2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

嫁が可愛すぎるけど、破壊神過ぎて辛い




http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371213188/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送:2013/06/14(金) 21:33:08.00 ID:fxG1kJye0
番キツい足の骨折りました





4 :以、名わりまてVIPが送りします:2013/06/14(金) 21:34:39.60 ID:fxG1kJye0
っ、たの

あえずスペ

俺:キモメ、中肉

嫁:めっちゃ可愛い、マジ天使

でもんややで傷つwwww





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送します:2013/06/14(金) 21:36:10.06 ID:fxG1kJye0
さてwら話そうかw

今は暇だ、なる頑張ww





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 21:39:16.06 ID:fxG1kJye0
まずは骨折の件www

骨折のは流石にマジで凹んだわwww

娘が4月から小学校に上がるので、
嫁パパ嫁ママである義両親にも挨拶をしておこうと、
俺と嫁と愛娘の三人は嫁の実家へと向かったんだ

嫁の実家は三階建ての一軒家

一階がまるまる駐車場になっていて、
その駐車場の脇にある階段を上がった先が玄関になってるの





14 :以下、名無しにかわりしてVIPがお送ります2013/06/14(金) 21:42:05.79 ID:fxG1kJye0
嫁はの手ながら、階段け上がって、

ただいま

よく玄関の戸を開たん

すると廊の先気よくワワが走ってき

嫁の胸元へ

れを嫁は尻餅つきながも見事にキャッチ








16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 21:43:40.44 ID:fxG1kJye0
おぉwすげぇw

やっぱり学生時代にソフトボールをやってただけあるなぁ

よく反応出来たなぁ

チワワのマルちゃん、可愛いなぁ

って感心しながら、嫁の尻に押し出された俺は階段から落ちてた





17 :以下名無にかわりましてVIPがお送します:2013/06/14(金) 21:46:13.45 ID:fxG1kJye0
もうね、何処ぞのグラップラーじゃなけど

転げ落ちてる時は、見えるもの全てがスローモーションだった

おっ!すげぇぞ!なんかゆりだ

自分が落ち、まるで他人ようにじて
えるもの宿全てが回ってた

階段の横にてあるも、俺と一緒に回って落ちてっ





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 21:49:44.19 ID:fxG1kJye0
気がつくと青い空が俺を見下してて、
キャーッ!!って言う甲高い嫁の悲鳴と共に、
俺の体の節々から痛みがこみ上げてきた

悲鳴を聞いた義理父さんがすぐに出てき、
声を掛けて生死を確認してくれた

「おい、○○くん!大丈夫か!!生きてるか!!」
「あっ、どうもお父さん。お久しぶりです。」





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 21:53:35.90 ID:fxG1kJye0
降りてきてはさっきから青ざめた顔

俺の周りでオロオロする嫁を払いのけた俺は、

・受け身が取れなかったから身体中が痛いこと
・娘が今年の4月で一年生になること
・特になんか脚に違和感があること

その三つを虎視眈々とお父さんに伝えてる横で、
お母さんが携帯で救急車を呼んでくれてた

自分が倒れて、自分のことで騒いでるのに、
なんか他人事みたいに思えて、実感が全然なかった





22 :以下無しりましてVIPが:2013/06/14(金) 21:56:43.22 ID:fxG1kJye0
はお父さん急隊の人に手際良く病院運ば
病院に着くなり、すぐにMRゲンを取られ
診察結果は骨

退に説明る時に

はごめんねんねとチのマゃんみいに
わん泣てやかまたので
母さんにから連出して貰った





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 21:59:44.00 ID:fxG1kJye0
奇跡に近いレベルで綺麗に?見事に?折れたお陰で

入院一週間とギブスだけで良いらしい

退院時に担当してくれた先生は

「こんなに見事な骨折はなかなか見れないから、

今後の教材として、コレ(レントゲンのコピー)貰ってもいいかな?w」

と笑いながら送り出してくれた





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:01:15.86 ID:fxG1kJye0
とりあえず過去最高を骨折と言う形に
記録を更新してしまったが、
破壊神様の伝説は他にもたくさんある

