2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

隣の部屋でもハメてました

 



実際経験たとても恥ずかしい話です。んでくれますか? 

私にき合っている彼がいるのでが、達に人数あわせのためにどうても!と頼まれてコパに参加まし

4人4人のコンだったのです、カで飲んで歌って踊ってとわいい楽しごしてい

次のも仕事がのことだったので 二には行かずオケ

私と女友達はだったので 彼らにれるまま一人男の子のそのまま遊いきした。 


3人と私たち2人の5人でまた飲ん、色馬鹿エロ話までして気がつくと もう3時過ていました 

にい達のAちゃは、気に入りの男のちゃゃしじめて屋のベッド二人でてしいました。 

た私たは、二魔をゃいけと、隣の部屋の電消して戸をめてあげたのすが、は何かきるじゃとワクワクし隣の部屋耳をしていたんです 

たっも何綿起きないので、私たちも眠くなし、もう一人の男の子も私たちがいる部屋隅で酔っ払ってちゃったで、残っもう彼と私もことにした。

いるで もう一人とはいましたが何も起きなよう、に背中を向けてめました。 


つぶると、隣の部屋から布団が動く音がはじめまし 

そしAちゃさな声「皆、う寝たんじゃない大丈西?」とささやくが聞こえました。 

私はどきどきして、少し身動きするとに寝ていた(B君にますが私の耳元で、「」とさやいてきました。 

B君れずに向こ部屋の様を伺っていたようです。 

Aちゃんは、向こ調はどて寝てるう。。てるの?」て小声やいてる声が聞こえたので私たちは二人場を盛り上げてあようと、B君嘘のえぎ声を出みました。 

ごそごそ動きながら、うんっというような声をすと、向こき耳たてていたようる音が聞こえました。

Aちゃんは、絶対だよ。演技だって。とささやいていまがAちゃんと一緒にねているA君は、そんなことないって、あれ本当に感てる声だなんていうので私B君笑いをこながら、演技のあえ続けてした。 

こからそうなったのか酔っってたし、真夜中だったし、よくいないのがつくとB君は私の毛布入って、後ろらぴったりを私を抱きめて耳元で「本当のあぎ声聞いな、」なんてさやいまし 

そんとを言れてぞくって、、B君は私抵抗する間もなくセータ上からおっぱいを触ってきました。 

彼が私は、本当はんなしちゃだめって分っていながらも、それに来の親友が隣いるもう一人の男の同じ部 の片隅で寝てるっいのにでもB君手がするするとセーの中のブラジーにで到して後から抱きしめるようにおっぱいをみ始めたときに理性すれ本当のあえぎ声を出いま 
B君は私の長い髪の毛をけてうな、肩にかけてキスをがら手をブラジャーのにいれきて、乳首を、 




うここまでくると私もとまりませ 

はぁ、、 ん、、湿んっ んっ、という私のえぎつられてか、隣の部屋じようなあえぎ声が聞こえてきました。 

がい演技なのか本当なのかうどうでくなっきた感じで 

私た彼女達も本当にエッチしているのがかりました。 


B君は私のセータをたくし上、ブラジャーをずげてをなてきた。 

当にいやらしく、いやらしく、今ただけそうです。ぁ、、どきどきす

こんなとをここているのかと思うと体中がくて、、、、 


B君が私ルトそうとしたと突然屋から、トイレ!!というA君の声が聞。 

トイたちのいる部にあたの、やばいっと思ったしたはすセータを下何事もなかかのように振まし 

での姿ことは演技だったかのよ。 


B君が、トイに駆け込むA君に向ってまじ終わった綿?いったのか?」なんて話しか

私はAちゃんに声全こえてたよーーなん笑ってしかけるとAちは、何言ってん。演技に決ってるそっに負け私たちも演技してていま

A君も言わに笑いながらトイレに駆け込みました。 

A君がトイレから戻ってから、私たちは部屋の片隅で寝いるもう一人の子の邪魔をしけない、彼のい簿部屋もっ移動すことしました。 

今考と、移動なんてしなく良かったですよね。

も、何のときは移動するのが自だったんです。

また気を、おやすーっ言い合って布団に入って、、 寝るわけないじゃです

お互いがお互い闇の中ですご意識しているのわかるんで。 

向こは私たちの動きを待てるし、私たちは向こう動きを待ってるし 

彼らはッドはすぐ下の布団ので。 


したつと、や彼らのきはました。またぎ声こえでも演技の振りなのか、少しAちゃの声が袈裟でした。 

B君 もう耐えられないう感じで、すぐに私に覆いかぶさってきて、また私の気にのピンクのフフワセータラジャーて脱がすことなく気にしあげて、はっぱいを吸ってきます。 

で乳首をいながら、もう一つの乳吸ったりしで転がしたり。 

う気持ちよくて、私は声がりまん。。。 


Aちゃんた姿ちの声も激しなり、ここまでくると、も演技だろが、友の前でエッチしてることが恥ずかしいとか、もう全てがどよくなっいました。 

が真っ白で、今はもともっと気持ちよりたい!!ってとしか考えられなて。 

B君はっき成功なかった、私のパンィーにたどり着こうとしてですがルトが面くさのか、無理りズの間からパティーの中に手をいきまた。 

私、、、すごくやすくて、、だからその頃はもうB君のを待っていな感じで皆の想、私あそこもうぐっしょりでし 
そのままだ触れない思っのか、B君は度は焦らず上手にを外し、私のズボンをひざぐいまでおパンティ中にた手をいきました 

