2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

台風が不倫のきっかけになってしまった

 





167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

スペック(一昨年九月時点)

自分、32歳工場勤務製造担当

家族、妻24歳,長男2歳,長女妊娠中、妻が大学を卒業してすぐに結婚して3年目



彼女、26歳独身研究開発部勤務

小宮悦子を若くした感じの知的な容姿、京大卒の才色兼備。

勝気そうな顔立ちと174cmの長身が相俟って男性連は敬遠気味。

気の弱そうな男子数人に告られた事は有ったが、断ったらしい。

容姿に似合わず性格は温厚で優しい頑張り屋。

工場には試作品の製造立ち会いや評価で工場には何度も来ていて、何度か一緒に飲食を共にしていた。

自分に好意を持っている事はわかっていたが、当時は新婚だったし綺麗な子に好感を持たれて嬉しいなという程度だった。



168 :名無しさん@お腹。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

製品化品の製造日程,価格等の最終打ち合わせの為、自分と彼女、業担当者の三人東京都内引先にた。

ら雨降り、台風が接近しいたが午前中にアポを取っていたの、昼過西にすぐに帰る予定でが、取引先で製造日程等ち合わせを終えてぐに京駅向かったが、新幹線が全列運休

会社に連絡し一泊た後明日朝る旨を連、新幹刻を翌日に変、あこちのシィホテルに電話を、辛うじてK県Kジネスホテルの喫煙シングル,禁煙ダブルの二室を確保した。

営業員から「()実家にまる事しまた。明日で待合わせましょう(ホルの)領収書間違いなてください。」と言われて別れた。



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

彼女と東京駅の地下街で昼食を摂った後、ホテルには16時までは入れないと言う事で、コーヒーショップで午前中の取引先とのやり取り等の話をしながら、時間をつぶし、通勤電車に乗って16時30分ころにK崎駅に到着した。

台風が来ている事も有り、一度ホテルに着いて また夕食を摂りに出るのも億劫だという事になり、K崎駅の駅ビルでビールや弁当つまみ、着替えの下着や靴下,彼女はストッキング等も購入してホテルに到着すると18時過ぎになっていた。

自分も彼女も非喫煙者だが、彼女にはダブル禁煙に泊まってもらい、自分はシングル喫煙に部屋を取った。

大半の荷物は自分が持っていたので、彼女に「食べ物やビールすぐに持っていくけど、悦ちゃん(以下、悦子かえっちゃんのに略します。)の部屋に遊びに行って良い?」と聞くと、

「大歓迎です。二人で(昼間の出張の成功)祝杯あげましょう。着替えたらすぐに連絡します。」

と言ってくれて、もしかしたら?という思いが芽生えてきた。





175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN .net

どうせ彼女の部屋で飲食をするのだから、とりあえず食べ物や飲み物を彼女の部屋に置く事になり、彼女の部屋に着いてテレビで大雨の情報などを見たり、ビールなどを冷蔵庫にしまっているうちにお腹が空いてきたから食事をしようという事になった。

弁当や総菜,ペットボトルのお茶を出し、夕食を済ませた後、一度 部屋に行ってシャワーを浴びてから彼女の部屋に出直すつもりがビールやつまみにも手をつけ始めて、ロビーに有る自販機でビールとチューハイを買い足し、気が付くと もう夜は更け22時頃になっていた。


ほろ酔い気分になったところで、意を決して彼女にアタックする気でいたが、いざその段になると、彼女は自分に好意を持っている、大丈夫だろう。と思う反面、一歩間違えるとセクハラ、悪くすれば上司に訴えられ会社にはいられない。


最低でも彼女との良好な信頼関係が崩れ、これまで通りには接してくれないだろう。

彼女の事は諦め、仕事上の良きパートナーとして可愛い妹のような感じで接していくべきか。

躊躇するうちに彼女に目を向けると、酒豪で顔色一つ変えずに黙々と飲んでいる。


ええい、もうなるようになれだ。ほろ酔い加減も手伝って意を決して空いている彼女の右手(彼女は左利き)にそっと手を当ててみた。

振り払われれば そこまでだ、軽蔑はされるだろうが、「あまりにも綺麗な手だったから。」とか適当に言い訳すれば何とかなるだろう。


こちらも心臓バクバクだったが、いつもは沈着冷静な彼女にも明らかに動揺の色が見える、しかし添えられた手を振り払う様子はない。

その気がなければ、手を振り払いこちらを睨みつけるはずだ。

脈は十分ある、ここで一気にたたみかける事にした。


自分「えっちゃんが欲しい。」

悦子(えっ!と言う顔をして、動揺の度が増した表情。)

