2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

バイクを弁償する代りに彼女を犯された




これは僕が大学代に経験談です。
当時は宏美と言う彼女がいた。
宏美校か生でお嬢様で
 苦茶人気った女の子でした


童顔で可愛いせに、おっぱいがやたらデカい
そのギャのエロさを狙って男ど絶えませんでし
でも、ヒロ自身は男びは嫌いたい、本真面で一
の子だった。


ロと大学だけど、僕とは付き合が長いので、二人で遊ぶ
事もあって、れを繰り返しているに付き合ようになりまし
た。

初は、本当に日「ントに彼と聞てい
た。んエッチもしが、ヒは僕で二人目と言って
いまし

チもえる位しかしてて、僕は遠慮して正常位かしま
んでしだって、お風に入後の綺時にしか頼
めまんでした。


んな楽しい毎日を過ごしたが、不幸いきなり訪れまし
た・・・


は、休みに旅行に行きたくて計立てていまた。避暑地の
いリゾートホテ探して、3日をしました。僕は中
型のクを持っのでそのバイクで2人乗て行く予定
した。でも夏休みに入行の週間にバイのエン
がかからなくなってしした


バイク屋に持って行ったキャブレターみて
ェックすから、今すぐは出来ないと言てし、結局
部品交換も含めて10日位かかる事になってしまた。

僕はに言に、綿か他のバイクを探そうとした。
も聞きました、貸てくれ沿る人はいまんでた。


最後の手で、クを何台か持っいる先輩に聞きました。その
先輩柔道をやっ恐い先輩で愛がっれてるんです
ど、正直恐いので、気べない感じした。

でも、先「いいぜ、勝手もってけよ」と言ってすぐにバ
を貸しくれました。僕ッとして、先に感謝つバクを
借りて行きました



寿時、何も考えずに一いのをチしたんで
が間違いで・・・僕がチョイのはZ400FXで、プレミ
ア系の旧車でも有名なZ一族だった。

そんなバは全然知らに乗って出掛けました
無事に過せましたが、悲劇は帰り道りました

でコーラ買って、バイに戻ると、
ヒロ「私にもバイク乗らせて!」っと言って来たので、
「危な股がるだよ」と言て股まし
スタンドは出していたんですけど、
足がかり着いていったので、
ヨロヨロしてスの方へ倒れてしまいま
倒れには、車入を防ぐ為ールたいがあって、
イクのタンクがポールにめり込んでりました




ポールの陰でバイクに挟まる事はあんでした。
輩のクはベココです
た感じでは、ハンドルとウインカーは交換が必要で

最後のでやっちゃったなと思いながした
ヒロも「ごめんない・・・たしも一に謝る・・・言っました。

そして先輩の家に着くとすぐに先輩に謝た。先輩は酒んで
いるみたいで、最上機だったがバイクをすると顔
婿わった。「まぁ二とも部屋にれよ・・・」と言って
先輩のアパートに入った

先輩のアパートは2部屋あって、リビングに二人で正座し
「すいませんでし!弁償させてもらいます」
と手を付いて謝りました

先輩は「あイクは通にってんでもねー
単にパにはいんねーだよ」と言い出
僕は その時はじめてあのイクが貴な物と知っただ・・・
の当時は今みクとかで探したり出なく
イクショッの人が探したバイク雑個人売買でひたすら
とパーツ見つからな

なんか真面目な女の子だったので、凄い責任感じていて
すいん、すいまうしたら・・・」
と泣そうなっていた。

、ヒロが可哀と、が情けな惑していた
でも、本当は先輩が恐くどうしたらいいのか分からなっ
いた。

人で土下座しま先輩のていたが、
と気が輩はを飲みながら、ヒロの方をずっとていた。
は「ハッと気付いた!
ヒロは、タンクトだけ、先に向かっ下座
乳のモロに見えてるはずだたぶん先それを見ているん

