2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

じいちゃんのはなし

 



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1380803666/


4 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:39:25.33 ID:5tJMYhLo0
き留めてないのとくなるけどくり見って調さい


自分のじいちゃ退ん(母方)は自分がさい頃らずーっと自分と弟の世話を良くてくれて

そんなじいちゃん生まれつ小児性麻痺からくる下半身麻で下半身は全く動かず室内では四つん這い歩きで外葉杖を使日常生活を送っ


5 :名もき被検774号+:2013/10/03(木) 21:44:20.80 ID:5tJMYhLo0
誰もいみいだけかせてもらいます。


は母働きに出ていた

朝ごんのし殿く 保育園の準備から 送買い物にお出

足は動かない何一不自由無く自分たちの世話を一生懸命してくれてま

いちゃんの前にり3歳程の腰まである髪の毛を毎朝ゆっれていました。


6 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:51:16.66 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんの家には

じいちゃん、お母さんの弟

お母さん、自分、弟と犬三匹が

暮らしてました。


父と祖母がいないのは また後ほど書いていこうと思います。

じいちゃんの車はアクセルとブレーキなどが全て手元で操作出来るように作ってありました。

昔から そんなじいちゃんの車の助手席が自分の特等席だったので じいちゃんの車は普通の車だと思っていたし、ほかの車と違うと理解するのはもう少し後の事でした。


7 :名き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:52:06.05 ID:GpB7UtyS0
るよ


8 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:53:02.47 ID:5tJMYhLo0
>>7
見てくださってて嬉しいです

拙い文章ですが大目に見て下さると幸いです。


9 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 21:59:31.90 ID:5tJMYhLo0
母はいつも夜にならないと帰っので晩の支度は じいちゃがやっていまし

物には保育園のおとに近所のスーパーによっ買い物して帰っていました

んの両手はスーパーでの寿お買物に利でした。

内のゃんたがいのを持婿てきてたり場までごを持宿ていってくりしていした

それでもやはり、お店も忙しいので かをある一退所に置いてうもの入れたりして日の買い物をしていました。





10 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:04:09.40 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんは毎日私や弟にアイスやお菓子を買ってくれていました。

保育園が休みの日には遠くまでドライブに連れてってくれて山に登っては夜景を見せてくれたり川の近くに連れてってくれました。

じいちゃんは車の中からしか川も見せてくれなかったけど昔から水があまり得意でない私は何も思わず

じいちゃんが連れてってくれるがまま たくさんの自然とふれあい色んなことを教えてくれました。

足が不自由だなんてことを微塵にも感じさせないほど じいちゃんは凄いじいちゃんでした。


11 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:11:19.88 ID:5tJMYhLo0
じいちゃんの趣鳥の話です。

ロや九官鳥かにも たく飼ってました。

在は治体締、規も厳しくなりジロなどの飼育は禁になったり、飼育数の決まりある便ようが昔はそんに厳しくなく じいちゃんも何かっていした。

朝かいちゃんは鳥達に作っラジオを聴きながさせるのが日課でた。

休みのはじちゃんが達の水浴をさせる姿をみながでよているも多かった


13 :被検774号+:2013/10/03(木) 22:18:56.24 ID:VsNlgLazi
じいちゃ...(>_<)


17 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:33:05.80 ID:5tJMYhLo0
ただ今戻りました!人が増えてて嬉しいです(`・ω・´)

では続き書いていきます。



もう一つじいちゃんには日課があります、犬の散歩です。

犬は雑種で べす、ぽち、ななのさんびきです。

この3匹は自分もだいすきな わんこたちでした。


べすはとっても賢くて ぽちはべすの奥さんで優しくて ななは二人のあいだの子供で とってもおっとりしたわんこです。

その3匹を車に載せると夜の8時くらいから1時間じいちゃんは田んぼの中を犬に走らせてじいちゃんと私は車で追いかけていました。

車とも1台すれ違わないことが多い程人がいない道をゆーっくり散歩します。

たまに車が来ると じいちゃんが犬たちを呼び戻し車がいなくなるまで待ってまたお散歩を続けていました。

とっても賢い3匹とのお散歩は楽しくて仕方ありませんでした。


18 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:39:09.06 ID:5tJMYhLo0
五歳くらいの頃でした。

