2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

サイコパスの嫁と結婚した結果

 




1 :名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)01:01:15 ID:7Hi(主)
夜だし ゆるゆると語っていく。書き貯めしてないが良かったら読んでくれ。


俺32歳 三流会社員。ブサ面。マジで取り柄無し。

嫁28歳 超美人。ありとあらゆる面で能力高し。


4 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:02:38 ID:mjr
なんで結婚できたの


7 :名無しさん@おーぷ :2016/06/19(日)01:04:00 ID:7Hi(主)
>>4
謎。

だが、今 仮説があて、の理がサイパス感あ


6 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:03:31 ID:7Hi(主)
二人の出会いは幼稚園の頃だった。

嫁は当時の女友達の妹で、病気だった。

その子の親に「遊んでやって」と言われて、何となくゲームとかカードの話をしてやった。

内心 俺は楽しくなかったが、その子のお母さんはいい人だったので期待に応えたいみたいな感じで当時の嫁に優しくしてた。


8 :名ん@ぷん :2016/06/19(日)01:05:15 ID:DqJ
幼稚園年長さんでも相手2歳か……


10 :名無しさ@おーぷん :2016/06/19(日)01:07:58 ID:7Hi(主)
>>8
まん、園なのは彼の方な


9 :無しさん@おーぷ :2016/06/19(日)01:07:20 ID:7Hi(主)
小学校に上がっては ちょこちょこ絡んだ。

4つも年齢違うのに4歳上のと互角に渡り合うRPGのり込みードのコレクシンをいた。

5年生からモルの始め、同時ポーツと作市から表彰されるほど才女った。

な彼が中2年時、れは彼女告白さた。


14 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:10:35 ID:7Hi(主)
この時の彼女は地域で ちょっとした存在となっていて、一方俺は「モテないけど それが青春」みたいな男だったので、相当戸惑った。

全然そんな目で見たことなかったし。

彼女の告白は何ていうか女の子っぽくなく、凛々しい感じで まっすぐ目を見つめながら言われた。





17 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:13:07 ID:99P
wktk


19 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:13:57 ID:7Hi(主)
場所は高校の帰り道で、モテない連合の友達と一緒だった。

俺は恥ずかしさもあり、4つ下の女に翻弄されたくないみたいなプライドもあり、モテない連合を裏切る感じも嫌で普通に断った。

「ごめんなさい」と半笑いで応じた。

(「ちょっと面白いけど もうちょっと大きくなってからねー」的な大人な態度をイメージ)

彼女は凛とした表情で「・・・わかった」とだけ答えて、粘ることなく去っていった。


20 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:16:06 ID:7Hi(主)
当時 俺はランニングを趣味としていたが、2週間以上も彼女のことが頭から離れなかった。

「告白されると意識してない相手でも意識するようになる」みたいな理屈が言われていた時代だったが、まさに その通りだった。

告白から3週間後、彼女がアポイント無しで家に来た。


23 :ん :2016/06/19(日)01:19:09 ID:7Hi(主)
彼女は明勝負かけてきていた。

ともと美人あったが、デル業で洗練された妙なファョンとイク俺はドアを開け瞬間 言葉を失った

女は表情優し便く崩すとゲーを取し、「れ一やりたい言ってきた。

強力プレイ型の単純なアクションゲームだった。

彼女を部に上げた


25 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:20:36 ID:p0g
不思議なとが

.自分大人になってらモデルやたんだが、中学生のモデルって自でメイクすんの

2.男って「お凝っイクだなー」って気くも


29 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:24:05 ID:7Hi(主)
>>25
仕事ではメイクさんがいたりいなかったり。

さすがにプライベートでは自分でするでしょ。

男でも気づくよ!


28 :名無しさんーぷん :2016/06/19(日)01:23:15 ID:7Hi(主)
なみに こ女は日本プクの大学総なめにするほ績だった。

は偏差50程度高校で、大学も同様。

合いれなさぎてテンシン上がるどころか、、「早く帰ないかなとか思いながらゲームをした。

彼女は楽しそうにしていたので、上の貫禄みたいなもの見せつけ勢をはしそームに合った。


33 :ん@おーぷん :2016/06/19(日)01:27:16 ID:7Hi(主)
然 彼がゲームに飽きたのようにベッドに横になった。

「は」とためをついて上着を脱いでこっちを見た。

には気付けたが、は童貞だたし年上のプライドみたいなもだった西

んな彼女「お父さんのお酒持ってきたんだけど、飲む?」俺に言った


37 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:30:51 ID:7Hi(主)
当時未成年だったが、やはり舐められなくなくて「いいね」みたいな感じで答えた。

酒は洋酒の小さなボトルのもので、アルコール度数もそんなに高くなかった。

酔いはしなかったけど、「お互い酔った」という共通認識が生まれて、俺は唐突に「キスしていい?」とか聞いてしまった。

彼女は それには答えず殆ど間髪入れずに俺の唇を包むような形でキスをしてきた。


44 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:34:33 ID:7Hi(主)
童貞の俺は それだけで今日はもう充分!という感じだったが、彼女はゆっくりと服を脱ぎ始めた。

スポーツブラでうっすら腹筋が割れたのを覚えている。

俺は動揺しまくったが、ここにきてもまだ平静を装おうと、「へえ〜こうなってるんだ」と彼女のアレをいじりまわした。

彼女は感じながらも穏やかな感じで、「そちらがよければ私はいいよ」というスタンスで俺のやりたいようにやらせてくれた。


46 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:36:11 ID:99P
中2の時 告白されたのが高校の帰り道ってどういうことや


