2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

1年ぶりに大好きだった女の子と会った

 



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1377303765/


1 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:22:45.87 ID:MHNsDx860
チしたけど結局付き合えずに終わっの子と1年ぶりに会った

は満れているはなんだけど,ぽかり穴があいたいう殿・・・

こでかせてくれ


2 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:25:07.87 ID:MHNsDx860
俺   22歳 ヒョロメガネ

Nちゃん 22歳 美少女 ミスキャンに選ばれた


出会いは大学1年の夏休み明けに始めたバイト.

一浪しやっと入れた大学で,うはうはな大学生活を送っていた.

ただ工学部のため出会いが少なく,彼女がいない日々を過ごしていた.

サークルの先輩から「バイト先は出会いがあるぞ」という話を聞き,1年後期からバイトをすることにした.

駅近くに飲み屋街では,他大学の学生が多く働いていて「きっと出会いがあるだろう.」と適当に応募.一発目で採用となった.


3 :名無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:26:24.80 ID:MHNsDx860
にNちゃんが働いていた.

俺と一浪で,近くの大学だ.

く可て気りができるいい子で初めて一目惚れをした.

の先輩お前て彼女いる

「いないっス会い求てバイめたみたすよww」

先輩「そーなんかwwそーいやNちん彼か聞いた

なかで雄叫びを上げた.あんな可愛い子き合えるなんて幸せすぎる.

あの捧げよう.馬鹿野郎な俺はアてないのに喜んだ.

しかしアドレス聞ないにまずえてくれいるかどう安だ

美少メガネ馬鹿に振り向いてだろか不安で仕方がなか

とりあえアドレうにも,チキンメガ鹿野郎の俺は「アドレス交換しよう」が言い出せかった.

に書いて渡そえた.しかしポケれたまま「かれさま」しか言えなかった.





4 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:27:41.73 ID:MHNsDx860
また休憩が重たとき俺は勇を振り絞った

「アドレス交換し

Nちゃんいいよー!」

あっさりアドレ交換,最も肝ことえながら聞いた.

俺「Nちゃんってま彼氏の?」

Nちうんいるよー姉妹店の社殿さん」

あっ・・そーなんだ!へぇ〜いなぁ〜…

平静を装っていたバレバレっただろう.が上ずった.

なんも俺がってくる一ヶ綿き合い始めただ.

「仕諦め…」


6 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:34:14.47 ID:MHNsDx860
しかしシフトが被るたび,顔を合わせるたびに俺のなかで感情は大きくなる.

そんな数ヶ月を過ごし大学一年の12月,震える手でメールを送った.

「ご飯行きませんか?」

数十回とセンター問い合わせをし,返信を待った.

Nちゃん「いいよ!どこいく?」

俺は雄叫びを上げた.可能性があるぞ!!あんな美少女と付き合えるぞ!!

馬鹿野郎である.ただご飯に行くだけだぞ…


9 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:42:36.67 ID:MHNsDx860
すこしおしゃれなカフェダイナーで食事をした.

意外にも映画の趣味が合い意気投合.

SFもB級もコメディも想像以上に趣味が合う.

そして映画の約束までこぎつけた.


さらに天狗になる.おっいけるんじゃね!?これ彼氏よりいいんじゃね!?

とにかくうぬぼれていた.


数回映画や食事に行き,バイトでも仲良く喋り,より一層仲良くなっても,気持ちを伝えることも,手を握ることもできなかった.

相手には彼氏がいる.

そのことがチキンの俺をさらにチキンにさせた.

このままの関係の方がいいんじゃないか,

ここで告白したら今までの関係が崩れてしまうんじゃないか

Nちゃんと一緒に過ごす日々に幸せを感じつつも,このまま付き合えないんじゃないかと不安になった.

好きで好きでたまらない.しかし彼氏がいる.彼氏がいるのに俺と仲良くしてくれる.

俺はただの”友達”なのか.

俺がただ自惚れているだけなのか.


10 :貿名も無き検体774号+:2013/08/24(土) 09:44:44.01 ID:MHNsDx860
ある日友ブに行こうという話にった.

「Nちゃってみるかなぁ…テキーラせてデフwwwwww」

少し興味くNち西来て

テキーラを飲みロアで踊る.

少しずつNちゃんに体寄せた勢いでで告白をした.

俺「俺,Nちゃん好.」

Nちゃん微笑んでくれた.

顔を寄せると拒むことはなく,すんなりれてた.

いつも別れる交姿でNちゃんを抱きしめ


俺「Nのきだから

Nちゃんはま笑みながら

Nちゃ「もう少し早くイトにこいよバカ


11 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:49:24.31 ID:MHNsDx860
家に帰りながら少し泣いた.

コンビニで酒を買い,歩きながら飲みながら少しだけ泣いた.

