2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

会社の女の先輩とヤってしまった

 




420 :っちな21禁さん:03/09/09 09:19 ID:4SD6nx6r
末の、同の打ち上げで 偉くっぱらった女の先輩26)を、家が同じ向のがタクシで送っ

のアパートので下して、僕はそままタクシーでだったが、調酔い方がひどく、しかも先屋は階段を3階ということもあり、仕方なく僕が料金を払い、おって上ることに

当が違うため普段あまり話すい人だっで、いきりおぶるのもって気がする。


421 :えっちな21禁さん:03/09/09 09:20 ID:tGjbcelK
「じゃあ、おんぶしますからね」と背負うと、普段、166センチ、60キロ近い体重の彼女を相手にしている僕にとって、この先輩は身長が155センチちょっとぐらいと小柄なだけに、意外と軽い。

「多分40キロ台なんだろうな」なんて考えながら、でもかなり汗だくになって階段を上った。

一段上ることに、先輩がずり落ちてくる。

たまに止まっては「よっこらしょ」と持ち上げなおすのだが、そのたびに、背中に胸の膨らみをなんとなく感じてしまう。

ハンドバックから部屋の鍵を出してドアを開け、2Kのアパートの寝室を探してベットに先輩を下ろした時には、僕の息子は もう全開状態になっていた。





422 :えっちな21禁さん:03/09/09 09:21 ID:0LYhgyNF
大丈ですか?」声を掛けも、辛そうに呼吸すだけで相変わら返事はな

部屋の電気をつけしわになっちゃうから、脱いでい」を掛け、彼女のスーツがせようとしても、全然抵しない

僕は、ツの を抜くふしながら、右の手のひで さげなく先の胸をさ便みた。

ラウス下に、ースのラの感触。小柄なに、僕の彼女の胸よっと大

乳首のあたりをさわると、先すかに反応、ほん少しけ喘ぎあげた。

こで僕の自制心は完全に切れてしった


423 :っち21禁ん:03/09/09 09:24 ID:0LYhgyNF
軽くキスして。彼女は臭かが、も酔っあんり関係ない。

もう一度を刺すると、舌入れ絡ませてきた。

たべってもいいか

僕の心は決ったブラ使スのンを右手で一つずつはずいく。

まで全部はずしきると、次はスカートのファスナー。

スカーを下ろし、パンストとパンティを一にはぎ

こは、も十分過ぎるれてい。指で刺と、先輩は次喘ぎた。

で あそこをながら、左手でブラウプを番に脱がす。

先輩は声を上て喘ぎながら、背中を左右げてくれる。

るで自いでいるいだ。


424 :えっちな21禁さん:03/09/09 09:25 ID:mPC9VM8x
背中に手を回し最後に残ったブラのホックをはずすと、また彼女はうまく肩を浮かせてくれた。

「OKってこと?」と勝手に解釈する。

手に取ったピンクのかわいらしいブラ。僕の彼女のと違いパッドが入っていない。

タブをみると70Dの表示。「すごい」。思わず息を飲む僕。

あらためてベットに横たわる先輩のカラダを見ると、75Aの彼女との差を実感した。

胸のボリュームは、彼女の3倍はある。

しっかりと割れた腹筋。締まったウエスト。細くまっすぐな脚。

「キレイだ…」。僕はため息をつき、大急ぎで服を脱ぎ、電気を消した。


425 :っち21禁:03/09/09 09:26 ID:ThCTOOF6
分の間輩はもうてしいる

まわず先輩の股のった。起きる様子い。

完全にたものの先あそこし当て、一気に挿入した。

あそは十分に濡れていて、2度ほどのピストンだけ奥まで入った

先輩は かなりびっくりしたよに目を見開き、「に?めて!」と抗す

僕の胸や腕に死で爪を立て

でも、もう遅い。僕がしだ腰のを強める先輩のカラダのは抜けた。


僕は、酔うと遅。大きそれなりに自信があ

に切り替て奥め始めるとは大きなぎ声を上げた。

騎乗位口にガツガツたる

「すごいっき!すごたる」と叫ぶ

えられずれそうにな輩を僕は激し揺れる豊かな膨らをつかむようにし支えた。





426 :えっちな21禁さん:03/09/09 09:27 ID:ThCTOOF6
彼女が軽いのをいいことに、駅弁も生まれて初めて体験した。

何度も体位を替えては攻め続け、3、40分もしただろうか。

先輩は もうカラダの力が抜けきっている。

立ちバックで突くとどんどん崩れ落ちていく。


「そろそろ、いいかな」

僕は先輩の腰を両手で持ち上げて固定すると、「じゃあ、行きますよ」と声を掛けた。

小さくうなずく先輩。僕は、削岩機のように突き始めた。

僕は、ベットの脇にあったデジタルの目覚まし時計を見た。いきそうになるのを我慢するための癖だ。

秒の数字を頭の中でゆっくり数えると、イクのが遅くなる。

60秒。そして1分半。

足腰の筋肉にどんどん乳酸が溜まっていく。でも、僕はさらにペースを上げる。

「壊れちゃうよ!!!壊れちゃう!!壊れちゃう!!!!」

部屋の中に響き渡る先輩の悲鳴を心地よく聞きながら、僕は2分後きっかりに先輩の中にたっぷりと射精した。

僕は、激しくいきを荒げる先輩に布団を掛けると、急いで服を着て退散した。


427 :えっち21禁さん:03/09/09 09:27 ID:8A6N0mXR
週明け月曜日社するロアの遠先輩僕をラリる。

ててそら僕。おるだろ。。

方、輩がスクに寄ってきた。

っと、い?」。

な言

い…かりざめていた。

ち合せた室に向うと、背中をて先輩がいた。

先輩は、窓の外を見たました

ょぶだよ。安全日

だめだ。。。やっぱり全 てる。。。」

は とすみませした」と頭下げた

先輩が振り返たずらっぽい笑顔べている

僕の手を取り言った。

つにいいよ。気にしなでもとって

僕は味が介せない

「超よかったから。ちゃんと、つあってだけど…」

恥ずかしそうに、先輩は言った。


428 :っちな21禁さん:03/09/09 09:28 ID:8A6N0mXR
今夜、先度目のH

僕は今、元の彼をどしよか、うしよなく迷っている

先輩は顔もカラも、彼女とべモノにならなほどキレイだ

僕は、もう輩にはまっている自分に気づている。


と、以上す。



 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様