お父さんは私たちを迎えにやってきました。


私は お父さんの存在をそれまで知りませんでした。

でも写真に写るたった1人の優しい顔で私を抱えて笑う人と同じ人でした。

お父さんだよと言われ そのままお父さんの暮らす家に引越しお父さんとの生活が始まりました。

保育園に送るのはお母さんの役割になりましたがお迎えは相変わらずじいちゃんで買い物も一緒に行っていました。


19 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:43:03.48 ID:5tJMYhLo0
お母さんがじいちゃんちにお迎えにくるまでじいちゃんとテレビを観たり じいちゃんの手伝いをしながら じいちゃんとの時間を過ごしました。

お父さんとお母さん私と弟の四人の生活もだんだんとなれ 新たに ちび、とゆう小さくてヨーキーとマルチーズの雑種の子犬も家族の仲間入りしました。


20 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 22:54:15.17 ID:5tJMYhLo0
四人での生活も楽しかったですが土曜日は保育園が終わり昼からは じいちゃんちで過ごしていました。

毎日毎日楽しくて仕方がありませんでした。

そんな生活を続け ついに私は保育園の卒園式を迎えました。

帰り道にじいちゃんちによると べすがいません。

「べすは死んだんだよ」

じいちゃんから そんな言葉を聞き私は初めて 死 というものを目の当たりにしました。

べすは たまに すずめをつかまえたりとんでもないことをする犬でしたが とっても優しくて賢くて好きでした。

べすは目を閉じ綺麗な顔で眠っているようでした。

とんとんと体を揺すっても いつものように目を覚ましてはくれませんでした。

卒園式の時にもらった花をべすにあげることにしてお供えしました。

今思えば縁起悪いというか常識ないことだと思いますが当時私ができる精一杯のことでした。


21 :名も無検体774号+:2013/10/03(木) 23:00:51.31 ID:mhTeaUNn0
画面が曇っているんだが

ダメだなこの眼鏡


22 :名も無き被検774号+:2013/10/03(木) 23:09:05.58 ID:5tJMYhLo0
べすが亡くり程なして奥さんぽちも亡くなりました

人間が旦那さんやさん簿う様にしてくなるこがありますがにもみたいでた。

二人家族をなくした気分で きっとじいちゃんもしかんだといま

今までたご匹分したがお散は相変わいつた。


24 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:17:17.76 ID:5tJMYhLo0
私が小学校に上がるのにあわせて引越しが決まりました。

じいちゃんちまで自転車で小学生の私が漕いで10分かかるか、かからないか程度の距離に引っ越しました。

学校が終わり友達と遊ぶ日以外は相変わらず じいちゃんちに行っては買い物についていき この頃になると少しずつ かごを持つ力も出てきて持ったりしていました。


25 :も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:22:24.48 ID:5tJMYhLo0
そんな生活ずーと過していした

校三年生 新幹線通ることに家であったを立ち退きになってしまい 次の家が見つかるまで新く小学校の出来ていたアパートに暮らすことました。

ちびは可想でしたが部屋から見える所の小さきき地に犬屋を置てもらってていました。


26 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:27:13.48 ID:5tJMYhLo0
そして夜に父と母がいない日が増え幾月かたった頃に新しいお家が決まったよと教えてもらいました。

新しいおうちは じいちゃんちのすぐ近くでしたが学校までが遠く ぎりぎりで自転車通学はできませんでした。

その頃学校に行く途中に真冬の日に川で全裸で水浴びをするおっさんを見たのは今も忘れられません。

今は笑い話で済みますが当時は弟と弟の友達の女の子をいかに安全にそこから遠ざかるか慌てふためきました。笑





27 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:37:59.50 ID:5tJMYhLo0
しばらくして、ちびが亡くなりました。

当時は無知でしたが ちびには予防接種がしてなく、フィラリアにかかっていたようでした。

段々と ちびはお散歩に行きたがらすある日の晩に静かに息を引き取りました。外で飼っていたので朝母から教えられて知りました。

今思うと ちびには可哀想なことをしてしまったなとおもいます。

チビのお墓は庭に作って埋めてあげました。

これもほんとはやってはいけない事のようですね(´・_・`)


30 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:57:11.33 ID:jSsk8h1p0
>>27
持ち家の庭なら問題ないんじゃない?

