2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

後悔のクリスマスイヴ

 




228 :佐々木:02/11/20 02:59 ID:xv4SYBsL
あれ19歳のころ。

フリーだた俺あるステーキの調理スタとしていて

6のから こ店にはになっていて調理場のことは店長ら任されており、いわばキッチンーダーみたいなになってい

はり、10月ごろになるとんやかんやでバイト子たちはていくもの

そして、それと同にバイトも集をてい


して一人の女の子が調理場新人としてったのである。

名前沙希名)あっ!ちなみに俺は佐々木で御願します。

その藤は ま綿人で包丁もくにれなような子だ

ただにはいないような目な感の高校生である。


 「遠って・・・料理つったしな

そんな彼もいいんっても誰もべてくれないでし?」

 そんな問ないと思う・・・まあ頑張るよう

遠藤「佐々木さん、よくです!

こんじで、遠藤の初日は終わった。



229 :佐々02/11/20 03:02 ID:xv4SYBsL
らというもの、は遠藤に切り色々えた。時は怒ったりには褒めたりで

自身けっこう楽かっ。反藤は必死みたいだった


日、遠藤が俺にこう言っきた。


藤「佐々木さんっ・・ですか?」

俺 「ん?いるよ歳年上の子けど。どうかしたか?」

遠藤「そっか・・っぱりいますよね。

俺 「おっ!もしかして俺のこきになったとか?(笑)」

遠藤「ち、ちすよだ、クリスマスなんしよっかな〜っ・」

俺 「そういえすぐクリスマスだな。一緒遊ぶか?」

藤「彼女は大丈夫んでか?