48 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:37:39 ID:7Hi(主)
>>46
中2なのは彼女の方な


48 :2016/06/19(日)01:37:39 ID:7Hi(主)
の中にった瞬間だけ彼女がるような声上げた

肉を無理やじ開けるよう感覚があったの処女だったのだと思う。

は上手く立ち回れず、射精でに ずいぶん時間がかかってしまが、彼女は ずっと変わらない ンシンで俺を受止めくれた。


51 :名無しさんおーぷん :2016/06/19(日使)01:39:30 ID:7Hi(主)
で二人は付き合ったことになっ

今考えると青臭いが、俺はもうではない自分」「可愛い彼女がいる酔いしれて、その手周囲に吹い回りまくた。

結果の数で俺の方が彼女とれたとかう始末。


54 :しさんーぷん :2016/06/19(日)01:42:09 ID:7Hi(主)
彼女との交 その後 何年も続い

俺は冴えな大学生だっ彼女年々ごい人物にいった。

俺がで普通のリになる頃は既にかなりの額稼ぐ女になっていた沿

(事業内容は特定防止で伏させてい)


55 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:44:12 ID:7Hi(主)
彼女とのデート中、あるいは待ち合わせ中、彼女がほかの男にナンパされたりするシーンは何度も見た。

で、俺が現れると相手の男は「うそでしょ」みたいな顔になった。

これは本当に苦痛だった。





56 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:45:30 ID:7Hi(主)
一番大きな出来事としては、某企業(誰でも知っているようなレベル)の社長が彼女に言い寄ったこと。

これは彼女が別の力で解決していたが、ここまでくると もう完全に俺のレベルの範疇じゃなかった。


57 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:46:46 ID:7Hi(主)
しかし ひとたび彼女に会うと彼女は素晴らしかった。

まず女には珍しいことだが話がすげー上手い。

冗談とかジョークとか、本当に面白い。

うんちく系の話の引き出しも嘘かと思うほど豊潤にある。


58 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:49:14 ID:7Hi(主)
次に料理やら家事やらが完璧。

外食するより彼女の手料理を食べたいと思えるほど美味い。

この後 彼女と結婚することになるのだが、俺の年収の実に10倍以上の金を稼ぐのに、家事も全て完璧にこなしてくれる。

俺はどんどん不安になっていった。


59 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:51:04 ID:7Hi(主)
一体 俺の何が彼女を射止めたのだろう? マジでわからない。

精神が崩壊しかけて、ある日を境に俺は彼女を詮索するようになった。


そこで思いがけない事実が明らかになった。


66 :名無ぷん :2016/06/19(日)01:54:33 ID:7Hi(主)
彼女はシンレラが好きたの

シンデレラ外に「貧まれい女子のもとに、日王子現れるという そうい童話を特別好で読んで

マイナーなものからメジャーなものまで本棚は そ系の作品がギシリ詰まっていた。

まさか・・」と俺は思った


72 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)01:57:50 ID:7Hi(主)
彼女が・・・嫁が俺を選んだのはヒロインでなくヒーローに憧れていたからだったのだ。

自分が弱者を夢の世界に導く圧倒的存在として輝くことに恍惚する女だったのだ。

他にも証拠は有り、それは端折るが、彼女は俺への愛情ではなく、そういう自分の自己実現のために俺を選んだことは殆ど間違いない。


75 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)02:00:09 ID:7Hi(主)
このことに気付いた俺は、尊厳を傷つけられ大激怒した。

しかし何をどうあがこうと すべての能力は彼女の方が上だった。

俺の年収からは絶対不可能な今の生活からも もう降りられない。

俺の人生は豊かかもしれないが嫁の傀儡人生だった。


77 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)02:02:23 ID:7Hi(主)
まあ ぼちぼち話は終わるが、自己効力感の無い人生ほど切ないものはないぞ お前ら・・・ということが言いたかった。

貧しくても自分の存在が無くてはならない相手と結ばれろ。

これが傀儡となった俺からの忠告だ。

おわり。

質問あれば受け付ける。


78 :名無しさん@お2016/06/19(日)02:03:17 ID:t13
>>77
サイスでいがク完璧な女に振られたん どうしたらいい


85 :ん@ーぷん :2016/06/19(日)02:05:39 ID:7Hi(主)
>>78
ペッ完璧でないなら自こと。

 前と同じ感性じ生活を楽しれる女と結幸せだと思うよ、俺は。


81 :名無し :2016/06/19(日)02:04:20 ID:w31
セックスは毎日してるの?


90 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)02:08:42 ID:7Hi(主)
>>81
毎日ではないがしている。

向こうは超上手い。

前戯無しでも濡れてて文句ゼロだし。

むらむらするなーとか思ってると自然とフェラしてくれる。

こっちは白旗挙げて最近はずっとマグロ。

それでも嫁は愛してくれる。


86 :名無ん@ーぷん :2016/06/19(日)02:07:40 ID:wue
>他にも証拠は有り、それは折る

書いて貰わなと >>1がただただ屈になってるとし思えない


95 :名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)02:12:03 ID:7Hi(主)
>>86
ここを語ると特定になるので ぼかさせてくれ。

例えば嫁の日記・・・とか。

これ以上はごめん


96 :名ん@おーぷん :2016/06/19(日)02:12:33 ID:I4c
>>95
んな決なものだったの




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:マジキチ, これはすごい, メンタル,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様