ちびも近くの方が嬉しかろうよ


34 :名も無体774号+:2013/10/04(金) 01:21:23.20 ID:TNlNTXhF0
>>30
この引越したはも持家なので その分良かったと思いま(´・ω・`)

安らかに眠ってて欲しいです。



28 :名も無き被774号+:2013/10/03(木) 23:41:00.88 ID:5tJMYhLo0
れかしてバンタインあたの後をずーっといてきたが我家の族になまし

その子 くろちゃんと名付けました。


夏の日のことした。

家には私と弟しかず、舎なで玄関や窓は開けっ放しでた。

然ガガラ!と居ガラス戸がしたこにいたのの見簿ことおじさんでした。


29 :名も無き被検体774号+:2013/10/03(木) 23:50:12.21 ID:5tJMYhLo0
さーっと血の気が引くのがわかりました。

「しょうた!しょうた!」

と、まだ起きてこない弟を大声で呼んでいると、寝ぼけた弟の姿が見えました。

「早くこっち来て!」と私は 叫びます

弟も このただならぬ雰囲気を察して私の元へ来ます。電話で警察を呼ぶことも考えましたが電話はわずかにおっさんに近いのです。

次の瞬間 私はまだ小学校にあがったばっかりの弟の手を引き窓から飛び出ると裸足のままじいちゃんちに走りました。


33 :名被検体774号+:2013/10/04(金) 01:19:30.99 ID:TNlNTXhF0
すいません1です。すこしトウトしてたらこかんになってた(´_・`)



もち走った先んち

っ!!!と じいちゃんで玄関替ガラを開けると裸足でたことも忘れ家に2人して上がり込んで大泣きし

いちだならぬ囲気を察して「どうした?」とあく優しく達に問けます。



35 :も無き被検体774号+:2013/10/04(金) 01:27:24.78 ID:TNlNTXhF0
えに知らん人があがってた」

う伝えてまだ小さいクロを庭匹残した為殺されないか「どうしおお!!!」とわんわんなく私れられ泣く弟。

ばらちゃんは一

「見くぞ、車にれ」でした

達はさっきの知らいおじんにまあっうしう。

るかもうおもいなグズグズ鼻をらしながらくまに



36 :名も無き被検体774号+:2013/10/04(金) 01:28:38.70 ID:0hSH1NxN0
みてる


37 :名も無き被検体774号+:2013/10/04(金) 03:56:06.40 ID:jFhJy0kXi
見てますよ


39 :名も無き被検体774号+:2013/10/04(金) 06:59:52.39 ID:uDsmLZB/0
続きが気になる…


40 :名も無き検体774号+:2013/10/04(金) 08:18:32.21 ID:uDsmLZB/0
あああああになるうううううう


41 :名も無き被検体774号+:2013/10/04(金) 08:38:00.50 ID:TNlNTXhF0
寝てしまってました

保守ありがとうございます(´ω`)

続き書いていきます。



車に乗ると私は いつものように助手席に乗り弟は後ろに乗りました。

自宅のとなりの空き地まで行くと その知らないおじさんは うろうろとあたりを歩いていました。

きっと私達を探してたんだと思います

私と弟はさっきのこともあり その姿をみるやいなや涙をぼろぼろと零して恐怖に怯えました。

そんな中じいちゃんは颯爽と松葉杖を取り出し車を降りると そのおじさんに

「おい、お前はうちの孫の家になんか用でもあっとや?」と問い掛けました。

きっと私たちを見つけたからでしょう、こちらへ歩いてくるのが見えました。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様