2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

バイクを弁償する代りに彼女を犯された




は僕時代に験した体す。
当時、僕には美と言う彼女がいまた。
宏美学校からの同窓生婿様で、
茶苦茶人気がった女の子でした。


は顔童顔で可愛いくせに、おっぱいがやデカいので
そのギャップのエ寿ロさ狙っ男どもが絶えませんでした。
でも、ヒロ自は男遊びは嫌いみたいで、本当に真面目途な女



は違う大学だ、僕とは長いので、二人で遊
もあって、それを繰り返いるちに付き合うようになりまし


は、本当に信られなくて、毎日「ホントに彼氏?」と聞い
た。もちろん便エッしましたが、ヒロは僕で二簿と言
ました。

ッチも数える位しかしていな、僕は遠慮て正常位しかしま
せんでした。フェラだ風呂に入っ後の綺麗なしか頼
せん


んな楽しい毎日を過ごしていました、不幸なり訪れま
た・


達は、夏休みに旅に行きたくて計画を立ててました。避
いリゾルをて、泊3日で予約をしました僕は中
バイクをってたので、そのバイクで人乗りして
した。も、休みに入って、稿旅行の1間前にバイクのエ
ンがからなくなてしまいま


バイて行っが、ャブーばら
チェ寿るから、は出来ないよ」われてしまい、
部品交換もて10位かか事になってしまいました

ヒロに言えずとか他のバイクをそうとしました。
したがしてく人はいまでした。


最後段で、バイク何台かって輩にきました。そ
、柔道やってい先輩で、可愛がってくれてるんです
けど、正直で、くに遊べない感じでし

でも、先輩「いいぜ、勝手によ」とすぐにバイク
を貸てくれ。僕はホッとして、先に感しつバイ
りてきました。



この時、何もずにカッいのをチョんで
が間貿いでした・・僕がイスしたのZ400FXで、プレミ
の旧も有名なZ一った。

そんなバイクとは全然知らずに掛けした。旅行
無事に過ごせましたが、悲劇は帰り道に起こりした

コンビニでコーを買っ、バイクに戻
ヒロが私にも乗らて!っと言来たで、
「危ないか股がるだけだ」と言っ股がせました。
スタンド出しいたんすけど、
ヒロがしっか地面に着いいなので
ロヨロしてスンドとは反方へ倒まいました
倒れ先には、車入を防ぐ為のポールみいなのがあって、バ
イクのタンールにめんで止まりました。




ヒロはポールお陰バイクに挟まれる事はあませんでし
でも先輩のバイクはベです
ではンドウイカー、タンは交換が必要です。

使後のでやっちゃっなーといなら戻りました。
ロも「ごめんな・・あたしも一緒に謝・」言ってまし

て先輩家に着簿と、すぐった。先酒を
いるいで初は上機嫌だった、バイクの話を顔色が
変わた。「まぁ二人も部屋に入よ・・・」と言っ3人で
輩のトに入った。

先輩のアパートは2部屋あっ、リに二人で正座して
「すんでし!弁させてもらいす」
と手を付いてした。

先輩は「あのバイク普通に売ってるもんでーから、
簡単にーツ手にはんねーんだよ言い出した
は そはじめてあのバイな物だと知っただ・
かにの当は今みたいにヤオクとかでしたり出来なく
バイクシップの湿が探たりバイク雑誌の個人売買でたす
したりしツは見からなかた。

ヒロなん真面目な女子だったので、凄い責任を感じ
すいませんませんどうしたら・」
泣きそうになっいた。

は僕でロが哀相なの、自分がけないので困惑してい
でも、本当は先恐くて、どたらいのか分からななっ
た。

ばら土下座したま先輩の前に座っが、
ふと気が付くと先輩は酒を飲みながら、ヒロの方ずっと見ていた
は「」とた!
は、ップ一枚だけな先輩に向かって土下座すると
間がモロに見えはずだ!た先輩それ見ているんだ!

