2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

幼なじみとの馴れ初め

 



学校湿帰り公園をると、幼馴染の香織がいた

片隅のベ稿チに腰掛け、俯いていた。

宿織とは、幼稚園から中で一緒

稚園毎日、小学生になっ時々、遊んだ仲だっ

になると部に入可愛い顔の香織イドル在となり、退俺と接事がなくなた。

俺、まぁ不細工な方・・


生になると、学別々だったもあって、顔すらわす事なく

家、2軒挟

正直思うのは、る世界うのだろう

俺も香織の在をし、きっと香織も、俺なんかの事は忘れてたろ

園で見けるまで



いてるよに見えた。

いや・間違いなく泣いて

声をよう簿と思、ほぼ3いブンクがある

談しあ仲でもないし、笑いあう仲でもない。

は歩を進、通り過ぎようとが・・・

も、やはり気になってまった

俺は自販機でコラをい、香織の側に足進め、黙っそれを差し出し


「俊ち・・・」

は出さなかたが、香織の口がそう動

3年もまともにってないの俺、通り過退うとたの頃と同じような呼び方をれて、何か嬉しかった。

でも、手放に再会べる雰囲気ではなかっ

目が案の定、真っ赤だ



まま、目だけわせていた。

ほらっ」

俺は やっと口を開き、香に尚ーラを差し出した。


ころが香織を受け取らず、然立ち上がる、いきり俺抱きついてき

可愛に抱きつかれてしない。

でも俺にしてみ、女の子に抱きつかれるなんて、生まれて初めての事だった。




香織は俺に抱つくと、声を上げて泣き出た。

周囲が突刺さる、俺、どうしていか分からなくて


どうしていいかからず、尽くした俺の元に、コ転がった

香織は尚も泣き続けていた

「ご・・ら・・・ありがと・・」

泣き止香織は俯いたま、俺を見くそ言った。

「折角だから・・・これ・・・貰っとくね

俺の元のコーラを拾と、俺に背向け

「少し・・ッキリしたよ」

う言うとを後た。

俺は黙って香織の後姿を見送った



朝、学校に行こうと玄関を開けるの所に人

向こうも俺に気付いを振

ちゃ〜沿

た。

「駅で、一緒に行かい?」

に・けど・・・

俺はツレなくえたが、内心キだった。

俺がんなんだから会話なて弾

自身婿「あぁ」とか、「いや・・」か返す、色々と話しかけてくるのは香織。

も俺、何を聞かとかるで覚えてくて・

ただ、あっと言う間に駅いたがする。

〜ね

ってを振反対側のムに行く香織の事を昨日とじように見送った



学校が終わり、いつものよう車に乗た俺。

の駅改札を抜けると、そがいた。

香織は、手を振っ微笑むと、付いて

「一緒帰ろう!」

う言うと織はケットに突っんだ俺の右手、自分の腕を絡めて来た

はまたドキドら、朝来た道いた

ように、ぁ」か「いや・・てない。


俊ちゃんって共学だったよね?」

「あぁ

俊ちゃは優しいかもてしょ?

いや・・・

「うっ!対もてるって

「そな事ねぇよ!

俺は初めて、「あぁ」・・外をにした

・怒った?

「い・」

怒っるでしょ?」

いや・」

「あたし・・・迷惑かな?」

いや・・・

「静かにし方がいいら・てようか?

・・・俺こそ・大きな声メン。」

ったけど、何湿い空気がまっ



上田さん(香織)、陸上は

初めてら、香織に話

らくってたが、「やちゃったと言うと、んだか寂そうに笑った

それは、聞いてはいない気がし退、「・・とだけ返し

は中学時、10mで県大会3位の力者だった

高校は勿論特待

そうえば・・・高校は寮ってた記憶が・・・めたか宿今は家から通るんだ。

・・・れちゃってね・・・」

香織はそう付けえる、昨日の様に下を向いた。

また、重苦し気が流れた。



家の前では、絡めた腕を解いた。

してに微宿笑みかけがらも、っていい?」と聞いてき




は「あぁ」答えた

あのさー・・・」

俺が香織目をやると、「『上は寂しかったぞ!」とった

「昔さ〜・・・『香織ちゃん』って呼んでく?」

あぁ」

『香織ちゃん』て呼んよ」

「あぁ

「『香織』でもいいぞ!

いや・・・」

笑う香織。

からさ〜

「本もてな〜?」

「あぁ

「ふ〜ん・・・」

その後、香織湿何か

でも、聞き返さなかった

「じゃ日ね

そう言って手を振ると、分の家に入って行た。


翌朝も、香は門の側立っいた。

そし方には駅の改札にい

その日も、そしその次の日

俺らは朝一緒に行き、夕方にはで帰った。



る時、中学時代の同級生と鉢合わせ

」と一瞬いたそいつ。

「お前ら・・付き合ってんの?」

い掛けに、「と笑った香織。

そして俺、「そんな訳ろ!」と強く定。

だよな!

は安たような顔をした。


は途中まで、3人並んで帰った

香織は調っと、そいつとる。

は一言も口を利かなかっ

級生とれ、また二きりになる。

つもと喋って香織、珍し一言らない

になりながらも俺はを聞く事が出来かった。

そして香織別れ際、「あ強くなくてもさ・・・」

言うと織は手も振ら、家に入って行った。



、門織は

夕方も、駅の改口にはいなかた。

になた俺香織の家に行ってみようかと思った

でもいざとなると、呼び鈴を押す気がかっ

小学頃は躊躇なく、が出に。

下からただつい香織の部屋を見上げるだけだった。



俺は起きして、いつもよりも随分くに家をた。

を出く先は、3軒隣綿織の

30ても40分たっても織は出て来湿なかった。

めて、学校にと思時、香織の家の玄関開いた。

出て来たのは、香織の母親

「あ〜俊ちゃん・・しぶりねぇ

挨拶ると、「香織ちゃん?」とおばさんに聞いた。

「香織ねぇ・・・昨から具合悪いんだって・・・

と2階の、香織の屋のに目をやった。

「困子よ・・・」

そう言うと俺の方を見た。

ですか・・」

言って頭をげると、向っ歩いた

香織がいい道は、とてしかた。



日の方、俺は香織湿た。

ケーった、ショーケーキがった包みを持って



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様