もう少し早くバイトに応募すればNちゃんと付き合うことができた.

こんな苦しい思いをしなくて済んだ.

タイミングが悪すぎる.

まぁまぁ時間があった1年前期に遊んでいた俺を悔やんだ.


もう少し早くバイトをしようと考えたら.

もう少し早くNちゃんに出会っていれば.考えれば考えるほど涙が止まらなかった.

もうNちゃんは俺のなかでとても大切な人になっていた.


12 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:54:26.13 ID:MHNsDx860
その後も,Nちゃんは映画にもご飯にも付き合ってくれた.

絶対付き合える.当時はホントにそう確信していた.

映画を見て,いつものカフェダイナーに行き感想をいう.

本編前の予告で気になった映画を今度みよう!と計画を立てたり.Nちゃんと一緒に過ごす時間は本当に充実していた.





13 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:56:36.34 ID:MHNsDx860
そして大学二年の4月,俺とNちゃんは誕生日を迎えた.

Nちゃんのほうが一週間誕生日が早く,俺はいつもの店でサプライズケーキを出した.

Nちゃんの誕生日当日に彼氏じゃない俺が祝うことができた.

彼氏には確実に勝っていた気がした.


そして一週間後の俺の誕生日はNちゃんと映画を見てご飯に行った.


14 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:57:24.37 ID:MHNsDx860
俺「今日はありがとう!ちょっと飲み足りないしどっか行かない?」

Nちゃん「お誕生日おめでとう!ごめん!今日はもう帰るね!またバイトでね」

俺「そっか!それじゃまたバイトで!」

一緒にいれただけで最高の誕生日だった.

これから彼氏に会うのかな…と うつになりながら帰ろうとしたとき,

Nちゃん「あーでもちょっとカラオケ行きたくなっちゃった」

いつまでも一緒にいたかった俺は,すぐに苦手なカラオケへ向かった.

二人きりで密室…行ける今日は行ける!!

うおおおおおおおおおお!!!!!!

謎の自信に満ち溢れたいた.

しかしお酒の弱い俺は少し寝てしまった.

そして起きたとき心のなにかが弾け飛んだ.


15 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 09:58:39.79 ID:MHNsDx860
俺「なんで俺に優しくすんだよ!俺に気持ちを弄ばないでくれ!!」

泣いていた.どうしても止まらなかった.

Nちゃんを罵り,俺の気持ちをわかってくれ!

と泣きながら訴える.いま考えるととても情けない…

しかしNちゃんの事が好きで好きで仕方がない.

「もっと早く会っていたら付き合っていた」

そんな優しい事を言うNちゃんが愛おしくて,でも彼氏がいるからこれ以上近くには行くことができない.

歯がゆさ,もどかしさが限界を超えてしまった.

涙が止まらなかった.どうしても止めることができなかった.

大好きな子の前で声を出して泣いた.


16 :名も無被検体774号+:2013/08/24(土) 10:04:48.83 ID:MHNsDx860
翌日Nちゃんから電話があっ

帰り遅いと心配した彼氏がNちゃんに

ろいろ問われ,今までのことをすべて話しそうだ.

て彼から俺にがあるとのこだった.


し合いの

はバ辞め,Nちゃんとの接触切しないということった.

ったあNちゃんに最ールをした.


俺「ーわけだからwwごんね最後きただけど,俺?」

Nち「ごめん…本に愛せのは氏しいない…」

Nちゃ泣を見れた俺は恥じいもく聞くことができた

後悔.今までのったのか.遊びだっ

学の喫煙所で声を殺し泣い

家に変えると涙が崩壊した.

半年以上片思いNちゃんと今絡が取れない.顔すらとができな


このメでもう今後一切Nちゃんに関われ

ただただ泣いた.泣き続けた

が枯れるってホント稿ったんだww


にかく泣た.食欲も一大学も

週間酒を飲み泣いて疲れて寝を繰返し


18 :名も無き被検体774号+:2013/08/24(土) 10:10:06.94 ID:MHNsDx860
ほんとチラ裏でごめん

心のモヤモヤをどうにかしたいんだ…

続けます



しばらくしてやっと落ち着きを取り戻し,大学に復帰,新しいバイトを探した.

店長「前のバイト先はなんでやめたの?」

俺「えっと…社員の彼女に手出しちゃってww」


一発で採用.

このエピソードが面白かったからだそうだw

数ヶ月たったころ新しいバイト先で共通の趣味をもつ,いまの彼女と知り合うことができもできた.

付き合うことになり幸せな生活を送った.


Nちゃんのこともいい思い出になっていたし,

社員の彼女に手をだしたと笑い話にまでできた.


19 :名も無き検体774号+:2013/08/24(土) 10:12:32.31 ID:EoJkasnm0
んだよ結せにった

辛かが、まーおめとうだな

長く爆発し




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様