は先輩が変なこさないかドキドキしめた・・すると先輩
弁償しないでいら、一つだけ言う事をいてもう」と言出した。
僕は嫌な予感が油汗が出て来たけどヒロ
「はいっ、何すか何か来るるなら・・・」と付いた。

先輩はヒロちゃんと・・・ヤラせてい出し
ロは状況が飲み込めて無く「・?」って感じでポてい
も何も言えくて下を向いてい

もう一先輩「ヒロゃんとセックスしんだよ!
な声で言いました
ロはどういいのか分かない
「それは言って黙ってしまいました


ばらく沈黙がいた、先輩は
「弁償のは無理だよ、パーツなんかとんど無い
完全に元に戻る可能性なんか無」と追い討ちをかけ

今考えれば、パーは無いけど、そ時のは、
く平和に済んでくれ!無かった。
自分してった責任い込んで、えまった果だろうが、
はい、りました」た。

僕にとっの答えは衝撃的だった。
経験人数2人で、付合ったすら質エッチしないロが、
体で弁償するよ行為を選だから!!!

でもらして僕に迷惑かない、お
に体し択肢が無いの、どうもないだけだったのだ
ろう。普通の彼氏だったら分の彼女にな事はさだろ
うけど、こ時の僕は輩が恐くても出来ませんでした。

先輩は ヒロ返事をくと
じゃあヒちゃんこっ来て!」
ヒロをベッドルームへれて行っしまいまた。

、そこから動ないと、先戻って来て「お前は帰よ」
と言いましたも、ロが抱かれるのを承諾たとは
、ヒロ心配なのは変わりません。

先輩に「邪魔はしないので、こ退居させて下さいと頼みました。
先輩は「いけ辛い?大丈夫?」と笑いま

部屋に残る事になったんすが気がわってれ出す
と困からって事で、は両手をられキッに固定されて、
口には轡をかまされまし。僕はあ清楚なヒロが先輩のお
にされる事を考えて、でに苦しっていました。

輩はるとヒロは僕は出て行たと説明していまた。
して裸にに言っていました。

ばらくると
おお、ヒロちゃんすげーパイオゃん、エロいなー何カッ
プ?」って声がしました

は裸になったよした。ヒロは先の質問に答いで黙っ
ていると、
ヒロ!質問に答えとバクはチャラになんねーぞ!
と怒鳴退ました。先輩はお酒が入っガラが来ま
。ヒビッ クリして「はい、Gップです・・・」と
ていました

ばらく声こえないとったら、
すげーーパイズリとかしんの?いました。
先輩は、ヒロのっぱを揉みくっいるみたす。

ヒロゃん、エロいねー」
の声がしました。ヒが乳を立てて感じている姿想像て、
苦しくなっまし

してパッュプッ」と何かをしゃぶる様な音が聞便
えると「あんはぁぁ、ああ、うはぁ」ヒロギ声
聞こて来した。ヒロおっぱいを吸われて感じてるんでし
か?僕とのセクスよりも声を出し気がました。

そして先輩が「ヒロ、すげーれてパンびっちょりだ
ぞ」まし。ヒロは、おっぱいだけは濡れなはずなの
に・・・

「ヒ四つん這いなれよ、ほらケツろよ、もっと、
!」れると使パァーーンが響ました。たぶん
のケツた音でヒロにとっ初めの経験だと思いま


ヒロ、可してんー、うわしてんじゃ
ん」




ロ「ないさい、ます・・あんあああ、あ
ん、ああああ」

輩「ヒロ、アナで感てんじゃん、スケベだなー」
ヒロ「いやああ、違います、あ、、ああああああ、あ
ァ、もうダメ、いやあああ」

先輩「うわーーー、マとろとろ、カワイイ顔してマ
だねエロっ」

ヒロわなで下い・・・ハァハァ、ん、あん、ああああ、


輩「ヒロクリすー勃起んじゃん、触しい?クリ好
?な?」

ヒロりまん、触らなくていいです・・・ハァ

先輩「あっそじゃ触られても声出しちゃダメだ、いね、
たら変ケベ女だね!