と言うか今考えると嫁との出会いから
俺は破壊神様の力を見せつけられていた





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:03:22.14 ID:fxG1kJye0
高校の時からの友達Aの彼女が
女の子を紹介してくれるってコトで
俺、A、Aの彼女と個室の居酒屋で飲んでいた


最初から同伴するはずだった嫁は
仕事が遅くなるらしく後から来るらしい


三人でぼちぼち飲んでいたら、
後ろの戸が、いきなり俺の後頭部を叩きつけた








27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:04:52.67 ID:fxG1kJye0
戸に頭を叩きつけられた俺は、

持っていたジョッキに鼻を思いっきりぶつけた


何が起こったのか判らないまま顔を上げると、
一口しか飲んでなかったジョッキのビールは
半分ほどに減っていて、

代わりに綺麗な朱色の鼻血と黄金色のビールでペイントされていたテーブルがあった





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:06:42.60 ID:fxG1kJye0
戸を払い除けて後ろを振り返ると、

襖なのに引き戸と押し戸を間違え、俺を見て青ざめた嫁がいた


俺はこれから先、何度もこの青ざめた顔を見ていくことになるとは
当時のこのシチュエーションからは想像もしなかった

「引き戸じゃなくてすみません!
 ごめんなさい、大丈夫じゃないですよね!?」

動揺して意味不明な謝罪をする嫁に、

「あぁ...ずみ"まぜん...ちょっと御手洗いに行ってきます」

と返したのが、俺と嫁の初めての会話だった





30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:10:20.10 ID:fxG1kJye0
服についたビールと血は洗い流しても取れなかったので、

冬なのにアンダーシャツとビチョ濡れのジーンズで部屋に戻ると、
案の定みんなは お通夜ムードだった


鼻をすすっては泣き続け、ごめんなさいしか言わない嫁に、
Aは新しいお絞りを俺に放り投げながら言った





31 :以下、しにかわりまてVIPが送りします:2013/06/14(金) 22:12:45.85 ID:fxG1kJye0
「嫁ちゃんさからドっこなの知っるけ
今回はマでないわ...い謝っても、
温厚な○○も怒っよ」

えっ?いや、別そんな...」

「ぐずっ...うそうだ...ごめんなさい...」


こいつ、こんな可い子を虐てなて最低な
後頭部を叩きつけてやかと思いの襖にけた





32 :以、名無にかましてVIPがりしま2013/06/14(金) 22:14:25.09 ID:fxG1kJye0
の彼女かさずAを止ようとする
はそでも話を続

「ちっと、Aんっ

いや、だからさ、としてこいつの趣味てやってってよ

「ぐず...えっ...あっ、はい...」

ようやく泣き止んだ嫁の、ごめんなさいこえた気がし





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:16:38.64 ID:fxG1kJye0
「こいつさ寂しい奴だから、趣味の映画もいっつも一人なの
 だから嫌かもしんないけど、こいつの趣味に付き合ってやってよ」

「だっ、だな!今度嫁ちゃんと一緒に映画が観たいな!」

「えっ、あ、はい。あたしで良ければ...」


襖の閉まり具合を確認するために伸ばした手を収め、
俺は割り箸の袋にアドレスを書いて嫁に渡した

こうして俺は嫁と初デートの約束をした





35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 22:18:57.72 ID:fxG1kJye0
それから何回かデートを重ねて俺から告白


付き合いだしてからのデートも、
魔法瓶に入った熱々の紅茶で火傷したり、
遊園地のコーヒーカップで酔わされたり、
傘でゴルフのフリをしてたらアゴをクリーンヒットしたり、


こうして俺はいくつもの死線を乗り越えた末、
二年後には俺がプロポーズして、めでたく結婚した





34 :以下、名無しにかしてVIPが送りします2013/06/14(金) 22:18:53.67 ID:Pu6DEkW+0
台詞の前に名前入れろよ読みづらいだろ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:面白系  |  タグ:ほのぼの,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様