2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

中国人の彼女の話

 



http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1360484425/


1 :名無しさん?:2013/02/10(日) 17:20:25.00 ID:SyVe8UQV
たったら書く


4 :名無しさん?:2013/02/10(日) 17:37:10.79 ID:SyVe8UQV
きょうで一段落たからボンたまま聞いて欲しい


6 :名?:2013/02/10(日) 17:41:00.38 ID:SyVe8UQV
すぺっ

俺: 大学生 海外に1年間留学婿して今年稿の1月に

普通顔してると思


女: 同所に留学た19歳

いか中国美人


き溜てないからごめん


7 :名無しさん?:2013/02/10(日) 17:43:44.33 ID:SyVe8UQV
留学行って3ヶくらいたっ、語学校で大量の新入生を受け入れるのに、生徒からもボランティア募っていた。

もちろん英語で全部訳だ

いいなると思っ加した。


9 :名無しさん?:2013/02/10(日) 17:48:05.33 ID:SyVe8UQV
その当事はなにかと女に飢えていて、可愛い子でも見つかればいいなあなんて思っていた。

んで、見つけたのがその子(以降ワン)

ワンちゃんは新入生じゃなくてボランティア側の子だった。

ワンちゃんと もう一人の中国人の女の子(以降ヤン)と とても仲が良かった。





10 :名無しさん?:2013/02/10(日) 17:57:33.06 ID:SyVe8UQV
もちろん速攻で仲良くなって その2人と連絡先交換とかした。

その夜も一緒にクラブに行こうとか言われたけど、ちょうど別件が入っていたのでやめた。


その3日後くらい、あれはちょうどオリンピックの開会式の日だった。

仲の良かった男友達が2人いた。


1人は中国人(ジャイ)でもう一人は

韓国人(ナム)だった。


んでそいつらと一緒に大学内にあるパブ(巨大スクリーンつき)に飲みに行った。


11 :名無ん?2013/02/10(日) 20:36:01.93 ID:SyVe8UQV
ブにワンとンも開式を来てい、その流れで一緒に飲こと

みに留学先は18歳飲酒喫煙okな

そのとき ちょっとずつワンのことが好きになり始めた

んたっ真爛漫いい。


会式行進で国稿て その国の前当てるゲームを、ワムと俺でったりしいた。


12 :貿さん?:2013/02/10(日) 20:38:32.94 ID:SyVe8UQV
こから俺たちの離は だだんと近づい

週末業の疲れに夜遊びして、それが結局疲れになって月ばてばてっこうあっ


ン・俺・ジャイは特仲良くなって、尿書館とか勉強につるむ


そんな中

風のでこんなきいた(ジャイから聞いた)


13 :さん?:2013/02/10(日) 20:41:31.15 ID:SyVe8UQV
ワンとヤはそれぞ好き人がいしい。

ヤンを。

してワンはナム西いう話だ。


この時すがに俺・・・ってなっ

でもプラ調!」みた言って、3者貫こうと思っていた。

ワンに殿のこと直接聞いてみたら、ナムのことが好きと言いた

「ナムにっちゃっか―」みたいにいうと、本気で起こりながらNo!」かいからた可愛いこいつとか思た。


14 :名無しさん?:2013/02/10(日) 20:43:58.53 ID:SyVe8UQV
そもそも女にと言も、ただいやらしい気持ちしなかったので、仲の良いワンやンに特別な気持ちみたいは あまりった。

ただ残りの留学活が4ヶ月くらったから、のいい関係が帰まで続けばいのにあなんててた。

でもある、ワにとっよからぬとが起こる。


25 :名無しさん?:2013/02/12(火) 18:37:20.16 ID:yB7pr5Lm
起こった悲劇寿

れはムには ほかに意中のが発覚

そのときばか普段漫なワンも結構んでた。


ら俺ャイ・ヤンで一生懸命励ましたり、テキーりで酒飲みまくったりした

にワンもその事実を受れるようになってき前と変わらず笑うようになていた。



26 :名無しさん?:2013/02/12(火) 18:40:21.61 ID:yB7pr5Lm
ある夜のこと、ナムが

「今夜でワンには諦めてもらうから、直接俺が話するわ」

みたいなことを言い出した。


突然言い出したので、何か酷いことをワンに言ったりしないだろうかと 俺は内心かなり不安だった。

みんな親友みたいな感じだったから、ナムのその行動でみんなの歯車がずれたりしたら やだなとか考えた。



27 :名無しん?2013/02/12(火) 18:49:07.27 ID:yB7pr5Lm
ていうかワンは そのころには とっくに諦めていたとだが、ナム的にはしっりとけじめをけたたらし

そこでジャイが意味不明のテンンMAXに陥るwww

「2人とをよう!wwww

んかやけにンションた。

ように見えは逆に俺が必要以上に不安がってせいかもしれない。



28 :名無しさん?:2013/02/12(火) 18:53:22.27 ID:yB7pr5Lm
結局なか そンシさに、2人の後をつけること

ムはの場所宿てパブの外にある席をんだ

時間たし9時くらいたかな。

う暗くてい


俺た2人らは絶対見つかいよう使暗がりら そを息を潜がら観察ていた。

のとき突ャイが変な声を出し

「jvんd!!!!