ロ「うっ、ぐ、くっ、ん、ハァハァ、うぐぅぅ、ハァ
ハァ、ああんす、、あ

先輩「声出してんよ変女、じゃあクリ好きって最初から言え
よ、か?

ヒロ「違います、そんなじゃ・・あんああ、ハ
ハァ」

輩「じあ思いっ皮剥いて攻撃しな!」

「い何、何するんで?ああんん、あああ、
メ、それだめええええええ、いあああああ尿、ああん、あ
ああああ、、変になる、いやああああ、あぐう
ううう、うはぁああああひぐっ

「あ殿れ?ヒロイッた?イッちゃった?早いねー」

ロ「ハァハァ、ハァハ・・・


僕は、唖とした・・
ッチではヒロは一度もイッたに・
僕の幼馴染みで、お様育のヒロは先輩に粗末に扱われて、
句にイカされてしました
ロは僕が隣の屋にいるりまん。

でも、ヒロは感じて無いしエッチも好きじいような素振り
見せましたけど、明らかに僕クスより大きな声
いましたしかも僕とックスのはヒロはイカない・・

先輩は問い詰るように、「ヒロちんイッてんよ!気持ち
イイの?え?」といています

ヒロ違いま・・・知ませんと認めようはし


「ヒちゃん本当はセック」と言怒っ
うに「好じゃりまん!い返していま



達の間ではヒロはお嬢様で有名で、誰もヒロに問な
かした事がありません。でも先輩にとったらただの後輩の彼女で
から、関りません。



突然ヒロが「いやあ、あっぁぁうぐと厭らし声を洩
まし先輩が何婿かをイジりはじめたようです。

微かに「ピチャピチえる気がしま

ヒロそんなの止めい、あああん、あんですそれ、ダ
メ、いやああああ、何かですれ、メ、あああ

と必死で抵してるよすが、持ち良うな声ています
をしているのか全く分かりません激しい事をやらてるみたいです

るとさきの「ピチャピチャ」という音「ブチュュブ
チュ」と大きくなったとった、ヒロが大き

「い、ダ、何んかへんになるううううううう、
やあああああああああ

と聞いた事無いをしてん静っていきました


と先声ですげなヒん、見てこれ大量だよ
わー、ヒちゃんて変態だねげー潮」と言い出しまた。

は「潮?は?」と気動転しまた。あのヒロが潮を噴くはずが
い!女の人が噴くのは知っているが、ヒロそん質じ
無いはずだし、僕も少レンジしあるが、全メで、
しかも、なに簡単に噴くなありえない!
と思ってると、

「きゃあですかコレ・・いませ・・・こんなの・・」
ヒロが動揺していた完全に事実だてことが分かってし

僕は かなりのシックを。ヒロが、全然
なら、まだ救いはあっただけど、ヒロ僕の知ら
いヒロにってた。

輩は「ゃんがこんなスケベだなん知らなかっ
っちゃおうかな!俺ん気持ち良くておしっこしちゃ
と言うお願いしす、それは言わないで下さい・・・
ヒロ死になっていた。

嬢様で、エッチの知識なんほとんどヒロにとってみたら
んで態行為をしたようにたんだろう。

先輩は弱味に付け込んで、
「言わない代りに今日は何でもけよ!」と言うとヒロ
・・はい・」と約束させられてた。

先輩は「よし、あ俺チ◯ゃぶ!ヒロは◯ポだろ?」
と言うとロは「好きありません・・」尿言った

先輩は 怒鳴り付るように
お前ふざけ!いちいち口答えすると皆バラすぞ
と言った。ヒロは完にビビってしまっようで、小さな声で
・・はいと言った。

先輩度「チ◯ポ好きか?」と聞くと、ヒロは
・・い」た。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様