2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

出張中に間男を連れ込んでた汚嫁に屈辱的条件を出し再構築に応じてみた。





539 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 20:38:11 ID:tnnc58Ja0
相手をボコにする系は、読んでるとスカッとするけど自分ではできんなぁ。

2年前に今の嫁が浮気した時も結局手は出さんかったし。


542 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 21:20:38 ID:qmpBi0VE0
>>539
その話詳しく


547 :539:2005/10/03(月) 01:04:21 ID:D9EK9OAh0
まとめて来たけど、めっさ長くなってしまった。orz

上にも書いたけど、最後にはよりを戻しちゃった話なんで、嫌な人はスルーお願いします。

書いてる途中で思い出してきた感情が入り混じって文体がバラバラだけど勘弁して下さい。

【スペック】
●●:俺。2年前は講師兼営業職。本州西半分担当支社勤務。28歳。

沙織:現在30歳元OL。胸はDカップ? ちょいぽちゃ。

関係:5年前に付き合いだして、4年前から同棲、昨年結婚した。


【状況】
2年前の話なんで、同棲始めて2年くらい経った時期なんですが、その時って講師兼営業みたいな感じで、営業がアポとってきてくれた

クライアントの会社に行って自社開発ソフトの使い方を教えながら売り込んでいく&ソフトを売った会社からの要望で操作説明会を開催する、ってな仕事をしてたんです。

うちの支社は本州の西半分を担当してたから出張も多くて、日帰り半分一泊半分くらいの割合でした。



548 :539:2005/10/03(月) 01:05:48 ID:D9EK9OAh0
一泊出張の次の日の朝、その時は共働きで俺の方が朝遅かったんでゴミ出すのは俺の役目だったんだけど、ゴミ持ってゴミ置き場に行ったら大家兼管理人のおばちゃんに会った。

「おはようございます」

「あ、おはようございます●●さん。 ゴミ出しですか?」

「はい、ゴミ出すのは俺の役目なもんで」

「家事をしてくれる旦那さんでいいですねぇ。 それにいつも仲が良さそうで」

「(正確にはまだ旦那じゃないんだけどな)いやぁ、一緒に暮らしだして2年も経つとそうでもないですよ」

「またまた、昨日だって仲良く腕組んで帰ってきてたじゃないですか。うちなんてもう十何年も腕組んで歩いたことなんてないですよ」

「(昨日?昨日は出張してたからそんなわけないんだが……)え?昨日ですか?」

「ええ、昨日の夕方タクシーから降りて入って行かれるのを見ましたよ。後姿でしたが●●さん御夫婦じゃなかったですか?」



550 :539:2005/10/03(月) 01:06:43 ID:D9EK9OAh0
「(はぁ?誰かと勘違いてるな。まぁいい)ああ、あの時か。そうえば……あっとそろそろ会社行ないと。それでは」

ありゃ、おしい止めちゃってすいません。行っらっしゃい」


んな感じで会に行ったんだその時は管理人さんの勘違いだうとてすぐ忘れ

で、その次のったかな泊まりで出張に行くことになったん、あろうことか営業の奴ライントとのアポを1日勘違いして俺に予定入れやがって、それが発覚のがライアントの寄の駅に着いてこれから向か連絡た時た。

(つまり本当のポの)に予定を入れる明後から入てる元のクライントに行くことが出来ななるし、その元のイアンに数回行ってとこたから、急遽別奴にの予定代わっもらって俺は地元に帰ること



551 :539:2005/10/03(月) 01:07:32 ID:D9EK9OAh0
「今から帰っても晩飯の時間には間に合わんしなぁ。とりあえずこっちで飯食ってぼちぼち帰るか」

と思って、飯食って家に着いたのが晩の10時ぐらいかな? 

途中で2回ほど沙織に電話したんだが、1回目は圏外で2回目は呼び出しだけで通じなかった。

沙織は電話を鞄の中に入れてるせいで呼び出しに気付かない事はよくあったし、それ自体は気にしてなかった。

うちのマンションまで歩いて帰ってきたら、マンション前にタクシーが停まってて、支払のサインが出てた。

ここからは予想通り、出てきたのが沙織と知らない男だった。

一瞬声が出そうになったんだが、その時に上の管理人さんとの会話が頭に浮かんで声が出なかった。


そうこうしてるうちに沙織とその男は腕組んでマンションに入って行った。

「マジ?浮気?沙織が?でも腕組んでたよな。普通付き合ってたり家族だったりしなきゃ腕なんて組まねーよな?」



553 :539:2005/10/03(月) 01:08:24 ID:D9EK9OAh0
「いやいや、見間違いだって。その証拠に外から見てもうちの部屋の電気点いてないし」

……点いたよ、電気。


「はぁ?でも同棲してんのに自宅で浮気なんてするか?現に管理人さんに見られてんのに」

「でもあいつ世の中甘く見てるとこあるしなぁ。いや、世の中じゃなくて俺を、か」

「いや、それにしたっていくらなんでも……」


みたいに頭の中で俺と俺でずっと会話してたんだが、近くの自販機で缶コーヒー買って飲んだらちょっと落ち着いてきた。

「とりあえず、こっそり部屋に入って様子を伺ってみよう」

うちの部屋は玄関入って風呂・トイレ・LDKと続いて、その奥に二人の本棚で埋め尽くされた本部屋と寝室がある2LDK。こっそり玄関入ってもLDKに二人が居るならたぶん気付く。その奥に居るなら……。

