2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)

 



※「童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
の続きです。


93 :名も無き被検体774号+:2011/05/18(水) 09:31:58.15 ID:swLwmRiA0
フローレンと>>1の夜の話が抜けてるぞー!


94 :1:2011/05/18(水) 14:21:02.50 ID:uxX3uTWY0
>>93
一応、この話の何年か後に後日談はある

セクロスはしてないけど…

需要が有るなら書くが、それ程大した話しじゃない



96 :1:2011/05/18(水) 17:07:30.60 ID:uxX3uTWY0
ゃあ後追加です。

大しじゃないから期待しでね。



97 :1:2011/05/18(水) 17:10:43.03 ID:uxX3uTWY0
の後、フローレンと前程の頻度けど高校卒業すまで2〜3ヶ一度遊ん

後、高校3年の秋、バイクで事故フロン達の通う高の隣の病院院しから そのけは毎日会ってたな


フローンとピは、あれ以降段遠になたらしい。

原因俺だけじゃらしい詳しくは知ら

風の噂だと後ピザ10歳位年と付き合って高校在中に

卒業と同時に婚したらしい

3年に貿なっからは俺ローンのがやっと吹れて、他 気になるの子が出来た。

気になるだけで、インポだから特かったけ

局何もないまま高校卒業。




98 :1:2011/05/18(水) 17:13:30.10 ID:uxX3uTWY0
卒業後専門学校に進

フロレン北の大進学

離れたい連先も交てなかったから 長友とから近況まに聞く程た。

、高校卒業し何年かした頃、地に帰長友達と遊ぶロー

しぶ沿に会ったフローレは全く変わってなか

お互いしぶり稿、変わってなねぇ会話をして連絡先を交した。



99 :1:2011/05/18(水) 17:15:22.95 ID:uxX3uTWY0
そのは何年か同棲してる彼女が居たんだ お互い多忙ぎて全ず セ西スも一年てな

