2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

掃除屋やってた時の話





1 :名も無き検体774号+:2012/03/08(木) 17:19:57.76 ID:TVzygEbm0
立っ書く




3 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:21:12.10 ID:TVzygEbm0
立ったか
暇な人向けかも、大した話しじゃないが書いてく&貼ってく




7 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:23:30.43 ID:TVzygEbm0
アイポンだから見づらいかも勘弁

昔 俺は掃除屋をしていた。

基本的にはビルの床をポリッシャーで洗いワックスをかけるのが
主だった。

八割方は床清掃だったが残りの二割がハウスクリーニングってや
つで家の隅々まで掃除する仕事。

で夏休み期間中にやる某アニメ系専門学校の寮のハウスクリーニ
ングが地獄だった




8 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:24:40.27 ID:TVzygEbm0
まず寮と言う名のゴミ箱をやっつけるメンバーを紹介する。

俺:当時26歳

ナツ:当時22ギタリスト

たま:k大学の愛すべき馬鹿野郎のバイト君

キンさん: 中国人で汚れ担当

他2名

朝ハイエースに乗り込む俺とナツ。

「ああぁ・・マジ憂鬱っすわ・・」

「だなあ〜今年もハンパねえんだろなw」

「去年の男子寮とか覚えてます?あのおびただしい量のティッ
シュ・・」

「オーイエス・・あれは完全にイカティッシュだったなw」

「なんで捨てないんですかね?頭おかしいっすよ!」

「エロ本ミルフィーユも凄かったしなw」

などと思い出したくもない思い出話に花を咲かせつつ現場に到着。




9 :無き被検774号+:2012/03/08(木) 17:26:18.68 ID:TVzygEbm0
現場は既にたまキンさんと他2名退た。
ンさんと他名はゴミ箱清掃う名度★8クエストを
クリアーしが、
たまはエスト経験である

段は人倍馬鹿で陽気なだが、
なに暗い顔をしてい

「うす!おはよう!たした?二

おはようございます・・俺さんここ人住んでですか?ウ
の犬小屋より汚いんすけど・」

しーーー!何か帰ない部屋みたいだから下手
事言うなよ!」

「まじすか!ぜってえ未なる病原体すって!だレ見
てくだあー!!」

俺はカンチーを食簿らわせ黙せた。




11 :名も検体774号+:2012/03/08(木) 17:29:41.34 ID:TVzygEbm0
も見てないオカw

余談だが た は某有名空手君もっ身長あればK1いける
けどあ」と言われたほどの逸材で

全身なので痛みを与えるに球・玉・門と
えられない場所を狙うしかないの使だ。

れても分い奴にはみで分から
そうだろたかみな。




12 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:31:29.46 ID:TVzygEbm0
だが、たまが騒ぐのも分からないわけでもない。
俺たちが現在居る玄関前からでも異様さがビシバシ感じ取れる。

先ず見渡す限りのゴミゴミゴミ・・・しかも軽い異臭も放ってい
る。

玄関ポーチには、ジャンプやらマガジンやらが奇跡的なバランス
でうず高く積まれており、

ガウディから賞賛を浴びそうなちょっとしたオブジェと化してる。

なんだか滅入ってきたが、綺麗にしなければ帰れないのだからや
るしかない。





14 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:33:32.34 ID:TVzygEbm0
俺はみんなに仕事の振り分けをした。

「んじゃやるか〜まず俺とたまは厨房をやっつける」

「ういっす!」

「ナツと他2名は各部屋からゴミ出しと廊下のゴミ出し。部屋にあ
るゴミ袋とベランダにあるのが捨てて良い物だってことだからよ
ろしく」

「うい〜」

「んじゃキンさんは便所ねw」

「またホントに便所ばかりよ〜便所イヤよホント毎年毎」

「で風呂場は自分の持ち場終わった順っつーことでね。んじゃや
るか〜」

キンさんがまだなにか言いたそうにしてるが無視した。

この戦いに勝つ為には、最低でも一人はウンコさんと触れ合って
頂かなければならないのだ。

がんばれキンさん負けるなキンさん。






15 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:36:24.89 ID:TVzygEbm0
「おはようございます!清掃の者です」
返事がない。まだ寝てるのか?

