2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

掃除屋やってた時の話

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:19:57.76 ID:TVzygEbm0
立ったら書く



3 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:21:12.10 ID:TVzygEbm0
立ったか

暇な人向けかも、大した話しじゃないが書いてく&貼ってく



7 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:23:30.43 ID:TVzygEbm0
ポンだから見づらいかも勘弁

昔 俺は掃除して

本的にはビルの床をッシで洗いワックスをかけが主だった。

方は掃だたが残の二割ハウスクリーニン家の隅々まで掃除す仕事。

夏休み期間中にやる某アニメ系学校ハウスリーングが地獄だっ



8 :名も被検774号+:2012/03/08(木) 17:24:40.27 ID:TVzygEbm0
寮とゴミ箱をやっけるメンバーする

:当時26歳

ナツ:当時22ギタリスト

:k大すべき馬鹿郎のバイ

キンで汚れ担当


他2名

ハイエーに乗俺と


ああ・マジ憂っすわ・・」

「だなあ〜今年ハンパねえだろw」

年の男子寮とかてます?あのしいィッュ・・

オーエス・・れは全にイカティュだったなw」

んでないんですかね?頭おかいっすよ!」

「エロィーユも凄かったしなw」


などと思い出たくもな思い出話に花をかせつつ現到着。稿



9 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:26:18.68 ID:TVzygEbm0
現場には既にたまとキンさんと他2名がいた。

キンさんと他二名は ゴミ箱寮清掃と言う名の難易度★8クエストをクリアーしてるのだが、たまはクエスト未経験である。

普段は人一倍馬鹿で陽気なたまだが、なにやら暗い顔をしている。

「うーす!おはよう!たまどうした?二日酔いか?」

「おはようございます・・俺さんここは人住んでるんですか?ウチの犬小屋より汚いんすけど・・」

「しーーー!何人か帰郷しないで部屋にいるみたいだから下手な事言うなよ!」

「まじすか!ぜってえ未知なる病原体いますって!だってアレ見てくだあ痛ー!!!」


俺はカンチョーを食らわせ黙らせた。




11 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:29:41.34 ID:TVzygEbm0
誰も見てないオカンw


余談だが たま は某有名空手家に「君もっと身長あればK1いけるんだけどなあ」と言われたほどの逸材で

全身ガチムチなので 痛みを与えるには喉・眼球・金玉・肛門と鍛えられない場所を狙うしかないのだ。

言われても分からない奴には痛みで分からせる。

そうだろたかみな。



12 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:31:29.46 ID:TVzygEbm0
だが、たまが騒ぐのも分からないわけでもない。

俺たちが現在居る玄関前からでも異様さがビシバシ感じ取れる。

先ず見渡す限りのゴミゴミゴミ・・・しかも軽い異臭も放っている。

玄関ポーチには、ジャンプやらマガジンやらが奇跡的なバランスでうず高く積まれており、

ガウディから賞賛を浴びそうなちょっとしたオブジェと化してる。

なんだか滅入ってきたが、綺麗にしなければ帰れないのだからやるしかない。



14 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:33:32.34 ID:TVzygEbm0
はみんなに仕事の振り分た。

「んじゃやるか〜またま厨房をっつける」

ういっ!」

ナツと他2名は各部屋からゴしと廊下のゴミし。にあゴミ袋ランダにあるのが捨てて良い物だってことだからろし

い〜

「んじゃさんは便所ねw」

「またホント便ばかり便所イホント毎

「で風呂場は自分持ち場終わた順っつーことんじゃやるか〜」

ンさが まだなにか言たそうにしが無した

の戦に勝つ為には、低でも一人はウンコさんと触れ合て頂かなければならないだ。

がん西キンさん負けるなキンさん。



15 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:36:24.89 ID:TVzygEbm0
「おはようございます!清掃の者です」

返事がない。まだ寝てるのか?

「おはようございます〜!」

俺が島崎俊郎だったならばバズーカをぶっ放してるところだが、俺は島崎でも俊郎でもアダモちゃんでもないので諦めた。

「まあいっか。始めんべさ〜」


さて、激戦地であるトイレに単騎特攻をかけるキンさんを見送り、俺とたまは厨房に歩を進めた。

厨房に近付くにつれて異臭レベルがガシガシ上がってく。

もし俺の嗅覚が犬程あったならば、歩を進める度に意識が遠のき、泡を吹き、痙攣しながらぶっ倒れ、三途の川に華麗なるダイブを決めていただろう。



16 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:39:19.58 ID:TVzygEbm0
「なんすかこの匂い」

たまが今にも泣きそうな声で問い掛けてきた。

「なんだろな不思議な匂いだなw普通に生きてたら絶対に嗅がない匂いだよなw」

と笑いつつ返したが俺もギブ寸前だったが、やらねばならぬのだと己に喝を入れ、厨房に降り立った。

そこは、まさにゴミの花咲く地獄。

赤鬼の顔が青くなり、青鬼が労働環境の改善を訴える程の地獄。



18 :も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:42:47.25 ID:TVzygEbm0
目に付くのは、至所にあプラーメとコンビニ弁当の空容器と割りで出来た針地獄

詰まっているの、得れない液体と食べ物でったうと思われる物で出来た血の池

鍋の中は熱々で元気だた頃のおでん面影が若干垣間れる釜茹で地獄

そして自由ぎるの航空ショーと目にい。

してこうな・今現、目に範囲でこの汚さ・冷蔵庫や戸棚なようなら更なる地獄が待っている事だろう



19 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:42:55.75 ID:7p2QO8AZ0
面白そう




んで、いつパンツ脱げばいいの?


