2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

田舎という環境での不倫連鎖




年前に妻と結婚て、住み慣れ仕事も友人達さも捨てました

2時間の離なので、捨てたというのはオかもませんが

れでも在来線や乗換えの時を足せば3以上掛かるので、そうそう帰れるはありません。


が一人娘で、結婚したらに戻って家業を継ぐ約束を両親としたからです

、そ時の私に後悔ありませんでた。

それと言うのも、私は次男は実家を出なければならなありまたが、何り妻器量もスイルも良、このような件でもなけば、ても私などとは結婚してもらえない人だったからす。

決まっ時には友人などからも羨まがら自身こん人が俺けのものになる。

スラッびたや括れ腰も、形の良い柔らかな乳房までも、全俺だけのものになると有頂天ってました西


に惹れた理由はそれだはなく、直に言うとセックスにもありまし

妻は私も2歳年上でしたが逆に2歳は若く見え、見るからに育ちの良いおさんと言う風貌をしていましたが、いざセックスとなる段の淑やは陰を潜、人が変わったよう積極的で淫な女なり、年事も綿てか私を優しくリードしてくれます。

「こんなのど?こうすると気持ちいいでしょ?」

「気持ち・・・出してきた

「まだダメ〜。少しは我慢する事もえなきゃ?出してしまったら、はオマン入れさせてあげな

マンコとかオチンチンと言う言葉にし愛い顔とのギャップ更に私を奮させま

「そんな・・・・・・も出したい・・・る・・・

「しょうがないな〜。分たか一度出

そのような妻も攻替して受に回宿と、可愛い女に変わって男征服十分満たしてくれるので

ッていい?・・・・ ク・イク・イク・・ク〜」

「俺には我慢しろと言っておいて、真紀はまたイ?」

・オチンチン持ちいいんだもの・・・・やめて・・・また・た・・・・イイ・・イイ・・」

そろそろ俺も出すか

「ダ・アア〜ンから・ゃイヤ〜」

れならそんに腰動かなよ、真希は少しじっとしいろ

アンアンン・・出い・が勝手に・・イ・イイ・・オチンチン・・イク・ク・・イク・・」


妻は私が営業でく顔を出てい会社の事務ていて、私付き合い始めた時には既に29歳だったので、勿論女でありまんでしたが

過去にどのようなと付合って来たのかと心配ほど、ックが好きで、二三度イッた満足してくれません。


しかし、それも妻の魅力の一つで普段のお淑やで絶え笑んでいセッスの時の妖艶な顔ギャップ殿を楽んでいまし


そして、30歳でに婚しいと言うの願いを聞き入合わずに妻の誕生日の直前に結婚式を挙げ妻の田舎で暮らす事になったのでが、

最初は優し絶えず私に気使ってくいた一年後長男が生まれから徐々我侭にっていきます。




は夜のも同じで、毎晩のよ私を満足させよう懸命だった妻もの頃から身さがってした。


私はっとして欲しかったの、どうしてしてしまった妻をのがでし。女房一人満足させられで旦那面しなでよ

日も二時間っていて、妻も尿度となくイはず、行中は甘えるな声を出しも、終っうとイラ募らいました。


寿激のる都会暮らしに慣れてしまい、退屈な田物足りく感じ始めていたのかません。

幼い子供がいれば、そのような事を考える暇もなしょうが、実の親が一緒に暮らしていて子もらえるの通の主婦よも自分の時間が多からなのでしょう。


しかし、決し子供が嫌い訳ではなく、むしろ、には異常なほ愛情を注いいる時もありまが、自分楽しは別えてで、やはり日が同じ事の繰り返しの生活に物りなさを感じているようでした。