お互い恋愛感も無いトモ話しする時ズル付き合ってるみたいな状況だた。

中、少しずフロー電話かすようになっ

からまって、思い出話や、過去の恋

ロー後、色んな奴から告白された付き卒業。

大学で知り合っ先輩と付き合うが、束縛がキツくてれた

後、高校の同級と遠距愛していたが最近れたらしい


2人目の元彼は長友の友達で、俺も何回か会った事はあっ

面目な感じの男

直、ちょっと苦手で向こ明らに俺を避けてた。



100 :1:2011/05/18(水) 17:18:59.36 ID:uxX3uTWY0
フローレンと単純に友達として電話をしてた。

特に恋愛感情とかは無かった。


フローレン「電車に長い間乗ってると、降りてもなんかガタンガタンしてるみたいな感じになるよね?」

フローレンの言ってる意味は分かったが、あえてからかう。

俺「無いよ。フローレン三半規管おかしいんじゃない?」

フローレン「そんな事無いもん!!絶対みんななるって!俺君の方がおかしいっ!!」

俺 「嘘だと思うなら皆に聞いてみなよ(嘘だけど…)」

フローレン「聞く!絶対聞く!」


フローレンは からかうとすぐムキになる。後日、ワザワザ電話かかってきて…


フローレン「友達もみんなガタンガタンなるって言ってた!それに電車乗ってる時に隣に座った人にも聞いてみたもん!!」

俺「いきなり聞いたの?」

フローレン「うん!優しいお兄さんだったもん」

どうしても自分が正しいと確認したかったらしい…

フローレンは単純と言うか、頭が弱いと言うか…


俺「知らないオジサンと話しちゃいけません!」

フローレン「オジサンじゃないよ!お兄さんだよ!優しかったもん!!」

俺「はいはい…」



101 :1:2011/05/18(水) 17:21:57.45 ID:uxX3uTWY0
フロ単純で、ない。

とか沿に嘘だと分かる冗談を言ってで信

「この前ペップ行乗りクジラ売っさ、超可愛

フローレン「良なぁ手乗りジラ。愛い欲し

「手りクラって、ニンジンが好物なんだ。ニンジンあげと喜んで潮ふくのてた?」

ローレいな私もニンジンあげてみた

俺「まあ、部嘘なんだけどね…

フローレン「え

手乗りクジラなんて居る訳ないじゃ。そももクジラニンジン食べる訳ないじゃん…

ーレン「俺君酷い!俺の嘘つき

「騙れた?」

ーレ稿されもん。騙さフリしてだけだも。ひー

フローレン応がて仕方ないつもからってた。



102 :1:2011/05/18(水) 17:24:21.69 ID:uxX3uTWY0
ある日、いつもみたいに冗談を言いあってた時、俺は突然真面目な声で…

俺「フローレン。好きだよ。愛してる」

と囁いてみた。

フローレン「え?え?え?…」

激しく動揺するフローレン。

フローレン「やだ…俺君…冗談ばっかりなんだから…w」

フローレンの言葉を遮るようにして俺は言葉を続ける…

俺「冗談だと思う?とりあえず目を瞑って、俺の顔思い出してみてよ」

……

電話の向こうのフローレンは黙って目を瞑っている。

俺「今、俺の顔思い出してドキドキしてるでしょ?」

フローレン「うん…ドキドキする…何か恥ずかしい…」

照れるフローレン。

俺「もう一回、俺の顔思い出して…」

フローレン「うーん、何かドキドキするよぉ…」

俺「ほら、俺の事好きになったでしょ?」

フローレン「え?え?そうなのかな?…でも本当に好きかも?…え?え?」



103 :1:2011/05/18(水) 17:25:29.55 ID:uxX3uTWY0
フローレンは、これ以上ないくらいアタフタしている。

フローレン「好き?違う?え?やっぱり好き…かも…自分がよく分からないよ…wえ?えー?」

俺「なんてねw冗談w吊り橋効果って奴」


まあ種を明かすと、人は吊り橋を渡る時にドキドキしてるような状態だと すれ違った異性を見た時に緊張のドキドキと、恋愛感情のドキドキを誤解してしまうという話。

突然真面目に告白されたら誰だってドキドキするのは当たり前。

で、緊張でドキドキしてるのを上手く誘導して、まるで俺自身にドキドキしてるように勘違いさせただけだった。

フローレンに全部種を明かす。

フローレン「俺君、酷ーいw本当にドキドキしちゃったよぉw」

俺「ゴメン。ゴメン。余りに上手く行ったから調子乗っちゃったw」

フローレン「本当にドキドキしたんだから…」

俺「でも、まだドキドキしてるでしょ?」

フローレン「うん…まだ心臓バクバクいってる」

俺「じゃあ、もう一度俺の顔思い出してごらん」

フローレン「また騙そうとしてるー!!」

俺「www」

フローレン「本当に惚れちゃったらどうするのよ!w」

俺「光栄だねぇ!是非好きになってよw」

この時の俺の言葉は冗談だったけど、半分本気だったんだと思う。




104 :1:2011/05/18(水) 17:27:15.78 ID:uxX3uTWY0
書き溜め分終了

また夜にでも来ます



107 :名も無き被検体774号+:2011/05/18(水) 18:56:24.99 ID:VRsf2LHf0
つづきも気になるけど最近した似たよな過ちも気になる


108 :1:2011/05/18(水) 22:34:40.18 ID:uxX3uTWY0
>>107
そっちを書いても良いけど、かなりの大長編になります。

最近の話だけど、スタートはやっぱり高校時代まで遡るし…

まあ需要があるなら、そのうち書くかもです



109 :1:2011/05/18(水) 22:35:54.19 ID:uxX3uTWY0
で、この頃は 同てた彼女とは雰囲気もで喧嘩す訳じゃないど全くもきかいような末期状た。

俺はの状態でも ま女の事嫌ではなかったんだが彼女は完全に俺を避けていた

まあ、てた理由は後で分かるんだが…

まあそんな嫌なら出てけば良いも思ってた。

因みに同棲してたのは俺の家。

彼女とは別れる未来出来い状態

数年りに出会昔と同じように笑いあえ、かつ好きったの子電話。東京と離れてはいど、どんどいく。

でも、期とはいえ一応付ってる女も居るし、あと歩が踏み出せないでいた。



110 :1:2011/05/18(水) 22:37:53.28 ID:uxX3uTWY0
そんな煮え切らない状態でフローレンと電話している時…

フローレン「元彼がね、ヨリを戻さないか?って言ってるんだ…」

俺「へえ…」

この元彼は、2人目の方でフローレンや長友の高校時代の同級生。

正直、嫌な話だったけど彼女の居る俺にはフローレンを止める資格が無い…

俺「フローレンはどう思ってるの?」

フローレン「嫌いじゃない。別れる時も嫌いで別れた訳じゃないから…」

俺「そっか…」


電話を切った後、俺はフローレンの事ばかり考えてた…

やっぱりフローレンが好きなんだって自覚した。

彼女とは別れようって決めた。

ただ、俺も彼女も仕事が忙しくて全然会えない。

別れ話を切り出せないまま月日だけが過ぎて行く。

一緒に住んでるんだから 会えない訳ないだろとか思うかもしらんが 俺も彼女も、完全なブラック企業で働いてたから 休みも無ければ、仕事から帰るのも毎日明け方みたいな生活してて常にすれ違いの生活だったんだ。

因みにフローレンとの電話は会社に泊まり込みで作業してる時に休憩がてらの電話が殆どだった。



111 :1:2011/05/18(水) 22:41:49.09 ID:uxX3uTWY0
彼女とは、ちゃんと別れられなまま、ローレするが 元彼のフーレ貿プローチも必死だった

俺も焦ったんうな。

まだ彼女と別れてないフローレン気持ちをぶつけてした。

「俺フローレンの事が好きだわ

レンまた冗談ww」

この前のり橋話も有って、全く信用されてない

まあ業自得だ…

「信いかもしれないけど本気

ーレ「いもいつ騙さよw」


本気信用さてな…orz

それでも俺のもてる言全てを使って、霊で本だという事を伝えた

、言えば言う程談だとわれ循環

どんけ信用無いんだ俺…

レンが信てくまでで告白繰り返し

当に本気で好きなんだ

ローレン「しか本気の?」

そうてます…

フローレン「談でしょ?

ですね貴方

俺の知ってるフローレっと素直で純真無垢で疑事を知らない子でたよ…

いつの間た大なってしまたの?

ティンカ見えないの?




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 結婚,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様