僕は先輩が変な気を起こさドキドしはめた・・・する
弁償しないでいいから、一つだけ言う事をいてもう」言い出し
は嫌な予して油汗が出て来たけ、ヒロ
「はっ、何か!何か出来があるなら・・」と食い付いていた。

輩は「ヒんと・・・せて」と言い出た。
ヒロは飲み込めて無くて「・・?」っじでポカンとしていた。
も何えなくて下を向いいた。

もう一度先が「ヒゃんとセスしいん
声で言まし
ヒロはどうしたらいいのか分からない様で
「それは・」ってまいました


またらく黙が続いた
「弁償するは無理だよ、んかとんど無いし
完全に元戻る可能性なん無いよ」と追い討ちをかけた。

今考えれば、パーは無いわけ無いけど、そ湿時の僕は、
く平和に済んしか考えてかった。
ヒロは自分がしてした責背負い込んで、考えまくった結だろうが、
はい、分かりしたと言った

とっての答えは衝撃的だっ
験人数2人付合っエッチしかしなヒロが
体で弁償するような行為を選択したんだから!

でも、ヒロからしてら、僕に惑かけたくないのと、以外西
に体しか選択いのだから、どしようもないだけだったのだ
氏だったら、自分の彼女にそな事はさせいだろ
うけど、こ時の僕は先輩が恐くて何も出 来ませんでした。

先輩は ヒ返事を聞く
「よしじゃヒロちゃんこっの部屋に来て!」
ヒロをベッームへ連行ってしまました

僕は、そこから動けなでいると、先輩が来て「お前は
と言ました。でヒロが抱れるのを承諾してしまった
え、ヒロがなの変わりん。

輩にはしないで、に居させてさい」と頼みました
輩は「いいけ辛いよ?大夫?と笑っていました。

、部屋に残ったんですが、途中で気が変わって
と困からって両手を縛れてキッチンに固定され
口には猿轡をかれました僕はあの清なヒロが先のお
されるて、すでに苦しくなっていまた。

輩は部、ヒロには僕は出て行と説ていました。
そし すぐに裸になるようにってい稿した。

しばする
お、西ロちゃんすげーパイオん、ロいなー、何カ
プ?」って声がしました

ロは裸ったした。ヒロ輩の質問に答えないで黙
ていると、
「ヒ!質に答えないチャ退になねーぞ!」
鳴られていました。先輩はお酒入っガラくなって来ま
。ヒロビックリ調て「っ、カッです・・」と答え
ていました。

らくが聞こいと思ったら
おおおすげー柔らけパイズリとかしてんの?」と先輩言ってました。
先輩は、ヒロのっぱ揉みまくってみたです。

「ヒロちゃん乳首ビンビンじゃいね
先輩のがしまた。ヒロが乳首を立て感じている姿を想像して
が苦しくなってきました。

しして「チュッ、チュプッ」っと何かをしゃぶる様な音が聞こ
えると「あん、はぁぁ、あああ、あ、うはぁ
が聞こえて来まし。ヒロはおっぱいて感じ
うか?僕とのセスよりも大きな声を出してるまし

そして先輩が「ヒロすげー濡れてんじゃん、パンツびっちょりだ
」と言いしまた。ヒロ、おでははずなの
・・・

「ヒロ、四つん這いになれよ、ほ、ケツ上げろよ、っと、早
ろ!れると「パァ」とが響ました。ぶんヒ
ロのケツ叩かれた音です。ヒって験だと思いま
す。

、可愛いアナルしてんなー、うーヒクヒクしてんじゃ




ロ「見ないで下さお願いますあん、やああ、あ
ん、あああ

「ヒロアナルでてんじゃん、ベだな
ヒロ「いやあ、違います、いやああ、あん、ああああああ、あ
ん、ァハァ、もういやああ」

先輩「うわー、◯コとろイイしてマンいめ
ねー、エロっ」

ロ「言わないで下さい・・・ハァハァ、、あん、ああああ
あん」

輩「ヒロのクリすげー勃起してんじん、触ってほしい?クリ
きだろ?ぁ?」

ロ「知りませんいです・・・ァハァ

先輩「あっそじゃ触られて出しちゃだよ、いね、
たら変態女だから!」

っ、ぐっ、っ、ん、ハァハァ、うぐぅぅぅハァ
ああ、ダメですもうダあああ

先輩「何声出てんだ変態女、じゃあクリって最初から言
いか?」

ヒロ「違いそんじゃ・・・あん、あああ、あん、ハ
ァ」

先輩「じゃっきり皮しちゃな!

