2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

式場で働いてたら片思いしてる女がきた





10 :も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:32:52.62 ID:SfrOoNuP0
今結婚式場で働いるん

まあ綿働くといってもちょと違うく

結婚式って式の様子ととめたエンディングムービーが最に流姿じゃん?俺そ作ってんの

仕事つうのは式中撮影、それの

もともと味の大学生のころイトとして始めたんだけど、作った実際れて

来た人がたり、泣たり、拍手してくたりすがすげ持ちよってさ

そのままービ寿ーを作る会社われ、ずとやって

かれこれはじめ10年以たつ

婚式退っぱいもんで幸せそうな新郎新婦をみるだでまじっちまで幸せな気持ちになる

れを見たち福して、笑って、泣いいい顔してんだ

ちなに俺が一番好きなのはのおやじんが娘を送の顔くぞるねwww



11 :無き検体774号+:2012/04/15(日) 00:34:29.99 ID:SfrOoNuP0
そんなん好きでっとってた

俺はの仕事が好き、誇って

だその仕事の性上、土日主だから友達遊ん簿りすることでき

がつらいっちゃあつらいんだ

だか案外俺の周り未婚か×がついてる人も多い

当然俺

つものように婚式場向か



12 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:36:14.53 ID:SfrOoNuP0
式場はホテルの7階

そんでいつも俺が作業するのは非常階段と式場をつなげる物置のような10畳ぐらいの部屋

その一角に備え付けられた机とパイプイスに陣取って動画の取り込み、編集をするんだ

基本的にPCがあればそれでいいので場所に困ることはないけども、タバコが吸えないのが残念としか言いようがなかった

いろんな式場に赴いてやるんだけど現場ではプロデューサーみたいな人がいて、始めに打ち合わせを行う

その式場はよくいく場所で顔なじみも多く、プロデューサーも自分が駆け出しのころからお世話になっていた人だった




14 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:42:16.65 ID:SfrOoNuP0

俺「チっす」

プ「おおお疲れ〜今日もよろしく」

俺「うっす。どっすか今日は」

プ「今日はやりやすいほうだと思うよww」

俺「まじっすか!ラッキーwww」

エンディングムービーは新郎新婦が決めた曲にあわせて一つの作品をつくる

だいたい4〜5分。どう作るかは俺の自由

作りやすさの目安として

・曲のテンポ

・曲調が新郎新婦and会場の空気にあってる

・新郎新婦がいい顔をする

・出席者が多いorノリがいい

とかがあったりする。個人的意見なんだけどね

前あったすげーやりづらかった案件は、新郎新婦+親族(6人)で曲がゆずの「夏色」だったとき

曲結婚関係ないし少ないし盛り上がらないしできつかったねあれは

そんでその日の曲はドリカムの「未来予想図�U」

出席者も多いしノリもよさげとのことだった




16 :も無被検体774号+:2012/04/15(日) 00:43:49.20 ID:SfrOoNuP0
「新かわいいっすかw

わえ稿多分俺きない?」

俺「じっかwwたまんね〜www

ーサーは40間近の×持ちいいおさんで、よみにつれいってらったりてる

なからしいのだが、気さ人柄からなに慕われていて、ちょとした軽口ぐらいなしてくれる。そんないいおっ

談をてたら、開場になっ

そんじゃ今も幸庭をいてきまか〜

「自分は逃げたのにっす?ww

「うっせwwww」

んな、いつわらで、いつと変らなだった


17 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:51:52.17 ID:SfrOoNuP0
あもったいつけのもあれなんここで登場人紹介だ

俺♂
25
160�p60k
中肉中背
ブサ

片思いの女♀
25
160・
っちゃかわええ

ロデュ
39
170・80

おなかのでっぱりがすごいおっさん

あと加齢してきたっさ


23
155・?

同1♀
25
165・?

同2♀
25
170・56

なんてとはない普通の人たち



18 :名も無き被体774号+:2012/04/15(日) 00:52:49.79 ID:SfrOoNuP0
のカメラをもっ会場通じるドアをあけ通路を進むと、出席者のらにな声がする

れはいい絵貿そうだな〜なんてにやにやしなら歩い

新郎新婦や親族たちの控とチペルまれる広場スタッフちが準終え待機してい

現場退ちょっリピリしたが伝わってく

俺「どもっすくお願いしゃす

「お願いします〜」」

スタッフ中に、の一個でほんど同期に働始めた子がいるんだ。

真爛感じの子で結構わいい。話もあい、しばしば飲みに行ったりることもある名前を天としようか


天「あ、俺さ!俺さん!日の婦さんとたいよ」

え、まで?○

「う尿さっき聞い!盗み聞けどねw」

俺「盗みきすんww」

こえたんだもがないじゃんwwもしかして知りたりすんじゃない?

