2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

出張中に間男を連れ込んでた汚嫁に屈辱的条件を出し再構築に応じてみた。





539 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 20:38:11 ID:tnnc58Ja0
相手をボコにする系は、読んでるとスカッとするけど自分ではできんなぁ。

2年前に今の嫁が浮気した時も結局手は出さんかったし。


542 :えっちな21禁さん:2005/10/02(日) 21:20:38 ID:qmpBi0VE0
>>539
その話詳しく


547 :539:2005/10/03(月) 01:04:21 ID:D9EK9OAh0
まとめて来たけどめっくなっまった尿orz

にも書たけど、最後にはりを戻しちゃった話な、嫌な人スルいしす。

てる途中で思いしてきた感情り混じ文体尿バラけど勘弁して下さい

【スペック
:俺。2年前は師兼営業職。州西分担支社勤務。28歳。

沙織:現30歳元OL。胸はDカプ? ちょいぽちゃ

:5年に付き合いだし4年前から同棲、年結した。


況】
2年前なん、同棲始めて2年くい経った時期なんです、そ時って師兼みたいな感じでがアポってきてくれ

ライ会社に行て自社開発ソフトの使い方を教込んいく&ソフった会社からの要望で作説明会を開催る、っ仕事して湿んです。

の支社は本州の西分を担当したか出張日帰半分くらい割合でした。




548 :539:2005/10/03(月) 01:05:48 ID:D9EK9OAh0
一泊出張の次の日の朝、その時は共働きで俺の方が朝遅かったんでゴミ出すのは俺の役目だったんだけど、ゴミ持ってゴミ置き場に行ったら大家兼管理人のおばちゃんに会った。

「おはようございます」

「あ、おはようございます●●さん。 ゴミ出しですか?」

「はい、ゴミ出すのは俺の役目なもんで」

「家事をしてくれる旦那さんでいいですねぇ。 それにいつも仲が良さそうで」

「(正確にはまだ旦那じゃないんだけどな)いやぁ、一緒に暮らしだして2年も経つとそうでもないですよ」

「またまた、昨日だって仲良く腕組んで帰ってきてたじゃないですか。うちなんてもう十何年も腕組んで歩いたことなんてないですよ」

「(昨日?昨日は出張してたからそんなわけないんだが……)え?昨日ですか?」

「ええ、昨日の夕方タクシーから降りて入って行かれるのを見ましたよ。後姿でしたが●●さん御夫婦じゃなかったですか?」



550 :539:2005/10/03(月) 01:06:43 ID:D9EK9OAh0
「(はぁ?誰かと勘違いしてるな。まぁいいや)ああ、あの時か。そういえば……あっと、そろそろ会社行かないと。それでは」

「ありゃ、お忙しいのに引き止めちゃってすいません。行ってらっしゃい」


そんな感じで会社に行ったんだが、その時は管理人さんの勘違いだろうと思ってすぐに忘れた。

で、その次の週だったかな?また泊まりで出張に行くことになったんだが、あろうことか営業の奴がクライアントとのアポを1日勘違いして俺に予定入れやがって、それが発覚したのが当日クライアントの最寄の駅に着いてこれから向かう旨の連絡を入れた時だった。

明日(つまり本当のアポの日付)に予定を入れると、明後日に朝から入ってる地元のクライアントに行くことが出来なくなるし、その地元のクライアントは俺が既に数回行ってるとこだったから、急遽別の奴に明日の予定を代わってもらって俺は地元に帰ることに。



551 :539:2005/10/03(月) 01:07:32 ID:D9EK9OAh0
「今ら帰って飯の時間は間に合わんしなぁ。とりずこ西ちでってぼち帰か」

ってって家たのが晩の10時らいかな? 

途中で2回ほど沙織に電話たんだが、1回目は圏で2回目は湿呼び出しけで通じなかった。

沙織は電話を鞄の簿に入で呼しに気付い事くあったし、それ自体はてなかった

ンシで歩帰ってきたら、マンション前にタクシ使まって、支払のサインてた。

ここらは予想通り出てきたのが沙織と知らない

瞬声が出そになったの時に上の管理人さとのが頭に浮かんで声が出なか


そうこてる沙織その男は組んでマョンに入って行った

ジ?浮気?沙織?でもたよな。ってたり家族だっりしなきゃ腕なんて組まねーよな



553 :539:2005/10/03(月) 01:08:24 ID:D9EK9OAh0
いやいや、見間証拠外からの電気点いてないし」

……点よ、電


「はぁ?でも同棲てんのに宅で浮気んてするか?管理人さんに見られてんのに」

でもあいつの中甘くるとこぁ。いや、世の中じゃなくてを、か

や、それにってくらなでも…


みたいに頭の中でと俺でっと話してたんだ、近くの自販機でーヒ買って飲んだらちょっと落ち着いてきた。

「とりあこっそり部屋って様子てみよ

うち部屋玄関イレ・LDKと続いて、その奥に二人の本棚め尽くされたと寝室る2LDK。こっそ沿玄関入っLDKに二人が居るならたぶん気付く。の奥居るなら…。

俺は稿寝れない織が寝た後そり家を漫画喫茶行くことよくあるで、音を立てに玄関ドアを開けるのは得

頼むLDKで話し声がくれよと思いなら入

 ん 、 話 し  は し な  け  奥 か ら 物 音 は   え  調



554 :539:2005/10/03(月) 01:09:06 ID:D9EK9OAh0
「マジ浮気かよ……」

と思いながらこっそりLDKまで侵入すると、やっぱり寝室から音が聞こえる。もちろんギシアンの。

(申し訳ない、ここからなんだけど、男が何言ってたかは覚えてない。つーか記憶から消してる)