俺は寝れない日に沙織が寝た後こっそり家を出て漫画喫茶に行くことがよくあるので、音を立てずに玄関のドアを開けるのは得意。

頼むからLDKで話し声がしてくれよと思いながら入ると、

う ん 、 話 し 声 は し な い け ど 奥 か ら 物 音 は 聞 こ え る 。



554 :539:2005/10/03(月) 01:09:06 ID:D9EK9OAh0
「マジ浮気かよ……」

と思いながらこっそりLDKまで侵入すると、やっぱり寝室から音が聞こえる。もちろんギシアンの。

(申し訳ない、ここからなんだけど、男が何言ってたかは覚えてない。つーか記憶から消してる)

「ああっ、そこっ、そこ舐めてっ」

「うんっ、いいよ、ああぁっ」

「ねぇそろそろ挿れて? 舐めたげるから」

チュポッ、じゅるっ、ジュルルル、ちゅぱっ。

「ほら大きくなった。元々大きくなってたけど」

ずぬっ、ずっ、ずぽっ。

「ああ、いい、いいよっ」

「もっと突いてっ。ああっいっちゃうっ」


たぶんこの間20分くらい?寝室のドアの横に座り込みながら色んなこと考えてた。

「あー、やっぱ浮気か。すげー、夢ん中みたい。むしろ悪夢?」

「でもあいつ本気で逝く時って声出なくなるかんなぁ。イくってのは演技か?」


556 :539:2005/10/03(月) 01:10:24 ID:D9EK9OAh0
いや段俺としてる時のが演技ってことあるか

てんだろ俺。止ーとなぁ」

「でももうどうでもいいや、AVだとヤってる見てたら勃つ、いま俺またく勃ってねーし」

「とりあえず婿わるのしなぁ、止ねーとぁ」

こんなこと考えて、とりあえずキに。

「えーっと、俺喧嘩弱いしなぁとりあ武器武器、と」

包丁と、あ、食用のナイフが何本かあるな」

手に包丁持って、左手数本ナイフをもっ寝室へ。

ッ、ドギッ。

ドアを開けると同に右手の丁をドアにき立ててた。

ひゃぁ

なんか二人して変な声たててなぁ

「俺の家で何してんの?」

とりあえず突包丁ま。



557 :539:2005/10/03(月) 01:11:38 ID:D9EK9OAh0
●●っ?!婿 っ?

ズボッ、とたてて包丁を引き抜く

物の軽いドアだとこういう時楽

はなんか「あわわ」とってた気


いや、何やってるかはくてい。見れるし」


違うのっ、これは……」


引きいた包丁を左手にナイフと一緒に持ち替えてナイ一本手に


ういえば、一ってみたったんだよね ほら、サとかでよくやる奴」


「は?」


「投げナイフ?ナイフ投げ顔すれすれとかに突き立てる


手のナイフの一番下って、男に向けて狙いを付てみる。


や、やめ


葉になってない

く考えた、素人が食姿のナイフげたってまともにげれっここと気付くとうんだが俺も向こうも冷静ゃなかから

とりあえずあと10秒たら投げるけどどうする?

そしたら男んかうめき声出しながらツ履だした。



558 :539:2005/10/03(月) 01:12:38 ID:D9EK9OAh0
「服着てる暇あるの?あと5秒しかないよ?」

そう言って一旦ドアのそばから離れてやる。

リビングのソファのとこに男の鞄みたいなのがあったけど、俺がその前に立ってるせいで結局パンツだけで家飛び出してった。

男が飛び出していった後、鍵かけてキッチンに包丁とナイフを置いて寝室に戻った。

沙織は

まだ全裸でベッドにへたり込んでた。

「あのさ、順番違くない?」

「え?」


「いや、さっきの奴が好きになったんなら、 まず俺と別れてからじゃないの?ってこと」

「違う! 違うの!」


「何が? だって俺と別れる前に違う男と付き合ったら浮気じゃん。それともさっきの男が好きなわけじゃないの?」

「うんっ、うんっ、好きなんじゃない。好きなのは●●だもん!」



561 :539:2005/10/03(月) 01:14:16 ID:D9EK9OAh0
? じゃぁまでこことは何

「……ごめんなさい


「質問えじないし」

うしなら許して? ね? 願い」


「……おいいから質問に答えろ。さっきまでこしてたことは何だ?

「う、気、です」


「だろ、お前は来た。あの普通に考えて許せると?」

「ごめんなさいっしてくれるらなんするから。お願い!


この辺りで泣き出したんだと思う。


そうやって許してたよなード使って20万使った時も、お前のせいで俺親友と縁切られたとき。ほらすぐ泣く。いたら許してってのが間違いんだよ」

はい……ぐすっ……」


なんでもするんなら、とりえず出てけ。荷物はで送っやるか

、お願いっ。別れるは嫌なの!ごめんさい!しなから!


まだいてる沙放って、携帯取にLDKに戻た。



562 :539:2005/10/03(月) 01:14:46 ID:D9EK9OAh0
プルルルル……5回ぐらいの呼び出し音で通じた。相手は沙織の御両親。

当時からお盆や正月どころか月一ぐらいの割合で御挨拶に行ってたし、お義父さんとはよく酒飲みに行ってたので話は通じるし、とりあえず連れて帰ってもらおうと思って。

「夜分遅く申し訳ありません、●●ですけれども」

「あら、●●さん、御無沙汰してます」


「こちらこそ御無沙汰しております。お変わりなくお過ごしでしょうか?」

「お蔭様で。何か御用事?」


「いえ、こんなことを申し上げるのは心苦しいのですが、先ほど家に帰って参りましたら沙織さんが見知らぬ男性を家に上げておりまして」

「は?」


後ろで沙織が何か喚いてるが、無視。

「端的に申し上げれば、寝室で浮気の真っ最中だったものですから」

「……ご、御冗談、では、ないのですか?」

「申し訳ありませんが……」




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様