2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

狼の護符と守護像を探しに春の秩父へ行ってきたので写真うpする

 



http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367935101/


1 :名無しさん :2013/05/07(火)22:58:21 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092866.jpg
_1

毎度お晩でございます、護符マニアです。

今回は、先日に引き続き秩父の山岳地帯に鎮座する神社の中でも参拝するに当たって最も難度の高い両神山中の諸社への登拝、並びに、春の例祭の行われる荒川地区の二社への参拝、そして秩父において最も奥地に鎮座する狼を眷属とするを神社への参拝という三本立てのレポを致しますので、お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。


5 :名無しさん :2013/05/07(火)23:11:36 ID:wh1tgIlrj
【4月20日】両神神社(里宮・本社・奥宮)・両神御嶽神社(本社)

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092867.jpg
_3

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092868.jpg
_7

前日の夜(19日)の勤務終了後に都内から西武秩父に向かって出発し、22時半過ぎには秩父駅前のビジネスホテルに投宿、翌朝8時半前には西武秩父駅前発の小鹿野(おがの)方面行きのバスに乗車します。

小鹿野町役場前で一旦下車し、幾つかある両神山の登山口である日向大谷(ひなたおおや)行きの町営バスが来るのを待ちます。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092869.jpg
_15

なお、当日は ご当地の小鹿神社の例大祭である春祭りでして、自分がバス待ちをしてる間に、停留所のはす向かいの詰め所から、きらびやかな装飾が施された、見事な屋台が曳き出された所でした。


6 :名無し :2013/05/07(火)23:12:20 ID:iIVxVpe9r
るじ簿


8 :名無しさん :2013/05/07(火)23:17:58 ID:wh1tgIlrj
さて、程なくしてやってきた町営バスに乗り換え、交通規制に巻き込まれつつ終点の日向大谷へ向けて、徐々に細くなっていく山間部の道路を進んでいきます。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092870.jpg
_31

そして、バスに揺られること1時間あまり、終点の日向大谷口へは10時前の到着。

既に3ヶ所ある駐車場はいずれも満杯で、早くから登っている人たちが多数の模様です。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092871.jpg
_63

まずは登山の前に、これからの道中の無事を祈願…という訳で両神神社の里宮へ。

駐車場脇の階段を上がり、高く積まれた石垣の脇を行くと鳥居と狼の守護像が現れます。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092872.jpg
_127

こちらの像は、昨年の5月に初めて参拝した際に対面済みですが、まだ狼の雰囲気のある阿像と違って、吽像の方は まるでラクダを思わせるような特異な造形で、しげしげと見つめてしまいます。


9 :名無しさん :2013/05/07(火)23:24:33 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092874.jpg
_255

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092875.jpg
_511

上から覆い被さるような神楽殿と本殿の間の細い参道を潜って石段を上がり、かつては寺院(明治初期の神仏分離の際に神社へと変わりました)であった独特の佇まいの里宮へと参拝します。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092876.jpg
_1023

お犬様(狼)の御神札が収められたケースも、以前の参拝時にはガラスが割られて酷い有様でしたが、今回は修理済みで一安心でした。





10 :名無しさん :2013/05/07(火)23:25:44 ID:ZwzczJr4M
ラクダwww


11 :名無しさん :2013/05/07(火)23:27:33 ID:poloPRqbV
ほぉ 雰囲気ある


12 :名無しさん :2013/05/07(火)23:32:11 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092877.jpg
_2047

拝をた後は、登山ポストへのけ出を行民宿・両神山荘のら登へと入っています。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092878.jpg
_4095

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092879.jpg
_8191

山道に入なくして、行手に居が現れますが、ここけた脇に江活躍た勧者の像を祀る祠がすので、ここで一して いよいよ緑深い山中を踏

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092881.jpg
_16383

登山道は多少のアップダウンもありますが割合に平坦でほど苦労もせずサクサクんでけます

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092882.jpg
_32767

道中には、石仏や御嶽講(おんたう)にる登拝記碑などいった、こ両神山が信仰の山語る石が諸に点在しています


13 :名無しさん :2013/05/07(火)23:34:28 ID:O4yyLthjk
トトロ居そう(´・ω・`)


14 :名無しさん :2013/05/07(火)23:42:29 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092883.jpg
_65535

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092884.jpg
_131071

登山口から1.5キロで七沢滝コースとの分岐点に当たる「会所」に差し掛かります。

ここでは手持ちの登山ガイドに従って七沢滝コースを見送り、下に見える沢へ降りて対岸から続くコースへと進みます。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092885.jpg
_262143

