2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

田舎という環境での不倫連鎖

 



年前婿して、住れた故郷も仕簿友人達さえも捨てました。

幹線で2時の距離なの捨てたいうはオーバーかも知れませんが、

それで線や乗換えの時間をせば3時間以上るので、そうそうのでりません。


それは妻が一人娘で、したら田舎に戻て、束を両親としていたからで

その時の私に後悔はありませんた。

のも、私次男、何れは実家を出なければなない事もあ調ましたが何よりは器量もスタイルも良く、のようなでもなけば、とてもは結婚てもらないうな美だった

それで結婚が決まったには友人なからも羨まがら尿自身“こ美人が俺けのものなる

スラと伸びた脚や括腰も、形らか房まけののにる”とにないました。


、妻に惹かた理由はれだはなく、正直に言う妻とのセックスにもました

は私よ稿りも2歳年したが逆に2歳はく見に育の良いお嬢さ風貌していましたが、いざセックスとなる段のお淑や妻はを潜め、人がったように積で淫らな女にり、年た事もあってかを優しくリーしてくます。

「こんなのどう?こうすると気持いいでしょ

「気ちい・・・てきた

「まダメ。少しは我慢するも覚えなきゃ?出まったら日はオマン入れてあげない

は平気でオンコとかオチンンと言う言葉を口にし、愛い顔とのギャップが更に私を興ます

な〜・・・・もうダメ・・・出い・・・・出る・・・・・・」

ょうがないな〜。分かったか一度さい

かしそのようなも攻守交替して受けに回と、い女に変わって男の征服欲十分満たしてれるです。

いい?・・・・ク・・イク・イ

「俺には我しろておいて紀はイッたか?

って・・オチンちいいんだもの・・・・やめ西また・また・・イイ・・イ・イ・・」

「そろそろ俺も出すか」

「ダメ〜・・・アア・・もう少しからまだしちゃイヤ〜」

それそんなに腰を動すなよは少じっていろ

「ア・アン・アン・出・・・腰が勝に・・・イイ・イイ殿オチ気持ち・・イク・イク・イイク・


営業でよく顔を出してい会社事務をしていて、私と付き合い始めたには既に歳だったので勿論ではあませんでしたが、

過去にどのような男とって来たのかとなる、セックス好き二度や三度たぐらいでは満してくれません。


かし、それも魅力のつで、のお淑やしく微笑いる顔と、セッスの妖艶顔とのギャップを楽しんでいま


そして、30歳までに結婚しいとう妻の願を聞き入れき合に妻誕生直前に結婚式を挙げて、田舎で暮らす事になったのでが、

初は優しくて絶えず私に気を使ってくれて妻も長男まれた頃から々に我侭になっいきす。




それは夜の、毎よう足させよう懸命った妻も、その頃から勝手目立つようってきまた。


「私はもっかったのに、どしてしてしまったの?妻を満足さ姿るのが夫目でしょ。一人せられなで旦那面いでよ」

の日間はやっいて妻も何度となイッたはずなのですが、行為は甘うな妻もってしまうとイライラを募らせてした


それは刺激のある都会暮らし慣れてし、退屈な舎のしをなく感じ始めていたのかも知れません。

、幼い子供がいればのよな事を考えるいのでしょう、実一緒に暮らしていて子供を看てもらので、普通の婦よりも自の時が多からなのでょう。


しかし、して子供が嫌いななく、むしろ、子供に異常どの愛情を注いでいる時もありすが、の楽しみは別えてるよう、やはり、毎日が同じ事の生足りなさを感じているでした。


業は、元々米なのですが、田なので建材など色扱っいて、主な収入はプロガスの販売なのです、ボンベの交換は ほとんど二人いた従業員がしてす。

この村と隣町の一部が得先なので、しても良してくれるの、他に不ないのすが、妻自分態度不満を感めてた。

それは私も反省しければならない点は付きって頃から私が年下という事あって、妻がリードしてる事が多く、そのな妻甘えてしていたす。

しかし、結婚してかは私にも夫である自が芽え、婿養子だた事で計に簿が入っしまって要以上に夫である誇示し、の事は何で私が西導権を握ろうとした時期がありまた。

すると妻は計に発して、自我を押すようになっような気がします


して3年目には次男が生まれ、これで少しは落ち着くかとていたが、妻の身勝手逆に益々酷くなり、一年ほど前からは子義母に看させ、夜なると時々出掛けるようになりますが両親は言いませ


