2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

自分の不倫でずっと悪夢にうなされている

 



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/furin/1651461214/


5 :1 :2022/05/02(月) 12:24:02.53 0.net
まず軽くスペックを

不倫開始当時 34歳(2015年頃)

職業は専門職

雇われから独立するちょうど転換期の出来事です


当時の嫁は5個下の29歳

子供はいません


昔 京都で働いていたときの職場内恋愛で 自分の転職で東京に引っ越す際に結婚しました



6 :1 :2022/05/02(月) 12:29:28.18 0.net
先述通り妻とは同じ


の噂のことを気にる子いると

回食事でもという話に、あれよあよといううちに交際開

京都での交際期間はとくに波く、適度にデトや旅行を

特筆するようことなし

このときら彼女のこと本当に好きだったのかどかは自分でもわかりせんで



8 :1 :2022/05/02(月) 12:32:50.91 0.net
やがて自分の資格取得の関係で東京への転勤をすることとなり 彼女にどうするかと聞いたら ついていくと即答

彼女も都内に転職先を見つけ結婚することとなりました


新婚旅行はフランスへ 式はフランスの教会で二人きりであげました

そのときの彼女の横顔は今でも目に焼き付いています



9 :1 :2022/05/02(月) 12:36:10.12 0.net
東京での最初の2年は それなりに楽しかったです

転職で収入が増えそれなりに裕福な生活になり

彼女自身も手探りながらも初めての東京暮らしを楽しんでいたと思います


やがて彼女は退職 専業主婦となりました



10 :1 :2022/05/02(月) 12:40:55.19 0.net
2年ほど東京の職場で働いたのち その職場の上司からの誘いで独立を決意

当時の職場を離れることになりました


そのときの送別会から私の罪がはじまります。






11 :1 :2022/05/02(月) 12:43:29.31 0.net
もともと職場の飲み会に参加することは ほとんどなかったのですが

さすがに退職時は行ったほうがいいだろうというのと

とある部署の職員から強い誘いがあって 行ってみることになりました


妻は特に嫌な顔もせず 行ってくればという感じでした



12 :1 :2022/05/02(月) 12:47:54.67 0.net
送別会に行ってみると みなさんが席順をくじで決めており

私もくじをひこうとしたらメンバーから

”Aさん(以下私の名称)は席決まってます”と言われ 言われるがままに奥の席へ

そのときは 送別される側だからお誕生席みたいな感じなのかなと深く考えていませんでした



15 :1 :2022/05/02(月) 14:19:02.92 0.net
についたら

個室で そこには顔がみたことあ名前わかいBさんと 他同僚 

男女2人ずつくらいの席だっ



16 :1 :2022/05/02(月) 14:26:36.22 0.net
そこで軽く自己紹介されたのち

飲み会スタート 

最初は大人しく飲んでいたが途中からBの猛烈アピールが始まった

どうやらたまに部署にくる私は ずーっときになっていたらしく いつか一緒に飲みたかったらしい


相手が褒めちぎるってくれる上にお酒の力もあり 私も どんどん気持ちが高ぶってしまい

一次会終了したのちに二人で抜け出し、二人でバーで飲んだのちホテルへ直行してしまった


ちなみにBはギャル風でややヤンキー

既婚であったが、子供はなく 結婚してから ほぼほぼセックスレスで近く離婚すると言っていた


嫁とは真逆の性格で さらに体の相性が良かったBに私自身 かなり引き込まれてしまった



17 :1 :2022/05/02(月) 14:28:27.93 0.net
やがて私は独立し 前職場を離れたが Bとの関係は続けていた

定番だが 残業と偽ってホテルで密会したり

出張のついでにBを連れて行ったりとやりたい放題だった



18 :1 :2022/05/02(月) 14:31:06.00 0.net
そうこうしている間にBは本当に離婚

Bの旦那も私の存在を うすうす感づいていたようだが そもそも私との関係性が始まった段階でB夫婦の関係性は破綻していたらしく 特に詮索もされなかったようだ

Bが一人暮らしを始めると同時に私とBの密会回数は急増していった



19 :1 :2022/05/02(月) 14:37:12.16 0.net
反比例して妻との夜営みは激減

身も妻への どんどんめていき、正直子供もないし、今妻と離婚してBと再婚すもいいなあと本気でえ始めていた


