2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

バイクを弁償する代りに彼女を犯された

 



これはが大学時代に経験体験です。

当時、僕に女が

宏美中学校かの同窓生嬢様で無茶茶人気った女の子でした。

ヒロは顔が童愛いくせに、おっがやたらデカそのギャップエロさ男ども絶えでした。

でも、ヒロ自いみたいで、本当真面目で一途の子だった


沿とは違大学だけど、は付き合いいので、二人で遊ぶ事もあっを繰り返しているに付き合うようになりました。

は、本に信じられなて、毎日トに彼?」と聞いていま

ちろんもしが、ヒロと言ってした

エッチえるなくて、僕は遠慮して正常位しませんで 

ェラだって、お呂にった後の綺麗な時にしかせんでした



んな楽しい毎を過ましたが、不はいなり訪れまし

は、夏休みに旅行きたくて計画を立ててまし

暑地のリゾールを探して、2泊3予約をしまた。

中型バイク持ってたので、そバイ2人乗行く予定でた。

でも、夏休みに入っての1週間にバイクのエンがかからくなてしまいまし


ク屋に持ってったすがレターばらしてみてェックすから、ぐは出来ない言わてしまい、結局部品換も含めて1日位かる事になってしまいました。

僕はヒロに言えに、何とか他のイクをそうとました。

友達にも聞きましたが貸してくれ人はいませんでした


後の段でバイクを何台か持ってました。

先輩は柔道やってい先輩で、可愛がってくれてるんですけど、正いので、ないじでた。

でも、先輩は「い、勝手にもってよ」すぐにバイれました

ホッと、先輩に感謝しつバクを便借りて


この時、も考え番カッコ良いのたんれが間した・・・チョイスしたのはZ400FXでレミ系の旧車で名なZ一族

そんなバイクは全乗って出掛けました

旅行は楽しく無事に過ごましたが、悲劇り道にりま

ンビニでコーラを買って、バイに戻ると、ヒロク乗らせ」っと言て来たで、「危ない股がるだよ」と言股がせました。

スタドは出いたんでけどヒロは足がしっかり地面に着いていなったのでヨロ綿してドとは対の方へれてしました

倒れた先には、車進入を防為のールみたいがあて、バクのタクがポルにめりんで止ま稿

ロはールのお陰でバイクに挟まれるはありませんでした。

、先輩バイクはベコベコです。




見たでは、ハンとウインカークは交換が必要です。

最後の最後でやっゃっなーと思いながらりました。

ヒロも「さい・・あたしも一緒に謝・・・」と言ていました

そして先輩の家にと、すぐに先輩に謝輩は酒を飲んでいるみたいで、最初は上機嫌だったが、バイクのをすると顔色がわった

「まぁ二人と部屋によ・・・」言っ3人で先輩のアパートにった。

先輩のアパートは2部屋って、リビングに二人で正座して

「すいませんした!弁償させらいます」

と手を付いて謝ました


先輩はあのバは普通に売てるでもから、にパーツは手にはいんねーん」と言いした。

てあのバイクがな物だと知たのだ・・・

その当時は今みたいにヤフオとか探したり出くて、バイクショッの人が探した、バイク雑誌の個人買でひたすらたりしないとパーツはつからかった。

ロなんかな女の子ので、凄い責任を感じていません、すいません、どうしたら・うにいた。

僕は僕、ヒロが可なのと、自分がない惑していた。

、本は先輩が恐くて、どうしたらのか分なくなってい


人でしらくたまま輩の前にっていたが、ふと気が付くと先輩は酒をみな退ら、ヒロの方をずっていた。

僕は「ハッ気が付いた!

は、タンクトッ枚だなのって土下座するの谷間がに見えてるはずん先輩はそているんだ

僕は先輩が変な気をさなドキドキしはじ・・ると先輩「弁いでいいら、一だけ言う事を聞いても」と言い出した。

は嫌感がて油汗て来た、ヒロは「はいっ、何でか!何か出来るがあら・・と食いいていた

先輩は「ヒロちゃん・・ヤラせ」とい出した

ヒロは状況が飲み込めて「・・・?て感じでカンしていた

何も言えなくてを向いた。

もう一度「ヒちゃんクスしたいんだよな声でいました。

ヒロはどたらいいの沿か分か様で「れは・・・」っててしまいま


た しばらく沈黙が続いた後、先輩は「弁償るのは無理だよ、パーツんかとんど無いし、完全に元に戻沿可能性んかいよ」と追討ちかけた。

今考れば、パーツは無いけ無いけど、その時の僕はとにく平和済んでくれ!しか考えて無た。

ヒロ分がしてまった責任を込んで、考え結果だろうが、「はい、分かりました」と言っ


僕にとってそは衝撃的だった

人数2人で付合った質素なエッチロが、体で弁償すな行為を選択しただから!!

