2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

高校の部活の後輩の娘との出来事

 

\ シェアする /




84 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:46 ID:X+XTkPrR
高校時代、俺はブラスバンド部だった。

やはり音楽系の部ということで男子より女子の方が多かったけど、みんな仲の良い友達のような感じで、恋愛にはあまり発展しないでいた。

中には付き合ってる奴らもいたけど、うちの部は、というか、ブラバンは「運動系文化部」と言われるほどハードで、練習時間が長くてデートする時間が取れなかったり、周りにいる別の異性に余計な嫉妬をしてしまったりして、なかなか続かないカップルが多いみたいだった。


85 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:47 ID:X+XTkPrR
ちの部は、毎年6月に定期演奏会があって、そこ3年は引退にる。

俺らの演奏貿会に向けて、部活にでいた。


月。

高校生活最後の1年が始り、した輩たに代て新生がた。

普通思春期の集まれ、「誰々かわいい」だ、「胸が大きい」だの、そういうも出るんだろう

頃、は最後の定奏会のことで頭がいっぱいで、稿な余裕は無ように思う。

新入生の中に、彼いた。

(仮にサナとおきます


86 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:47 ID:X+XTkPrR
サナは童顔で、まだ あどけなさの残るかわいらしい感じのコだった。

小さい顔に不釣合いの大きなフレームのメガネをしていた。(イメージ的には名探偵コナン(w)

新入生のパートが決まり、サナは俺と同じパートに入ってきた。


サナ「よろしくお願いしますっ!」

俺「よろしくね。前から楽器やってたの?」

サナ「いえ、やったことないんです。」

俺「そっか、じゃ、吹けるようになるまで大変だけど、がんばってね。」

サナ「はいっ!」


最初は こんなやりとりだったと思う。

ただ その日からなんとなく、少しずつ、俺の視界の中に、サナは入ってくるようになった。


87 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:48 ID:X+XTkPrR
「センパイ、こんちはっか「今日終わるいんですか?」と、(くな1年は先帰してた)他愛ないやとりなんだけど、なんだかやらと元気がよくて。


の練習のほかに、当授業もあって、本番近づくにつれてバテバテたけれ、いからか、サナのあさつに元気付けれるになってた。

でも表向は照れあり、気無い態度をずっとといた


っとう間に、奏会当日

なトラブルも無事にコンサトは終了し、僕は引退

の日ち上げでパートの後花束を受取った

サナは後ろの方で、顔を見せていた。





88 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:48 ID:X+XTkPrR
次の日、演奏会で使った楽器などを片づけに部室へ。

他のみんなも来ていて、同じ3年生の奴らと、「終わっっちゃったねぇ」などと、感慨にふけりながら、今後、後輩へ受け継がれる楽器を、念入りに手入れした。

することがなくなった後も、みんな名残惜しそうに帰ろうとしなかったが、なんとなく手持ちぶさたになったので、俺は先に帰ることにした。


90 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:49 ID:X+XTkPrR
休日で ひりとした廊を通り、靴ところ靴を履い、校舎を出ようた瞬間、から声した

「先輩っ!」

返ると、サナが走って

も帰るろなんですけど

婿そっか

俺は相変わらず素っい返事をして、校門にかっ

サナは後からついてきた


91 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:49 ID:X+XTkPrR
も無言のまま、校門へ。


?」

サナった

は お疲れまでた。」

「あうん。ありと。

「ソいってよかったでね♪

「うん、そうだした

最初は お互いないりだたが、だんだとも顔になった。

れから、いものように、他愛ない話が続た。

活終わっちゃ婿〜」

ですねー、もう室に

うだんまなるね。


92 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:50 ID:X+XTkPrR
「そうですか・・・。」

それまで笑顔だったサナの表情が、急に沈んでいく。俺も戸惑って、言葉が出なかった。

しばらくの沈黙の後。

「私、先輩とこうやって話したりしてると、なんだか、ドキドキして・・」

「・・・」

「なんだろう、こういう気持ちって・・。」


サナの言葉に、何も言えない俺。

こうやって女の子から告白されたのは初めてだったので、何も考えられなくなってた。

心臓だけが口から飛び出そうな勢いで高鳴っていた。


95 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:51 ID:X+XTkPrR
それも精一杯冷静を装っ、口を

途中までに帰ろっ




サナは笑顔になった

そして俺の左手を、はそっと握った。


97 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:51 ID:X+XTkPrR
帰り道、何を話したかは覚えてない。ただ、左手のぬくもりだけが残っている。

別れ際、俺の方から改めて告白した。

いつからか、気になっていたと。

サナは嬉しそうに聞いていた。





100 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:52 ID:X+XTkPrR
それから俺らは、時々一緒に帰るようになった。