ヒロ「あ、何何するですか?ああんん、あああ
メ、そえええええ、いやあああああ、あ、あん、あ
ああああ、る、いやああああ、ああああ、うぐう
うううう、うはぁあああああ、っ、ひぐっ」

「あれ?ヒロイッたちゃった?早い

ロ「ハァ、ハァハァ・・・


僕は、唖とした・・・
僕とのエチではヒは一もイッた事が無かっ
僕のみでお嬢様育ちのロは先輩に粗末扱われて
にイカされて簿いました。
ヒロは僕が屋にいる知りせん

感じて無し、も好無いよう
せてど、明らかに僕とのックスよりな声が出て
いました。しか西僕とのセックスの時はヒロはイカなのに・・

輩は問いように、「ヒロちゃんイッてんじゃんよ!気持ち
」と聞てい

ヒロ調は「す・・・知りません・・・認めうとはなかっ


「ヒゃん本当はセックス好でしょ?」と言うとヒロは怒った
ように「好きじゃありせん!」言い返していました



僕の友達間ではヒはお嬢様で名で、誰もヒに卑猥な質問な
んかした事がりません。でも先輩にとったらただの後輩の彼
、関係りません。



突然ヒロが「いやああ、あっ、ぁぁ、うぐっ」と声を洩
しました。先輩が処かをイジりはじめたよです。

微かャピチ聞こえしました。

ロはそんなの止めて下さい、あああん、ですそれ
、いやあああああ、変ですそれ、メ、ああ

で抵抗してるようでが、気持ち良さそうな声も出しいま
をしているの分かせんい事られたいです

るとさきの「チャピチャ」という音が、「ブチ
と大きくなったと思ったら、ロが大

やああああメ、何んんになるうううううううう
やあああああああああ

と聞無い絶叫して、だんだん静かになっていきま殿


すると先輩声で「げーヒロちゃん、見てこ、大量よ、
うわー、ヒちゃんて変態ねー、げー潮しました。

潮?は?」と気した。あのヒロが噴く
人が潮を噴くのはっているそんな体質じゃ
はずだし僕も少しチャレンしたあるが全然ダメで、
しかこんなに簡単に噴くなんてあない!
と思っと、

「きすかコレ・・すいません、あたし・・・・・・」
が動していた、完全にだってことが分かってしまった

僕は かなョッ受けた。ヒロが先抱かれても、全然
ら、まだ救いはあったんだど、今のロはの知らな
になっていた

先輩は「ヒロがこんなスケベだな知らったな、皆に
言っちゃおうか俺ん家気持ち良くておしこしちゃったっ
て!」言う願いしす、いで下さい・・・」
は必死になっていた。

お嬢様でッチの知識なかほと無いヒロにとってみたら、
とんでもな変態行為したよに思だろう

はその弱味に付け込ん
「言わな代りに日は何でも言う事聞け!」とうと
「・・・はい・」と約束させらていた。

先輩「よ、じゃ俺のチ◯ポしぶれロはチ◯ポ好だろ
とヒロは「好きじゃあん・・・」言っ

は 怒り付けるように
お前ふけんなよいちいち口答えすラすぞ!
と言た。ヒロ完全にビビってしまったよ、小さな声で
・・・はい」と言便った。

輩は もう一度「チ◯ポ好きか?」と聞くとヒロは
「・・はい



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様