自分「えっちゃんの体が欲しい。」

こちらも極度の緊張で気の利いたセリフを言えず、しばし沈黙の後、悦子が黙って笑顔で頷く。



184 :名無@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN .net

4年ぶりに嫁の女とやれる思うと 妊娠中の妻に対る背 彼女不倫経験者としての記刻みしま事への罪悪感も 妻妊娠でご無沙汰になっている性欲に雲散霧消、もはや理性のかけらもない獣と化していた

ていた左手を彼女の右手からし、肩回しこちらに引寄せ、ウスのボンを外うとると、彼女から「止めてださい!」と強い拒否。

さっき頷たじゃないか。今さ何だよ。と思ううちに

「シい浴びさせださい。朝からこので蒸し暑い中を歩いていたのですから。」と言われた。

なるほどあの蒸暑い中を歩いてのだから全身らけ

女の意見を入れてシャワーを浴びる事し、彼女に先びるようにた。


しか間の張報告をまとめた言わ分から先にシャワ浴びうと思ったになみると幹線の運休も彼女と人きりるシチション宿ていなかっ、ゴを持ていない事に気付いた

女にはみ物を ってくるから。」と言っ部屋を出

くのコビニで彼女から依頼れた菜ジュースやヨグルトと一緒にゴムを備は万端。

ホテルにり客クすると、書を続きてい

もうすぐ終わりど、先に(浴室)入か?」言われが、待つ事し、出がった告書読むと 才女らく訪問の目的から、緯,結果,問題点,今の課題に至るまで的確に書き上られて、その事をめると喜び「長い間待たせてすみませんに。」とい声で言残して着えを持って浴室に入ていった。



187 :無しさんお腹いぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

小用を足にユニットに行くとカーン越し彼女がーを浴びてる。

ほどなく彼女がさっぱした表でバ退ルームからきてベッドに腰掛けたの入れいに自がシを浴びた。

ット中で こから事に及ぶ自分のペニス洗い流すうち、数時間後いつが彼女包まれてと思フル勃起、立していた


シャワーを浴び終わりバスルムを出ると彼女は髪にドラーを当てていた

を乾かし終とベッ座り、ホテル備え季刊誌を読み始め

自分もドライヤーをて終え様子見る為に開けたカーテンめた。

彼女に〔電気消して良い?」聞くとて頷き、長く麗な脚,スムなボディをベッドの中に滑込ませ

の為 彼に「僕も入ってかな?」と声をかけると、やり黙って頷く。

少し出張告書作っていたろは彼女の方気に話しかけていたのに 彼女はこれから自分のに起こる事への緊張と恐怖心から急に口にっていった


横にり込むと、自分の言い寄ったの急に弱気虫が顔出し、、彼女に

「本当に俺でいの?悦ちゃ、本に後しない?」と聞いてみた

子「大丈夫です。」

分「俺 結婚しいて子供もるし。

悦子「ゎ、私(仮称。以称使す。)んの事、ずっと入社した時から好きだったんです。婚の大学生の彼女がいて・・

めての思い白され


自分に持ってくれている事はわかっていたが、そこ自分を思ってくていたと思わなか

妻との偶いがなったら、分と一緒に暮らしているも自分の産んでいるのもかもないと思性欲の彼女にする愛情がえてきた。

が可愛い、愛しまらない。

う自分の中妻に対する背女に不倫歴を残す罪悪微塵なくっていた



188 :名無さん腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

の思いの丈を伝、安心したせい、や落ち着きを取り戻したようだ。

ベッドの中で おを見合せながら、


分「俺、悦(いつの間にかん付けから呼び捨てになった。)が大きだ。愛ている

悦子「。」(薄明かりの中頬を赤らているのがわかる。

とこうして本当に二人りになっゃっれど、怖くない。」

「・・はり、ちょっと怖

分「本良いの

悦子(無言で頷く)


