2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

DQNネームの教え子との話

 




1 :名も無被検体774号+:2012/09/16(日) 10:27:51.38 ID:At9VA+W60
出てく限り本名に近雰囲気纏わせた仮名です

ということ、念に置きつつ



2 :名無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:30:28.63 ID:At9VA+W60
22歳でとある私立臨時師にった

そこそこの進だけれど、モが多いと有名

まあ、ンペ大したことないわ、といながら師生活める。

、ここでしさを知る。け持て最初の学、その鱗をた。

別にDQNネームが多い校じゃない。そも、まだDQNネームが浸透し出したでもない。

しかし、名簿にはとんでもない名前があった。

田王

王子(ぷりんす



3 :名もき被検体774号+:2012/09/16(日) 10:32:02.72 ID:At9VA+W60
やいや、冗談ww

と、思たけれ、冗談名簿にかれてるわもない。


彼は、みちみたいに驚くほどのイケメンなわけあ、そこそこのだった。

ハライチの細いを綺た感

市原隼版みたいな。



4 :名も無き被検774号+:2012/09/16(日) 10:34:20.41 ID:At9VA+W60
言え、王子はクラでもだった。

いうも、本人だっらでる。授業も普通に聞いているしクラスのカスト言えば上位の方


ああックスは女受けるのと思った、勿「ぷりんす」という名前が魔をしていた。誰「ぷりんすなんんでいなかっ

な中、面談で王子親にこと



5 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:36:17.08 ID:At9VA+W60
王子の母親は普通の人だった。


見た目は。


中身が問題である。

私はもちろん、心してかかっていた。

「ぷりんす」なんて名前をつけているんだから、まともな人ではないだろう。

そして面談が始まったが、やはり まともな人ではなかった。

事あるごとに「ぷりくんはね」「ぷりくんの」「ぷりくんが」


ぷwwwwwwwwりwwwwwwwwwwwwwくwwwwwwwwwwwwんwwwwwwwww

プディングに聞き間違えそうだった。




6 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:37:44.18 ID:At9VA+W60
そう呼ばれるたび、王子は嫌そうな顔をしていた。

可哀想だなあ、とは思いながらも「あなたの息子さんの名前って変わってますよね」とは言えない。


その日は何事なく面談が終わった。

王子は帰るときに、私を見かけると

「うちの親って変でしょ」

と言った。

笑顔で肯定しておいた。



7 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:37:48.23 ID:BRoYwR860
ぷりくんwww


8 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:39:53.39 ID:At9VA+W60
王子は大学を受験して、見事受かった。

そこで王子との関係もおしまいかな、と思ったが、なんとなくずるずると面倒を見ていた。

他愛無い話ばっかりだけど、たまに学校を訪れる王子は可愛らしいものだった。

もっとも、名前では苦労しているらしかったが、それも大学ではネタらしい。

しかし、その「ぷりんす」という名が王子に脅威を与えるのは、大学四年になってからだった。



9 :名も無き被検774号+:2012/09/16(日) 10:42:21.92 ID:At9VA+W60
り、就職である。

当時はこんな変な名前の風無くもちろん、今の時代でもレベの名)、名前は就活で足を引っ張

んとした学を出るにも関らず、王子は書みで落落ちる、落

果、全た。

面接にもつけれない、というのは、どう考えてものせだと思う

て、挨に来た社員が「す」なんて名と思う。

、これは王子にとは死活問題であ。生活がかているんから当然だわな。



10 :名も無検体774号+:2012/09/16(日) 10:45:14.69 ID:At9VA+W60
は泣泣く土木作業し始めた。

それ報告し彼はしばらく学校に来なった

いの当然殿けれど、的に来ていたヤツがくなったら、なんか不安になる。

私は王子の作業現場を儘に見に行くとに


れが間違いった。


車の中から、王子の場をちっと見た

王子は下の名前で呼ばれて、「りんす!」って誰かがびに笑いが起きていた

いじキャ、とかじゃない。で嫌そうな顔をしている。

、そこそこ端正なお顔汚してしまいおって。教えがこうなっのは、胸が痛かった



12 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:46:35.35 ID:At9VA+W60
数日後、私は帰り道を歩いている王子に、まるでたまたま通りかかったかのように「よう!」なんて声をかけ、車に乗せて飯を食いに行った。

王子に近況を聞くと、最初は笑って話していたのに、途中から泣き始めた。

見てられないなあ、と思った。

とりあえず、たまには飯を食おうよ、なんて話をして、その日は解散となった。



15 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:51:08.73 ID:At9VA+W60
数か月後、私の学校でついにモンペが行動を起こした。

