2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

常識の無い女が自爆して警察に逮捕された

 




633 :おなくわえ無しさ:2013/06/06(木) 17:59:15.12 ID:5/sA+xjb
つい夏の出来

レはの日以外はバイク通勤会社てい


丁度その会でつも勤に使う橋毎年のだけ人が大勢集まる

ながしくて、仕事が少し長引き、花火があがるまもう少し・・・と言うときに橋を通った

はり人がいて、交通量が多い橋え 子供かは出してくる可能性あったか調速度落とていた。

橋に入てすくら最初の花火が打ち上げられ

観客様に喜び「たまや〜ww」なんて言った。


すると左から酒に酔ったに車出してきた

には人が沢山い車道と歩道の間を湿いていたようだてい元が狂ったみたい

車間距離あっので「大人が出すのかよと思いならブーキ

れほど急なブレーキでなく、普少し制動をる程度った


調後ろらすごい勢いで車が突っ込んでき

後ろから突されて道路に投出さ、バイ2メートルほどた。

は転に左手路側帯差にぶつかりでに頭もぶつそののバパーまで転が

前の車の運転宿(以下Yさん)が後ろから追突さたと思ってから出て

ると車やバイクじゃなくて間がバンパーにぶつかりったりしている。


に「ですか!」とてきてくれた。

倒して頭をぶつけた時に軽く脳震盪を起こしていたみたいた。

朦朧としなが「ら、らいじょうぶだす・・・・」とか応ていた思う。


5分ほどしうやけるようにってバイクをに行った。

細か所はからなかったけど、装は左側がキズだけでこんでもない修理費がかるなぁと思った。

さんぐに急車を、と言うで「げさな事じゃないですよたら運転手は青い顔をして左手を指した。

で、でも、れてますよ・・」ときょどながら言う

見ると、なかまくれた袖か出ている腕はゾウの足のようにパンパンに膨れがり出血で黒くなっていた。

乱してさす動かしたていYさんが「痛いというので、失礼てもらたの・・」とった。


634 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 17:59:49.03 ID:5/sA+xjb
混乱していた俺は「あ〜どうも、ご迷惑かけまして・・・」と素っ頓狂なことを言っていた。

野次馬もどんどん増え、花火を見ている人よりもオレと追突した車を見ている人のほうが多くなってきた。


Yさんはテキパキと救急車に電話をしてくれている。


ここでようやく、あれ?オレにぶつかってきた車は?と思って後ろを見た。

HIDのクッソまぶしいライトが煌々とついていて運転席が見えないので、とりあえず車の横へ周った。

運転席ではなぜかサングラスをかけた若い女(以下性病)が携帯で誰かと話しながら大声で怒鳴っている。

警察を呼んでくれてるんだろうか、と思い窓をコンコンと叩くと その女はビクッとしてこっちを見た。

メットのバイザーを上げて手招きして外へ出るように促した。

すると窓がウイィィンと開いて性病が言った。


「すいません、もう少しで彼氏と電話が終わるんで待って下さい」

おいお前正気かよ・・・なんで警察じゃなくて彼氏なんだよクソが!と思って目を点にしているとYさんがやってきて「すぐに救急車が来ます」と伝えてくれた。

とりあえずバイクを野次馬の人達に手助けしてもらって道路に端に寄せ、Yさんも車を左端へ寄せた。

性病は相変わらず電話に夢中で車を寄せようともしない、それどころかオレに追突してから一度も車から降りてきていない。

野次馬の数人が他の車を誘導してくれている間に救急車が来た。

隊員が呆然と立っているオレに「大丈夫ですか?どこに痛みがあるかわかりますか?」と聞いてきた。

オレは左腕と首、腰と足が痛い事を伝えた。


隊員のひとりはYさんに話を聞いている。


ここでようやく性病が車から降りてきた。

颯爽とヒールを鳴らしながらサングラスを取る性病。

オレを睨みつけながら「なんですか?急ブレーキかけたアンタが悪いんでしょ!」と開口一番怒鳴りつけた。


コレにはオレもYさんも野次馬もびっくりして、何を言ってるんだこのクソバカは・・・・と思った。

とりあえず警察に電話をしないといけないんで、とYさんが言うと「はぁ?」と明らかに不機嫌に。

「警察なんて呼ぶようなことかよ」と舌打ちした。

この時点でぶつかられたオレはすでに限界を迎えていた。





635 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 18:00:21.75 ID:5/sA+xjb
Yさんや関係ない野次馬の人達がすぐに心配してくれて色々世話をしてくれたのに、当事者は反省どころかコレが事故であるという認識すらない。

あんまりにあんまりな態度にカチンときたオレは 救急隊員が「落ち着いて!」というのも無視して女に詰め寄った。

「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞクソアマ。お前これ事故だぞ?

