2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友達の親父に喧嘩売った話





1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:30:38.232 ID:zFjzs8hM0.net
暇な奴は暇潰しに読んでくれ

もう15年前の話でよかったら



2 :、?ちゃるからVIPがお送しま:2019/03/27(水) 22:31:33.907 ID:lpW9+qMJ0.net
ょっと面白そう


3 :以、?ちゃんねるからVIPがお2019/03/27(水) 22:31:54.190 ID:zFjzs8hM0.net
俺が学校年生したとき


生初日の登日。

特にクラえもなく見慣れた顔触

「春たよな〜」とか「FFの裏ボス倒したぜ」か いつも通り友達と会話をしてで教室のが開き、先生が入ってきた。

、やっぱまたふっち先生かよ〜」

うるさい。かってただろ?うちは二年ごに受けつ学校なんだから

生の顔見飽きた〜。」


んな何気い会教室に響き渡る。

員去年と同じ顔ぶ特にって挨こともなく「今年もよろしく」程度の挨拶を済ま

だらけての顔瞬引き締まる。




4 :?ちんねらVIPがおします2019/03/27(水) 22:32:52.485 ID:zFjzs8hM0.net
「今日から転校きたんだ。いいか?みんな仲くしてやれ

わかってるよ一個多いもん!男?女

「焦な。今紹介する。坂倉〜。入てこい


クラなの視線が扉れる

に座ってる山田子を7〜蹴られたようなたブスは「いの感♪」などと、おしいほどカれた言葉汚い面に肛門から吐たのを覚えて

が開き一人の少年が下を向いって






5 :?ちんねるからVIPがりし婿す:2019/03/27(水) 22:33:54.191 ID:zFjzs8hM0.net
髪が作というよりかは、むしろぐちゃぐちいった表現が近

耳まで伸ばした黒髪に、やや釣り上がり気の目。

顔は面長でり、やや大人顔立

キツネトのようなスのは目を奪われる。


♪」「〜♪」という黄色い声援というよ姿かは

もはやピンク井に突き抜けるような女子達が

聞いただ子数人は既に不快そうなしてる。


普通の転生だっら自己紹介でオ戸惑い上手にしゃべれ緊張感を出しにするのだ倉は違


半ばてくされ気味に「坂・」

ま少しの間があくが

つ目の言葉の口から出こな

先生趣味特技は?」いても「別に・・」と、小い声やく。




6 :以下、?ちゃんねるからVIPが送ります:2019/03/27(水) 22:34:57.100 ID:zFjzs8hM0.net
に座ってるブス女「声かっこいい」などと鼻息を、ノ〜トを広 おもに「坂 ブ」と書き名字と名前のバランス心配してい


席どこいいでしょ生?」倉は告げるとちしながにつく。

の坂倉の態度が鼻ついた。

女達がイケメンとロマンスを想で広げるにてこいのオカズになりえるル

こい援はうでもいい。


俺はこの舐た態度にランドセルを背掛けバってきて どこの角度から見意気こいつをしめる!と一人意気込




7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:35:48.936 ID:zFjzs8hM0.net
俺は当時クラスで一番喧嘩が強く番長的な存在だった。

発育が早く既に身長が170センチあり他はみんな身長は150センチ台ばかり。

まともに取っ組み合えば体格差ですべて押し切れるので俺に喧嘩で勝てる奴はいなかった。

絶対に負けるはずがない。

大きな自信を持ち、6年生初登校日ということもあり午前中で授業が終わる。


帰りの会が終わり、帰ろうとする坂倉を俺は背中から捕まえた。

「おい!俺がこのクラスで番を張ってる1だ。てめえ挨拶もなしか?」

今、思い返すと「番を張ってる」などと知能指数が低い言葉をかっこいいと思い込み

最高のキメ顔で言っている当時の自分を思い出すと その事実を知るもの全てをこの世から消したくなるが まだ6年生だから勘弁していただきたい。

なんせバイブルがろくでなしブルースだったから・・・




8 :以下、?ちゃんねるVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:37:07.229 ID:zFjzs8hM0.net
・・

「あ?でき・・ガブッ!!」

合わすより言葉を交すよりもく 坂倉は俺のを殴つけ


俺は一瞬何が起かわからなかっ

いきなり殴かかってくる事な定しなく

「あれ?なんかぺたいてえな?」と理解すに数秒要し


、頭の中で組み立て殴れたを理する

「てええこらあああ!」と坂倉髪を掴んで振

の髪つか振りたのまでは 覚えているが喧嘩のはよく覚い。

なんとなくいるのはとにかくを一切ったから無理矢殴りかってくると気じみた喧嘩仕方をしてきた。




9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:38:13.987 ID:zFjzs8hM0.net
喧嘩自体は圧倒的な体格差も手伝い俺の方が有利に進めていたと思うがあまり記憶は定かじゃない。