このときはじめてモンペの恐ろしさを知る。

彼女は、会議のときに私の名を挙げ、

「1先生は授業中に黒板をお消しになりますよね?」

「はあ」

「それで粉が飛ぶので、子供の体にも害が与えられているん ですよ!」

「?」

「ですから、黒板を消さないよう、文字は小さく書いてください」

と、まさしくモンペのテンプレのような主張をした。

ぽかーん、という空気が漂っていたが、ファビョる彼女に教頭が謝罪するよう、私に要求し始めた。



16 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:53:00.49 ID:At9VA+W60
ファビョ!ファビョ!な母親に、私は もうどうでもよくなった。

別にいいや、という不思議な気持ちが働いた私は、

「おたくが学校中の黒板をホワイトボードに替えて下されば構いませんよ」

と発言した。

どうせ辞めさせられるな、と察した私は、この日のうちに便箋に退職届を書いて さっさと引き継ぎをした。



17 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:55:53.28 ID:At9VA+W60
後日、学校を辞めた私は校長に乞われてモンペママに謝罪の手紙を書いた。

ついでにホワイトボードに使うペンを同封しておいた。

大学在籍中に、ちょっとした資格を得ていた私は、それを使って働くことにした。

収入はむしろアップした。

人生って どうにでもなるなあ、なんて呑気なことを考えていた私のもとに、久し振りに王子からメールが来た。

折角なので会おう、という話になり、私は王子と食事をしに行った。

そこで「辛い」という話を聞く。

考えてみれば、王子も一年近く職場で我慢していたのだ。




18 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:58:11.81 ID:At9VA+W60
泣きそうな王子に、私は、「じゃあもう職場やめろよ」と無責任な発言をする。

王子もそれを無責任だと感じたらしく、「仕事場辞めたら、どうすればええんかわからんやろ」と、至極真っ当な発言をした。

教え子だし、責任くらいは持ってやるか、という軽いのか重いのかわからない気持ちで、私は彼に「私がお前一人くらい養ってやるよ!」と大口を叩いた。

これで王子と婚約した。

自分でも どうかしていたとしか思えない。



19 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:59:09.97 ID:V1rCUGrw0
おもしろい


20 :名もき被774号+:2012/09/16(日) 10:59:54.13 ID:At9VA+W60
日、だうだる王子背中を稿さっ退出させ

なるようにかならない。

結婚に関し、うちは親がいないから問題無かったけれど、片方の問題した調

そうれてない。

「ぷんす」という元凶の名付けをしの母親で

とりえず向うの家に挨に行した

実に数年ぶりであ



23 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 11:01:18.89 ID:At9VA+W60
王子の家は普通のマンションだった。豪勢な名前には似合わず、なんて言っちゃ悪いか。

ここで両親に会う。

母親は私を見るなり、「え?見たことあるくね」みたいな顔をしたが、その通りである。何も間違ってはいない。

私は王子両親に挨拶をした。

一連の流れも話す。

すると、当然のように母親が怒りだした。



24 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 11:02:32.85 ID:M9+X/iAF0
これはおもしろい


21 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 10:59:58.12 ID:76Ya5p3W0
>>18
急展開すぎるだろ


25 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 11:03:39.70 ID:At9VA+W60
>>21
昔っからこういう適当な性格があだとなることもあれば、吉と出ることもあった。


やっぱり、元教師だからかなあ、と思ったが、彼女の怒りの矛先はそこではない。

「ぷりくんのお嫁さんがこんな冴えない人でどうするの!」

「道子(私の名前)? 名前まで冴えない!」

「ぷりくんの名前には合わないよね!」

合うやつなんていねえだろ、と心の中で思った。


はずが、口にしていた。



27 :名も無き被検体774号+:2012/09/16(日) 11:08:19.89 ID:At9VA+W60
結果、めっちゃキレた母親と、どっちつかずの父親に愛想をつかした王子とともに、二人で勝手に結婚をすることにした。

王子には私のマンションに住んでもらい、家事手伝いでもしてるように言っておいた。

毎日のように王子の携帯には母親から連絡があったが、王子は適当にそれを受け流していた。

もちろん、王子両親がマンションに来ることは一度も無かった。


王子が細々バイトしてたこと以外、特筆すべきこともないので一年くらいすっ飛ばす。


で、男の子が生まれた。

まあ当然の流れではある。

どうでもいいけど、王子とのセクロスが初めてだった喪の私は、セクロスでさえ耐えられなかったのに出産なんて無理だわ、と思っていたが、案の定、出産の際、軽く意識が飛んでた。痛みには弱いタチらしい。

子供には「悠太郎」みたいな普通の名前をつけた。

ここで問題が勃発。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:面白系  |  タグ:これはひどい, マジキチ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様