21 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:47:59.47 ID:TVzygEbm0
>>19
ンツが飛ぶ素ゼロです すんす



23 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:21:37.78 ID:TVzygEbm0
もう既に2・3回折れていた心をギプスで固めて、とりあえずゴミを片付け始める俺とたま

「いやマジでクセぇし!なんか全体的にペペ的なヌルヌル感あるし!ぶおぇぇくっさー!!」

たまがゴミ袋に汚物をブチ込みながら哭いている。


「たま!うるせっw」

「だって凄いんだもん!ハンパねえスメルなんだもん!」

言って分からない奴は・・

「汁でも喰らえや!」

俺はゴム手袋に着いてる謎のお汁を弾き飛ばしてやった。

「べゃああああ!ごめんなさいごめんなさいw」

「たま君なかなか経験出来るもんじゃないぞこんな事。何事も経験だ」

「いやまあ・・そうなんすけど・人生の糧にはならないですよね・・」

俺はノータイムで答えた

「ならんね傷跡だけしか残らんね」




24 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:33:24.93 ID:TVzygEbm0
さて、目につくゴミはほぼ片付けたが、冷蔵庫と戸棚の中も、やっつけなければならない。

基本的に残っている食べ物は、全て捨てて良しとの事なんだが

[捨てないで下さい]と書いてある物は捨てないでね、と言うめんどくさい指示なのだ。

「おいたまちゃん冷蔵庫やっつけるよゴミ袋持って来て〜」

「うほい」

「よ〜し開けんぞ平成のパンドラの箱を」

「ええぇ!なにがいるの!なにが潜んでるの!なにが私達をそうさせるの!」

俺は たまをシカトして冷蔵庫のドアに手を掛け一気に開けた。

庫内を数秒で見回し、そして閉めた。匂いの自己主張がハンパない・・



26 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:36:06.83 ID:TVzygEbm0
「おい、すこぶる酸っぱい匂いしたよな?仕切り板になんかいっぱい汁的なものこびり付いてたよな?」

「テロっす!もはやテロっす!バイオテロっす!!もうやだ(泣)」

俺は決断した。あぁ神よ、御許し下さい。

「たまゴミ袋持って!」

「ばいぃ〜(泣)」

パンドラの箱を全開にし、片っ端からゴミ袋にぶち込んだ。

捨てないで下さい?知るかぼけぇ!

こんな掃き溜めみたいな冷蔵庫に食える物なんかあってたまるかよ!畜生ぉぉ!!(泣)



27 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:36:55.23 ID:+V+8bnG+0
何これ面白いスレ発見w

掃除屋さんて女性も出来るの?


28 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:38:42.09 ID:TVzygEbm0
>>27
出来るよ〜



29 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:40:43.86 ID:TVzygEbm0
筆舌に尽くし難い匂い+ヌルヌルとの一進一退の戦い末、なんとかやっつけたが、生まれたての子猫ちゃんなら死んでもおかしくない程の悪臭と夏の暑さと言う抗えない攻撃の前に、俺たち二人は激しく体力を消耗していた。

「はふぅ〜ちょっと一服すっか。たまジュース買って来て」

「ういっす!」

みんなにも外で休憩をしようと声を掛けた。



31 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:57:35.32 ID:TVzygEbm0
ナツ達の班は割と順調だったらしいのだが、ただ一つおかしな事があるらしい。

去年の男子寮にあった大量のイカティッシュとエロ本ミルフィーユがないし、女子供が涎をこぼして喜びそうなファンシーな雑貨類があるのだと言う。

そう言えば厨房のゴミにも女性用雑誌がいくつかあった。

もしやと思い仕事の内容が書いてある指示書を見返してみた。



32 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:58:50.20 ID:TVzygEbm0
[○△専門学校女子寮夏季清掃]

なんと言う事でしょう。

去年の男子寮と同等の汚さを放っていたので、俺達は男子寮だと思っていたのだ。

掃除の匠として、現場のブツを目にし手にしたにも関わらず、先入観で物事を判断していた事を恥じた。



33 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 19:00:45.10 ID:TVzygEbm0
「おい!ここ女子寮だわw」

「えwまじw」

誰となしに声が上がる

「まじまじw書いてあるし。キンさん便所に男用のあった?」

「あーないから。和式しかないから。もうホント凄いからウンコこぼれてるからとれないから」

ちょっと羨ましいぜと思ったが口にはしなかった。

みんな女子寮だと知り、どういう方向への期待や欲望だか分からないが目に光が戻った。

そんなギラついた男達に玄関の方から声がかかる。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:面白系  |  タグ:その他,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様