「ああっ、そこっ、そこ舐めてっ」

「うんっ、いいよ、ああぁっ」

「ねぇそろそろ挿れて? 舐めたげるから」

チュポッ、じゅるっ、ジュルルル、ちゅぱっ。

「ほら大きくなった。元々大きくなってたけど」

ずぬっ、ずっ、ずぽっ。

「ああ、いい、いいよっ」

「もっと突いてっ。ああっいっちゃうっ」


たぶんこの間20分くらい?寝室のドアの横に座り込みながら色んなこと考えてた。

「あー、やっぱ浮気か。すげー、夢ん中みたい。むしろ悪夢?」

「でもあいつ本気で逝く時って声出なくなるかんなぁ。イくってのは演技か?」




556 :539:2005/10/03(月) 01:10:24 ID:D9EK9OAh0
「いや、普段俺としてる時のが演技ってこともあるか」

「何してんだろ俺。止めねーとなぁ」

「でももうどうでもいいや、AVだとヤってるの見てたら勃つのに、いま俺まったく勃ってねーし」

「とりあえずでも終わるの待つのもアレだしなぁ、止めねーとなぁ」

こんなこと考えて、とりあえずキッチンに。

「えーっと、俺喧嘩弱いしなぁ。とりあえず武器武器、と」

「包丁と、あ、食事用のナイフが何本かあるな」

右手に包丁持って、左手に数本のナイフをもって寝室へ。

ガチャッ、ドギャッ。

ドアを開けると同時に右手の包丁をドアに突き立ててみた。

「ひゃぁっ」

なんか二人して変な声たててた。仲良いなぁ。

「俺の家で何してんの?」

とりあえず突きたてた包丁持ったまま。



557 :539:2005/10/03(月) 01:11:38 ID:D9EK9OAh0
●っ?! えっ?

ッ、と音たてて包丁をき抜く

物の軽いドアだとうい楽。

男はなんか「あわわっ」とか言ってがする。


いや、何やってるかわなくや。見れば分るし


「違うの、あ、これは……


殿き抜いたにナイフと一緒持ち替え、ナ一本右手に。


「そえばさ一回やったんだ。 ほら、サーとかでよくやる


「は?」


げナナイフ投げれすれとか突き立てる奴」


手のナイフの一下持男に向けて狙を付けてみる


「や、やめっ」


言葉になってないし

く考たらが食事のナイフ投げたってまともに投こないてこと思うんだが、俺も向静じゃなかったから。

「とえず、あと10秒たらどうする

したら男はなんかめき声出しながらパンツ履き



558 :539:2005/10/03(月) 01:12:38 ID:D9EK9OAh0
「服着てるの?あ5秒しかないよ?

そう言って一旦ドアのそら離る。

リビのソファのとこ男の鞄みたなのがあったけど俺がってるせいで結ンツだけで家飛び出してった

び出していった後かけてッチ丁とナイを置いて寝室戻った。

沙織

まだ全でベッドにへたり込た。

「あのさ順番違くない?

え?


や、さっきの奴が好きになら、 まず俺と別れてからゃないの?てこ

! 


何が? だって俺別れる違う男と付き合ったら浮気じゃん。そともさの男が好きなわけじないの?

「うんっ、うっ、好きなんじゃない。なのは●ん!



561 :539:2005/10/03(月) 01:14:16 ID:D9EK9OAh0
「は? じゃぁ今までここでしてたことは何?」

「……ごめんなさい」


「質問の答えじゃないし」

「もうしないから許して? ね? お願い」


「……お前な、いいから質問に答えろ。今さっきまでここでしてたことは何だ?」

「う、浮気、です」


「だろ?で、お前は許せと来た。あのな、普通に考えて許せると思うか?」

「ごめんなさいっ、許してくれるならなんでもするからっ。お願い!」


この辺りで泣き出したんだと思う。


「そうやって今まで許してきたよな?俺のカード使って20万使った時も、お前のせいで俺が親友と縁切られたときも。ほら、すぐ泣く。泣いたら許してくれるってのが間違いなんだよ」

「はい……ぐすっ……」


「なんでもするんなら、とりあえず出てけ。荷物は後で送ってやるから」

「いやっ、お願いっ。別れるのは嫌なの!ごめんなさい!ほんとにもうしないから!」


まだ泣いてる沙織は放っておいて、携帯取りにLDKに戻った。



562 :539:2005/10/03(月) 01:14:46 ID:D9EK9OAh0
プルルルル……5回ぐらいの呼び出し音で通じた。相手は沙織の御両親。

当時からお盆や正月どころか月一ぐらいの割合で御挨拶に行ってたし、お義父さんとはよく酒飲みに行ってたので話は通じるし、とりあえず連れて帰ってもらおうと思って。

「夜分遅く申し訳ありません、●●ですけれども」

「あら、●●さん、御無沙汰してます」


「こちらこそ御無沙汰しております。お変わりなくお過ごしでしょうか?」

「お蔭様で。何か御用事?」


「いえ、こんなことを申し上げるのは心苦しいのですが、先ほど家に帰って参りましたら沙織さんが見知らぬ男性を家に上げておりまして」

「は?」


後ろで沙織が何か喚いてるが、無視。

「端的に申し上げれば、寝室で浮気の真っ最中だったものですから」

「……ご、御冗談、では、ないのですか?」

「申し訳ありませんが……」




>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様