2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

カラオケ店員がひとカラ巨乳にアタックした4日間の話

 

\ シェアする /




1 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/07/02(月) 23:39:56.35 ID:W2gLT26S0
需要ないと思うけど勝手に書いてく。

寝落ちたらすまん


5 :1:2012/07/02(月) 23:42:08.45 ID:W2gLT26S0
PCか書き込む

がまだ20代前半頃、風の商店街小さなカライトしてた。

的に番がかったの、お客んは じいさんばあ寿とんど。

くらいの季節だったか。

の日もつもで、2、3組あさんがっての暇な日だった。


6 :1:2012/07/02(月) 23:43:36.63 ID:W2gLT26S0
厨房でドリンクを飲んでいると呼び鈴が鳴ったのでフロントに出る。

女の子だ。しかも可愛い。20代半ばくらいだろうか。

奥二重で ややきつめの目元だが綺麗な顔立ちで、地味なわけでもなく派手なわけでもない。

モデル体系に比べれば ややぽっちゃりしているように見えたが、女性としては十分魅力的。

服装はうろ覚えだが、当時流行ってた普通の女性らしいお洒落な格好だったと思う。

「いらっしゃいませ。会員証はお持ちですか?」

新規のお客さんだった。


7 :1:2012/07/02(月) 23:45:39.29 ID:W2gLT26S0
一通り会員割引について説明すると、入会すると言うので用紙に必要事項を記入してもらう。

かがんだ状態でペンを滑らせる彼女をぼけーっと眺めていると、ものすごいモノが目に入った。胸元から覗かせた谷間の長さ。

EカップとかFカップとかそういうレベルじゃない。

これが爆乳ってやつか。


9 :も無き被体774号+:2012/07/02(月) 23:47:55.00 ID:2qbLirMr0
裸待


15 :1:2012/07/02(月) 23:52:41.52 ID:W2gLT26S0
>>9
結構長いからまだはいとけ!

今夜終わるかもわからん。眠いし。





11 :1:2012/07/02(月) 23:50:12.14 ID:W2gLT26S0
一瞬 頭の中を電撃が走ったかと思うと心臓の動悸が激しくなる。

その日はもう その子のおっぱいのことで頭がいっぱい。

元々働くことが好きじゃない俺が、その日からバイトにいくことが物凄く楽しみになった。


10 :名も無き被検体774号+:2012/07/02(月) 23:50:07.14 ID:iR1SW8+50
とりあえずカップ数が気になる


15 :1:2012/07/02(月) 23:52:41.52 ID:W2gLT26S0
>>10
そこらへんを知る過程も時系列で書きたいんだけど、言っちゃったほうがいい?

一応この子と出会う前に付き合ってた彼女が細身Hカップだったかな。

ブスだったけど。


19 :1:2012/07/03(火) 00:03:59.19 ID:PQk3epOD0
便は。。。そうだ

AV女優の綾波涼使もうちっと大衆向けに可愛くし

きは彼女に似ていたと思。でも可愛かた。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004IY3XRG/


りあじゃちょっと男っぽから子と呼ぼう

が店に来のは毎が、来店する時間帯は大体同じで夕方か夜の7時くいまで。いつもひとりだっ

3時尿間のータムを利用しおり、そ場合フトドリンみ放題なのからリンクある度にまいいって俺が持っいくようにした



20 :1:2012/07/03(火) 00:08:24.39 ID:PQk3epOD0
谷間露出がある日もない日も関係なく、ドリンクを持っていくついでにそのシルエットを目で楽しんだ。

可愛くて爆乳なんて、天は二物を与えることもあるらしい。

そんなことが2週間くらい続いた頃だ。

気が付くと彼女のことばかり考えていることに気付いた。

なんでいつもひとりでカラオケしにくるんだろう。友人はいないのか?彼氏は?