 「いまオーストラリアに留中だな。俺も一人寂しいし」

藤「ほんとか?会います!楽ししてます」

 「じゃあ、クリスマスはデーような。さぁ仕仕事

「はい!!!!!!」



230 :佐々木:02/11/20 03:03 ID:xv4SYBsL
俺も実際、うすうすとは気付いていた。遠藤が俺に好意を持ってるって。

妹みたいな感じでカワイイ奴だったんでいいかな〜って思ってた。


そして12月24日の夜、遠藤からメールが届いた。


遠藤『佐々木さん♪明日はどうしますか?』

俺 『そうだな〜。ちょっと遠いけど○○の駅前はどう?』

遠藤『わかりました!ちょっと遠いけど頑張っていきますね♪』

俺 『気をつけて来いよ。』

遠藤『わかってますよ!先輩♪では、オヤスミなさ〜い』

俺 『おやすみ』


そして次の日、俺はバイトも終わり遠藤との約束時間に遅れないためにもせっせと用意していた。

すると予期せぬことが起こった。


俺の携帯が鳴る・・・・・プルルルルル・・・なんと彼女からだ。




231 :佐々木:02/11/20 03:06 ID:xv4SYBsL
俺はびっくりして電話にでた。

俺 「もしもし?」

彼女「あっ、びっくりした?せっかくのクリスマスだし帰ってきちゃった」

俺 「マジで!?いまどこよ!」

彼女「いま羽田にいるよ。いまから会いたい・・・いいでしょ?」

俺はほんとに迷った。駅では遠藤が待っている。俺はとっさに返事をしてしまった。

俺 「いいよ。じゃあ待ってる。」

彼女「うん。いまから行くね!じゃあね」

俺は電話を切ったあと頭を抱えた。どうしよう・・・とりあえず、正直に話そうと遠藤に電話した。


遠藤「もしも〜し!佐々木さん!遅いですよ〜!」

俺 「・・・わるい!行けなくなった!」

遠藤「えっ?」

俺 「彼女がいきなり帰ってきてさ・・・で・・・あの〜・・・」

遠藤「・・・そうですか。わかりました。じゃあ・・・」

俺 「お、おい!遠藤?おい!・・・」



232 :佐々木:02/11/20 03:07 ID:xv4SYBsL
遠藤は悲しそうに電話をきった。俺は悪いことをしたと思っていたが

久しぶりに会う彼女のことで すぐに頭がそちらのほうに切り替わっていた。

しばらくすると彼女が俺の家に来て、一緒にケーキを食べながらあちらでの生活のこととかも聞きながら楽しい時間を過ごしていた。

久しぶりに会ったせいか、エッチも一杯した。体力がなくなるぐらい激しく。


そして次の日、バイト先にいくとありえない現実が俺を待っていた。

俺はいつものように調理場でオープン準備をしていると店長が険しい顔で俺に話しかけてきた。


店長「佐々木、遠藤のことだけど・・・」

俺 「遠藤がどうかしました?」

店長「昨日の夜、車に轢かれたみたいでさ・・・即死だったそうだ」

俺 「えっ!嘘でしょ!?・・・」

店長「夜の8時半ぐらいらしい。○○の駅の近くでな」



233 :々木:02/11/20 03:09 ID:xv4SYBsL
8時半と言えばが遠に「行けない」っ電話した直後。

俺は固まった。まるで金縛りにったかのに。

店長「で、今通夜いから佐々木も来いよ

俺 「・・・・・はい・・・


そして お通夜に行ってきんだりには学校のがいっぱいい泣いている子もいれば下にいて子もた。

すると、遠藤のお母んが店長と俺に挨拶きてくれた


母 「この度は来て下さってあうございます」

 「・・・・

店長傷様に残念なことにって・・

俺は何なかった俺があ時、遠藤と会っていればこんなことにはならなかった調

のようにし寄せていた

遠藤のお俺に話しか貿



234 :佐々木:02/11/20 03:10 ID:xv4SYBsL
母 「あの〜、バイト先のほうで佐々木さんて方おられますか?」

俺 「えっ!あの・・・それ俺です」

母 「あなたが佐々木くんね・・・いつも娘からあなたの事を聞いてたんですよ」

俺 「俺のことを?」

母 「大好きな先輩がいるってね・・・バイトが毎日楽しいっていつも言ってました」

そういうとお母さんは泣きながら、俺にボロボロの袋を手渡した。

母 「これね・・・あの子が死んだとき、離さずに持ってたものなの。あなたへのクリスマスプレゼントだと思うの。もらってあげて・・・」


俺は手がガクガク震えながら その袋をあけてみた。すると中には手編みの手袋と小さな手紙が入っていた。

その手紙にはこう書いてあった。



235 :佐々木:02/11/20 03:11 ID:xv4SYBsL
『佐々木先輩へ  

いつもドンクサイ私を支えてくれてありがとうです。

 でもバイト始めたときと比べてはかなり上達したでしょ?めちゃ頑張ってます♪

 佐々木先輩には彼女いるけど、今日は会ってくれてほんとに嬉しいです。

 こうやって一生懸命頑張れるのも佐々木先輩のおかげです。佐々木先輩がいない日のバイトはつまんないし、おもしろくありません。

だから私のいるときは必ず入ってください(笑)

これからも どうしようもない遠藤沙希ですが、どうかよろしくお願いしますね♪ 佐々木先輩大好きです』


俺の胸は激しく痛み出し、涙が溢れてきた。立っているのもやっとで・・・




236 :佐々木:02/11/20 03:13 ID:xv4SYBsL
あれから3年たった今、俺は出版会社に就職し日々の仕事に追われている。

あの彼女とも留学先のオーストラリア人とデキたみたいで、1年前に別れた。


今年も遠藤の命日が近づいている。

今日もあの手袋をして会社に行こう。


以上です。長々とすいませんでした。



239 : :02/11/20 11:02 ID:80Y50goI
事にもタラレは無ど・・しいな・(ノД`)・゚

ガンガレ佐々


241 :佐々木:02/11/20 13:35 ID:tbpm45bC
佐々木です。続きがあるのですが・・・よかったら読んでください。

遠藤が亡くなってすぐ、俺は絶望の果てにいた。

やはり後悔に押しつぶされていた。

オーストラリアから一時帰国中の彼女はとりあえず正月は実家で過ごすみたいで。

俺は彼女(由美子)と二人で1月元旦に初詣に出かけた。

由美子「やっぱり元気ないね・・・」

俺  「いや・・・大丈夫だよ。」

由美子「で、その遠藤って子のこと好きだったの?」

俺  「えっ?何言い出すんだよ。おまえ」

由美子「だってそうじゃない!私が帰ってこなければその子は死なずに済んだんでしょ!?」

俺  「由美子には関係ないよ。ただバイトの後輩だよ・・・後輩だよ」

由美子「あんたがそう言ってもあんたの目が私をそういう目で見てるの!」

俺  「なんなんだよ!!何が言いたいんだよ!いい加減にしろよ」

由美子「・・・帰る」


俺たちは初詣にこのような喧嘩をしてしまい、その日はそれでお互いの家路についた。



242 :佐々木:02/11/20 13:36 ID:tbpm45bC
ト先のテーキハウスは年中無休で俺は2日から調場に立っていた

ると一個上先輩、後藤くんが俺沿話しかけてきた。

佐々木、聞いたよ。遠藤ってあの日お前と会うために待ってたんな」

 「・・・・・・」

「おい何とか言えよ」

 「・それがどうかしたんすか。後くんには係な!」

藤「俺はお前いからな。藤もじゃあ救われないよ!!!」

 ・・・・・」

後藤くんは俺しみの言葉をぶつてホ方へえていた。

あとから知った藤くんは遠藤のこが好きたらしい



243 :佐々木:02/11/20 13:37 ID:tbpm45bC
その夜、俺は晩御飯も食べずにベッドの上でボーっとしていた。

何を考えてたかというと、やはり遠藤のこと。

由美子のことなんか考えてる暇はなかった。しかし由美子を俺は愛している。


けど、遠藤のことが頭をよぎる。

ストレスというか、すっごい圧迫された空間に落とされた気分。

4日はバイト休みだったので一度、事故現場に行ってみようと決心した。


で、4日の朝早く俺は○○駅に立っていた。

目の前には花束が供えてある。

ここが遠藤の死んだ場所。

ついこの間まで「佐々木先輩、たまねぎの千切りうまくなったでしょ!?」って元気いっぱいで俺に話してきたのに・・・俺はそこで手を合わせ、目をつぶった。


真っ暗な目の中で遠藤の姿が走馬灯のように駆け巡る。

俺は深呼吸をし、帰ろうと振り返った。


その時、そこには由美子が一輪の花をもって立っていた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様