6年前 妻体験の時たよな感じだったのを思いした妻の事を思出せば、女への思いが鈍思いで慌て時の思い振り払った



189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

早速 彼女の綺麗な黒髪に右手を添えて撫でた後、彼女の顔を引き寄せソフトにキスをした。

この時点では彼女も恋愛ドラマのヒロインにでもなったような感覚でいたのか、嬉しそうな顔をしてこちらが舌を絡めても応じて来たし、耳たぶにキスをしても平静だった。

次いでホテル支給の浴衣のボタンに手をかけ、一番上のボタンを一つ外すと彼女の表情が明らかに変化していた。

彼女が異性に衣類を脱がされる事など自分でも覚えていないくらい小さい時に父親に着替えさせてもらった時以来だろう。

成人してから初めて異性に脱がされる事への緊張と恥ずかしさから彼女の体がわずかに震えているのがわかる。

声をかけようかとも思ったが、少し彼女が恥ずかしがる顔を見ながら、上のボタンから順番に外していき、腕部分を左から順番に脱がせて行き、ついに彼女の裸体が姿を現した。





194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN .net

>>189
妻子持ち相手にロストバージンかよww

うちの会社の東大卒の超美人キャリアウーマンに似たようなのがいる。

スペック高すぎると つりあう相手がなかなかいないんだろうな。



190 :名さん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

次い首筋にキ、胸の谷間に顔をうず

その間に自分も浴衣を脱いで二着一枚にった。

乳首めまわし、脇の下,お腹,へそとめまわし、再び乳首に舌這わせまがら、彼下着上か半身の分に当て

子「嫌、止めて。とかい声で言った。

彼女が恥ずかるのも下着はぎ取り、自分もいだ。


まだ分に潤っていないのを確認し、今度は長い肢体身長に似合わず小くて細い丹念にしてみた。

の間を舐めすと、女が

「駄目そんな所、汚れてて臭いかに止めて。と強い拒否反応を示したがここ彼女の息ってい

ここが感帯か?シャワーを浴びていて全くわなかったが、お構いなしに続けてくと彼女が「ああ、もダメ、止めて、お願い。た。



200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

足の指の間,足裏,足の指を一本一本丹念に舐めまわした後、悦子の下半身を見ると案の定、滝のように愛液が溢れ出ていた。

ついでクンニ、軽く舐めまわしてから、舌をすぼめて彼女のあそこに入れると「いや、いや。駄目。ああ〜ん。」と隣室にまで聞こえるかと思えるような雄(雌?)たけびのような声をあげ、慌てて、悦子の口を押さえようと思ったほどだった。


機は熟した。

正常位の体勢に戻し、キスしながら亀頭を悦子の膣口に押し当てると、目を瞑って その時を待っている悦子の体がぴくっと動いたのがわかった。


そこまで行って、重大な事に気がついた。

悦子は自分以上に緊張しているだろうが、久しぶりに妻以外の女を抱く興奮と緊張からか、ゴムを装着する事を忘れていた。


しかもゴムはコンビニに飲み物を買い足しに行った後、飲み物と別にスーツの内ポケットに入れていた。

今の流れなら このまま挿入可能だろう。

中断して取りに行くか このまま続けるか迷ったが、万一の場合 彼女に妻帯者との初体験以上の暗い過去を背負わせる事になる。

僅かに残った理性が辛うじて勝り、生挿入を押しとどめた。



202 :無しさんお腹いっぱい2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

ムを取りに行き、自分のを見ると悦子の愛液で先端ヌルヌルだた。

ゴムを装着るう、再び分のの良心(?)と罪頭をもたげてき

妻帯者っていれど自分の尿を愛してくれ体験の手に選んでくれ わずか数時の間に悦子に対し芽生え


「妹のように慈し綺麗な体のまま生の元に送り出しやれ。」

恋人として ごく普通に男女の関係になって彼女いをかなえやれ


期に、二が錯綜し、彼女に問いかてみ


自分「

子「?」

自分「俺、子もて家気は毛頭なんだ。」

悦子・・・・

子の事、幸に出来ないけ(どそれでも良?」

悦子「いい加減にしてください!」

何回も同じ事聞いて。では入れるからね

悦子(強なずく

自分「痛いだっぐにてね。

悦子「


再度、キから始まりらあそこま軽く愛した後、膣口ニスをて、悦子の顔色をうかがいなが少しずつと挿

か最後入れた所で、動きを止めたに悦子が気付いた


どうした?」

分「悦ちゃんが頑張くれたから全部入ったよ

宿。」


安心したようんまりとしそうな表情が忘れい。

すぐに動かす事も憚られたし悦子の膣内にいるばらく楽しんだ後、今度もゆっくり動き、痛がられ返す内 自分の頭らつま先まの力 すうっと抜け、ゴムの中に気に放され尿



203 :名無@お腹いい。:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

「終たよ。と声をかけ、すぐにゴムを引こう妻との夜のがご無沙のせいかのすごが放出さた。

ティッ量に取り出し、抜き取っ物をンビニの袋に入れ、子のあそ自分のも拭き終えて、包捨て後、悦子に声をかけた。


沿痛くない大丈?」

大丈夫、けれどはりい。ているみ

痛いさせてしまっめん

子(首を振る

自分「悦子には痛い思散々させたれどすごく良かったよ

本当りがう。」

悦子こそ、ずっ大好きだった人と二きりなれ、結ばれ、一つ便・・

声を詰まらせ

分「事、俺も大好きだよ。

悦子「嬉しい抱きつくる

自分(受け止め

悦子と、こてい。ずっと離れい。一緒にいたい。今日の事忘れない。忘れられい。

俺みた帯者を必死に愛しれるの自分一つ報いやれない。

やるせなさと同時にその一途さが何く切なく思えて

、可、可愛い、とにく可愛て可愛仕方が無い

すらを抱きした。


ふと時計を見るともう2時30分になった。

合ったまいつのまに人と殿入り、無事二宿の初は終わった。



 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様