は急っていく夜の数と 私のの多に徐に不安惑いをつのらせて はたから見てもよわかっ

度も浮気るのでは問い詰れたがシラ切り続け カウンターとて妻に離婚を切出すいう 人間として最低やり取りを繰返していた



20 :1 :2022/05/02(月) 14:41:59.44 0.net
その日は 突然訪れた

忘れもしない 2016年1月 雪の日


世の中はベッ○ーの不倫でざわつき 文春砲元年と言われた時期の出来事だった


仕事中 私の職場に妻からの電話

家においてあるiPadを見た妻が共有化されたBとのSMSを見たとのことだった


読み上げられるメッセージに頭が真っ白になりながらも

これで自分は離婚ができてBと結婚できるなあと どこか冷静に考えていた



21 :1 :2022/05/02(月) 14:51:23.67 0.net
その場はなんとか話を収め もういっそ離婚してしまおうと思いながら車で自宅へ


謝罪し 慰謝料の話をし 私の気持ちは もう妻にはないことを告げた


そのとき 久しぶりに彼女の目をみて話をした

ふと彼女の涙ぐむ目を見たときに違和感を覚えた

本当にこれでいいのかと 

しかしこのときは自分の感情をあえて流してしまった


驚くことに彼女は再構築を申し出てきた

Bと戦って慰謝料を取り もう一回夫婦としてやり直したいと


でも自分も もう後には引けなかった

私はBが好きなんだと思いこんでいた






22 :1 :2022/05/02(月) 14:56:06.59 0.net
妻への謝料1000万とした

弁護士か破格金額いわれていた、彼女の再出発な分Bへの慰謝料の肩わりの意味も込めての金額にした

謝料は なぜか分割にして欲しい妻にわれた

まずに妻への引っ越資金50万 その後20万ずを約4年か払う形とな



23 :名無しさんといつまでも一緒:2022/05/02(月) 14:59:57.65 0.net
元妻のほうが良い女だな


26 :名無しさんといつまでも一緒:2022/05/02(月) 15:36:25 ID:0.net
馬鹿が福の神を捨てて貧乏神を拾った話?


40 :名無しさんといつまでも一緒:2022/05/02(月) 16:27:08.40 0.net
>>23 >>26
そうだと思います



24 :1 :2022/05/02(月) 15:11:29.37 0.net
東京の家には引き続き私が住むことになったのだが 彼女が引っ越すまでの間は 私は家から出た

あろうことか その間 Bの家に転がり込んでいた


彼女と1週間を過ごし将来の話をしていた

子供は何人ほしいとか結婚は いつにしようとか

今から考えたら 我ながらヘドが出る


しかし このときも違和感を感じた

Bと会話がちょくちょく噛み合わない

彼女とこれまでにないくらいの長い時間を過ごしながら少しずつ自分のやってしまったことへの不安が募っていった



25 :1 ◆KuzxztGbutXy :2022/05/02(月) 15:31:42 ID:0.net
1週間で彼女は出ていった

家に帰った私はびっくりした

家がものすごく片付いていた

さらには洗濯物もすべてアイロンがけし

冷蔵庫には一週間分の惣菜の作り置きと3合ほどのご飯が炊いてあった


この瞬間 私は心から後悔した

そもそも私は妻に不満などなかったはず

不倫しているときも毎日夜遅くまで不安な中も家で待ちながらご飯を作り ただ一人で家で待っていてくれた

私は なんてものを失ってしまったのだろう…

私は妻がいなくなった家で号泣


私は妻に電話しようかと考えた

でもやめた

彼女は私と一緒にいるべき女性ではない

こんなクズと一緒にいても彼女を苦しめると


せめて慰謝料は きちんと払おうと

そして自覚した 

もう後には引けないんだと




27 :無しさんといつまでも一緒:2022/05/02(月) 15:39:56 ID:0.net
この男は完全自分のると飽きるタイプ


40 :名無しさんといつまでも一緒:2022/05/02(月) 16:27:08.40 0.net
>>27
当時の私はそうだったのかもしれません




28 :1 ◆KuzxztGbutXy :2022/05/02(月) 15:40:26 ID:0.net
Bとは改めて付き合した

は妻と真逆の女

お酒が好きでパチンコ好き

酒をあまり飲まなかった前妻とい 仕飲みにいくのは鮮で最初は楽った

分の年もあに飽きてし



Bは一年 私の引っ越し来た

こから獄がまった

彼女は酒だった

同棲前はと会うきには おを控えていらしい

私の自宅化ると毎日


の前の道端で倒れてていともしばしばあった

救出さもよく

ただこのときは まだシだ





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様