2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

温泉旅館でかわるがわる男たちに犯されて帰ってきた妻




40歳、妻は36歳です

先日、しぶり水入らずで温泉旅行ってきまし

を終、ゆっくたとで旅館のカラオケクラブに二人で行きした。


しばくすと, ちょっと離れた席に座ていグルー私とくらい)のひとりが、妻にンスのお相手願えますか?」と聞いてきました。

妻は私一旦は断のですが、私は妻が他の男と身体を密着させる姿をてみたく、「いいじ踊って来いよ」と妻を促しました

「ご主人のお許しも出たし、お願いしますよ奥さん妻の手をっ張りま

私の顔を見なが、ダンフロアに消えていきまし


私はスキを飲みがら、妻の姿を捜します簿

と男の隅のでチクダンスをして

の手が妻の腰され、るように動ているが見えます

互いのからだは ぴったりとくっつきリズムに合わせていていす。それクスを連想に十た。

きっは妻の感触を厚いに感じ、味わって事でそら妻もの股間のものが当た感覚を感じている筈


、妻戻ってきまし。顔が赤らみ、ちょっと興奮しているのが判ります。

どうだ

って・・あの人、強引なんだも・・ビクリしちゃっ

でもしかったろ

うん、ま・・チクダンスなんてりだ・・」

妻もんざです

休みした男性ループ再び妻スの申してきま

一度踊った手前、る事も出来ません

妻はかわるが男達の踊りの相をする事になりした


う私の隣に戻ってくる事も出来ません。

ポのい曲が掛かり、妻とルバを踊めました

男がをターンさせる時妻の着ていた浴裾が,太腿くまで見便てしいました。




景を性グループ上がりまた。


スローな曲の時は再チークダンです。

チークダンスしてい別のの後から覆い被さり、サイッチになりした

妻は上げましたして嫌がっている様は見えませんでた。


20分くらいた頃ょうか、妻がやく開放れて戻ってました。

軽く汗をか、乱れた髪がうなじに貼りついす。

浴衣激しい踊せいでれ、元かブラいてい


「お疲れさん

「疲れた、でも楽しい。あたも踊りましょうよ

や,俺いいよ。・・ちょっと腹減ったラーメンも食ってくるわ」

そう,私はどうすればい?」

「もうちょっればいいよ戻ってくるか

わかたわ。じゃまだここに婿るね」


私は妻を残してメン屋に向かいました

0分てクラに戻ってみると、私いた席づけらいます。

店員にと、「奥はあちらのお客様と一緒に飲んでらっしゃいまえて

覗いてると、確はさっきの男性グループと一緒に楽しそに飲んでいます

私はカンタで飲む事にしました。

オケの音にかき消されながら嬌声が聞こえてきま


「・・いやだ姿手ねぇ・

・・・んなと・すよぉ

「・・・でう?・・・のよねぇ

ゃぁ・・わぁ・・」


断片く判ないのですどう口説かるようです。

ちらと妻方を見てみ妻の耳元で男の沿にやら稿囁いています

手は妻膝のたりに下ろていす。

妻は顔を赤くして、男にしれかかっているようです

は嫉妬と興奮で頭がらくらしてました。ただけかもしれませが)


しばと, 男を立たイレに連れた。

酔っを介抱しるのでしょうか・・

し、5分たって男は戻ってきません。

員が気の毒そうな顔を見います。


レを向かう、中から聞き覚えある妻の喘が聞こえてき

私のニス痛いど勃います

洗面上に乗り上から覗見ると、浴衣を捲り上られた妻が後ろかました

は妻の乳房を揉み上がらしく突きり、妻も身体をのけぞらせながらてい


っ、あっ、いいっ・っとも突いてぇっ」

奥さイキうだよ、で出てもかい?」

「ああっ、出してっ・たしもイクっ

出る出るっ!」


一際 強くを打、妻の中で発ようです。

も達しようでびくんと身体をさせ、そま便器にれ落ちま

の拍子に男の貿がずんと抜けこから白い精液が糸をれ落ちた。

体を支るよしてこちらを向かせ、妻を便器の上に座ら

はだけ衣か見える妻のたわわな乳房は、上て淡ピン色に染まっています。



男は まだ精液が糸を引ニスを妻に押し付けます。

がゆっくりと それを飲み込きま


かった奥さん」

「・うん、とっても

「旦那さんよりよったか?」

「・・・・」

もっとしたいでしょ?」

「・・・したい・・・」

「まだたくさんいらね、いいしてあげるよ」


私は音を立てないようにっと台から降り、に戻りま

分ほどし妻とが寄り添レから戻ってきま稿

手は妻の腰に回さ妻も男りと体をくます。


は男ちの向かい妻に,

「俺はそろ帰る、どう」と聞きました

は・・もう少しここにいたいなぁ・・」と答た。


一人が「ご主、奥様はちが任を持てお相手しますので ご心配なくと言いました。

私は「あんま飲みすぎる・・じゃ、妻のことはよろしく」と答え、店を出ました。


妻は あのトイレで, かるがわ男たちの文字どり精液便でしょうか。

それとも男たの部屋に込まれ、一夜限りのみ物に調のでしうか。

が男ちに犯される情景を2回自慰で射、いまにか眠てしまた。


で目が覚めると、ちょうど妻が帰ところでした。

計を見る前2時を過ぎてました。

は無性に妻を抱きたり、そま押し倒しま

衣を毟りると全身には赤黒いキスークがつられラとパンティけていませんで


れちゃたのか?」

・だって、貴方が助けてくだもん・・」



・・・うんみんなにやられちゃった

「どこで?

最初お店イレで・・から・だ貴方がいきよ・」

それか?」

貴方が帰ってから・・二人いっぺにトイレに連れ込れて・・・わるわる・

「そのあは?」

「あの人たちのお部にいって・・そこで・・

何回され

「わかないぱいされちゃったの・・・」

ここもやらたのか?」

・うん、やれちゃ尻も・・・初めてだったから痛かけど・・途中からすごよくなったの・


のアナを触ってと、ひくひくと蠢いています。

たまらなくった私は妻を四つん這いにして後ろかナルしました。

ああっ!いいっ・・お尻気持ちいっ」

畜生この乱女、亭主の目の前でやられてよがるめっ

あっそうなぉっ、あし淫女なのぉっ、いっぱいやらちよかたのぉっ」


言葉とめてのアナルセックスの興奮に妻腸内に射精してしまいした。

っくりペニスを抜くと、ぽかり空いアナルから私の精液が溢れし、秘部からは透な愛液がを引て垂れていました。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様