そして、また沢を渡って進んでいくと右手の岩陰に不動明王様が登山客をまるで見守るかのように、はたまた叱咤するかのように佇んでいます。

余談ながら、このあたりは新緑が実に綺麗で「目に青葉…」とは、まさに こういうものか…と実感することしきりでした。


15 :名2013/05/07(火)23:47:32 ID:EDSimESRg
>>14
の川


16 :名無しさん :2013/05/07(火)23:48:38 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092887.jpg
_524287

そして少し登っては渡り、また少し登っては対岸へ…と、沢を往復すること数回、今までの平坦な登山道とは打って変わって、足元にはガレた岩場の急坂が続きます。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092887.jpg
_1048575

全行程の半分を過ぎたあたりで「八海山」に到着。

ここらで、ようやく道程の半分ほど…といったところでしょうか。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092889.jpg
_2097151

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092890.jpg
_4194303

この先は、九十九折の急勾配を登っていくと、貴重な水場の「弘法之井戸」。

水量は地面に通した塩ビパイプの先からチョロチョロと流れ出る程度ですが手持ちの空のペットボトルを満たすには充分です。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092891.jpg
_8388607

そして、そこから更にひと登りすると、清滝小屋に到着します。

かつては宿泊施設として営業していましたが、前の管理人さんが亡くなったため、現在は避難小屋として一部を開放しているそうです。

ここで時計を見ると12:40。

ちょうどお腹も減ってきたので、小屋の前に設えてあるベンチスペースで昼食タイム、エネルギーを補充します。


18 :名しさ :2013/05/07(火)23:56:35 ID:wh1tgIlrj
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092892.jpg
_16777215

後は小屋の裏手から山腹を登っていき「鈴が坂」を過ぎて両神山の頂泰尾根んたいね)ます

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092893.jpg
_33554431

さて、両神山の登山は、こ鎖場&縄場が数所続ます。

とは言って、そこまで危言うほどでもないので断しなけば無問題。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092894.jpg
_67108863

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092895.jpg
_134217727

岩に足をし掛け登り、るで獅子の顔な「横岩」を過ぎ次第に傾が緩なった先を見上げるとが目にび込んでき





20 :名無しさん :2013/05/07(火)23:59:07 ID:flj1pJz/J
>>18
すげーな


21 :名無しさん :2013/05/08(水)00:02:44 ID:boX9aso3i
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092896.jpg
_268435455

ここで、今回の主目的である、両神神社の本社に ようやく辿り着きました。

ややもすると手前に倒れてきそうな鳥居の両脇に、お目当ての守護像が控えています。

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092897.jpg
_536870911

どちらの像も割合に小ぶりですが、阿像の方はニヤリとした、はたまた、おどけたような表情が印象に残ります。



22 :名無しさん :2013/05/08(水)00:05:42 ID:1URebNYBH
木やべえw


23 :名無しさん :2013/05/08(水)00:06:45 ID:CbIipg153
狛い…ぬ?


27 :名無しさん :2013/05/08(水)00:14:33 ID:boX9aso3i
>>23
タイトルにもありますように、ここいらの山岳地帯の神社の像は、そのほとんどが狼でして、いわゆる獅子や狛犬では無いのですよ。



24 :名無しさん2013/05/08(水)00:08:14 ID:boX9aso3i
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092898.jpg
_1073741823

http://viploader.net/jiko/src/vljiko092899.jpg
_2147483647

殿を覆うトタン造殿の格の上には、詠み人と知らず題された和歌のられた木板打ちられた。

歌にいわ

【東路に 八日山の こめて 暗き 谷川の音

八日見山は両別称。日本武尊のの折、山容に感じ入った尊飽くこ見続けなら進たという伝承によるのです。

自分も…と言う訳

川の 音も幽か 八日見の 山の真神は みて

…お粗末

- Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A5%9E



25 :無しさん :2013/05/08(水)00:11:12 ID:23rrit8D4
ボロボロやな


27 :名無しさん :2013/05/08(水)00:14:33 ID:boX9aso3i
http://viploader.net/jiko/src/vljiko092900.jpg
_4294967295

そして、両神神社本社のすぐ隣には、同じく狼を神使とする、麓の浦島口に里宮のある両神御嶽神社の本社が鎮座しています。

なお、こちらは御嶽は御嶽でも、いわゆる武州・御嶽の「みたけ」ではなく長野県は木曽御嶽山を拓いた普寛行者の弟子、順明行者によって建立された「おんたけじんじゃ」になります。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:旅行記(旅スレ)  |  タグ:国内,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様