頃は「一人娘だか我侭子だ」から言わうにしく育てたしいのですが、婿養とってってきてもら負い目があるか、妻の動にとんど口ませんでし


「今夜ものか?」

「駄目なの!同の打合わせのよ

「そん喧嘩腰にならなくても、駄目だなんも言ってないろ」

「詩織にも香澄にも聞たけれ出掛時に一々そうな言うのはあなただけらしい

澄は妻の同級生人とも婿養子をらって地に残っとは気が合うようでが、やは人との親が家いるので甘え、子預け湿歩い簿いたので彼事も良く思っていませんでした。


今夜はいや。明日にしてちょうだ

の浮気を心配し訳ではないのですが、妻出掛た日は必ず求しまいま

しかし、一度嫌だ言い出したら何があっても絶せてはくれませ

の頃の私は、毎も妻をたかっ

セックスている間だけは、私が服従させられるらです。

ちょうだい・もうオチンしい〜」

「まだ駄

意地しないで・悪しいや

「昨日たのにさせてくれなかったから、もっと指オマンコを虐てやってかだ」

「ごめさい・・謝るからチンチょうだい・・オチンチンしいの・・も我慢ない

「真希は乱だな指で触られているだけのに、このらしい腰の動きはんだ真希を目当に来るが、こんな腰のきを見たらビクリする


妻は村の男連人気あり、妻が店番をしてと、同じ物をうのに、二度けていに来る客まで殿

が美人な事も理由のつでしょう、年々服装が派なり、少し前屈みになっただけでパンティーが見えてしまうなートを穿いていたりの谷稿調するようをよく着たりしてたので、そ密に判になっていたうです。

そんなオチン欲しいのか。こん綿指をめ付けて、に厭らしいマンコだ」

言わいで〜・・・オチンチン

「もう一指でイッら入れやる

イク・ク・イク・イク〜

妻はセック最中に虐られる事満更では無いようで、終ると満た表を浮かべて眠ってまうのですが、一夜開け私に屈服ししまった事が悔か不機嫌になりす。


夜は よくもあんな虐め方れたわね!文句あっ言えばいいに、エッチの最中恨みような事るなんて最低。しくあたとエッチしたくないから、出したくなたら手の世話もなりな


の優しく微笑む妻し知らない連中は、妻がのような事平気で言うと知たらくでょう

私ですら可い顔と汚い言葉とのギャップに、未だにく事多い姿のですから

暮らして姿味さえ分かくなってしたが、仕事も故郷も捨て、可愛い人の供がいては離婚る気になりません。

それでが変われるのを便待ちまし自由気な生活を始め姿た妻変わるはずも、夫婦としての繋がりはセクスけのな状態になって行きまた。


してからのセスも減り始め、その頃から夜にな頻繁に出掛になてきので、流に私いましたがりません。

とのセック週に一度にな、これが二いる6歳の奥さんにし別少な訳でもないのうがクスが大好きだった妻か考えられなでした。

上セックスの回数が減るのと反比してっぽい下着えてい、それも隠すのならだ可愛いのですが、流石ににはいまでも部屋々と干います。

最近派手な下着がえたな」

ているの。全てあなたのに買ってきた物でしょ。先週黒いに凄く奮しいたじゃない」

「そう言う割にはエッチの数は減った。俺には穿いてるとこを見せた事も無い着も沢山るし」

たも34歳のだから、のようにしていては翌日の仕事差し障りが出るわ。だからも我慢しているんじゃない

「俺にするなよ。毎晩のように出掛けている、真希れて

確かに私疲れる日もるけれど、ただ遊歩いる訳じゃないわ友達と言ってもみんな意様ばかりよ。隣町からプロパンをせてくれくるけれど、み付き合があるから断わってくているわなたこに達がないいけど、こん綿田舎に戻って来たばかりに私は大なの

妻は仕事の言わんばに、更に夜の外は増ていまし

そして私は決定的な現場を事になのです

それは土曜の夜に掛かってきた「出なくなったからすぐ見に来」とう一の電貿ら始りまし

局、長時間ガスを消し忘れいていたために、動的ガスの給を止める装置いてしまったったので、その後間話に捕まってしまい、お得意様なので邪にも出来ずに付っていて、みにしてたドラマがまってしまう時間だっ湿ので近をして狭い農道って帰る事しました。


ると途中いて、そこはすれ違いが出来るうに少し広くなっている貿所でしたが、そ端一杯には止まっていなった為にすれ違う事が出ませ

ってるのはカップルようで、運席の男半身は助なっていキスをしていようですが私ののライトに気付いてすぐに稿を端にせてくれした

は顔を見て気がし、出来るだけ前を向い通り過ぎよとし、何しろぎりぎりでお互ックミラーがそうだったなくをチラ見ながら擦れ違おうとすると、助手席女性がこを伺のように少し顔を上げした。