相手が歩行者だったら死んでるかもしれねぇんだぞ?わかってんのか?」


「は?アンタのせいで事故したのになんでアタシが怒られるわけ?テメェが急ブレーキかけたのが原因だろうが!!」


「ああ、そう、じゃあもう人身事故にするわ。絶対にゆるさねぇからな」


「やってみろや!アタシの彼氏呼んだから!」


ギャアギャアと口論しているとYさんが


「警察も呼びました、なんか連絡がすでに入ってたらしくてもう向かってるそうです」

と言う。

ああ、誰かが呼んでくれたんだ・・・と感謝していると性病がまたキレだした。


「警察ってなに!?なんで警察なんかよばなきゃいけねんだよ!!」と。

すると歩道から不意に「おい」と言う声がした。横を見るとオレと同じくらいの身長の男が立っている。

性病が「あ、ケンタ!」とか言って駆け寄る。

警察よりも早く彼氏が登場。

どうやら性病はすぐ近くに住んでいて、彼氏と近くのコンビニで待ち合わせしていたらしい。

ケンタはオレがヘルメットをかぶったままなのをいいことに、ヘルメットをベシベシ叩きながら怒鳴りつけてきた。

「おい、場所かえようや?なぁ!?」とか言ってる。

救急隊員が止めに入るも、ケンタの勢いが停まらない。

ふっとケンタの顔に見覚えがあることに気づいた。

あれ・・・・どっかで見たことある・・・?

救急隊員にヘルメットを脱がしてもらい、ケンタの顔をまじまじと見た。

やっぱりこいつ知ってる・・・!

オレがじっと見ているのをガンを飛ばしていると取ったケンタはオレの胸倉を掴んできた。

「お前コラ何ガンとばしてんだおおお?」顔が近づいてきた。

街灯のの明かりでケンタの顔がハッキリと見えた。

中学の時にいじめられてたケンタだった。


636 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 18:00:58.34 ID:5/sA+xjb
「おい、お前ケンタ?○○中学校の?」