2人こからか姿変な声がしたで、姿を不思議そうにきょ見渡し

ジャはこの時点で笑www

もちろん声は潜めていたが



29 :名無しさん?:2013/02/12(火) 18:55:53.91 ID:yB7pr5Lm
特にワンのほうは かなり怖がりなので、結構おびえているように見えた。

さらにジャイの嫌がらせは進む。

今度はワンの携帯に非通知で電話をかけた。


ワンは電話に出るが、ジャイは何もしゃべらない。

ワンは「こわいよ・・・」みたいな感じになっていた。

そしてジャイは無言のまま電話をきった。




30 :名無しさん?:2013/02/12(火) 18:58:24.43 ID:yB7pr5Lm
ジャイはここでも爆笑ww

なんか俺も逆に楽しくなってきちゃって、笑いをこらえていたww

そして15分くらい そんないたずらを続けた。


飽きてきたジャイは「そろそろ潮時かなww」と言って姿を見せようと言ってきた。

俺もまあネタばらししなきゃ まずいだろうなと思って同意した。



31 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:04:14.78 ID:yB7pr5Lm
ジャイの作戦は、あたかも偶然そこを通りすがったみたいに振舞うこと。

2人のほうに歩いていき、

「あれ!?こんなとこでなにしてんの!?!?!」

みたいなくさい芝居をしながら話しかけた。


2人はその瞬間 納得して、「お前らだったのかよ!」みたいな感じだった。

ワンは少し安心したような感じだった。


で4人で寮に帰る途中で、俺はさりげなくと言うか不躾と言うか、まあどうだったかを2人に聞いたw

そしたらナムが、「まあ・・・・な・・・」みたいな感じで答えたので、やっぱりナムは直接、自分には ほかに好きな人がいるということを伝えたのだと分かった。

ワンも「まあ分かってたしねー」みたいなことを言っていたし、俺が不安に思っているようなことは今後も起きないだろうなと思って安心した。



32 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:06:44.84 ID:yB7pr5Lm
ここまでの俺はやっぱりあくまで第3者で、ワンに対して特別な感情は無かったと思っていた。

そんなこんなしている内に、学期末となり、ワン・ヤン・ジャイで毎日のように図書館に通って勉強した。



33 :無しさん?:2013/02/12(火) 19:09:23.32 ID:yB7pr5Lm
そして学期が終わって1週度の休暇が始まっ

を機に俺たは がらりと変わってしうのだ

第一のきけとったのが、ナムとャイが付属の寮を退寮して、くのハウスにっ越してしまったことだ。

んど一緒にいた友達が寮を出てしまい、俺やワンはとても寂た。



34 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:10:56.71 ID:yB7pr5Lm
俺とワンは このころ特に仲が良くなって、2人で部屋でDVDを一緒に見たり、パブに飲みに行ったりするようになった。

そして第2の事件は そのころ起こる。



35 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:14:37.58 ID:yB7pr5Lm
俺は他の男友達とナイトクラブに繰り出すことになって、ワンとヤンにも一緒に行こうと声をかけた。

二人ともおkしたので、待ち合わせ時間になって2人を待っていると、ワンだけやって来た。

聞くところによると、ヤンは おなかが痛くて来ないことにしたらしい。

ということで俺・男友達4人くらい・ワンの面子で行くことになった。

「女の子、私1人じゃん・・・」みたいなことをワンはぶつぶつ言いながら ちょっと不機嫌な様子だった。



36 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:17:45.83 ID:yB7pr5Lm
クラブに着いて、まあ各自踊ったり酒飲んだりタバコすったりと楽しい時間を過ごしていた。

俺はワンを誘った身分として、しかも女の子一人だったので、なるべくワンから目を離さないように一緒に過ごしていた。

そこに俺の友達の一人、コロンビアから来たエルナンデスくんが来た。

エルナンデス君は背こそは俺(172)よりは小さいものの、顔は とてつもないイケメン。しかもマッチョ。

彼が俺たちの歯車を大きくずらすことになった。



37 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:24:14.82 ID:yB7pr5Lm
ワンはエルナンデス君に夢中のように見えた。

少なくとも俺の目にはワンの目がハートになっているように映った。

そこで俺は なんとなく本能的に危険を感じた。

そもそも俺はエルナンデス君のことは良く知らないし。

このまま2人を放っておいたら危ないことになる。

そして俺は彼からワンを守る責任がある!ww

みたいな事を思った。


俺のことをすこし書くと、非童貞ではあるものの、色沙汰関係は苦手で、こういうときにワンを守るために どうしたらいいのか全く分からず、2人が楽しそうに一緒に歩いているのを、ドラクエ歩きで追跡することにか出来なかった。



39 :名無しさん?:2013/02/12(火) 19:27:36.32 ID:yB7pr5Lm
そしてチャンスがやってきた。

ワンがトイレに行ったとき俺とエルナンデス君は2人で ぼーっとみんなが踊るのを眺めていた。

なんか彼にガツンと言わなきゃ!よし言うぞ!よく聞けよ この糞イケメン!

・・・なにを言ったらいいんだ・・・・

そんなことを頭で必死に考えた。

やばい そろそろワンが帰ってくる。

俺が搾り出した答えは、

「お前は知っているか?ワンはセクロスが嫌いだぞ」

wwwww

俺、それ何情報wwwww

言った直後なんか自分でも意図が分からず、笑ってしまった




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様