ただ途中から一切防御しないで 何発も顔面に攻撃が入ってふらふらしてるのに全く引かずひたすら殴りかかってくるこいつに

「もう怖いから終わりにしたい・・」と思っていたのは覚えている。

その後、誰かが教室に先生を呼びに行き喧嘩を止められて終わった。




10 :以、?んねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:38:51.961 ID:zFjzs8hM0.net
俺は職員室へ。倉は保健へ連れて

生に事取をから喧を仕掛けたことを直に話すジでたできたどの強烈なげんこつもら保健室行って倉に謝ってい!と、員室をされた。


んな・・・・」

は謝るの嫌だた。

ら喧嘩たんだの方が悪いのはわかる。

しかし最の舐湿度やじゃなくそうに肩掛グをて現れ い嘩売る気で声をけたからとはえ いり殴りかってきた奴に・・・

考えただけでも気らない。んて冗談じい。

俺はそのままランドセル背負玄関に向かい靴を履いて帰ることにした。




11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:39:36.618 ID:zFjzs8hM0.net
「あ〜、謝んなきゃ親に連絡くるかな〜?」

なんて内心ちょっとびびりながら靴を出しているとタッタッタと走ってくる足音が聞こえてきた。

「やばい!帰ろうとしてるのバレたか?」と身を隠そうとしたがここは下駄箱。隠れる場所はない。

もう怒られる覚悟で足音が聞こえてくる先を見つめていると その足音と共に視界に飛び込んできたのは坂倉だった。





12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:40:05.479 ID:zFjzs8hM0.net
「あ・・・・・・・・・」

「あ・・・・・・・・・」

お互い目が合い、空気が凍り全ての時間が止まったような空間ができる。


なんでこいつ・・ここに・・・

どうする・・謝るべきか?

頭の中ではいろいろ考えを巡らすも

なかなか良策が見出せず動けない、

そんな静寂の中、坂倉が口を開いた。




13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:40:45.550 ID:zFjzs8hM0.net
「・・・・帰んの?」

「あ・・ああ・・・先生にお前に謝ってこいって怒られて。でも謝りたくねえからこのまま逃げるつもり。」

「・・・・・・・・・・・・俺も」

「え?」

「・・・俺もお前にいきなり殴りかかったんだから謝ってこいって言われて・・・・腹立ったから逃げて帰ろうとしたところ・・・」

「は・・ははははは」


空気が緩み、時間が動き出すのを感じた。

張り詰めていた空気は優しく溶けて俺と坂倉を優しく包みこみ、柔らかくなった日差しを浴びながら お互い笑いが止まらなくなった。




15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:41:41.662 ID:zFjzs8hM0.net
「んだよ。お前謝れよ!」

「お前こそ謝れよ!」

「嫌だね。」

「俺もごめんだね。」

「んじゃ一緒に帰ろうぜ。」

「似たもの同士、一緒に帰るか!」


どっちも謝らずに仲直りする経験は人生でこれが最初であり最後かもしれない。

俺は坂倉と親友になった。




16 :以下ちゃんねるからVIPがおりします2019/03/27(水) 22:42:39.177 ID:zFjzs8hM0.net
俺はこの以降、ほとんどの行動を坂倉と共に

学校ではろん終わってから毎日うに遊んだ。


良くなればなるほど不た。


年生ないが

俺の時としては若干方の半だたが いつもバイバイするとは「俺はもうちで帰るわ」と言って

いく供とはいえ、回毎回「まだもうちょい湿で行」と言るのかし気づ


し一度れにつて深く聞こうと度聞いて「遊足りないだけ事が返ってこない

学6年生にでもそ以上の事てやれない。

はなりつそれ以上は触れずに時を過ごして




17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/03/27(水) 22:43:49.627 ID:zFjzs8hM0.net
ある日、うちの母ちゃんが坂倉を連れて来いという。

俺は小学5年生まではいろんな友達とゲ〜ムをやって遊んでいたが6年生になり急に坂倉ばっかりと遊ぶようになり また外にばっか行くようになって 飯食ってる時も坂倉の話ばかりしてるもんだから坂倉に会ってみたい!と騒ぎ出した。

「なぁ?うちの母ちゃんが会いたいって言ってんだけど遊びにこねえ?」

「え・・?お前の母ちゃんが?・・・別にいいけど・・・」

このとき、少しだけ下にうつむきため息をついた気がした・・・

こいつの表情を今でも忘れない。




18 :以下、んねるからVIPがお送しま:2019/03/27(水) 22:44:48.084 ID:zFjzs8hM0.net
稿はともれ坂倉が来ると知り菓子らジュ〜スを用意

時間になって坂倉が来と「待っわよ〜!」とうの母ちゃんは 坂倉きつき「か!勘弁くださ顔を真っ赤にして坂倉はじたたしいた。


の後母ちゃんを交え話してたんだがり母ちゃんがい坂倉とづら


「もいいだろ!出くれよ!三説得し1時間かけてやっと俺の部屋か出て行ったちゃん。

「悪かったな。しゃっただろ?」


「た簿かにしゃべりづらかったな。もいい母ちゃんじ

うなのよ。私い母親なの♪」

ゃん、屋根をつたって二階の俺の屋の窓に張り付いてた・・・






>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, 面白,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様