俺「え〜さすがにないっしょw知り合いだっら飯ごっwww

「まじ !?絶!違ったら何もどw」

俺「おいww」

実家の農家を継ぐのがいやで、俺は大学を口に逃げるように地方から上京しままで就職した

天もじよな口、それがきっかけでになったっけ

し雑談し、カメラのチェックをして新郎新写真のために入ってくるのっていた



19 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:55:33.52 ID:SfrOoNuP0
そして時間

ス「新郎新婦さん入ってこられま〜す」

スタッフの一人の合図とともに、広場のドアが開く

ドアの向こうには通路が伸びていて、その突き当りの角からスタッフにエスコートされた二人が見えてくる

そこから撮影はスタート

今日はいいムービーできるかな〜なんて考えながらカメラを構えて大きめのディスプレイをのぞきこむ

思わずカメラを落としそうになった

ディスプレイに映りこんできた二人のうちの一人が俺がずっと高校時代からずっと片思いしてた女の子だったからだ




24 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:00:37.27 ID:SfrOoNuP0
俺「は?え?」

手が震えてカメラがぶれる。ディスプレイから目が離せなくなっていた

天「どう?知り合いだった?w」

そばにいた天が小声で話しかけてくる

二人がディスプレイの中で大きくなってくる

幸せそうな顔をうかべて

天「・・・?俺さん?」

天が怪訝そうな顔でのぞきこんでくる

俺「あ、ああ大丈夫大丈夫」

天「ちょっとどうしたの?カメラ震えてるよ・・・どうしt」

ス「天さーん!いきますよー!」

天「あ、はーい!ちょ、またあとで」

カメラのブレを止めようと必死だった

必死で脇をしめ、カメラを強く握りこみ、息を止めてなんとかブレをなくそうとしていた

この時の俺はどうしようもなく動揺していたんだ

後で動画を見返してもひどいもんwwww


25 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:00:45.36 ID:J9XB3N120
何年前の話



27 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:05:24.52 ID:SfrOoNuP0
>>25
7、8年前の話になる。ふと今日思い出してね

彼女が広場に入ってきた

純白のドレスに身を包み、色鮮やかなブーケを大事そうにもって当時から自慢気にしてた長い黒髪はてっぺんで形よくまとめられていて

全身ドレスなんじゃないかっていうほど、真っ白な肌はとても綺麗で

きつそうに見える釣り目も、薄い唇も、ほどよく施された化粧によりとても映えていて

彼女は間違いなく、間違えようもなく、彼女だった

ごめんここらへん完全に俺補正はいってるわwwwww


26 :名も無き被体774号+:2012/04/15(日) 01:04:13.90 ID:RKS04fL6P
ここか天ルート



29 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:09:37.00 ID:SfrOoNuP0
>>26
と、思うじゃん?思うじゃん?



32 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:14:33.55 ID:0yXklnMP0
>>29

  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/



28 :も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:08:14.60 ID:RkUP3DfH0
な人の姿補正っちゃうわな



29 :名も無き774号+:2012/04/15(日) 01:09:37.00 ID:SfrOoNuP0
>>28
そう。でう思えるくら彼女はれい




34 :名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 01:16:14.42 ID:SfrOoNuP0
彼女との出会いは高校のとき。最初のクラスで席が隣だったんだ

俺「うっす!始めまして!これからよろしくwww」

女「・・・よろしく」

暗い感じの子だった

愛想ねえなーwwwと思ってた

まあ実際愛想はないんだけど

クラスで、入学してすぐ受けさせられた実力テストがかえってきた俺の結果は ひどいもんで とても人様に見せられるもんじゃなかった

俺「やべー点数とったったwwwwww」

友「俺もーwwww」

そんな会話をしていると、彼女の名前が呼ばれた

先「この調子でがんばれよ!」

女「あ、はい」

厳しそうな先生で、そんなほめ言葉をかけたのは彼女のみ

興味本位で彼女の答案用紙を盗み見した

答案用紙には90点台ばかりで花丸までついていた

ちなみにその花丸は先生が書いたものらしかったきもかった





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様