同期の奴らは気づいていなかったが、部の後輩たちは わかっていたようだ。


しばらくして、演奏会の反省会で、再び俺は部室へ顔を出した。

いつもの顔が並ぶ中、反省会は終わり、完全に部から引退した。

その日の帰り道。


「先輩、あの、今から私の家に、来ませんか?」

「え?」

「今日、家に誰もいないから」

「そ、そうなんだ。でもさ・・・」

「ダメですか?」

俺は ひどく動揺していたが、サナの下から覗き込むような視線に、断れるハズも無く。


101 :えっち21禁さ:03/08/21 23:53 ID:X+XTkPrR
に着くサナは2自分の部に案した

奇麗に整れ、カーぺトやベッド暖色系でまとめられた女の子らしい屋だった。

くださね」はそう言うと階に降りていった。

はドキドキながらキョロキョ部屋見回す。

、机の上に写真立てがあった

こに調れていたのは、奏会の打の時にパートの後たちった写真

2年差し置いて、前列でしゃむ俺のすぐ後ろなく寿キープしいた(笑)

ばらくする物を持ってきた。

別の部らし袖シャツに短ンというラフな格好にな

は ますますしたが努めて静を装い、いつものよ他愛ない話をめた。


103 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:53 ID:X+XTkPrR
話は俺の受験勉強のこと、そして大学のことへ。


「え、じゃ、先輩、家を離れるんですか?」

「うん、そのつもり。受かればの話だけどね。」

「そしたら一人暮らしかぁ。・・遊びに行ってもいい?」

「うん。料理とか作ってくれよ。」

「じゃあ、今から練習しておきますねっ。」


そう言って笑いながら、俺に寄り添うサナ。

ドキドキしながら俺は抱きしめた。

その腕の中でサナは体を反転させ、顔を近づけてきた。

それまで一緒に帰る中で、キスは済ませていた。

その時と同じように、俺は唇を重ねる。

顔を見合わせた後、もう1度、長いキス。

二人だけの空間にいることが そうさせるのか、いつしか舌を絡ませた。

「んっ」サナが息を漏らす。

お互いの心臓の鼓動が伝わるようだった。


104 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:54 ID:X+XTkPrR
しばらくキスをするうち、サナは自分から後ろに体重をかけた。

それに引っ張られる俺。

押し倒す格好になって、俺はふと動きを止めた。


これから起きようとしていることが、まだ理解できないでいた。

ただ、俺のモノだけは、今までにないほど大きくなっていた。


「先輩・・・」サナは俺をさらに引っ張る。

普段、学校では見せないサナの表情を見た時、自分の中で何かが切れた。

ゆっくり、サナのメガネを外す。瞳は、俺をまっすぐ見ていた。

俺はサナに体重を掛けないように覆い被さり、再び激しくキスをした。


105 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:55 ID:X+XTkPrR
そうするうちに、サナは俺の左手を取って、自分の胸へ導いた。

俺は少し驚いたが、導かれるまま胸に触れた。

やわらかなサナの胸の感触が左手に伝わる。

着替えた時にブラは外したようだ。

ちょうど手のひらに収まる程度の大きさだった。

初めて感じる手触りに感激した俺は、腰のところからシャツの中に手を入れ、直接触れてみた。

手のひらに乳首の感触があった。

「あっ」サナが体をよじらせて息を漏らす。

その声に俺は完全にスイッチが入ってしまいw、夢中で胸を揉んだ。「んっ、んっ・・・」サナは小さく声をあげた。

俺はシャツを脱がせると、サナの胸を見つめた。

色白の肌、薄い茶色の乳首がかわいらしい胸だった。


恥ずかしそうな、嬉しそうな、微妙な表情でサナは俺を見ている。

俺は乳首にキスをすると、その胸を、できるかぎり優しく愛撫した。


106 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:56 ID:X+XTkPrR
しばらくして俺は、胸にキスしながら太ももへと手を伸ばした。

女の肌ってこんなにスベスベしてるのか、と妙に冷静に思ったりした。

少しずつ手を上の方に移動させ、そして短パンのすき間から手を入れて、サナの秘部に触れた。

「はぁっ」サナが再び声を漏らす。

俺は さらに興奮して、下着越しにその部分に沿って手を動かした。

サナは目を閉じて「はぁ、はぁ・・」と息を乱している。

触れている部分が湿っているのがわかった。


俺はサナの短パンと薄い水色のパンティを脱がせた。

サナの秘部があらわになる。

幼い頃、同級生や妹のは見たことがあったけど、それと全く違う形をしていたので少し驚いた。

俺はその割れ目に沿って、そっと指を動かす。

「んっ・・」サナは一瞬ビクッと体を震わせたが、目は閉じたままだった。

俺は しばらく指で愛撫しつづけた。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様