してまた耳元すごいぬれてるよ。。なんて言らもと感じちゃって。 

っしょりれた割れ目を何度か往復、B君はに私の大な(恥ずかしい!!!)クリちんを見つけ出し、優し優しくまわすよう触りまし沿た。 

私、本当にが大殿で、、これをさると気が狂そうになります。友達が上にいることなんてすっかりて気がくときな声であえでいした 

B君は私のおっぱいを吸なが、クリわしたりこすったしてもっの足が開くようにと、B君は自分の片足を私のにいれて(説明わかます?) 

そしてぐっと私のを開きました

うなると私のはベに寝ているAちんとA君に丸見え状態です。 

気が消えていて真っ暗だとは言っても、、外からの明かりでぼんりと私の体がうかびあがってよりなんですもの、、、でハズカシイなん思えない感じていまた。 

B君は大きく開い調のあこをもっともっ激しくいじってっぱいを吸いなら今は指を入れてきした。、もめ。。。 

最初は一本をこんで、私が感じてるのをて、本にてきました。 

して何ゆっくりと指をれたり出したり、、その間も暇ば片手でクリいじっりおを吸ったり

沿なに感じたの当に初てかもしれません。 




すぐにいる、、という恥ずしさと奮と、彼を切っていという罪悪感と全てがまざって私より感じさせたのかもしれません

感じながらふっ目をあけるとベッドの上からA君とAちゃじっと私姿をみていまた。 

目があっ私は恥ずかしくて、でも気持ちよくてするとAちが突と布団のき上がりA君に馬乗になったんです

どうやら、まで宿団の中二人はう繋がったいで 

まま後ろバックであまり動けな、私の乱れ姿をみて、二興奮したのでね。 

えられなくなAちゃんかまいなく、乗い彼に乗かり激く動きはじめまた。 

Aちゃんはひざをいた形の騎位ではなく、かがむ感じの騎乗位で こ だとの子に動けるので(見た目は悪いんすけ)男もちいいんですね。 

をしていて、本当に激しく動いていした。 

B君に指を入れ、もういきそうで、今す入れ欲しいと思ってた先にすりっとB君のものが入ってきました。 

当に突然した。私の入瞬間も大好きなんです 

B君はずは正常位ゆっとグラインドてきましたがでるほ持ちよくって。。。 

もうれぬれだったのでにすごく気よかた。。。 

Aちゃんは騎乗のまま私ちの方をみて、隣も本当にしてるよぉ。。ってあぎながら色っぽく話始めました

A君も、俺達もがんるよ、みたとを言い返。 

するB君はそのた反したのか、私のをあげて、もっと奥まで激しくきます。

私のおっぱいをながら、激し何度もついてくるので私も声が止まりせん。

B君は私が好きのを気づいていたのか、中グラ優しくしてその間は片手でクいじってというよう、、色々されちゃって 。 

A君ちは今度バック動し、ベッドの上でAちゃんをつんいにして A君が後ろぱんん激しくいています。 

B君は変わず私を下したまま、激しかったり優しかったり、まわしたり。 

して私の姿みて、何度も何だよ、可いよ、会っときか退らずしたかったん言って、女の本当弱いですよね

浮気してる自の罪悪感がありらこの瞬やられてるこの男の沿すきになっちゃうんよ。

気持よさからの錯覚なかな? 

てさっき続き。

私はそのまいきたくったので彼をぐと押し倒して になりした。

これだ彼のが見えつけ、女の子にとっ好きななんすよ

いやらしいキスしな、できるかぎり私は回したり動したり気よさけぞった私のおっぱいにすかさず吸い付くB君

A君たちはそん私たちの姿みてまた興ようです

互いが激しくなっ B君はた私押し倒して、今はさっきのとうほの足を上て で何度も強くつました。

これが本当に気よくて、私はならないあえぎあげうです。 

どんどんが激しくなって、真っ白になっ、B君は私のおの上に出してきまし 

てベの上のA君簿ほぼわっうで 

っごくすっご稿しい、で奮し経験でした。B君A君はあれら一度もあません。 

Aちゃとは今でも仲い友達です。二人は特別な験したってもっ良くなった感じです。 

談ですが、う1つの部屋で寝て一人の男の子 

ずっとていなかっようです。 

ずっと眠たちの声を一晩中聞いてうです。 

そうですよ、、あんな声の中、れるわけがないもの 

哀想なことしたなって思いました。

あんな体験したんだっら、あ 便その彼一緒に混ぜよかった、、なんてちょっと後 

3人ッチしたら、どんになってんだろう像したけで興奮し。 

本当私って悪い彼女ですよね。。


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 女性視点,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様