ヒロからしてみた調、僕迷惑かけた調いのと、外に体しか選択肢が姿無いだか

どうよういだけだのだろう

普通の彼氏だったら、自分のにそんな事はさせなこの時の僕は先輩がて何も出来ませんでした。

先輩は ヒロの返事を聞くと、よし、じゃあヒロちゃこっちの使部屋にて!」とヒロをベッドルームへ連れて行ってしまました。


は、そこから動けないでと、先輩がて「お前は帰れと言ました。

でも、れる承諾してしまったとはいえ、ヒロ心配なのは変わりまん。


先輩使「邪ないのでここ居ささい頼みした。

先輩は「いいけどいよ?丈夫?」と笑っていま

、部屋に残るになんですが中で気が変わって暴すと困るからって事で、僕は両手縛られてキッ固定されて宿は猿をかまされました。

僕はあの清楚なヒロが先輩のおゃにれるを考て、すでに苦しくなっていました

は部屋に入る、ヒロには僕はたと明していました。

そしてぐに裸になるように言っていました

する「おおおお、ゃんげーパイオツじゃん、エロいー、何カップ?って声がした。

ヒロは裸なったようヒロは先輩のに答で黙っていると、

ロ!質問に答えいとバイはチャラになねーぞ!」

怒鳴られていました。

輩はお酒が入ってガラが悪くなってした。

ビックしてはいっ、Gカッです・・・」と答えていした。

しばらく声が聞こえないと思ったら、「おおー柔らけーパイズリとかしてん」と先輩が言ていまた。

輩はのおっぱ揉みくっているみた

ゃん乳首ビンじゃエロねー」と先輩の声がしま

ヒロが乳首を立てて感じてい姿を想像してが苦なってました


しし「チュパッ、チプッ」と何かをしゃぶ音が聞「あん、はあああんうはぁのアギ声が聞こえて来した

ロはおっぱいを吸われて感じてんでしょうか?僕のセクスよりを出してるがしました。

して先輩が「ヒロ、てんじゃんンツっちりだぞ」と言出しました

は、おっぱいけでは濡いはずなの・・

這いほら、ケろよ、もっと、早くし簿言われると「パァーーン」と音が響きまた。

たぶんヒロのケツが叩かれた音です。

ヒロとって初ての経験だと思い


「ヒロ可愛いアナてんなー、うヒクヒクしてんじゃん」

ないさい願いしま・・ああ、あん、ああああ」




先輩「ヒナルじてんじゃんスケー」

ヒロ「いやああ、違ます、いああ、あん、ああああん、あん、ハァハァ、やあ

先輩「うわ、マ◯コろとろ、カイ顔湿してマン毛濃いめー、エロっ」

「言わない下さい・・ハァハァ、あん、あああ、あん

輩「ヒロクリ起して殿じゃん、触てほしい?なぁ?」

ヒロ「知りませ触らなくいです・・ハァハ

輩「あっ、じゃあ触られても声出しゃダだよ、いね、出したら態のドらね!」

うっ、、くっ、んんん、ァハァ、ぐぅぅぅハァハあん、ダメうダメ、あああ

先輩「何してんだ女、じゃあクリきってからよ、いいか

ヒロ「違いす、そんなんじゃ・・あん、ああ、あん、ハァハァ

「じゃあっきり皮剥いて攻撃しゃおうかな

ヒロ「いやああ、何、るんですか?ん、あん、あああああ、メ、それだめえええええいやああああ、ああん、あん、ああああああ、ダメ、変になる、いやあああああ、あああ、うぐうううう、うはあああああ、ひっ、ひぐっ」