「おはようございます〜!」

俺が島崎俊郎だったならばバズーカをぶっ放してるところだが、
俺は島崎でも俊郎でもアダモちゃんでもないので諦めた。

「まあいっか。始めんべさ〜」

さて、激戦地であるトイレに単騎特攻をかけるキンさんを見送り、
俺とたまは厨房に歩を進めた。

厨房に近付くにつれて異臭レベルがガシガシ上がってく。

もし俺の嗅覚が犬程あったならば、歩を進める度に意識が遠のき、
泡を吹き、痙攣しながらぶっ倒れ、三途の川に華麗なるダイブを
決めていただろう。




16 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:39:19.58 ID:TVzygEbm0
「なんすかこの匂い」
たまが今にも泣きそうな声で問い掛けてきた。

「なんだろな不思議な匂いだなw普通に生きてたら絶対に嗅がない
匂いだよなw」

と笑いつつ返したが俺もギブ寸前だったが、
やらねばならぬのだと己に喝を入れ、厨房に降り立った。

そこは、まさにゴミの花咲く地獄。
赤鬼の顔が青くなり、青鬼が労働環境の改善を訴える程の地獄。




18 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:42:47.25 ID:TVzygEbm0
>>13ありがと


先ず目に付くのは、至る所にあるカップラーメンとコンビニ弁当
の空容器と割り箸で出来た針山地獄。

シンク内は詰まっているのか、得体のしれない液体と食べ物であっ
ただろうと思われる物質で出来た血の池地獄。

鍋の中は熱々で元気だった頃のおでんの面影が若干垣間見れる釜
茹で地獄。

そして自由すぎる小蝿達の航空ショーと目にくる匂い。

どうしてこうなった・・今現在、目に見えるだけの範囲でこの汚
さ・・冷蔵庫や戸棚なぞ開けようものなら更なる地獄が待ってい
る事だろう。



19 :名無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:42:55.75 ID:7p2QO8AZ0
白そ





パンツ脱げばいの?



21 :も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 17:47:59.47 ID:TVzygEbm0
>>19
今後パンツが吹っ飛ぶゼロですまんす




23 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:21:37.78 ID:TVzygEbm0
もう既に2・3回折れていた心をギプスで固めて、
とりあえずゴミを片付け始める俺とたま

「いやマジでクセぇし!なんか全体的にペペ的なヌルヌル感ある
し!ぶおぇぇくっさー!!」

たまがゴミ袋に汚物をブチ込みながら哭いている。


「たま!うるせっw」

「だって凄いんだもん!ハンパねえスメルなんだもん!」

言って分からない奴は・・

「汁でも喰らえや!」
俺はゴム手袋に着いてる謎のお汁を弾き飛ばしてやった。

「べゃああああ!ごめんなさいごめんなさいw」

「たま君なかなか経験出来るもんじゃないぞこんな事。何事も経
験だ」

「いやまあ・・そうなんすけど・人生の糧にはならないですよ
ね・・」

俺はノータイムで答えた
「ならんね傷跡だけしか残らんね」




24 :無き被体774号+:2012/03/08(木) 18:33:24.93 ID:TVzygEbm0
さて目につゴミほぼ付けたが、庫と棚の中も、や
けなけならい。

基本的に残っていは、捨てて良しとの事なんだが

下さい]書いてあ捨てないでね、と言う
どく指示なのだ

おいたちゃん冷蔵庫やっつけるよ袋持って来て〜

うほい」

「よ〜し開けんぞ平のパンドラの箱を」

ぇ!にがい!なににが私達をそ
させるの

俺はたをシカトして冷庫のドアに手をに開けた。

庫内を秒で見回し、そて閉めた。匂自己主張パない・・




26 :名も無き被検体774号+:2012/03/08(木) 18:36:06.83 ID:TVzygEbm0
「おい、すこぶる酸っぱい匂いしたよな?仕切り板になんかいっ
ぱい汁的なものこびり付いてたよな?」

「テロっす!もはやテロっす!バイオテロっす!!もうやだ
(泣)」

俺は決断した。あぁ神よ、御許し下さい。

「たまゴミ袋持って!」

「ばいぃ〜(泣)」

パンドラの箱を全開にし、片っ端からゴミ袋にぶち込んだ。

捨てないで下さい?知るかぼけぇ!
こんな掃き溜めみたいな冷蔵庫に食える物なんかあってたまるか
よ!畜生ぉぉ!!(泣)




27 :名無き検体774号+:2012/03/08(木) 18:36:55.23 ID:+V+8bnG+0
何こいスレ発
掃除て女も出来るの?






>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:面白系  |  タグ:, その他,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様