の方です…」

『ふ〜んごめん九州の人間だからどの辺かかんないや

…」





189 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/06(金) 22:29:31.29 ID:Pb5yFcVP
509 名前:774RR[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 21:51:03.21 ID:6eAj26SS [2/4]
聞いといてなんだそれは、と思いつつ、余り関わり合うと色々と面倒になりそうなので、それじゃ、と無視して進もうとすると、

『兄さん、生きるのは辛いかい?』

びっくりして振り返ると、

『ま、そんなカッコで一人虚ろな顔でウロウロしてるから、カマかけてみたんだが…』

むしろ その予感が当たった事に驚いた風な表情でした。


この時は春先とは言え まだそこそこ寒く、GパンにTシャツの上に1枚羽織ってるだけの、部屋からそのまま出てきた様な格好でした。

まぁそのまま出てきたんですけど。

『取り敢えず、寒いだろ。コーヒーでも飲もうや』

そう言うとこちらの返事も待たずに歩き出してしまいました。

こちらとしては付いていく義理はなかったんですが、『どうした、コーヒー位おごっちゃるけん』と言われ、人と話して緊張の糸が切れたのか、それまで何とも感じてなかったのに急に寒くなってきて、それでどういう訳かいまだに分からないけど、何故かおじさんの後に従いました。


駐車場の自販機でホットコーヒーを礼を言って受け取り、一口呷りました。じんわりと暖かかった。

『…まー、これでも色々あってね、俺もそこそこ惨めな人生歩んでるんだろうとは思うよ』

『正直、今の兄さんを止める資格はないだろうね、俺も人生に見切りをつけた時は確かにあったし』

『ここまで来たんだ、生半可な覚悟じゃないだろう。兄さんがどうしてもと言うなら、俺は力づくで止めたりはしない』

『知らぬ顔して、そのままアレで走り去るよ』

顎でしゃくった先には、真赤なバイクが止まっていた。

僕は何となしに「バイク…」と呟いていました。

『そう、バイク。あれは良いぞ。生きるにも死ぬにも持ってこいだ』

「はぁ…」

『そういや、兄さんどうやって来たの?」

「歩きで」

『どこから?』

「駅から」

『何で?』

「それは…」

とこんな感じで、誘導尋問の様に段々と古い話までほじくり返されて、いじめられて引き籠って進退窮まったどうしようもないクズという所まで話してしまいました。


190 :おさかなくわえた名無しさん:2012/07/06(金) 22:31:20.45 ID:Pb5yFcVP
510 名前:774RR[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 21:52:16.68 ID:6eAj26SS [3/4]
「…人から受け入れてもらえない、そんな僕がこれからどうして生きていけるのか」

『ふ〜ん。 兄さんさ、バイク乗れば?』

「は?」

『バイクはいいぞ。整備と燃料を怠らなければ、文句言わない。こんな俺でも受け入れてくれる』

『それだけじゃないぞ、俺一人じゃ行けない所まで連れてってくれる。俺はアイツを、そこらの人間以上に大事に思ってる』

「バイクをですか?」

『バイクをだよ。他人なんかクソ喰らえだ』

『受け入れられないならさ、別に良いやん。一人で上等。バイクは一人で乗るものだから、丁度良い』

この、全くの赤の他人から、何の根拠もなく、でも自信満々に「一人で上等」と言い切られた事に、僕はすごく衝撃を受けました。

『一人で生きていくのが辛いなら、難しいなら、尚の事バイクに乗れ。バイクは決して一人にしない。乗り手が見放すまで、健気に応え続けてくれるから』

『一人じゃ立てないモノ同士、仲良く支え合っていけるから』僕は人前だと言うのにぼろぼろ泣きだしてしまっていました。

「こんな僕でも、乗れるバイクありますかね…」

『乗れるバイク、じゃない。兄さんが乗りたいバイクが、兄さんを待っているバイクが、絶対にあるもんだ』

辺りはすっかり暗くなって、僕が落ち着くまで、おじさんは近くも遠くもない所でじっと立ってるだけでした。


191 :おなくわえた名しさん:2012/07/06(金) 22:32:10.03 ID:Pb5yFcVP
まで戻ると、幸い、まだ数本は車が残っていした。つてくれたおじさんに、礼と問をしました。

人なんかクソ喰えなのに、うして僕に声をかけたんですか?」

じさんはニヤッって、

『だって、んはバ乗るんだろう?だら、仲間だから

『バ乗ってる時は、限なく一人だ。でもバイクに乗っツは一人じゃ。だから、俺も人じゃない

みんな仲間なんです?」

ハッキたものでもいし、皆がうでもなどね

乗ってる人はなおじさんみたいな感じなですか

『さ〜、うね…。それから兄さんが自分で知って、いくだ』

『約だ。免許って、バイに乗れ。そしたらつかどっとまたえるから。バイクで動くには、本は狭すぎる。こんけ狭けれ、きっとどこかの道でえるら』


192 :おさかなくわえた無しさん:2012/07/06(金) 22:33:14.98 ID:Pb5yFcVP
511 名前:7[sage] 投稿日2012/07/05(木) 21:54:25.65 ID:6eAj26SS [4/4]
電車着を知駆け込みました

じさん見送っくれ宿

めてらったピスサイでした。

が走り出して間もなく、かおじんがまし

さんは いつまでも向かを立て続け、はおじが見えなくなるまで、ずと窓に額をいました。

主要駅戻って、家に電話したらすごく心配したと、迎えいくわれました。

家に着いて、これまでの事を謝り、バイクにりたいと伝ました。

人と っくりしてま、お前がやりたい事を、満足やりなさいと言ってくれました

に通い、外に出る様なって、「このまま どうにかなりうかもえる 様になりま

西んなに辛かっ周囲のなに感じなくりました。程、は僕見てんだて。


は、敢えず大学に行ってみうと、1年で勉強してま

書きやすよう読みうに補足れたてますが概ねこんなれでした。

自分の外に出したこで、少すっきりしたような感じがします。

まだ肝心のイク買っないのすが、取り敢えずそを満たし事で、これで僕もおさんの仲間入り出来と思ってます。

おじさんはこうも言てました。『風を切って、なって、初見えるものもある』と


相棒けて、僕もおや皆さんとじもの見たと思っています。

結構使ってしまいました長々いません


193 :おかなくわえた名無しさ:2012/07/06(金) 23:52:40.99 ID:rpzaf+gz
>>188
泣けてきた。

い人に出て良かったな

の恩人であり生る希望を導いてれたんだ



 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, ちょっといい話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様