家業元々屋なのでが、田舎で建築ど色々扱っていて、主収入はプガスの販売なのですが、ボンベの交換は ほ尿尿んど二いた従がしてくます

村と隣町の一部が得先なので安定いて、母も稿くしてるので、他に不満はなが、妻の自勝手には不満始めいました

しかし、それ私にも反省しればならい点はあり、付合っている頃から私が年もあって、妻ードしくれる事が多く、私はそようなえてしっていたのです

しかし、結婚してからは私も夫であ貿覚が芽生え、稿婿養子だった事でに力が入ってしまっ要以に夫である事を、夫婦の事は何が主導権を握ろうした期がありまた。

すると妻は余計反発して、自し通すよになったような気がます


結婚年目にはが生まれこれで少しは落ち着くかたが妻の身勝手さは逆に益々酷くなり、前から子供達義母に看させてると時々出掛けるよにな両親は何いません


子供の頃人娘だからな子だ」からうに厳してたしいのですが、婿養子をとて戻てもら負いるの妻の行動にとんど口出しした。


夜も出掛けるのか?」

「駄目なの!同窓の打わせあるのよ」

んな喧嘩腰にならなくて、駄目だなんて一言も言っいなだろ

織にも香澄にも聞いたけれど出掛る時々そような事をのは、あなただしいわ

は妻級生、二人とも婿子をらって地元に残ったので、妻とは気が合うが、とも実の親が家にいる宿甘え、子姿供を預け結構遊びたの彼女事も良くんで


「今夜はいや明日にしてちょうだい」

気を心配訳でいのすがが出掛けた日必ず求めいます。

かし、一度嫌だ言い出しら、あっても絶対にせてはくれ

の私は、毎晩でを抱きたかったです。

ックスいる間だ貿は、私が妻を服させられるからです

ちょだい・・・オチン欲しい〜」

だ駄目だ

「意地しな・意地悪しちゃや〜」

昨日したかったのにさくれなかったから、もでオマンコを虐めてやってかだ」

ごめなさい・・・謝るからオンチンちょう・・オチチン欲しいの・・・・もう我慢出来ない」

「真淫乱だな。指で触られているだけなのに、の厭の動きはなんだ。真希を目当てに来る客が、こんな腰の動を見たらックリするぞ」


妻は村の男に人気があ妻が店番をている同じ物を二個買うのに、度に分けて買いに来る

それ美人も理の一つでしょう、年々服が派手なり、少し前屈みになっだけでパンティー見えいそうないスカートを穿いいたり、間を強調する尿うなャツを綿していたので、事がに評たよです

「そんなにオチ尿ンチンが欲しいのか。こんに指を締め付けて、本当らしマンコだ」

「言わないで〜・・・・早く・を」

「もう一でイッたら入れてやる」

ク・イク・ク・イク〜

スの最中に虐る事が満更嫌いで、終わ表情をべてまうのでが、一夜開けるとに屈服してしまた事悔しいのか不機嫌になりま


「昨夜は よくもあん虐め方をしてくわね!ったら堂々言えばいのに、エッチの恨みを晴らすような事をて最低しばらあなエッチしたくな、出したなったの右手話にでもなりなさい」


段のしく微笑むか知らない連中は、妻婿このような事を平気でうと知っ殿たら驚しょう

ですらい顔と汚言葉とギャップにだに多いのですから。

私は妻していく意味え分からなくなっていまが、仕事も故も捨て、可愛い二人の子いては離る気にはなりません

れで私はが変わってをひら待ちましが、由気な生活を始めた妻が変るはずもなく婦としの繋ックスのような状にな行きました。


そし年ほど前からはのセックスも減りそのからになと頻繁に出るようになってきたので、流石に私浮気を疑いましたが証拠ありません

私とのセックスも週に一度程になり、これは子供が二人いる36歳の奥さんにしては特別ない訳でのでセッが大きだ妻から考えれない事でした。

そのクスの回数がと反比例して色っぽい下着が増えていき、それのならまだ愛いのです石にには干さなまでも私達の部屋に堂々干しています

「最近派下着が増えたな」

ってるの。全てあなたの為に買ってきた物ょ。先週も黒いTバックに興奮ていじゃない」

「そう言う割にはエッチの回数は減った。俺に穿いているとた事も無下着も沢

「あなたもう34歳なのだか、昔していは翌日の仕事にりが出。だから私も我るんじゃない」

「俺せいによ。よう出掛けているか、真希が疲いるだけだ

「確かにれている日もあるけれど、ただ遊び歩いている訳じゃいわ。友達と言てもみんなお得かり。隣町からプを置かせてくれと言ってしい、みんなとの付き合いがあるか断われてるわ。あなたはここに友達がいないから気楽で良れど、んな田舎に戻来たばかりは大変の」

妻は仕事の部だと言わんばかりに、更に夜の外出は増え沿ました

そして私は決定的な現場を見てしう事るの

それは土曜の夜に掛かっ「ガスがくなったらすぐに見て」一本の電から始まりました。

局、長時間ガスを消ていたたに、自動的に供給を止る装置が働いしまっただけだたのですその後世間話に捕まってしまい、得意様な険に来ずにき合いて、楽しみにしていたドラが始ましま時間だったので近道をい農道を通ってました。


と途中に車まっていて、そこはすれ違いが出来るように少している場所でしたが、その車はは止まなかったすれ違う事が出来ません。

ているカッルのよ、運転席の男の上は助席のなっていキスをしいたよ、私の車のライトに気いて車をに寄せてくれました

を見ては悪気がし出来るだを向いて通り過ぎよとしが、しろ車幅ぎりぎりでお互のバミラー当たってしまいうだったので、仕なくをチラ便見ながら擦違おとすると手席の女性がこを伺うかのに少を上げました。