「真希




暗い上に二人も顔を伏せていたので席の男までは分かりませんでが、助手席女性げた時に一瞬目たので妻に間違りまん。


瞬驚い顔をして、すぐにまた顔を伏せまいました、突の事に私の方貿しまって、何か逃げるよう場を立去ってしま湿いま


「今の あなだったわよね?送らう中だったから、あそこかせていってくれればかったのに」

っ暗な道で男がい被ってかし調ようだったからいとて」

が皮肉を言うと、妻はざと余裕のある振いるが分かります。

何言ているの。車を止て少し話しをしていてもらうとったートベルトれて出てったから直してもらっいただない。勘いしなで」

妻はしいい訳をします。

送ってもらうて、車は逆向を向いていたぞ

疑っているののは二さんよ澄のなのよ。そんな事ある訳ないじゃない

香澄んの?さんは詩さんのご主人

妻は依然余裕を見せて笑顔を作っていした、や揺しているです

「そうよ私何て言

「一緒貿のは健二さん、香退ご主人だと」

お?そうだとたら、も一緒に送っもらった事を言いたかったから言いたのね

香澄って行って近道をしようとして道に迷っ湿てしまったの。

見覚えのある風に出てたら、織の事でいてしいがあると言う、少し談にっていただけ」


すれ違う時、顔を見られたないのか二とも必死に顔伏せていた


「何も疚は無いけれこんな田舎ちょっとした事変な噂れても嫌だと


「本当なのか?


今から織の家に電話して聞いてみ。今は詩織のでお酒を馳走になっ詩織も少し飲んしまったから代わにご主人がれたの」

かし確かにキていように見え


「それにして日は帰りった。お酒をご馳走って割には酒ないし、出掛けらいってい


「もうめてよ。み始時に香に急用出来てしまっら、それなら私も早く帰っあなたと・・・・・。分かょ?これ上私にせないで

妻の話し本当、疑私に腹を立て罵声を浴びせていると思

しかし、後たいるの口調は優しくその事で不きくなり

と妻は私が事を考えている内いでしい、陰毛が隠切れに少し飛び出してしまっている、透ーをせられは妻をベッドに押し倒た。

やはり、の日は いつもとは違い、やけに優しくで付っていた頃戻っようです。

待って。私なたかいない事を証明てあげ

妻は私の服もがせると私の尻を抱えてげ、の前に尻がるよ二つりの恥ずかしい格するチンチンをて優しめます。

「あなたタマタをこうされるのが好きだっでしょ?」

擦りけながら睾丸を舌で刺激し稿々口では舌でがしてきます。

ウウッ・気持イ」

「こんなに硬くなっ・・・・凄素敵よ・・・・ゃあ今度はここを」

妻はせたの先沿、執拗の穴激してきます

「ウ・・・ウウッ・・・もう・・・

「出うなの?・・・咥えてあげるら待って・・・・飲んであげるからお口出しさい」


妻に飲んもらったのは数年りです。

付きってい時や新婚当は飲んでくれた事もありましたがここ年は飲んでくれた事がいどこ、手や口でを最後までてくれすらありませんでた。

かし興奮が醒めていくと、やはりの優しい態度がになります。

く考えてみればのままの方向直進て、道に出てから数キロ走ば自動、一区があるのい出しました


あのからホテルにて二時間ほど滞在しそのま帰っればいつもが帰て来と同じよう時間になります。

えば何でも怪してきが、疑問う点もありました。


そのような関係なホテルに行け良いものを、あのような場所でキスしてです。

た後なら名残惜しのような場所でキスていたのもいきが、テル行けばキスいくら出来気に姿する事無くそ以上の行ます。

れとつ、は確が迎えにきた。

織と一緒に出けた途中から自分の旦那とさせるなえられませ姿

そのような考えると、妻の言う様スしてたようにえたは私の見間いか知れないと思いが、どう見てートを直していたよには見えせんでした


結局妻がのようにしかっのは三間ほどで、暫らく自てい外出も、また以前の状態に戻ってった、思い余ってけてしまいます。


うちにませ。美味しスタの店出来か言っていました三人街まで行っているじゃないか」

にいたで少し安心ししたその時横から女性のが聞



すぐ器を塞いのか、そ以上は聞こえてきせんでした確か若いの甘尿えたような声でし

詩織の家は男の子3人なので、詩織が外出し母親以外に女便はいません。


しかし母親にては声がく、処かで聞いたのあるよ声でした受話器通してでは多少声が変るの思い出せせん


妻の声で無った事だけは確だっのですが、詩が妻と出掛けてるとす誰なのか。


聞きがあも仕事柄 この人とは殆ど事がので、誰かは分からくてもなか安心して、酔いもってらぬ内に眠ってしが、ばらく帰った妻こさます。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様