「あ?お前に関係あんのかよ?」

「お前、オレって奴知ってるだろ?」

「・・・あ?」

「偉くなったよなぁ、いじめられっこのヘタレ野郎」

ケンタはオレの顔を目を丸くしてみている。

この男、中学校の時のクラスメイトで、DQNグループの下っ端のケンタだった。

中学の時に1年から卒業までずっと同じクラスで、クラスには友達がいなかったケンタ。

他のクラスの不良仲間に万引きやカツアゲの道具としてこき使われてたケンタ。

何も言えずヘラヘラしては小突かれ、蹴られタバコを買いにいかされてた情けない男ケンタ。

使い物にならないからといじめられてたのを、DQNグループのリーダー格と幼馴染だったオレが「やめてやってくれ」って頼んで助けてやったケンタ。

身長こそオレと同じ位になって、金髪DQNと化していたが顔は やはり大きくは変わらない。

ケンタのさっきまでの粋がった顔は、一瞬で中学校の時のよく知っているケンタになっていた。

性病が「ケンタの親はヤクザなんだよ!お前どうすんだよ!」と怒鳴りつけてきた。

ケンタの顔が「まずい」という感じに歪む。

「へぇ?お前の親父ヤクザだったんだ?ただの八百屋だろ。いいよ、呼べよヤクザ。てめぇ中学校の時に助けてやったのに恩をあだで返すのかよ?」

「いや、そういうわけじゃないけど・・・」

「あ?だったらどういうわけだよ?今すぐ言ってみろよ?」

「いや、あの・・・久しぶりで誰かわからなかったから・・・」

「誰かわからなかったらテメェはヤクザの名前使って恫喝すんのか!?おいテメェ覚悟できてんだろうな?警察呼んでんだよ、その性病と一緒にしょっぴかれてぇのか?」

性病はまだわかってないのか

「はぁ!?マジウザイ!なんなんコイツ!」と悪態をついている。

ここでようやく警察が到着。

性病もケンタも顔が引きつっている。

「ここにいる人達がお前らの恫喝ちゃんと聞いてんだよ。証言してくれる人もいるぞ?覚悟しろや、一生まともな生活おくれねぇようにしてやるよ」


そういうとケンタは性病を置いて一目散に逃げ出した。やっぱりヘタレはヘタレ、何も変わっていなかった。





637 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 18:01:40.17 ID:5/sA+xjb
性病は「は!?どこいくん!?」と慌てているが、ケンタはすでに人ごみの中に紛れて消えていた。


若い警官が「お待たせしました!お怪我は?」と事故処理のための書類を持ってやってきた。

もうひとりの中年の警官は交通誘導に必要なものをトランクから出している。


すると人ごみの中から「こっちこっち!」と声がして、その声に誘導されてもうひとり自転車の警官がやってきた。

若い警官がオレ、自転車の警官が性病に話を聞いている。

オレの言う事と性病の言う事は180度食い違っていたが、目撃者の証言で性病が全面的にウソをついている事が証明できた。

しかも運転中に彼氏と携帯で話していたこと、花火が上がったときに見とれて前を見ていなかったことがわかった。

若い警官が「気分を悪くされるかもしれませんけど・・・」と自分がドコに気をつけていれば事故を防げたか聞いてきた。

どうしたら・・・と言われても後ろから追突なのでどうしようも・・・と言うと、そうですよねぇ・・・と言いながら後方をしっかり確認する、と書いていた。

Yさんと野次馬の数人が「恫喝された」という事を警官に話していたのでそれについても詳しく聞かれた。

幸いケンタの実家は知っていたし、名前も住所もわかったので警官が無線ですぐに実家に行くように手配していた。

最後に人身事故にしますか?という旨を聞かれたので躊躇い無く「はい」と答えた。

行きつけのバイク屋にバイクを取りに来てもらい、相手の保険会社に連絡し、救急車に乗ろうとすると性病がまたキレた。

「まわりの奴らも携帯電話使いながら運転してんのに なんでアタシだけが!!ふざけんな税金喰らいが!!」と中年警官を突き飛ばした。


「はい、じゃあ公務執行妨害ね」

オレが最後に聞いた警官の声だった。


その後 無事に病院で治療を受け、左腕2箇所骨折、左ひざにヒビ、胸骨にもヒビ、首はムチ打ち、腰は背骨が歪んでしまっていた。

バイクは見た感じ問題があったのは外装だけだと思ってたけど、バイク屋から連絡がありフレームが曲がってしまっていると言われた。

数日後に保険屋から10:0と言われ、バイクは廃車扱いで購入して3ヶ月ほどだったので全額返してもらった。


638 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 18:02:17.62 ID:5/sA+xjb
最初はフレームを修正して、と言われたけれどバイクのフレームが曲がったらまっすぐ走らないので断った。

ケンタはすぐに実家に警察が向かったが、それから1週間捕まらなかった。


その後 親に連れられて警察に出頭、示談はなし。

その後の事はわからないけど、金持ってる家だから問題ないでしょ。

性病は公務執行妨害がついてとても愉快な事に。

免許も失くし、ケンタと一緒にヤクザの名前を出して恐喝してきたことで前科がついた。

救護義務違反も犯していたので、厳罰にと警察にお願いした結果 納得できる罰が与えられた。


事故から2日位して性病の親が「示談にしてください、前科がついてしまう」と直接連絡をしてきたが、丁重に断っておいた。

「彼氏と仲良く前科ものになって一生後ろ指差されるといいと思いますよ?こっちは許す気はないので。子育てを間違えたと諦めてください」

と言っておいた。


そもそもオレが示談にしても公務執行妨害で しょっぴかれてるんだからあんまり関係ないだろ。

ようやく通院が終わり、保険屋から示談金と後遺障害の認定が 下りたので安心して終わらせられた。

長い話で申し訳ない、事故したらとにかく警察と保険屋、あとできれば携帯のボイスレコーダーなんかで記録をとるといいかもしれない。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:常識の通じない人達, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様