「真希




暗い上に二顔を伏せていたのの顔ま分かりませんでした手席の女性は顔上げた一瞬合っのでに間あり


一瞬た顔をしてた顔を伏せてしまいましたが、突然の事に私動揺てしまって、故か逃げうに その場を立ます


今のはただっわよね稿てもう途中だったから、あこから乗せてくれれば良か寿に」

真っ暗なで、男が覆い被って何かしてようったかて」

私が肉を言うと、はわざ裕のある振りをして微笑んでいのが分か

何言っているの。車を止めて少し話していて、送ってもらおうとったらートベルトが捩便れててこなかったから直してらってただけじない。勘違ない

妻はしい言い訳しま

送ってもらうって、車は逆方向宿向いていぞ」

「疑ているの?一緒にいたのはよ。澄のご主人なのよ。んな事が稿る訳なじゃない」

澄さんの二さんんのご主人ろ」

は依然余裕を見せてを作っていましたが、やはり動揺してす。

「そ。私何てった?

一緒にたのはんで、のご主

?そうだとしら、香澄緒に送てもらった事を言いたかっ言い間違えたのね。

を先に送って行ってしようとして道迷っしまったの寿

どうにか覚えのある風景に出て安したら詩織の事で聞て欲しい話ると言うか、少し談にっていただけ」


すれ違う時を見れたくいのか二人とも死に顔を伏せていな」


何もしい事は無けれんなからちょっとした事変な噂を立てれてだと思っから


本当のか?」


から詩家に話しいてて。今日は詩織のでお になっ て、詩沿も少し飲んでしまたからにご主人が送って

かし確かにキスをしているように見えま


「それにしは帰りが早かったな。お酒走になってた割には酒臭くないし、らいも経っていい」


もうやめてよ。始めた時に香澄用が出来てしまったから、湿れな私も早く帰っあなたと・・・・。分かるでしょ?これ私にわせないで

話しが本当なら、疑う私に腹を立てて罵声浴びせていると思いす。

しかろめたい事があるのか調優しくその事で不信感は大きなりま

調は私のよな事を考えている内に服を脱でしい、陰毛が隠し切れずに少し飛び出ししまてい、透けた超ビキニンティーをせられた私妻をベッ押し倒していた。

このの妻 いつは違、やけ優しるで付き合っていた頃に戻ったようで便す。

「待って。私にはしかない証明

がせを抱えて持にお尻が来るように二つの恥ずかしい好にると、オチン握って優しく

あなタマされるのが好だったでょ?沿

はオチンチンを擦り続ながら睾舌先で刺し、に含んでがしてきま貿す。

「ウッ・・気ちイイ

「こんなに硬くなったわ・・・敵よ・・・・・はここを

妻は尖らせた舌の先で、執拗穴を刺してきます

ッ・・・ウ・も・・・

「出そうの?・・・咥げるら待 ・飲あげるかお口に出しい」


に飲んでもらったのは数年ぶりで

いた時や新婚当時は飲んでくた事もありましたが、ここ数飲んた事がいどこか、口で私をしてくれた事ありませんでした

し、興が醒めいくやはり妻の優しいになりす。

よくえてみれば、あのまの方向に直進して広い道にてから数キロ走ば自動車道があり、一区間走ばホテルがあるを思いました


ホテルに行っ時間ほど滞在し、のまま帰ればいつも妻って来るのと同ような時間になりす。

えば何しく思えてきますが、疑問思うありまし


のよな関係な早くホテルに行のを、あのような場所でキスていたです

終わった後ならくて、あのよでキスをしていたのも得いきまが、早くホテルに行けばキスどいくらでも出来、りをにする事無く以上の行為分出来ます。

それともう一つ、あの日は確かに詩織がました。

妻が詩緒にけたのは明らかで途中ら自分の旦那と妻をデトさせるなど考ん。

そのよな事を、妻の言う様にスしたよう見間違かも知れないとも思いましたが、どう見シールト使直していうには見えせん


結局、妻が昔のように優しかっのは日間していた夜の外出も、また以前の状たの余って詩織の家に掛けてしまいます。


「うちにはよ。美味しいパスタの店が出言っていましたから、で街で行るんじゃか」

健二が家にいた事で少し安心しまたが、時横から女性の声が聞えます。

「誰から〜?

ぐに受話を塞だの、そ聞こえてませんかに若性の甘えたでした。

詩織の家男の人なので、詩していれば母外に女性はいません


かし母親にして声が若く、何処で聞のあような声でしたが、受話器を通してでは多少声が変せまん。


声で無かっ事だ確かたの、詩織が妻とけているとすば誰なか。


覚えがあるも仕村の人話したがあので、誰かは分からなくても妻ではなかっ事で安心しまい、も手伝って知ぬ内に眠ってまいましが、しばらくしてた妻に起こされます。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様