先輩「あれッた?イッちゃった?早いねー」

ヒロ「ハァ、ハァ・・・」


僕は、唖然とした・・

エッチではヒロイッた事が無かっ・・

僕の幼みで、お嬢様育ちヒロは先粗末われて、挙げ句にイカさてしした

ヒロは僕が隣のにいる事を知ませ

いしエッ好きうな素振りを見せてましたけど、明らかに僕とクスより大な声が出いました

しか僕と西クス時はヒはイカのに・・・


先輩は問い詰に、「ヒロちんイッてんじゃん!気持ちイイの?」と聞いています

ロは「違います・・・便りません・・・と認めようとはしなかった。

ヒロち本当はセックス好きしょ?」言うとロは怒ように「調りません!」と言いました。



僕の達の間ではヒロで有で、誰もヒロに卑猥質問なんかしあり

でも先輩にとらただの後彼女西から、りません。


突然ヒ「いやああ、、はぁ、うっ」い声を洩らまし

先輩が何処かをイはじ

微か「ピチこえる気がしました

ヒロ「その止めて下い、あん、嫌ですそれ、ダメ、いやああああああ、何か変ですそれ、メ、ああああと必死で抵抗してるようで気持ちそうな声も出しています。

何をしているのか全く分かりませんが、激しい事をやられるみたいで

するとっきの「チャピチ」という音が、「ブチュブチブチュ」と大くなたと思ったら、ヒロが大声で「あああああ、ダメ、何かへんになるうううううううう、いやあああああああ聞いた事も無い絶叫をして貿んだん静使になていきました


の声で「すげーな、見て、大だよわー、ロちゃんて変態だねー潮」と言い出した。

僕は?は?」と気が動転しました

潮を噴くはずがない!の人が潮を噴くのは知っているがはそんなじゃ無いはずだ、僕ャレンジした事はあるが、全然ダメでかも、に簡に噴くんてりえ宿い!と思って

きゃあですかコ・・いません、たし・・・こんなの・・・」とロが揺していたので、完実だってとがてしまった。

僕は かなりショクを受け。ヒロが先抱かれ、全感じないのなだ救いはあったん、今のヒロは僕のらないヒロになっていた。

先輩は「ヒロちゃんがなス稿なん知らったなおうかな持ち良くておしっこしゃったって!」と言うと「お願います、それは言わで下さい・・・ロは必死になっていた

チの知識なんかほとんど無いヒロにとってたら、とんでもない変態行為をしたうに思えたんろう。

先輩はそに付け込んで、「言わない代に今は何も言う事聞けよ!」と言ロは・・・はい・・・」と約束させ

先輩よし、じゃあ俺のチ◯ポしゃぶ!ヒロチ◯きだろ?」と言うとヒは「好きせん・・」った。


先輩は 怒鳴り付けうに「お前ふざけんなよちいち口答えすると皆にバラす言った

ヒロは完全ってしまったようで、さなで「・・・はい」と言った。

先輩は もう一度「チ◯ポ好き?」と聞と、ヒロは「・・はい」と答えた。


そーじゃねーだろ?チ◯ポが好きですだろ?輩はヒロに隠語をわせようとしていた。

段は絶対に語な言わないロも、るを得な、「・・ポが・・・好きです・」と言ってしまった!

はそれをいて、明らに興奮してしま勃起していた

すると、ベルトを外す音がし輩が裸にな尿いるようだった

「ヒロこっろ」と先が言うと「きゃあ、そんなの・・」とヒがビックリしている様子だた。

僕は 何がたのか分からずに聞いていた。

先輩は「何びびってんだよ!」と言うと「そんなの・・出来せん・・・」とヒロ

「何でよ、けてんのか?と先が怒鳴りけると「おっきすぎます・・とヒロが言

うや輩のいようだ。

綿は「いいからしゃれ!おらぁぁ」と無理ヒロ突っ込んだみいだった

ロは「ううう、おぇ、ぐぶっと苦しそ悶えていた

しばらく続けていると、「よしッドに行く」とドに寝転がし

ヒロなめろ」、ヒロは従ったようだった

「こなお嬢様みてな女が、潮噴ゃぶてんだもんな!前変態だぞ!」と勝ち誇ったよしゃいでた。

輩はじゃあ今度はパイリしろと言いまし

僕は驚きましも前に頼事があんでが、ヒロはものく怒り出して、「私の胸をに扱わないでよ最低と言われてた事があったからだ。

は「それと言と「っさとやれよ、お前の巨ツはチポ挟の物だろ早くし!」ヒロは渋々従ってしまったよう



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様