動機なんて不純でも良い。

これまでだってそうだったし、おっぱいから始まる恋だってあるはずだ。

そう開き直ってアタックしてみることにした。



21 :1:2012/07/03(火) 00:10:16.29 ID:PQk3epOD0
しかしなんて声をかればいいんろう

客か員ならだ声をかけやいかもしれないが員から客っ意外と難しい。

内緒で引券を渡したりしていたが彼女からすればただの優しい店員さろう。

え切ンスし、ついに俺は禁断の方便をとことに・・・。



23 :名も無き774号+:2012/07/03(火) 00:11:36.47 ID:l8e7yBnd0
身長とか型髪色とかもほ

しやすくして


24 :名も無き被検体774号+:2012/07/03(火) 00:14:13.94 ID:PQk3epOD0
>>23
身長は160ちょいくらいあったかな。

小さくもなく大きくもない感じ。

髪型はなんていうか知らんけど、ポニーテールをこう ぐにゃっとしてピンで頭のてっぺんに引っ付けたような感じw

だったと思う。



25 :1:2012/07/03(火) 00:17:59.24 ID:PQk3epOD0
入会の際に書いてもらった用紙。

そこには氏名、電話番号、生年月日まで記載されていた。

今思えばとんでもないが、俺はバレたらクビ覚悟で電話番号を控えた。

俺のバイトが終わる時間よりも彼女の終了時刻の方が遅かったので、店の隣の本屋で待機。

店から出てきたのを目で確認し、携帯から電話をかけた・・・。



26 :1:2012/07/03(火) 00:20:10.55 ID:PQk3epOD0
深い谷間を目の当たりにした時と同じくらいの動悸。

背徳感と高揚感と期待感。色んな感情が混ざり合った状態でコール音に耳を傾ける。

今思えば、知らない番号から突然電話がかかってきて出るだろうか。

私なら出ない。

しかし。。。



28 :1:2012/07/03(火) 00:22:43.37 ID:PQk3epOD0
「・・・もしもし?」

で、出た。

何を話すかまったく準備していなかった俺は一瞬戸惑った。

「あ、あのカラオケボックスの店員ですけど、良かったらこれから食事にでもいきませんか?」

前提がおかしい。

なぜそのカラオケボックスの店員が電話してきているのか。

そこらへんの説明はせず、というかできず、いきなり食事に誘ってしまった。

当たり前だが状況がよく掴めていないようで、え?あ。。みたいな感じになり、俺も言葉を失い、笑いながら「あはは、おかしいですよね〜」なんてつぶやいていると、

彼女が本屋に入ってきたことに気がつかず、バッタリはち合わせてしまった。

両者「あ・・・」




29 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2012/07/03(火) 00:25:45.30 ID:QQwSLwYb0
ドキがムネムネする


30 :1:2012/07/03(火) 00:28:14.62 ID:PQk3epOD0
もう笑うしかなかった。

彼女も あああの店員さん!みたいな感じで驚いた様子だが、笑顔だ。

「いや〜そうなんですよすみません、ちょっと気になっちゃってw」

みたいな軽い感じで、内心物凄く焦りながらも一生懸命隠しながら精一杯会話を続けた。

「ちょっと歩きません?」

突然の提案に驚いたが、私は頷き、自転車を手で押す彼女と下町の商店街を一緒に歩くことになった。



31 :名無き被検体774号+:2012/07/03(火) 00:33:12.97 ID:/pEg8YxE0
はよ!


32 :1:2012/07/03(火) 00:33:18.70 ID:PQk3epOD0
紙を見ていで当然知ってはいたがの話を

驚くこ同い西

やや大人びた印象があったから少し上かと思ったのが、同学年だ

生さすか?」と、そうないという。

「なんだと思います?て、

普段ったら めんどくせーと思うような質問返しも彼女の口から発れれば可愛いのだた。

「アパレルね?

「看護士してます。」

ナ、ナスでした



33 :1:2012/07/03(火) 00:36:16.66 ID:PQk3epOD0
爆乳ナース。まるでAVのタイトルだ。

横に並んで歩いていたが、極力見ないようにしていても、動くものに反応してしまうのは本能だ。

ちらっと視線をやると、一歩一歩足を踏み出すたびに たぷん、たぷんと揺れるのが見て取れた。



34 :1:2012/07/03(火) 00:42:19.80 ID:PQk3epOD0
10分くらい話しながら歩いて、とある公園に差し掛かったところで足を止める。

「ご飯、どうします?誘いに乗ってくれますか?」

再度確認してみると、うんと頷いて

「でも、汗かいちゃって着替えたいので、1時間後に ここで待ち合わせでも良いですか?」

そう提案された。

俺はやったー!と大きくリアクションをし、一度家に帰った。



35 :1:2012/07/03(火) 00:47:48.71 ID:PQk3epOD0
ひとになると物不安だ

この 彼女が来なで、報されたしよう

宿ながら歩いで、メルアしたりない

とりあえず口といて。。展開になないと限らない

し そに物凄く期ていいて1時間の簿猶予の間に風呂で身洗いくった。

れまで着てものでなく、いすぎ、かつダサすぎず、割との爽目の格好に着替え

出陣。



36 :名も無き被検体774号+:2012/07/03(火) 00:50:30.72 ID:PQk3epOD0
もう8時は過ぎていたので辺りは真っ暗。

街頭に照らされた公園のベンチでコーラを飲みながら彼女を待つ。

すると、約束の時間からそれほど送れずに彼女が現れた。

さっきよりも胸元バッツリの格好で。



37 :名も無774号+:2012/07/03(火) 00:52:16.07 ID:0WL++Jty0



38 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/07/03(火) 00:57:43.85 ID:RLevLe0K0
ほほう


39 :1:2012/07/03(火) 00:59:56.62 ID:PQk3epOD0
しかし当時の私は そこに突っ込めるほどテクニックを持っていなかったので、視線をやらないようにするので精一杯だった。

「あ、、来てくれないと思ってましたw」

「おなかすいたのでw」

そして徒歩で近くのファミレスに向かう。

禁煙席で対面でハンバーグセットを食べる彼女。

結構ガッツリいっちゃってるので少し戸惑った。

これはホントに飯をおごって貰いに来たんだな・・・。

そう勘ぐりながらも、俺はパスタを口に運ぶ。

しかし壮観である。

胸元は完全ノーガード。見てくださいとでもいわんばかり。

テーブルに載せて、ボリュームがやたら強調されているではないか。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:胸キュン, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様